団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

ニューヨークタイムズさえ、文在寅を危険視

2017年03月20日 | 韓国

  韓国が、益々面白くなってきましたね。どちらにしても崩壊は間違い無いでしょうが、どう崩壊するのかの楽しみが増えたような気がします。
  次の大統領候補が、その崩壊のスピードを早めるのじゃないでしょうか。希望を言えば、それまでに崩壊してもらいたいくらいですが。果たして、どんな崩壊劇を見せてくれるのでしょうか。

  何時もの、宮崎さんが、珍しく韓国の話題を書いてくれています。

  「宮崎正弘の国際ニュース・ 早読 み」より  平成29年(2017)3月12日(日曜日) 通算第5221号  

  宮崎正弘の 国際ニュース・早読み  <リベラル派のニューヨークタイムズさえ、文在寅を危険視

 リベラル派のニューヨークタイムズさえ、文在寅を危険視
   THAAD配備を「キューバ危機」の二の舞と錯誤

 米国が韓国にTHAADを配備しているのは、敵が攻撃ミサイルを開発し、実験して戦力を高めたため、これを防御するためであ る。中国も北朝鮮も攻撃能力が減殺されるから、強く反対しているわけである。
 いってみれば強盗の凶悪犯が民家の戸締まりをいけないと言っている構図である。

 ところが次期韓国大統領に最有力な野党の文在寅は「第二のキューバ危機。THAADは不要だ」と発言を繰り返してきた人物で、 「政権を取ったらTHAADの配備を見直す」と驚くべき発言をしている。
 
 米国としても、この頓珍漢な安全保障認識しかない文在寅を危険視している。かのニューヨークタイムズがそうなのである。
 「文在寅の家族は北朝鮮から逃れてきた。共産主義の恐ろしさを身に染みて育った世代である。その彼がベトナム戦争の頃から思想 的に変化し、「わたしはアメリカが好きだ。だがアメリカにはNOと言おう」など矛盾した発言が目立つ。

 同紙はこう書いた。
 「たしかに1998年から2008年まで韓国は北朝鮮に『太陽政策』をとってきた。その結果、どうなったのか。歴史が示してい るように、北朝鮮は時間を稼ぎ、核武装し、ミサイルを配備した。このような北を相手に次期韓国政権が交渉を試みるなど危険この上 ない」(3月11日号)。

 文在寅は野党指導者として盧武鉉に使えた。かの頓珍漢な盧武鉉の側近だった。こうした履歴が示すように、鳩山ていどのルーピー がまた隣の国に出現することになる。
 日韓関係は最悪のシナリオの備えるべきだろう。

  流石のバカアメリカも韓国の素晴らしさに気がついたようですが、それでも、死守するのでしょうか。もういい加減に相手にしないことを考えるべきです。朝鮮半島は中国にくれてやれば、一緒に崩壊するはずです。もう相手にせずに、最後を見守ってやりましょう。

  高山さんも呆れ返っています。

  アメリカがどうであれ、日本は絶対に関わらないことです。できるでしょうか。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロッテを地獄に落とそう | トップ | 「新大統領には未来志向の日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL