団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

韓国有事極秘通達「日本人は拘束あるいは射殺許可」

2017年04月23日 | 日本再生

  これをアップする23日には、既に起きてしまっているかも知れませんが、もしかしたら、これからということもありそうなので取り上げておきます。

  何と、何時もお世話になっているねずさんが、余命三年時事日記を取り上げて、韓国の恐ろしさを教えてくれています。
  まさか、ねずさんが、余命に言及される日が来るとは、いよいよ来るときが来たのかも。

  何時ものように、全文はリンク元で読んでください。  

   ねずさんと学 ぶシラス国の物語より  2017年04月15日

  朝鮮有事の危険と対抗国家

  …略

  北朝鮮の100万の陸軍が韓国への侵攻を開始した場合、韓国は瞬く間に壊滅的被害を蒙ります。
このような事態を迎えた時、韓国では日本を攻めるように教育が施されているのだそうです。
北から攻撃を受けたら、それは日本の「せい」だから、日本を攻めるというのです。

 韓国国内においても、有事対策のために、移動制限が通達されるのだそうです。
この通達では、在韓米国民の移動の制限はありませんが、在韓日本人は移動禁止となります。
在韓日本人が抵抗すれば拘束、あるいは射殺して良いとなっており、先ごろ駐韓大使が韓国に急きょ戻ったのも、これへの対策のための有事に際しての邦人保護を目的としてのことなのだそうです。
これは余命さんからの情報です。下に動画を貼ります。

 その通達が事実かどうかは、私にはわかりかねますが、韓国は反日のための「対抗国家」です。
日本に対しての「対抗国家」ですから、日本に対しては何をしても良く、それが韓国における愛国行動になります。
「対抗国家」というのはそういうものです。
「そんな馬鹿な」と思われるかもしれませんが、「対抗国家」というのはそういうものです。…以下略


  顰蹙を買うでしょうが、やはり、ここは多少の犠牲があっても、日本人が目覚め、余命作戦による反日売国左翼・在日の一掃こそが必要でしょう。
  それができなければ、日本が消滅するでしょう。折角、先人が築き上げてくれたこの素晴らしい日本を消滅させて良いのですか。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の太陽光発電 | トップ | 朝鮮総連が正男氏報道で日テ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本再生」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL