団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

総裁任期「連続3期9年」への延長決定

2017年03月14日 | 日本再生

  総裁任期が、間違いないとは言いながらも、遂に決定されましたね。これで安倍政権の間は日本は大丈夫でしょう。
  問題は、やはりその後ですね。つまりは、それまでに独立し、防衛力をつけ、日本の素晴らしい雇用体系に戻すことです。もし、それが一つでも残れば、その後は、多分、何にも決めることができないという情け無い状況になることは間違いないでしょう。
  今のところは、中山恭子さんや青山繁晴さんくらいしか思いつきませんが、尤も、可能性はないでしょう。
  と言うことで、安倍さんに後継者がどんなバカでも大丈夫な国にしておいてから辞めてもらう必要があります。ということは、殆ど不可能なのかもしれません。

  と言うことで、あとは、なるようになるさで成り行き任せです。

  産経ニュースより   2017.3.5

  自 民党大会開催 総裁任期「連続3期9年」への延長決定 安倍晋三首相3選可能に

 自民党は5日、東京都内のホテルで第84回党大会を開催した。大会では総裁任期を現在の「連続2期6年まで」から「連続3期9 年まで」とする党則改正案を了承した。これで来年9月に2期目の総裁任期が満了する安倍晋三首相の3選出馬が可能になる。3選し た場合の任期は平成33年9月までで、満了すれば通算の首相在任期間は戦前を通じ歴代最長となる。

 党大会では、「日本の未来を切り拓(ひら)く」と題した平成29年の運動方針も決定した。今年5月3日に日本国憲法の施行から 70年を迎えることを踏まえ、「次の70年に向けて新しい憲法の姿を形作り、国会の憲法論議を加速させ、憲法改正に向けた道筋を 国民に鮮明に示す」とした。

 また、「憲法改正原案の発議に向けて具体的な歩みを進める」と明記し、28年の運動方針の「国民的な議論と理解を深め、国会で 正々堂々と議論する」との表現から踏み込んだ。

 運動方針では、衆院議員の任期が残り2年を切ったことを念頭に、若手議員の当落が党の勝敗の行方を左右すると強調。「一切の妥協を排して勝てる候補の擁立に努める」と、現職の差し替えも辞さない姿勢をにじませた。

 党情報告を行った二階俊博幹事長は「次期衆院選や東京都議選をはじめ各級選挙に必ず勝利することは言うまでもない」と呼びかけ た。
 
  安倍さんが終わるまでに、日本人が目覚めていれば大丈夫かもしれないですね。やはり、日本人の目覚めしか日本の再生は有り得ないと言うことです。どうなるでしょう。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害時の神社の役割と地域との絆 | トップ | 鴻海、対米投資の約束は一度... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL