団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

LINE 政府と行政サービス連携へ

2017年06月14日 | 反日売国奴左翼・在日

  昨日、外務省の解体・再生が必要だと書きましたが、今日も、日本を崩壊させようとしているとしか思えない政府の話題です。

  何と、あの韓国企業で、情報が筒抜けのLINEをマイナンバーカードに使うのだそうです。一体何を考えているのでしょうか。と言うか、やはり、入り込んだ韓国人の仕業なのでしょうか。

  日テレNEWS24より     2017年6月2日
  
  独 自:LINE 政府と行政サービス連携へ

 無料通信アプリを展開するLINEが政府のオンライン行政サービスと連携することが日本テレビの取材でわかった。LINEの画 面からマイナンバーカードを使って一部の行政手続きなどができるようになる。

 関係者によると、LINEは9月にも政府がスタートさせるオンライン行政サービス「マイナポータル」と連携するという。 LINEの画面から「マイナポータル」に直接アクセスすることができる。LINEのユーザーがスマートフォンなどに読み取り機能 をつけてマイナンバーカードをかざせば一部の行政手続きができるという。LINEを通じて将来は税金の支払いや保育所の入所申し 込みなどもできる見込み。

 マイナンバーカードはこれまで国民の1割程度の普及にとどまっており、政府はSNSとの連携で若者などにマイナンバーカードを 広げたい考え。

  それにしても、ここまでの平和ボケには驚くしかないですね。安倍さん、こんなこと認めるのでしょうか。

  只一つの救いは、マイナンバーカードの普及が1割という衝撃的な数字です。と言うか、この制度は、朝鮮人あぶり出しという証拠でしょうか。
  と言うことは、これも、安倍さんんが何か仕掛けているのでしょうか。

  何時ものcoffeeさんが詳しく取り上げてくれています。

  正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現より   2017/06/03(土)

  日本政府が韓国LINEと連携!LINEでマイナンバーカードを使って行政手続き→韓国政府が傍受

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百万人といえども我往かん | トップ | 長尾たかし、有事を“現実”と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL