団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

タイの新幹線、けっきょくは中国に発注へ

2017年07月23日 | 中国

  インドネシアの中国高速鉄道の現状を知らないはずはないでしょうに、今度は、タイが中国に発注したようです。
  どうせ、中国がとんでもない条件で取ったのでしょうが、それにしても、タイも情け無いですね。いずれインドネシアと同じ目に会うことは間違いないでしょう。

  何時もの、宮崎さんが詳しく書いてくれています。

  宮崎正弘の国 際ニュース・ 早読みより    平成29年(2017)7月12日(水曜日)弐 通算第5351号  

 タイの新 幹線、けっきょくは中国に発注へ
  ノンカイ ―― バンコク850キロのうち、最初の250キロ

 タイの軍人政権はながく保留してきた新幹線プロジェクトを、中国方式で遂行すると決定した(サウスチャイナ・モーニングポ スト、7月11日)。
 バンコックから北北東へ850キロ、ラオスとの国境の町がノンカイ。ここから橋を渡り検問所を通るとラオスのビエンチャン 郊外に達する。かなりのトラックが物資を運んでいる。

 タイ政府は中国との交渉で、ファイナンス、返済期間、利息のほか、労働条件で二年間にわたって交渉を続けてきた。「一帯一 路」の目玉にしたい中国は、ファイナンス条件を呑んでいたが、問題は労働者である。

 例によって囚人を投入し、現地労働者を雇わない。建設機材からセメントを中国から持ち込む。いったい現地の利益とは何か。 騒音と、中国人労働者の輩出するゴミ、排便、食材の異質さ等。
 あまつさえ囚人労働者は、プロジェクト終了と共に現地解散となる。この人たちが住み着いてチャイナタウンを形成することは 近未来の暗黒とならないのか。

 この難問に中国側が折れたのは、すでに雲南省からラオスへの鉄道建設が始まっており、この延長線でタイのノンカイへ繋ぎ、 バンコクに達すると、それから更に南へマレーシア、シンガポールまでつなげようという構想を重視しているからだ。

 まさに習近平の推進する「一帯一路」の目玉として大いなるプロパガンダとしても使えるだろう。というわけで総額52億ドル という巨額の鉄道建設が近く開始される。 

  それにしても、習は、本当に出来ると思っているのでしょうか。と言うか、成功させル為には何でもすると覚悟しているのか、それとも、政権が終わるまで持てば良いと考えているのでしょうか。
  いずれにしても、それに乗る国があることに呆れるしかないですが、やはり金さえ貰えば何でもする人達が蠢いているのでしょうね。世界は腹黒い。 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« EU、 福島産米の輸入規制解除 | トップ | 「逃げ腰」習氏にトランプ氏激怒 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL