団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

「世界の記憶」改革案歓迎-ユネスコ

2017年05月16日 | 国連

  年明け早々の日本政府の腰砕けに怒りを覚えた、1 月 5 日(木)、第1304回の「ユネスコ分担金拠出の意味はあるのか?」で、取り上げた、折角止めていたユネスコへの拠出金の支払いですが、支払いに似合うものは取れたのでしょうか。

  どうも、その目的だったことが未だに採用されずにいるようです、こんなのんびりしたことで良いのでしょうか。
  どうせ、はぐらかされて終わるのじゃないでしょうか。結局は拠出金の取られ損で終わるのじゃないでしょうか。本当に真剣に検討しているのでしょうか。怪しいものです。  

  時事ドットコムより   2017/05/05
  
  主張対立、当事国で事前調整=「世界の記憶」改革案歓迎-ユネスコ

 【パリ時事】日本政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)に見直しを求めている「世界の記憶」選定方法をめぐり、日本を含む58カ国で構成するユネスコ執行委員会は4日の会合で、歴史専門家らでつくる国際諮問委員会(IAC)が作成した改革案の中間報告を歓迎する決議を全会一致で採択した。改革案では、当事国で主張が対立する申請案件は、選定作業前に当事国間で調整するよう求めている。関係者が明らかにした。
 2015年に中国が、日中間で犠牲者数などの見解が異なる1937年の「南京事件」に関する資料を申請し、世界の記憶(当時は「世界記憶遺産」)に登録された。日本政府は登録に対して公式に異議を唱える手段がなかったとして反発し、選定方法の透明性向上を含めた改革を要請していた。
 IACは中間報告採択を受け、さらに検討を重ね、最終報告を10月ごろに開かれる次回執行委に提出する。
 世界の記憶をめぐっては韓国の市民団体などが旧日本軍の「従軍慰安婦」に関する資料の17年登録を目指している。改革案に基づいて選定作業が行われれば、「慰安婦」資料の登録前に日本が反論する機会を得られることになりそうだ。
 改革案では、申請案件についてまず当事国の意見を募る。反対意見が寄せられた場合、当事国による事前協議の期間を設けることを提案している。協議の結果、一定の合意が得られれば、当事国による共同申請や「異なる意見を両論併記した上で登録」するといった対応が考えられるほか、協議が不調に終われば、結論を「次回以降の審査に先送り」することもあり得る。
 中間報告は先送りを認める期間を4年までとした。それでも合意できない場合の対応は、最終報告に向けてさらに詰めることになりそうだ。
 「世界の記憶」は重要な歴史文書などの保存を目的とし、隔年で審査を実施。IACが案件を選定し、ユネスコ事務局長が決定する。

  何で、拠出金を止め、そのまま脱退しなかったのかが悔やまれてなりません。何時まで、国連崇拝を続けるつもりなのでしょうか。このままでは、きっと、煮え湯を飲まされるでしょう。

  何と言っても、あの最悪のボコバが、トップのままなのが不思議です。辞めずに国連事務総長に立候補できるのですね。何とも、好い加減な組織です。今年までの任期のようですが、もしかしたら、再選されたりして。

  そんな、踏んだり蹴ったりの目に会わないように外務省は仕事をしてもらいたいものです。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キリスト教を問う! | トップ | 米軍の北朝鮮攻撃早くて六月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL