咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

市場でお値打ち牛タンランチ「金沢牛たん食堂 10&10」

2017-08-14 16:00:00 | その他外食
月曜日なので今日はお休み。
夏休み中の咲ちんはお盆で部活も塾もないので久しぶりの父娘水入らず。
じゃ宿題がんばるか(XoX)

まあ勉強しててもお腹はすくのでお昼ごはんはしっかり食べなきゃ。
なのでお盆も営業してるとのことだったのでちょっと気になっていたこちらのお店へ行くことにしました。



金沢中央卸売市場前に6月1日オープンした「金沢牛たん食堂 10&10(てんとてん)」さんです。
その名前からわかるかと思いますが宅配弁当の「天とてん」さんの系列になります。

行列ができると聞いていたので開店15分前に到着。
お店の前にあるウエイティングリストに名前を書いてベンチに座って開店を待ちます。
その間にも次々とお客さんがやってきます。



開店してスタッフの方が名前を呼んで順番に入店。
カウンターのみ18席、奥から詰めて座っていきます。
お店を出るころにはお店の中だけでなく外まで待つ人でいっぱいでした。



メニューはこんな感じ。
はじめてなのでふたりとも『牛タンランチ(小)』(1,080円)を注文することに。
ライスのサイズは選べるので私は大、咲ちんは中にしました。
ドリンクメニューも豊富ですな。
ビール注文してる人がうらやましい。







牛タンが1枚1枚丁寧に焼かれていきます。
見てるだけでワクワクしてきます。



さてお待ちかねの牛タンランチです。
食べやすくカットされた牛タンが6枚、漬物と一緒にお皿に載ってます。
大だと倍の12枚で1,620円になります。



お味のほうはかじると肉汁がじゅわっとあふれるほどジューシー。
しかもやわらかくてとっても食べやすい。
これはごはんが進みます。



ライス大だとこんな盛りです。
ちょっと食べちゃってますが(^_^;)
お味噌汁の具はあおさでした。





牛タン以外にもおかずがたくさん。
なんとお刺身がついてますよ。
系列の「魚がし食堂」さん譲りの新鮮で脂がのったお刺身はもちろんおいしい。



あと塩ダレキャベツともずく酢がついてます。
開店当初は魚のフライだったそうですが食べきれずに残す人が続出したそうで変更したそうです。
でももずく好きの咲ちんは喜んでおりました。



牛タンやお刺身でごはんをぱくぱく。
辛子漬もたまらんね。
大でもあっけなく食べきっちゃいました。



がっつりと食べてごちそうさまでした。
この値段でこれだけいいもの食べられるとは、行列ができるのも納得です。
麦とろとテールスープもあったら仙台っぽくていいのかもしれませんがコスパではこちらに軍配。
ステーキも食べてみたいです。
それより牛タンを肴にビールやワイン飲みたい。
にゃまんに運転させて来ないとな(>_<)"


お店の詳細:
住所 金沢市西念4-7-1
電話番号 076-223-5067
営業時間 11:00~15:00(14:30L.O.)、17:00~21:30(21:00L.O.)
定休日 木曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「おらが蕎麦」はそば屋というより居酒屋顔負けの呑み処だ!

2016-07-28 19:30:00 | その他外食
今週月曜から金曜までの5日間、金沢百番街で『百バル』というイベントをやっております。
4枚綴りで2,000円のチケットを購入して対象店舗で使用するのですが、1枚(500円分)で1,000円以上のドリンク&フードが提供されるというお値打ちもの!





てなわけで月曜から毎日使っておりまして昨日は家族であんとにある「おらが蕎麦」さんに行ってきました。
「杵屋」「そじ坊」「シジャン」などでおなじみのグルメ杵屋グループのお店です。

こちらでは生ビールと串揚げ6種を提供とのこと。
生ビール(税抜390円)+串揚げ(税抜600円)に消費税なら確かに1000円以上ですからお得です。



駅ナカということもあり仕事帰りのサラリーマンや観光客などでなかなかの賑わい。
しばらく待ってテーブルへ案内されました。

さっそくチケットを出して乾杯☆
キリン一番搾りですね。
仕事のあとのビールはうまいねえ。



串揚げは豚肉・海老・ししとう・なす・椎茸・玉ねぎの6種類。
ソースの瓶とともに提供されます。
からっと揚がってクリスピー。
いやこれなかなかおいしいよ!



しかしこれだけで我が家は満足するはずがなく追加オーダー。
おそば屋さんなのでそばを頼むのが筋なんでしょうけどメニューを見ると…
なんともおつまみメニューが充実していることか、しかもリーズナブル!







まずはお手軽セットを。
生ビールにおでん2種類と枝豆がついて500円(税抜)とこれまたうれしいお値段。
おでんは大根とこんにゃくにしましたがおでんにうるさい咲ちんがうまいと言っていたので味の方も太鼓判です(私は食べさせてもらえなかった)。







そのほかの一品メニューもいくつか頼みました。
牛すじ豆腐は濃いめの味付けがなかなか。



たこぶつは弾力があって添えてあるわかめもたっぷり。



大人のポテトサラダは何が大人なんだろうと思ったらわさびが入っているんですね。



家族全員気に入ったのは魚肉ソーセージ玉子炒めです。
にらも入っていてとろっとした仕上がりがたまりません。
家でも作ってみたい一品でした。



ビールも十分飲んだので日本酒に切り替え。
なんとも豪快なコップ酒でこぼれた酒を受ける升に入っています。
あらうれしや。



〆はちょいそばの冷たいので。
ちょいそばっていうから量は少ないのかと思いきや満足する量です。
もちろん味の方もおそば屋さんですから申し分ありません。
あ、写真撮ってないや(>o<)

てな調子でそば屋に来たのに居酒屋のように楽しめました。
ほかのメニューも酒飲みにはたまらないものばかりで安価ということもあっていつも賑わっているのも頷けます。
お会計も今回はチケットを使ったのもありましたがそうでなくても下手な居酒屋行くよりはずっと安く上がります。
さすがはグルメ杵屋さんですなあと感心しましたぜ!
時間が空いてちょい呑みしたい時や懐が寂しい時に重宝しそうなお店ですよ(^_^)v


お店の詳細(金沢百番街あんと店):
住所 金沢市木ノ新保町1-1
電話番号 076-231-0017
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 無休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南町のビル地下喫茶店で選べる日替わりランチ「ティールーム アポロ」

2016-03-17 18:30:00 | その他外食
今日明日と仕事は休み。
天気がいいので朝から洗濯をしたりして過ごします。
でお昼は普段ならラーメンを食べに行くところですが、にゃまんから彼女が最近ランチによく行く店で一緒に食べようと誘われたのでそちらへ行くことにしました。

自転車に乗って香林坊方面へ。
にゃまんが昼休みになるのを待ってから目的のお店へ向かいました。
なんとビルの地下にあるんですね。



南町の朝日生命金沢ビル地下にあります「ティールーム アポロ」さんです。
以前からここにお店があるのは知ってましたが入るのは初めてです。

店内はカウンター7席にテーブルが10卓あまり。
ご夫婦で営業されているようです。
大きなJBLのスピーカーがあったのは昔は名曲喫茶だった名残かしら?
今もそうだったらごめんなさい。



オフィス街に位置するだけに周辺で働くサラリーマンやOLが続々やってきます。
でも回転がはやくて満席になることはないようです。

ランチタイムは11時半から15時まで。
日替わり定食はメイン料理と小鉢にご飯、汁物、漬物のセットで730円と街なかのお店としてはお手頃ではないでしょうか。
こちらは普段メインが2種類あって選べるようで今日はスズキのフライとチキンのクリーム煮でした。
私とにゃまんは肉好き夫婦なので2人ともチキンでお願いしました。



メニューを眺めながら待ちます。
モーニングメニューもおいしそう。







注文から5分も待たずに出てきました。
忙しいサラリーマン相手ですから早いのはありがたいですね。
意外とボリュームありますね。



メインのチキンクリーム煮をいただきます。
クリームソースで煮こまれた鶏もも肉がごろっと。
軟らかくておいしい。
クリームはカレーの味がついてますね。
ケチャップで炒められたスパゲティも添えられてるのがなんかうれしい。





小鉢は野菜サラダでした。
野菜はしっかり摂らないとね。



なんだか懐かしい感じの味わいで食が進みます。
仕事してたら午後からも頑張ろうって気分になりますわ。

食後はプラス150円でコーヒー、200円でアイスコーヒーを飲むことができます。
なのでアイスコーヒーを頼んで優雅な食後の一杯。
なんとお菓子もついてきましたよ。



いや~ごちそうさまでした。
これは満足ですわ。
にゃまんは本当いい店を見つけるのがうまいね。
ただ店内は喫煙可なのでタバコ嫌いの方はちょっと辛いかも(>_

最近こういう喫茶店って少なくなってきてますがぜひ残ってもらいたいですね。
またにゃまんと待ち合わせて行きますよ。


お店の詳細:
住所 金沢市南町6-1 朝日生命金沢ビル地下1階
電話番号 076-232-3663
営業時間 7:30~18:00(モーニング7:30~10:00、ランチ11:30~15:00)
定休日 ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アットホームな寿司屋でお気軽ランチ「あかめ寿し」

2016-01-26 21:27:00 | その他外食
暖冬だと思ったら週末一気に雪が降りました。
一段落した昨日は仕事休みの日だったのでお昼はにゃまんと近所のお店でいただいてきました。



金沢駅前別院通りにある創業40年を迎えた「あかめ寿し」さんです。
今のところに引っ越してから十数年、すぐ近くにありながら一度も行ったことがないお店。
昨年からランチを始めたのを気にはなっていたのですがすでに行ったことのあるにゃまんがランチおすすめと言うので初訪問することに。
なにしろお皿が回らないお寿司屋さんなんて滅多に行くことないですからf(^_^;)



家を出て体が冷える間もなく到着したのは11時45分頃。
店の前の黒板にいろいろメニューが書いてあって読むのが楽しい。
お店に入ると一番客だったようでネタケースがよく見えるカウンター席の真ん中に座ることができました。





店内は入って右側がカウンター、左側が座敷という配置。
2階にも宴会が出来る座敷があります。
お寿司の値段は表記してあって思ったよりリーズナブルな設定です。
お店の方はご主人と息子さんが寿司を握り息子さんのお嫁さんが接客を担当と家族経営でやっておられます。



こちらは平日のみランチ営業(土日祝日は予約のみ)。
ランチメニューはご覧のとおり。
にゃまんは平日限定の日替わり『お昼の定食』(税込み880円)に。
私はちょっと奮発して『すしランチ』(税込み1650円)をお願いしました。
それでもお手頃な価格設定で安心です。



まずはお茶をいただいて一息。
お客さんが次々入ってきます。
ひとりでもふらりと入ることができる敷居の低さがうれしいですね。
観光客の方の要望にも対応されてます。



先ににゃまんの定食が出てきました。
この日は煮魚・フライ・刺身と魚づくしのおかずが魚好きにはたまりません。
刺身はちゃんと三種盛りなのがすばらしい。
ごはんは大中小とサイズが選べます。



すしランチは小鉢が先に出ます。
こちらも魚フライですね。
小骨もなく食べやすいです。



ガリも小皿で出てきました。
爽やかな風味でいくらでも食べられそう。



そしてお寿司の登場です。
マグロやイカ、穴子など9カンあります。
どれもネタが新鮮でおいしくいただけます。



特に気に入ったのはゴマフグ。
もみじおろしとあさつきであしらってあってさっぱりとしてクセがない。
これはいいですよ~♪
なおこれの卵巣(猛毒を持つ!)を糟漬にしたものが石川県美川町(現白山市)の名物です。



お味噌汁の具はめかぶでした。
ダシが利いててほっとする味。
気持ちが落ち着きます。



全部平らげるとおなかいっぱい。
食後にはコーヒーまでついてきます。
ああ満足じゃ(*^_^*)



これはいいお店だわ。
今までびびって行かなかったのを後悔しました。
咲ちん連れてきたらさぞかし喜ぶだろうな。
今度なにかお祝い事のときにでもみんなで来ようかしら。

なお最近は北陸新幹線開業効果で忙しいとのことでスタッフも募集中だそう。
夜はあらかじめ予約されてから行かれることをおすすめします(^o^)/


お店の詳細:
住所 金沢市本町1-9-15
電話番号 076-263-9787
営業時間 11:30~14:00(平日のみ)、17:00~24:00
定休日 木曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お洒落なイタリアンレストランで満腹ピッツァランチ「Tanaka 1975」

2016-01-22 22:40:40 | その他外食
昨日はにゃまんが検査を受けるため付き添いで病院へ。
結果の方はとくに問題はなくて良かったです。

さて病院からの帰り、にゃまんが「お昼ピザ食べよう」と言うではありませんか。
宅配でも取るのか?と思ったらおすすめの店があるということで電話して予約を入れたのでそのままお店へ向かうことになりました。



向かった先はこちら、元町の東インター大通り沿いにあるイタリアンレストラン「Tanaka 1975」さんです。
一昨年オープンしたそうですが前は「御食事処たなか」という定食屋さんだったところです。
なんでも三代目となるシェフがイタリア料理の修業をされて帰ってきたのを機に建て替えられたそう。
店名にある1975は前のお店の創業年で初心を忘れないように入れたとか。

開店直後に到着してお店の横の駐車場に車をとめます。
駐車台数が少ないと聞いてたので無事とめられてよかったです。
入るとすでに3組のお客さんが。
人気があるようで予約しといて正解でした、えらいぞにゃまん!

店内はカウンター8席と2人掛けテーブルが7卓あります。
手前のテーブル席に案内されます。
厨房にはまだ若いシェフが黙々と仕事をされてます。
接客を担当されるのはお母様でしょうか、上品な応対ぶりです。



ランチメニューはバインダーに挟んでテーブル上に置いてあります。
A・B・Cと金額によって内容が異なるセットメニューになっております。
いずれもメインはピッツァで6種類からチョイスするかたち。
ピッツァと表記するのがなんだか素敵です。
私たちは前菜+ピッツァ+デザート+カフェからなるBランチ(税抜き1300円)にしました。



店内には立派なピザ焼き窯があります。
これはさぞかしおいしいピッツァが焼けそうです。



まずは前菜が出てきました。
サラダも添えてあります。
ナイフやフォークはどこだと思ったらなんとテーブルに引き出しがついていて開けると入っていたのです!
面白いねえ。





前菜は3種類からのチョイスで私はカニのオムレツにしました。
これがカニの身がたっぷりと入っています。
しっとりとした食感でうまいですよ。
ワインが欲しくなる一品です。
車で来たのが残念無念(>_

にゃまんは帆立、カブ、白インゲンのスープです。
これも白インゲンがほどよくペーストされていい舌触りになってます。
カブがホクホクしてやさしい味わいです。





前菜を食べ終えたところでメインのピッツァが出てきました。
私はツナとアンチョビの揚げピッツァをチョイスしました。
揚げピッツァって何だ?って思ったので注文してみたのです。
で現物はこんな感じ、どーん!



なんだか巨大な揚げギョーザのようww
てっきり丸いピザを焼かずそのまま揚げたのが出るのかなと思ったら想像をはるか上回るものが出てきましたよΣ(゜Д゜;)

とりあえずナイフで切ってみます。
すると中からとろけたチーズとトマトソースがとろーりと流れ出ます。
生地と絡ませてパクリと食べると見た目とはうらはらにとってもイタリアンなうまさです。
これはまた面白いものがいただけました(^o^)d



にゃまんはしらすとほうれん草のピッツァです。
薪窯で焼き上げられたピッツァは香ばしさがよく出ていてふっくらと仕上がっています。
こちらは正統派のおいしさですな。



食後はカフェとデザート。
デザートは苺ムースと苺リゾット、ガトーショコラの2種類だったのでひとつずつ注文。
どちらも濃厚でおいしくいただけました。





これだけのセットでこのお値段は結構お得かも。
しかもピッツァのボリュームがなかなかで腹持ちもいいから満腹感はかなり高いです。
食いしん坊のにゃまんが薦めた理由がわかりましたよ。

夜は3000円からのコースがあるほかアラカルトも豊富。
相談すれば料理内容もいろいろ変えてくれるそうです。
次回来るときは運転手確保してワインとともに楽しもうっと♪
なおシェフはソムリエの資格も持ってるそうです。

こう書いた矢先、窯をリニューアルするそうで1月25日から2月下旬までピッツァメニューはお休みするのだとか><
さらに25~27日は臨時休業、28日から2月3日までランチはお休みとの悲しいお知らせが。
再開を楽しみにしております(ToT)/~~


お店の詳細:
住所 金沢市元町2-18-1
電話番号 076-252-8730
営業時間 11:30~15:00、18:00~23:00
定休日 火曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漁協直営だけに新鮮さお墨付き「かがのと海鮮処 旬魚亭」

2015-12-17 16:24:30 | その他外食
今週は代休とかの関係で仕事休みの日が多く今日もお休み。
午前はにゃまんが病院へ行くので運転手として一緒に行くことに。
診察も無事終わりお昼を食べようと気になっていたこちらのお店へと向かいました。



石川県水産会館に先月20日オープンした「かがのと海鮮処 旬魚亭」さんです。
石川県漁業協同組合が直営とのことで期待せずにはいられません。

余裕を持って開店時刻の10分前に着いたらすでに風除室に何人か待っているではないですか!
慌てて私たちも入って待つことに。
後からもお客さんが次々とやってきます。
ある程度人気があるとは思いましたがここまでとは。
先に待ってた方によるとテレビでも紹介されてたとか。

開店して順番に席に案内されます。
私たちはテーブル席へと案内されました。
お茶のお替わりはセルフサービスになっています。

注文も順番に訊かれます。
忙しいからか今日からランチメニューは5種類に限定しての提供とのこと。
にゃまんは『朝獲れ刺身定食』(税別880円)にするとのこと。
私は限定40食の『魚づくし定食』(税別980円)をごはん大盛りでお願いしました。
なおごはんの大盛りは無料です。





開店してすぐに満席です。
入口の左側がテーブル席、右側がカウンター席とお座敷になっています。
年配のご夫婦や女性グループ、営業回りのサラリーマンなと客層も幅広いです。
夜は宴会もできるんですね。





先ににゃまんが注文した刺身定食が出てきました。
県内の港に今朝上がった魚が5種類盛られていますね。
どれも新鮮で見るからにうまそう。



そして魚づくし定食がやってきました。
煮魚、焼魚、フライに刺身、酢の物、マリネ、もずく酢まで。
本当魚づくしですな。



まずは煮魚から。
サバの照煮ですかね。
味付けは甘すぎずくどすぎずごはんが進みます。
サバは苦手なのですがこれはおいしく食べられます。



フライは揚げたてでアツアツ。
さっくりホクホクとこれまたおかず力が高い。
タルタルソースがお似合いです。



刺身は刺身定食にはなかった魚です。
魚の名前詳しくないので何かはわかりません、ごめんなさい><
とろりと舌の上でとろけて甘~い。



みそ汁はあら汁です。
今日はブリのあらのようです。
いいダシが出ていてあったまります。



どれもこれも骨以外は全部食べつくしてごちそうさま。
こんなに魚を食べたのは久しぶりかも。
ふだん私は刺身以外の魚料理ってあまり食べないんですがどれもおいしくいただきました。
石川の魚のうまさ、改めて知ることができましたよ♪
ただスタッフが慣れてないのか人手不足なのかちょっとあたふたした感じだったのはご愛敬ってことで(^_^;)

金沢駅から徒歩7分という位置にあるので観光客や出張族の方も行きやすいかも。
近江町市場で高い海鮮丼食べるよりずっとコスパいいんじゃない?

帰るときには順番待ちの人があふれててまだ12時前なのになんと40分待ちになってました!
この人気は当分続きそうなので行きたいと思ったら開店時間めがけて行ったほうがいいですよ。


お店の詳細:
住所 金沢市北安江3-1-38 石川県水産会館1F
電話番号 076-234-8855
営業時間 11:00~14:00、18:00~21:30
定休日 水曜日

なお新年1月6日より昼は11:30~14:00(L.О.13:30)に変更するとのことです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人気があるのも当然の高コスパランチ「中華料理 来 若宮店」

2015-02-27 16:53:40 | その他外食
今日は代休なのでゆっくり過ごすことに。
午前中髪を切りに行ったあとお腹が猛烈に減ったのでお昼を食べて帰ることに。
たまにはラーメンじゃなくてもいいかなあと考え、いつもお昼どきは駐車場がいっぱいなので気になっていたこちらのお店へ行ってみました。



若宮町にある「中華料理 来」さんです。
一度来てみたいと思いつつ機会がなくようやく来ることができました。

着いたのは11時17分、お店の前と横にある駐車場にはまだ車はそれほどなく余裕で駐車できました。
ドキドキしながら出入り口のドアを開けて入りました。







店内はカウンターが12席とテーブルが4卓。
まだ早かったからか先客はひとりでしたが後から続々とお客さんはやってきて帰るころには駐車場がいっぱいになっていました。
オープンカウンターの厨房にはスタッフが7人とどれだけ混んでも大丈夫な感じ。

カウンターの端の席に座ってメニューを見ます。
品数多すぎて迷ってしまうじゃないですか!
どれもこれも気になります。
しばらく思案した末に『豚もやしみそ炒めセット』をお願いしました。
ミニサイズの豚もやし炒めとライス、しょうゆラーメン(小)がセットになって900円です。
なおとんこつラーメンにすると950円です。









注文を済ませメニューを眺めているとサラダと漬物が出てきました。
これもセットに入っているとはなんとも豪勢な。



そのあとトイレに行って戻ってきたら残りの料理が卓上に置かれていました。
いやー見るからに美味しそう。
ではいただきます。

まずは豚もやしみそ炒めから。
結構なボリュームで全然ミニサイズじゃないですよ。
細切りの豚肉ともやし、人参、にらを濃口の甘みそで炒めてあります。
もやしがしゃきしゃき感がしっかり残っていてみそだれが程よい味わいでごはんが進みます。





しょうゆラーメンも小なので半玉くらいでしょうか?それでも立派なラーメンです。
具もサイコロチャーシュー、メンマ、もやし、ねぎが入っています。
スープは鶏ガラベースの薄口醤油味。
なんだか懐かしくてやさしい味です。



麺は中細の縮れが入った麺です。
プチプチと歯ごたえがあってコシもちゃんとあります。
このラーメンは飽きない感じですね。
みそ炒めのたれをスープに入れるとみそ風味のラーメンとしても楽しめるとのことですがこのままで十分美味しい。



厨房からはガコガコと中華鍋を振るう音が聞こえてきます。
リズム感があって心地いいですね。
炒め具合が絶妙なのもこのリズム感で炒めてるからなんでしょうね。

そんなわけでライスおかわりです。
おかわり自由なのがまたうれしいじゃないですか。
しかもいい感じで炊かれていてホクホクとおいしいごはんです。



おかわりしたごはんもぺろりと平らげてごちそうさまでした。
噂にたがわずコストパフォーマンスの高いランチで大満足!
おなかいっぱいになりました(^o^)v

ランチタイムはいつもにぎわっているのも納得です。
皆さんいろんなメニューを注文されてましたが一番人気という『とりのから揚げセット』を頼んでる人が多かったですね。
今回これにしようか悩んだので次回はこれを食べに来てみようかな(^_^)d

あと内灘にも同名のお店がありますが何か関係があるようですね。
こちらにも行ってみないと。


お店の詳細:
住所 金沢市若宮2-37
電話番号 076-231-1775
営業時間 昼/月~土曜日11:00~14:30(L.О.14:00)
     夜/月~金曜日18:00~22:00(L.О.21:30)、土曜日・祝日17:30~21:30(L.О.21:00)
定休日 日曜日(祝日は営業)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神楽さんにてビオワインと中華料理を楽しんじゃいました

2014-12-08 21:11:11 | その他外食
去る11月29日の晩のことになりますが「自然派ラーメン 神楽」さんにてビオワインと中華料理を楽しむ催しがありました。
聞いただけで夢のような会になんと私ごときが参加させていただくという栄誉にあずかったので喜び勇んで行ってきました。

なぜ私がこんな会に参加できたかというとこれに先立つこと何日か前、ワインをフルボトル空けたとツイートしたら神楽さんのご主人から「そのうちいいことあるかも」とリプライがあり、その数日後石川県ラーメンブロガーの重鎮ノブさんから「神楽さんでビオワインと神楽さんの中華料理を楽しみませんか」とお誘いをいただいたのです。
なんでもつぶやいてみるものですw

で当日夜7時神楽さんへ向かうと店の前に人が集まっております。
今回の会に参加される皆様、私を入れて8人になります。
ノブさんをはじめドリームさんや富山からお見えになったあみの3さんなど錚々たる顔ぶれです。
ツイッターを通じてお友達になったわんふるさん以外とはどこかのお店でお見かけしたことあるかもしれないのですがこのようにお会いするのは初めてなので緊張します。

お店に入るとご主人が準備をされておりました。
ラーメン店を始める前は長年中華料理店の料理人をされていたとのことで今回無化調の中華料理をふるまってくださいます。
なんとも楽しみではありませんか。

そしてもうひとつの楽しみビオワインです。
ビオワインとはできるだけ自然に近い状態で製造されたワインのことで無農薬のブドウを無添加で作られるものだそうです。
昔パリに旅行した時飲んだことがあったような?
今回は野々市のワインショップ「クラ印」さんが用意された白3本、赤2本の計5本をいただけるとのことです。



今回のお品書きです。
ご主人の手書きによるもので達筆です。
読んだだけでよだれがでそう。



まずは白ワインで乾杯。
これがとっても口当たりがよくてすっと入ります。



料理はまず前菜5点盛りから。
サーモンの昆布〆、能登牡蠣のオイル漬、鴨と豚のチャーシュー、味玉です。
どれも手がこんでいてさすがの味わい。
きりっとしたワインとよく合いますわ。



続いては珠珠団子。
外皮の部分がもち米で包まれている焼売です。
これがモチモチアツアツで気分はほっこり。
ワインは2杯目にいっちゃいます。



3品目は蟹肉豆腐。
餡に今が旬の香箱ガニの身がたっぷり入っていて幸せです。
行儀悪いかもしれないけどごはんにぶっかけて食べたい。



赤ワインに切り替えて次はエビチリソース煮。
天然の大正海老を使っていてその身はぷりっぷり。
生姜がいい塩梅で利いててこんなにうまいエビチリを食べたの初めてです。
本当に無化調でここまで味を引き出せるとはさすがとしかいいようがありません。



料理はまだ出てきます。
炭火焼チャーシューの盛り合わせ、豚と牛の2種類です。
もうここの炭火焼チャーシューが食べられるだけで幸せいっぱいです。
やっぱ最高だわ!
牛のチャーシューはもうローストビーフのようで口の中でとろけていきます。
これはしっかりした赤ワインとの相性が抜群です。



最後は牡蠣炒麺、能登牡蠣と有機野菜のあんかけ焼きそばです。
牡蠣の旨みがよく出ていて自家製の麺と見事なまでに絡み合っています。
最後の最後まで楽しませてもらえました。



いや、本当に素晴らしかった。
飲んだ食べた、もう大満足としか言いようがありません。
ワインは全然酔いが残らず翌日も胃が全然もたれませんでした。
ビオワインとビオ中華のすごさを実感しました。

なお神楽さんでは事前に8名以上で予約すればこのような中華料理のコースを出していただけるとのことです。
お値段はひとり5千円からとのことですが食べる価値は大いにありますよ。

夢のような夜を楽しませてもらいました。
とてもおいしい中華料理を作っていただいた神楽さん、口当たりの良いビオワインを用意していただいたクラ印さん、ありがとうございました。
そしてお誘いいただいたノブさんはじめご一緒させていただいた皆様、とても嬉しかったです。
あっという間に時間がたち名残惜しかったです。
皆さんともっとラーメン談議したかったです。
また機会がございましたらぜひ誘ってくださいm(_ _)m
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の夜はがっつりとステーキで「ジャッキー ステーキハウス」

2014-11-19 14:34:00 | その他外食
去る15日から17日に家族で沖縄に行っておりました。
理由は前の記事で書いたので略します。

初日シーサー作り体験をした後ホテルに戻ったらかなり遅くなりました。
とはいえお腹も空いたのでごはん食べに行こうということに。
でガイドブックを見てたらホテルの近くに有名なステーキハウスがあるのを発見しこちらへ向かうことにしました。

ホテルから歩いて5分ほどのところにそのお店はありました。
ジャッキー ステーキハウス」さん、創業して60年あまりの老舗です。
高校生のころ読んだ「クッキングパパ」に載っていたのを覚えています。
そのときからいつか行きたいなあと思っていましたがついに念願がかないました。

お店の前には信号機があって混雑状況を教えてくれます。
夜10時過ぎに来たというのに”混雑”のランプ、お客さんを乗せたタクシーも次々と到着してます。



お店に入って名前を書いて待つことに。
待ちスペースには有名人のサインがたくさん飾られていますね。
咲ちんは大ファンの具志堅用高さんのサインもあってご満悦のようです。





15分くらい待ってようやく席に案内されます。
店内はアメリカンダイナーな感じのボックス席が所狭しと並んでいます。

メニューを見て料理を選びますがけっこう種類がありますね。
私は奮発して人気ナンバーワンの『テンダーロインステーキ』のLサイズ(2,200円)をチョイス。
咲ちんは『ニューヨークステーキ』のSサイズ(1,500円)、にゃまんは『ハンバーグステーキ』のSサイズ(800円)にしました。
それぞれにパンかライス、サラダ、スープがついてます。





それにしても夜遅くなのに賑わっていること。
後から聞いた話だと沖縄の人は飲んだ〆にステーキを食べるとか?
たしかにそんな感じの人もいましたが仕事帰りのお兄さんがひとり黙々とステーキを食べてたりしてかなり庶民的な感じ。
スタッフは6~7人忙しそうに働いてましたが厨房は奥にあるようでどんな感じかはわかりませんでした。

まずはスープとサラダが出てきました。
スープはキャンベルの缶スープっぽい感じでなんだか懐かしい味。
サラダにかかるドレッシングもアメリカンな感じですね。



スープを味わっていたらまずハンバーグステーキが出てきました。
目玉焼きが載っててミートソーススパが添えられています。
一口味見させてもらったらお肉のしっかりした味がしてなかなかのうまさ。
ミートソースはやや辛めの味付けでした。



そしてニューヨークステーキです。
脂身が多めのロース肉で脂がほんのりと甘めですな。



私の頼んだテンダーロインも出てきました。
鉄板がじゅうじゅう音を立てています。
焼き加減はミディアムレアにしてもらいましたがまだ赤いところが多いので気になる人はミディアム以上で焼いてもらったほうがいいかも。
フライドポテトとオニオンソテーが添えられています。



まずは何も付けずに一口。
ナイフがすっと通って切れる柔らかさ。
口の中に入れるとジューシーな肉汁のうまさがふわっと広がります。
これは軽く食べられそう。



ステーキにはソースの類はかかっていないので卓上の調味料をお好みでかけて楽しむのがこの店の流儀。
塩胡椒も良かったのですがこのNo.1ステーキソースが野菜や香辛料、モルトビネガーなどの味が複雑に絡み合っていて癖になりそう。
アメリカのソースなのかと思ったら兵庫県明石市にある会社なんですね。





ふだんはライス派の私ですが今回はパンを選びました。
バターがしっかり浸み込んだパンがたまりませんね。
鉄板に残った肉汁をこすりつけて食べるとまたうまい。



250gのステーキ肉はぺろりと胃袋におさまってごちそうさま。
ボリュームあるはずなのに翌日になっても胃もたれすることなく食べられたのは下味のつけ方がいいからなのかな?
これなら飲んだ後に食べても大丈夫なはずです。

お会計はレジにてテーブル番号を申告する方式。
3人で4,500円というお手頃さ。
ながらくアメリカの統治下にあっただけに沖縄ではステーキは身近な食べ物なんですね。

また沖縄に来たら食べに行きたくなるな。
今度はビール飲みながら食べよっと♪


お店の詳細:
住所 那覇市西1-7-3
電話番号 098-868-2408(予約不可)
営業時間 11:00~翌1:00(L.О.)
定休日 元日、ウークイ(旧暦7月15日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のどかな製麺工場でもちもちうどんを啜る「山崎製麺」

2014-07-25 20:35:00 | その他外食
7月22日(火)、仕事はお休みだったので夏休み中の咲ちんを連れて七尾市へ行ってきました。
その理由は全国自治体職員サッカー選手権大会がちょうど開催中だったから観戦しようかなってことで。

父親の趣味に付き合わさる娘、せめて好きなものを食べさせてあげようと昼食に選んだのはうどん。
とはいってもふつうのうどん屋さんではありません。
こういうところでいただいて来ました。





知る人ぞ知る「山崎製麺」さんです。
住宅や空き地が点在するところに製麺工場があってその一角でお昼どきだけ営業しているのです。

着いたのは営業開始の11時半より少し早かったのですが開いていたので入りました。
中はテーブルや椅子が置かれていて大衆食堂っぽいけどなんか違う。
カウンターの奥からは工場を経営されているご主人が出てこられたので注文することにしました。





注文は券売機で食券を購入して渡す方式。
メニューはそんなに悩むほどはないけれど悩むなあw
咲ちんは『天ぷらうどん』(400円)を、私は『釜玉うどん』(280円)を選び、あとおにぎり(2個入り170円)の食券を購入しました。
これで千円札出しておつりでペットボトルのお茶が買える程度あるとはなんとリーズナブルではありませんか!





空いている(って誰もいないけどw)席に座って咲ちんとおしゃべりしながら待ちます。
そしたらご主人と奥様に咲ちんの長い髪を褒めてもらいました。

お水は”天然水”と書かれた水が蛇口から流れっぱなしなのをセルフで汲みます。
地下から汲み上げてるのでしょうかおいしいお水です。
うどんを製造するのもこの水を使っているのでしょうね。



11時半になると車や徒歩で次々とお客さんがやって来ます。
ご近所の人に愛されているようです。
カウンターの奥では製麺機がある傍らでご主人と奥様が注文したうどんを作っていて「おまちどおさま」の声で取りに行くシステム。
なんか素朴でいいですね。

それではいただきます。
釜玉うどんは先にだしと割りほぐした卵の上から茹でたてのうどんを入れたタイプ。
あとは青ねぎだけのってます。

ぐちゃぐちゃにかき混ぜて一気に啜ります。
おおーっ、こりゃたまらん!
麺はもちもちっとして、口の中で吸い付きそうな感じでたまりません。
咲ちんにおすそわけしたらすごく気に入ったみたいで最後に残った卵汁も飲み干してました。

咲ちんの天ぷらうどんもちょっともらいます。
麺は当然ですがだしがじんわりといいですね。
やさしい味わいのうどんとよくマッチしています。
海老天ぷらの衣がだしを吸ってふわっとしたところがうれしい。



おにぎりは梅干し入りが2個、漬け物も添えてあります。
ちょっと崩れやすいのはご愛敬。



いやーこれはいい意味でまいった。
製麺工場の軒先で作りたてのうどんをいただくなんて香川県でも行かないと体験できないかと思いました。
うまいし安いしもう言うことはありません。
咲ちんも次は釜玉うどん大で食べると息巻いてましたw
夏限定の『冷やしうどん』(280円)も気になったなあ。
また七尾に来たらぜひ立ち寄りたいお店(工場)ですよ。


お店の詳細:
住所 七尾市万行町3-104
電話番号 0767-53-0760
営業時間 11:30~13:00
定休日 水・日曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加