団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

北朝鮮攻撃の前に二次的制裁

2017年04月20日 | 北朝鮮

  アメリカの北攻撃が何時始まるかと待っていますが、アメリカも結構慎重なようです。攻撃の前に、二次的制裁なるものを考えているのだそうです。

  何時もの宮崎さんが、詳しく書いてくれています。やはり、私のような単純バカの思うようには行かないようです。何でも良いから、早く叩きつぶしてくれと考えるのは、何時死んでも良いと思っているからでしょう。人生これからの人達にとっては、何も起こらないことを願っているでしょうね。
  とは言いながら、ここまで平和ボケになってしまった日本を目覚めさせる為のショック療法も必要なのじゃ無いでしょうか。そうしてでも、目を様さない限り、このままの平和ボケでは日本は消滅するのじゃないでしょうか。  

 宮崎正弘の国際ニュース・ 早読みより  平成29年(2017)4月11日(火曜日) 通算第5264号    

 宮崎正弘 の国際ニュース・早読み <北朝鮮攻撃の前にセカンダリー・サンクション(二次的制裁)

 北朝鮮攻撃の前にセカンダリー・サンクション(二次的制裁)
  米国、中国などの関与した貿易会社、銀行に制裁準備。リストはあがっている

 カール・ビンゾン空母攻撃群がシンガポールから、寄港予定だったオーストラリア訪問をキャンセルして南シナ海の北上を開始 し、米国西海岸サンディエゴ海軍基地からは駆逐艦なども西太平洋方面へ出航した。
朝鮮半島近海に展開し、北朝鮮のミサイル、核基地攻撃準備態勢の示威である。空母には特殊部隊も乗り込んでいるとされるか ら、「斬首作戦」の同時展開もシナリオに入っているのだろう。

 その前に、米国はいくつかのセカンダリーサンクションの選択肢を撰ぼうとしている。
 第一は遼寧省丹東、瀋陽にある北朝鮮の銀行、ならびに北朝鮮にミサイル部品など国連制裁決議に違反して輸出していた中国系 商社の制裁を強める。

 第二に在米中国の銀行に資産凍結、取引停止など強い処分をふくめての制裁準備である。これは中国への強いブローとなる。報 復として中国が、米国系銀行の在中国支点の営業停止などの挙にでると、米中貿易は自動的に縮小し、双方の痛手となるため、ど こまでの制裁レベルに留めるかが、これからの検討課題となる。

 マレーシアの妖しげな貿易会社も制裁対象になっているとされる。
 北朝鮮からの亡命者がロイターに語ったところに拠れば、ハンフンイル(音訳不明)は20年前にクアランプールへやってき て、張成沢と繋がるマレーシアの商売相手とコングロマリット「MKP」(マレーシア・朝鮮パートナー社)を設立した。
この商社は、労働者の斡旋、貿易、石炭の輸出、石油の輸入などを表看板に、アジア、アフリカ40ヶ国と取引していた。

 「なかには不正な武器輸出が含まれ、武器取引は、このマレーシアの北朝鮮系商社が行っていた」(ロイター、2017年4月 10日)。

 年に一度、北朝鮮から高官が現れ、ドル、ユーロの現金を手渡していたことが目撃談として語られた。
 ことほど左様に金正男がクアラランプール空港で暗殺されるまで、北朝鮮とマレーシアは持ちつ持たれつの関係であったことが 明るみに出た。

  やはり、世界は金の亡者が蠢いているようです。こんな奴等が、中国や北を生き残らせているのは間違い無いでしょう。やはり、犠牲はあっても、延命させればさせるだけ世界を危機を齎す国は叩きつぶしておくべきです。

トランプさんやってください!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄のジャンヌ・ダルクはか... | トップ | 『意図的な民族差別』事実と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL