団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

政府が米最高裁判所に審理求める意見書提出

2017年03月06日 | 慰安婦問題

  昨日、やっと韓国政府が動いたと書きました。ところが、それ以上に動かないと思っていた日本政府が動いたそうです。本当でしょうか。

  「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」としてグレンデール慰安 婦像撤去を求める上告状を連邦最高裁に提出することを、2016年11月04日、第1242回の「東京に慰安婦像を」や、2 月 1 日(水)、第1331回の「慰安婦問題が「『日米韓間での深刻な外交問題』」などで、山本優美子さん達の報告を取り上げ的ました。

  その中で、常に山本さんが言ってたのが、民間の私達には限界がある、後は、政府の応援が欲しいでした。
  しかしながら、今までの政府・外務省の素晴らしい仕事振りを知っているだけに、まず無理だろうなと半ば諦めていました。

  ところが、驚くべき記事を産経さんが書いてくれています。これは、本当でしょうか。夢じゃないでしょうね。     

  産経ニュースより   2017.2.25

 【歴史戦】米グレンデール慰安婦像撤去訴訟、日本政府が米最高裁判所に審理求める意見書提出

 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去をめぐり、地元の日本人たちが米連邦最高裁での上告審を求めていることについて、日本政府が「請求は認められるべきだ」との見解を表明した意見書を連邦最高裁に提出したことが24日、分かった。日本政府が連邦最高裁に第三者意見書を提出することは異例。米国内で相次ぐ慰安婦像・碑の設置に関し、日本政府の意見表明の機会になると判断したようだ。

 像の撤去を求めているのは、現地在住の目良浩一氏と日系住民らで作るNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」。地方自治体であるグレンデール市が慰安婦像設置を通じて外交問題に関して立場を表明することは、外交における全権を連邦政府に付与した米国憲法に違反するとして、2014年2月、連邦地方裁判所に像撤去を要求する訴訟を起こしたが、地裁と高等裁判所で敗訴。今年1月に最高裁に請願書を提出している。

 日本政府の意見書は今月22日付で連邦最高裁に提出された。意見書では、慰安婦問題など歴史的な問題への米国の対応は「日本との国家間交渉による確立した外交方針」によって一貫していると指摘。その上で「グレンデール市の慰安婦像は確立した外交方針への妨害であり、逸脱である」と主張した。

 また、慰安婦像脇の碑文に「20万人の女性が強制的に連行され、性奴隷となることを強制した」などの事実と異なる文言が記されていることに関しても言及。州や地方自治体に外交分野における表現の自由を認めれば「米国と日本のような近しい同盟国(の関係)に害を及ぼす危険をはらむ」と指摘した。

 さらに「慰安婦問題は日韓間の敏感な問題であり、米国の矛盾する判断によって混乱が生じかねない」とも訴えた。

  この意見書と言うものが、どの程度の効き目があるものか分かりませんが、政府の正式なものの意味は重いのじゃないでしょうか。
  それにしても、これは、やはり安倍さんの指示なんでしょうね。どう考えても、外務省が自分から動くとは思えませんから。素直に喜びたいところですが、やはり、まだまだ信用できないものがあります。

  と心配したら、山本・細谷コンビが【Front Japan 桜】で、評価してくれています。実際に戦ってくれている方達が高く評価しているのですから良いのでしょう。

  
  いずれにしても、政府がその気になってくれたことは、これからの動きにも期待が持てるかもしれないですね。どうか、本気になって世界中の慰安婦問題を解決してください。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮、公式的に中国を批判... | トップ | 『ねずさんと語る古事記 壱』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL