団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

表層型メタンハイドレート開発を取り巻く状況の変化

2017年03月13日 | メタンハイドレート

  日本のエネルギーの未来を握ると期待しているメタンハイドレートの産出試験が、青山さんが薦めている日本海側の表層型じゃなく、太平洋側で行われると言うニュースに、納得が行かないものがあると、2日 (木)、第 6360回の「『燃 える氷』4月に愛知県沖で産出試験」で取り上げました。

  青山さんの発言を待っていたら、なんと、何時もの「答えて」で詳しく語ってくれました。それどころか、あくる日には予算委員会での質問もしてくれました。

  只、残念ながら、やはり阻もうとする動きはあるようです。産出試験についても触れて暮れましたが、深くは語りませんでした。やはり、何かありそうと思ったのは私だけでしょうか。

  
  こちらは、国会質問です。前半は拉致などです。メタンハイドレートは後半です。

  青山さんが議員になってくれたことで動き出したのは、本当に有難いですが、抵抗勢力には本当に腹が立ちますね。
  日本の国の邪魔をしているのは、反日売国左翼・在日だけでないことに呆れるしかないですね。
 

本当に日本再生は出来るでしょうか!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ビハインド・ザ・コーヴ』... | トップ | ニセ慰安婦像、撤去だけで済... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL