団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

お人好しの売国経営者達

2017年05月14日 | 中・韓

  極貧PCしか使っていないので、フラッシュメモリーの恩恵には預かって無いのですが、最初に東芝が開発したとのニュースを見たときに、これは凄い、早く実用化されれば良いのにとしか思いませんでした。
  ところが、極貧PCに甘んじている間に、世間ではSSDが主流になっていて驚いたものです。これは、東芝の天下だと思っていたら、どうもサムスンなども発売しているようで、どうしたんだろうと思っていました。
  そのフラッシュメモリーが原発での赤字で売りにだされているのですから、どうにも納得が行かないものがありました。

  そんな私の疑問に答えてくれる記事がありました。何と、やはり、サムスンが絡んでいたようです。
  東芝の経営者がサムスンに技術を提供していたのだそうです。全く、シャープと同じです。戦後の日本の経営者の劣化を何度も書いてきましたが、ここでも、バカなことをやっていたようです。
  製鉄、造船、メモりーなど日本の主力事業は全て、日本の経営者が、中韓に親切に教えて、結局は後ろ足で砂を懸けられて凋落したという同じ轍を踏んでいます。
  何時まで、目覚めずに、中韓に利用されるつもりでしょうか。正に、売国奴としか言いようがないですね。好い加減に目を覚ましてもらいたいものです。

  TBS NEWSより  5月2日

  東芝“半導体” 外資に買われたら・・・

 日本の将来を左右するかもしれない決断が大詰めを迎えています。東芝が深刻な経営難に陥り、半導体事業の売却に追い込まれています。日本を支えた技術が海外勢にのみ込まれていいのでしょうか。

 「一日の半分くらいは使っている」(街の人)

 「スマホとタブレットの併用。無くなったら仕事にならない」(街の人)

 今や世界のおよそ5割の人が使うスマートフォン。そのスマホに欠かせないのが、フラッシュメモリーです。データを保存するための半導体で、最大の特徴は、その容量。人さし指に乗るほど小さいチップには、写真2万枚が記憶できます。東芝のフラッシュメモリーは薄さと保存量で世界の最先端を走っているのです。

 このフラッシュメモリーを1987年に世界で初めて開発した舛岡富士雄さん。東芝の元社員です。当時は、データの保存にはハードディスクが主流でした。より小さく、より安く、より速く。研究を重ねてようやくフラッシュメモリーを誕生させたのです。

 「電話も家庭の電化製品も車も全部(に使われている)」(フラッシュメモリーの開発者 舛岡富士雄さん)

 当時は十分な予算もつかず、重視されていなかったといいますが、スマホなどの登場で2006年にはフラッシュメモリーは東芝の稼ぎ頭に成長しました。しかし、当時、メモリー事業と並んでもう一つの柱ともくろんだ原発事業で巨額損失が発生。その穴埋めをするためにフラッシュメモリー事業は売却に追い込まれました。

 「利益が出ていたフラッシュメモリーを売らなくてはいけないのは寂しい。フラッシュメモリーを売ったら、(東芝に)残るものは何もない」(フラッシュメモリーの開発者 舛岡富士雄さん)

 世界の最先端を走ってきたフラッシュメモリー。その売却で懸念されているのが、技術の流出です。今回、買収に名乗りを上げているのはグーグルやアップルなど世界の超巨大企業。中でも・・・

 「我々は東芝への投資に本気だ」(ホンハイ精密工業 郭台銘会長 3月)

 台湾のホンハイ精密工業は最も高いおよそ3兆円を提示しました。最先端の半導体事業が売りに出されるのは極めて珍しいのです。

 フラッシュメモリーの生産拠点、三重県の四日市工場。工場のあらゆるところに設置された監視カメラ。社員でも立ち入りが制限されるなど厳しいセキュリティーが敷かれています。東芝は、技術流出を防ぐために常に神経をとがらせてきました。

(外資に買収されると工場の雰囲気は?)

 「それは違うのではないか。外国の人もいっぱい来るだろうし。想像できない」(四日市工場で働く人)

 というのも、東芝には苦い記憶があります。今から25年前、東芝は、まだ成長途上だったフラッシュメモリー市場を拡大させようと、技術をサムスンに提供。ところが、それが裏目に出ました。サムスンは巨額な投資で世界シェアトップに成長。日本企業のほとんどが撤退に追い込まれたのです。

 「サムスンがいなければ、日本は大丈夫だった・・・」(フラッシュメモリーの開発者 舛岡富士雄さん)

 技術流出によって世界トップの座を奪われた日本。さらなる流出には、日本政府も懸念を示しています。その背景には安全保障上の問題があるというのです。

 「グローバル的にも大変高い競争力を持っている。情報セキュリティーの観点からも重要性がこれから増してくる」(菅義偉官房長官 3月)

 東芝のフラッシュメモリーは政府の機密情報を管理する場所でも使われていて、特に中国への流出を警戒しているのです。

 「東芝の半導体とシャープの液晶を同等に考えないでほしい。我々はホンハイなんかには絶対に売らない」(東芝幹部)

 さらに、フラッシュメモリー事業は2025年にはおよそ9兆円に成長すると見込まれていて、外資に売却すれば、みすみす巨額の利益を手放すことになるのです。そこで、今、対抗策として浮上しているのが日の丸連合による買収。政府系ファンドの産業革新機構が中心になって日本メーカーに参加を呼びかけています。しかし、資金面で二の足を踏むメーカーもあり、日の丸連合が買収合戦を勝ち抜けるかは不透明です。フラッシュメモリーの“生みの親”は・・・

 「日本に残すのが良いです、個人的には。海外に出すよりも日本に」(フラッシュメモリーの開発者 舛岡富士雄さん)

  日本が、ここまで落ち目になったのは、やはり、本田宗一郎さん達戦前育ちの経営者が一線を退いてからというのが良く分かります。
  未だに目覚めずに、中韓からの撤退にも踏みきれない経営者達は、反省してもらいたいが、無理なのでしょうね。
  一番悪いのは、日本人のお人好しに付け込んで恩を仇で返す中韓であることは当然です。やはり、未来永劫国交断絶すべきです。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽電池の変換効率50%超えた | トップ | 皇統を支える120名の男系男子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL