団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

イヴァンカ夫妻の訪中をキャンセル

2017年09月23日 | アメリカ

  昨日、中国制裁に腰の引けたトランプや世界の企業によって、中国を延命させ、とんでもない混乱が起きるだろうと書きました。

  そのトランプの弱気の一つと心配していた、9月10日、第6552回の「秘策はイバンカ夫妻訪中」が、中止になったそうです。
  まだ、少しは望みがあるのでしょうか。何でも良いから、トランプが中国を叩き潰す決断をしてくれないものでしょうか。

  何時もの宮崎さんが取り上げてくれています。

  宮崎正弘の国際ニュー ス・早読 みより   平成29年(2017)9月14日(木曜日)弐 通巻第5433号   

 クシュナー、イヴァンカ夫妻の訪中をキャンセル
  対中外交には不適切、ちゃんとしてチャンネルを使えと側近

 9月12日、ジャマイカ訪問の帰路、急遽ワシントンに立ち寄った楊潔チ国務委員はティラーソン国務長官と会談した。北朝鮮政策をめぐる協議とされたが、十一月のトランプ訪中に関して具体的な話し合いがあったと見られる。

 クシュナー、イヴァンカ夫妻は九月に北京を訪問し、トランプ大統領訪中の段取りをつけるなどと言われたが、「不適切極まりない」としてホワイトハウスの側近からも反対の声があがっていた。

 クシュナーは選挙中のロシアとの接触について議会の喚問をうけており、またイヴァンカは、そのブランドが米国で不人気なのに、中国で売れる。娘が北京語をあやつり、中国の歌を詠うなど、中国人に人気がある。

逆に言えば、クシュナーは、兄妹がニュージャージーのトランプマンションの販売に関して中国人に、「E5Bヴィザが取りやすい」と広告したために、権力イメージの濫用と悪印象をもたれている。
イヴァンカもビジネスで中国との繋がりが深すぎるため、対中外交に悪影響が出かねないとするもの。側近等の言う「適切なチャンネル」は楊潔ち国務委員(前外務大臣、元駐米大使)ら正当なルートである。

 トランプの訪中は貿易問題が主であり、両国の貿易額が大きいだけに決裂を回避し、報復関税合戦などを止めたいのが本音。
あの対中国強硬派のバノンさえ、通商交渉は妥協の余地あり、と言い出している(ブライトバード、9月12日)。

  どうも、この中止もあまり喜ぶものでも無さそうですね。結局は、トランプさんも経済界を敵に廻すことは出来ないのでしょう。
  こうなったら、グローバリスト達によるトランプ潰しを徹底的にやってもらって、トランプさんが弾劾を避ける為に中国との決戦を決断するまで追い込んでもらいたいものです。
  

 もう、それしか望みはないかも!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新首相就任でどうなる?台湾 | トップ | キムチばかり食べて頭おかし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL