団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

北朝鮮、公式的に中国を批判しはじめた

2017年03月06日 | 北朝鮮

  金正雄暗殺にどんな裏があるのかは分かりませんし、それが中・北の関係に何かの影響を与えるのかも分かりませんが、何と、石炭の方が影響があるようです。

  中国が国連の制裁を珍しく守ったことに北が反発しているようです。どこまで本気かは分かりませんが、遠慮せずに目一杯反発しあえば良いのに。ついでに、北が北京にミサイルでも打てば良いのですが、やらないでしょうね。両方とも根性なしです。

  何時もの宮崎さんが書いてくれています。  

  宮崎正弘の国際ニュー ス・ 早読みより  平成29年(2017)2月25日(土曜日)
通算第5199号  

 宮崎正弘 の国際ニュース・早読み <北朝鮮、公式的に中国を批判しはじめた 

 北朝鮮、公式的に中国を批判しはじめた
  石炭輸入禁止措置が死活的な影響をあたえる

 中国は国連の制裁決議を履行するために、北朝鮮からの石炭輸入を年内禁止するとしたが、本当に実行しているかどうかは訝し いとされた。
 なぜなら2016年にも、「禁止」のはずの石炭を2240トン、輸入していた「実績」がある。

 北朝鮮炭は、中国では鉄鋼生産の高炉に使用されており、北朝鮮の港から、バージ船で渤海湾を渡る。この石炭は北朝鮮の輸出 の40%を占め、まさに死活を制する、外貨獲得の生命線である。

 中国は国連決議2270号に基づき、北朝鮮の経済制裁に加わっていたものの「生命の危機を脅かす恐れがある物品は例外措 置」とする例外条項を楯にして、北朝鮮から石炭を輸入してきた。

 また中国は北朝鮮への原油供給は依然として続けている。
遼寧省丹東からは鴨緑江を越えて、石油ならびに食料、医薬品など「人道的支援」は、継続されており、鉄道貨車およびトラック の列は、依然とかわりなく継続しているのだ。

 人民日報系のタブロイド紙『環球時報』は23日付けで、『石炭の輸入停止は公平であり、国連決議によるものである』と、その 正統性を主張した。対して北朝鮮の公共放送は、24日、はじめて中国批判を開始した。

 さて東アジアのメディアは金正男暗殺事件直後からマレーシアに、あるいはマカオに取材チームを派遣して大規模な取材合戦を 演じている。とくに日本のテレビカメラの夥しさ。
 
 しかし欧米、とくにアメリカの新聞は、暗殺事件もかなり大きくは報じてきたが、日本に比べると扱いは小さかった。

 ところがマレーシア当局が、犯行に使われたのがVXガスと発表してからは、どのメディアも一面トップである。
安全保障、軍事技術、そしてテロ対策を重視する価値判断と、日本のテレビのように興味本位、推理小説より面白いという観点か らの番組構成の姿勢とは、根本的な差違がある。

  それにしても、日本の反日売国マスメディアは日本の危機なんて何の興味もないのでしょうね。兎に角、日本人を平和ボケのままにしておきたいのでしょう。それが中国の指令でもあるのでしょうか。
  ここは、やはり、北朝鮮に中国に対して思いきった行動に出てもらい、中国の崩壊のきっかけになることを期待したいものです。
  それにしても、中観北と本当にややこしい国が近所にあるのもです。揃って消滅してくれれば、日本にとっても世界にとってもこれ程有難いことはないのですが。

そうなることを願いましょう!

  

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足立康史が民進党ポコポコ大暴れ | トップ | 政府が米最高裁判所に審理求... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北朝鮮」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL