団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

韓国を笑えぬ日本外交「黒歴史」

2017年03月19日 | 反日売国奴左翼・在日

  朴さん、とうとう罷免されました。やはり、北の工作が効いているのでしょうね。何故、自分たちが北に操られているということの気がつか無いのでしょうか。
  と、言いながらも、我が日本の現状も余り違いが無いのじゃないかと思うのは私だけではないでしょう。何と言っても、最近の反日売国左翼・在日のやりたい放題を見ていると、そう思わずにはいられません。

  そんな思いを、何時もの阿比留さんが鋭く書いてくれています。

  産経ニュースより    2017.3.11

 【阿比留瑠比の極言御免・特別編】韓国を笑えぬ日本外交「黒歴史」 朴大統領罷免で機能不全だが、日本も4年前は…

 朴槿恵大統領が罷免され失職したことで、韓国社会は混乱の極みに達し、司令塔を失った外交も機能不全状態にある。米国による北朝鮮への先制攻撃の可能性が現実味を帯び、朝鮮半島の緊張がこれまで以上に高まっているときに、国内の政争や鬱憤晴らしで盛り上がっている韓国の姿は滑稽だが、日本もよその国のことを言えた義理ではない。

 ■「悪夢」の民主政権

 わずか4年ちょっと前までは民主党(現民進党)政権だったことを思い返したい。当時、日本外交がいかに世界で軽視され、笑いものとされていたかを-。

 「日本は米国の同盟国だというが、本当にそうか」

 野田佳彦政権時代の平成24年2月、外務省高官は米紙ワシントン・ポストの著名コラムニスト、アル・カーメン氏にこんな屈辱的な疑問をぶつけられた。カーメン氏は、鳩山由紀夫元首相に「ルーピー(愚か者)」というあだ名を付けた人物である。

 鳩山氏は首相当時、意味不明の東アジア共同体構想を唱え、インド洋での海上自衛隊による補給活動を完全にやめてテロとの戦いから離脱してしまった。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題でオバマ米大統領(当時)に「トラスト・ミー(私を信頼してくれ)」と大見えを切った揚げ句に迷走して問題をこじらせた。

 このころ、民主党の小沢一郎幹事長は日米関係と日中関係を同列に扱う「日米中正三角形論」を唱え、天皇陛下と習近平中国国家副主席(当時)の会見を強引にセットし、600人規模の大訪問団を率いて訪中して米国をあきれさせた。

 ■後退した領土外交

 「基地問題はもうどうにもならない。タッチしたくない。もう沖縄は独立したほうがいい」

 次の首相の菅直人氏は副総理時代にこんな無責任な発言(喜納昌吉元参院議員著『沖縄の自己決定権』)をしていた人物である。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりした事件では、中国側の強硬姿勢に白旗を上げた。勾留期限を待たずに中国人船長を超法規的に釈放した上で、責任を那覇地検に全てなすりつけた。

 「民主党政権の3年間で、日本の領土外交は本当に後退してしまった」

 「米国は以前とは違い、日本を韓国と同程度の国として扱うようになった」

 民主党政権当時、別の外務省高官からはこんな愚痴を聞いた。ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問も、韓国の李明博大統領の竹島(島根県隠岐の島町)上陸も、菅政権から野田政権にかけて起きた。

 27年3月に、ドイツのメルケル首相が来日した際、安倍晋三首相が「あなたは中国には何度も行っているのに、日本にずっと来なかったのはどうしてか」と問うと、メルケル氏はこうあっさりと答えた。

 「日本の首相は毎年代わるから、会っても仕方がないと思っていた」

 日本も油断すると、また世界に相手にされない存在感のない国に戻りかねないのである。(論説委員兼政治部編集委員)

  あの悪夢の民主党政権時代は2度と経験したくないですが、未だに憲法改正も出来ない日本を考えると、その可能性が無いとは言えないのが悲しいですね。
  と言うか、やはり、反日売国左翼メディアの撲滅と教育改革が急がれます。つまりは、日本人が目を覚ま差ない限り、常に、その悪夢は有り得ると言うことです。
  今度、あの反日売国左翼・在日政権が実現した時は、日本の終わりの時でしょう。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 郭氏の深謀 米国進出を狙い... | トップ | 沖縄県民にこそ関心を持って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL