団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

長尾たかし、有事を“現実”として考えられる国に

2017年06月14日 | 日本再生

  ネットを始めた頃に訪れ、未だに訪問させてもらっている方のサイトか何件かあります。その中のお一人で、サラリーマンから民主党の議員になり、今は自民党の衆議院議員になられているのが長尾たかしさんです。
  当時から、完全な保守で、民主党から立候補した時に、何でと違和感を持ったものです。ご本人も苦しまれ、遂に離党して自民党で立候補、それも、何んの縁も無い大阪の八尾で、何度も落選し、前回の選挙で返り咲いたものです。

  しかし、その完全な保守魂は、民主党時代にも変わることなく貫かれています。

  そんな長尾さんが、何時もの中山恭子さんの【日いづる 国より】の今回のゲストです。

  中山恭子さんと相通じるこころで、お二人が日本の危機を語ってくれています。


  亡くなられた三宅博さんと同じ選挙区だったのも、余りにももったいなくて、あの魂を悪魔に売った男・河野洋平の責任でもある現在の小選挙区制の選挙制度に怒りを覚えたものです。

  お二人が、揃って国会で活躍する姿を見たかったですが、今は、もう叶いません。それに比べて、余りにもクズな議員の多いことか。やはり、日本人が目覚めるしかなさそうです。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LINE 政府と行政サービ... | トップ | 中国文革期の虐殺をユネスコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本再生」カテゴリの最新記事