団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

中国海軍の二隻目は国産空母、「山東」と命名

2017年04月04日 | 中国

  昨日の【討論】でも話題になっていましたように、中国の国産空母が「山東」と命名されたそうです。
  空母に着艦できるパイロットが15人もいるそうです。凄いですね。訓練で亡くなられた方もいるそうです。
  今の日本に、こんな凄い空母を作る技術はあるのでしょうか。

 宮崎正弘の国際ニュー ス・ 早読みより    平成29年(2017)3月26日(日曜日) 通算第5238号   

 宮崎正弘 の国際ニュース・早読み <中国海軍の二隻目は国産空母、「山東」と命名

 中国海軍の二隻目は国産空母、「山東」と命名
  カタパルト技術も未整備、訓練パイロットは着艦に次々と失敗。多数が死亡

 「中国はナショナリズムの青春期にある」(福島香織氏)。
だから過激な言動が目立つ。激烈なナショナリズムを鼓吹してばらばらな国民を糾合しようというわけで、駅の新聞スタンドでも 扇動的な『環球時報』についで売れるのは軍事雑誌である。日本でも『週刊プレイボーイ』など女性の裸体グラビアの隣は必ず軍 事情報であるように。

 中華ナショナリズムは軍事力の誇示が象徴する一面があるが、米国と対峙し、いずれ凌駕するという中華思想の病的な錯覚、指 導層の錯綜した心理で、さらなる軍備強化に狂奔している。

 大連で建造中の国産空母の現状はといえば、西側の衛星写真が捉えたところでは、甲板の工事が完成間際の段階に来ていると想 定できる。
中国の国産空母は「山東」と命名された。

 しかしながら空母とは名ばかりだった第一号艦「遼寧」は、艦載機の離着陸訓練がはかどらず、ミサイルを外し、燃料をちょっ とだけ積んで、スキージャンプ形式で飛び立つものの、着艦ができていない模様である。
 着艦に失敗した女性パイロットが死亡したが、中国は早速「英雄」「烈士」と持ち上げた。ほかにも数機が着艦に失敗し、犠牲 になっていると消息筋はみている。カタパルト技術に欠陥があるからだ。
 空母は米国の軍事技術の集大成でもあり、英国、仏蘭西が保有する空母は軽空母、インドのそれは軽量級。ロシアの空母はシリ ア沖に投入されたが、二月には「修理」を理由に帰投している。

 ▼台湾防衛は日本の安全保障の生命線

 他方、台湾は中国の軍拡に敏感に反応している。
3月21日には高雄の左営海軍基地で記念式典に出席した蔡英文総統は、台湾軍が潜水艦の自主生産に踏み切ると表明した。この 台湾の自主潜水艦は設計に四年、建造に四年を掛け、米国などから最新鋭技術供与をうけながら配備を目指すとしているが、はた して間に合うのか。

 台湾の国防費は中国の十五分の一、保有する潜水艦は僅か四隻で、このうちの二隻は第二次大戦で使った老朽艦である。

 あまつさえ嘗て蒋経国政権下で、自主生産でジェット戦闘機「経国号」を作りかけ、巨額の予算を割いたものの、結局、自主開発 に失敗した。 
 そのうえ台湾軍の士気が急速の衰えており、危機感を高めたトランプ政権は新兵器供与に踏み切る。

 台湾には民間人を装った米軍退役軍人等がすでに相当数はいっているという情報もあるが、なにせボルトン元国連大使は「沖縄の 米軍を台湾に移転せよ」と場外で呼号しているほどに事態の発展は急激な流れを生んでいる。

  台湾軍は、やはり怪しそうです。やはり、アメリカ軍が駐屯すべきですね。それにしても、昨日の【討論】のように、今や中国では何が起きてもおかしくない状況です。
  問題は、反日売国左翼・在日を恐れて腰の引けている政府・自民党でしょう。この期に及んでも危機感を持つことも出来ない政治家には身を引いてもらいたい。

  果たして、日本は生き残ることができるでしょうか。ここまで劣化してしまった状況を考えると再生なんてまったくの夢のようです。

もう諦めますか!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 在日朝鮮人による反日反米工... | トップ | 在韓米日両大使も不在 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL