団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

辻元、皇室を『生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない』と書いた

2017年06月18日 | 反日売国奴左翼・在日

 ネットで、広まっていた辻元の皇室や憲法に対する正に売国奴発言を、足立康史さんが国会で取り上げてくれたようです。
  流石です。辻元はどうするのかと思ったら、流石したたかです。勉強して反省し、意見を変えたのだそうです。反日売国左翼・在日共の「ああ言えばこう言う」は、年季が入っています。
  保守も、この恥知らずのしたたかさを見習うべきでしょう。譲歩譲歩で、付け入られるばかりでは、日本はどんどん窮地に追い込まれるだけです。

  この発言は、ネットだけで、有耶無耶になるのかと心配していましたが、足立さん流石です。それを取り上げてくれた産経も有難い。
  これでも、平和ボケの日本人は目がさめないのでしょうか。  

  産経ニュースより    2017.6.8

 「辻元清美さんは皇室を『生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない』と書いた」日本維新の会・足立康史氏が攻撃、辻元氏の“言い訳”は

 日本維新の会の足立康史衆院議員は8日の衆院憲法審査会で、民進党の辻元清美衆院議員が皇室について「生理的に嫌だ」と記した過去の著書などを挙げて批判した。辻元氏は「一面的だった」と反省の弁を述べた。

 足立氏は辻元氏が過去に「私はいま『護憲派』といわれているが、(憲法)1条から8条はいらない。天皇制を廃止しろとずっと言っています」と発言していたと指摘し、辻元氏を改憲派に位置付けた。

 さらに過去の著書で皇室について、「生理的に嫌だと思わない? ああいう人たちというか、ああいうシステム、ああいう一族が近くで空気を吸いたくない」としていたことを挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が何の弁明もなく憲法審査会の幹事として要職にあるのは適当ではない」と斬り捨てた。

 これに対し辻元氏は、「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした。戦前の天皇制のもと、戦争で多くの若者が亡くなった。私の祖父も南の島で戦死した。天皇陛下バンザイと戦死したのか、と割り切れない思いから、天皇制について疑問を抱いたのは事実だ」と発言を認めた。

  一方で辻元氏は「その後、土井たか子元衆院議長からいろんなことを学んだ。日本国憲法のもと、日本は生まれ変わり戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならないなど、多くのことを学んだ。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」としおらしく語った。

 そのうえで「象徴天皇の歴史的背景、立憲主義の大切さ、国会議員が憲法尊重義務を持つことの重みをかみしめるようになった」と思想の変遷を披瀝した。


  辻元は、これも有耶無耶のままです。


  杉田さんも足立さん達と共に戦うと言われています。


  何とか、反日売国左翼・在日共を追い詰めて、撲滅してもらいたいものです。 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鏡に映る自分に憤る民進党 | トップ | 中国軍が尖閣諸島上陸急襲部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL