団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

翁長、又しても訪中

2017年04月20日 | 沖縄

  沖縄の反日売国紙以外にはどこも報道していないのでしょうか。あの反日売国翁長が又しても中国訪問です。今回は、あの魂を悪魔に売った売国奴河野洋平は行かなかったのでしょうか。

  行くだけでも、日本人の気持ちを逆撫でするだけで足らずに、補助金を払ってまで航空路線の再会を要請したというのですから全く、この男は日本の敵以外に言いようがないですね。
  
  沖縄タイムスより   2017年4月11日

 翁長知事、中国・福州便の再開要請 李首相も前向き「日中関係でも重要な要素」

 中国を訪問中の翁長雄志沖縄県知事は10日、日本国際貿易促進協会(国貿促、会長・河野洋平元衆院議長)の訪中団とともに中国ナンバー2の李克強首相と北京の人民大会堂で会談し、運休している那覇-福州間の航空路線再開に協力を求めた。参加者によると、李氏は「関係機関に指示したい」と前向きな姿勢を示した。

  こちらは、訪問前の記事です。

  沖縄タイムスより   2017年3月25日
  
  翁長知事が中国訪問 来月上旬、福州定期便再開要望へ
 
 翁長雄志沖縄県知事は24日までに、日本国際貿易促進協会(国貿促、会長・河野洋平元衆院議長)が4月上旬に予定している訪中に、同行する方向で調整に入った。運休している那覇-福州の定期便を再開するため、県が検討している支援策を中国側に報告する予定だ。

 知事は就任以来、国貿促の訪中に毎年、参加しており、今回で3度目となる。

 那覇-福州の定期便は、2015年の訪中時に知事が李克強首相に要望し、15年7月に中国東方航空による就航が実現した経緯がある。ただ、搭乗率の低迷などを理由に運休しており、県は経由地を増やしたり補助金を拠出するなどの対策を講じ、今秋にも再開にこぎつけたい考えだ。

  それにしても、これでも沖縄の人達は、次も、この素晴らしい男を選ぶのでしょうか。もし、そんなことになれば、日本人は沖縄を見放すのじゃないでしょうか。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経団連会長、「日系人に日本... | トップ | 米中首脳会談で中国が得たもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL