団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

「新大統領には未来志向の日韓関係を期待」と経団連会長

2017年03月20日 | 日本再生

  東レの韓国工場はどうなるのでしょうか。誰が考えても危ない国に、何が目的なのか必死で進出していた東レがあせっているようです。

  反日売国としか思えない東レの会長で経団連会長が次の大統領に期待しているのだそうです。

  あのバカなアメリカでさえ韓国の怪しさに気がついて来たというのに、日本の経済連の会長がこんな見当違いのことを言っているのですから日本の企業がおかしいのも当たり前かもしれません。

  産経ニュースより   2017.3.10

 【朴政権崩壊】韓国大統領罷免、「新大統領には未来志向の日韓関係を期待」と経団連会長

 韓国の朴槿恵大統領が罷免されたことに、経団連の榊原定征会長は10日、「新大統領の下、韓国の政治・経済が一刻も早く安定的な状況になり、日韓関係が未来志向で良好に発展していくことを期待する」とのコメントを発表した。

 経済同友会の小林喜光代表幹事も「北朝鮮が弾道ミサイルを発射するなど、緊迫の度を増す東アジア情勢において、わが国と韓国との連携は不可欠。安全保障や経済の面でもより一層の互恵関係を築いていくために、韓国政治体制が早期に安定することを望む」と、談話を出した。

  実際は分かっているのでしょうが、実際に大規模に進出している以上、こういうことを言うしかないのでしょう。所詮は、欲にまみれて進出した付けを払うことになるでしょう。

  これで、日本の経営者達が、グローバル経済やマネーゲームの誤りに気がつき、中韓から撤退して国内へ戻って、昔からの日本の経営を取り戻す契機になることを期待したいものです。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューヨークタイムズさえ、... | トップ | 南京の真実-反日プロパガン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL