団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

百田尚樹氏講演会中止問題

2017年06月15日 | 反日売国奴左翼・在日

  反日売国左翼・在日達にとっては、百田さんは余程脅威のようです。やはり、その発信力を恐れているのでしょう。

  「朝まで生テレビ」でも、百田さんを潰そうと手ぐすねを引いて待っていたようです。余りの卑怯さに、二度と出ないと言われてました。

  その百田さんが、多分潰されるのじゃないかと予想されていた、一橋大学の講演が、やはり、反日売国左翼共によって潰されたようです。

  産経新聞が取り上げてくれています。反日売国左翼マスメディアは当然のごとく沈黙です。最近に、奴等の必死の反撃は、余程の危機を感じているからでしょう。

  産経ニュースより    2017.6.4

  一 橋大で予定された百田尚樹さんの講演会が中止に 百田さん怒りのツイート 「サヨク連中から凄まじい脅迫と圧力受けたらし い」

 一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会は3日までに10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を 中止すると発表した。実行委員会は中止理由を「KODAIRA祭の理念に沿うものでなくなってしまったこと」としているが、百田 さんは3日、自身のツイッターで「聞くところによると、講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続 けていたらしい。ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」として、左派系団体から嫌がらせがあったと主張。 「おぞましさに吐き気がする」と非難した。

 実行委も「本講演会を安全に実施するため、これまで幾重にも審議を重ね、厳重な警備体制を用意していました。しかし、それがあ まりにも大きくなりすぎた」などと発表しており、外部からの脅迫などを示唆している。

 百田さんのツイートを受け、様々な人がツイートした。フリーアナウンサーの長谷川豊さん(41)は「学生さんたちには耐えられ なかったことでしょう。かわいそうに。こんなの、戦前と何も変わらない」、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバートさん (65)は「表現の自由に対する不当な圧力。朝日、毎日、東京新聞、共同通信などは、講演中止の圧力をかけた勢力に対して最大級 の抗議キャンペーンを展開しなければ、自分たちは左翼側のプロパガンダ機関だと自白したも同然です。まあ、読者を失うから無理で しょうが」と皮肉たっぷりに書き込んだ。

 評論家の石平太郎さん(55)も「言論弾圧をやっているのは(中略)『反権力』を旗印に自由と寛容を語る左翼たちだ。彼らの本 性は習近平や金正恩とどう違うのか」と批判した。

 大学の学園祭などの講演会中止は昨年10月、早稲田大学で講演予定だった日本第一党党首の桜井誠さん(45)ら東京都知事選候 補者のシンポジウムが中止となったことがある。

 一橋大のKODAIRA祭は10、11日に行われる予定だった。(WEB編集チーム)

  百田さんのフェイスブックです。

   百田尚樹‏ @hyakutanaoki

聞くところによると、私の講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい。
ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい。
そこまでやるかと思う。おぞましさに吐き気がする。

  こちらは、民進党の内部闘争に発展しているようです。この禁止の裏で活動していたとの噂のあの売国奴有田と、それを批判した原口一博衆院議員がツイッターで争っているようです。

  産経も、こんな記事を書くんですね。いよいよ反日売国左翼・在日の撲滅に本気になったのじゃないでしょうか。産経頑張れ。

  産経ニュースより    2017.6.5

 【百田尚樹氏講演会中止問題】民進で“内ゲバ” 原口一博衆院議員が「特定の議員が介入」とツイートに有田芳生参院議員が「私が介入したというのか」

 一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会が10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を中止すると発表した問題で、民進党所属の国会議員がツイッター上で「場外乱闘」を繰り広げている。

 発端は4日、原口一博衆院議員(57)が発した「学生のイベントに特定の議員が介入したとも聞いていますが、何をしているのでしょうか。左右関係なく公人、議会人による権力の濫用は許されません。考え方が違うからと講演の機会を邪魔するのは言論に対する冒涜です」というツイート。

 これにかみついたのが有田芳生参院議員(65)。「原口さん、何を言っているんですか。『ある議員』とは有田芳生を言い募るあまたの書き込みでしょう。あなたもそれを前提に書いてきたのでしょう。問います。私が百田講演会にどう介入したというのか。ただちに具体的に明らかにせよ」(原文ママ)と返した。

 これに対し、原口氏は「有田さん、私があなたを前提にツイートしたとでも?何を根拠に?有田さんを言い募る数多の書き込みなど見ていません。もし貴方だったら直接、聞けば済むことではないですか?」(原文ママ)と再反論。

 有田氏は「原口さん では、あなたはだれのことを書いたのですか?すぐに明らかにできるでしょう。ぜひ」「原口さん 起きていらっしゃるのですからすぐに具体的に答えてください」「『学生のイベントに特定の議員が介入したとも聞いていますが何をしているのでしょうか。』こう書いたのは原口さんです。では『特定の議員』とは誰ですか。有田芳生だと事実でないことが流布されています。原口さんは誰のことを念頭にこうした書き込みをしたのですか。ただちに答えてください」と立て続けにツイッターに投稿している。

  それにしても、有田には呆れますね。民進党には、日本のクズが集まっているようです。つまりは、民進党を撲滅すれば、日本にとっては、明るい未来が見えて来るのかも。

  少し古いですが、報道特注の百田さんSPです。

 
  
何時もの小坪さんが詳しく書いてくれています。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一帯一路、スリランカでまた... | トップ | 教育改正ができない訳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL