団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

公明党代表「日本人が平昌五輪に行くように努力」

2017年12月09日 | 日本再生

  政権に寄生して日本の足を引っ張り続ける公明党が、又してもおかしなことをやりだしたようです。
  折角、世界が見放して開催を危うくしている韓国の五輪に日本人を行かせようとすることを努力すると約束したのだそうです。

  何が起きるかは分からないので、アメリカもまだ参加を躊躇しているところに日本人を行かせようとするとは、流石日本の敵公明党です。

  CNN.co.jpより     2017.12.07 Thu
  
  米国連大 使、五輪参加の可否は「未解決」 朝鮮半島情勢受け

  ワシントン(CNN) 米国のヘイリー国連大使は6日夜、来年2月に韓国で行われる冬季五輪に米国人選手が参加できるかどうかをめぐり、「未解決の問題がある」との見方を示し た。隣国の北朝鮮が敵対姿勢を強めるなか、米国人選手の安全確保が不透明な状況になっているとの認識を踏まえた発言。

 今回の冬季五輪は来年2月9日から25日にかけて韓国の平昌(ピョンチャン)で行われる。

 ヘイリー氏は米FOXニュースの番組で、隣国の北朝鮮が核開発を追求しつつ敵対姿勢を強めるなか、北朝鮮情勢は「日ごとに変 化」していると指摘。米国人選手の安全を確保できるかどうか不透明な状況になっているとの認識を示した。

 ヘイリー氏は一方で、選手たちの確実な保護に向けた「最善策を見つける」ため、トランプ米大統領が取り組みを進めるだろうとの 見方も示した。「こうした議論はこれから行っていく必要があると思う」と述べつつも、「常日頃から言ってきたように、我々は何事 も恐れず、自分たちの生活を送る」としている。

 米国人選手が平昌五輪に参加できるのは「既定路線」かとの質問に対しては、「未解決の問題がある」と説明。この件については何 も聞いていないとしつつも、「数々の協議を通じて分かっているのは、エルサレムであれ北朝鮮であれ、こうした地域でどのようにし て米国民を守るかが焦点だということだ」と述べた。  

  中央日報より   2017年12月 08日

   公明党代表「日本人が平昌五輪に行くように努力」、駐日韓国大使「安倍首相の五輪出席を希望」

  公明党の山口那津男代表が7日、駐日韓国大使に会って「多くの日本人が平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)をきっかけに韓国を訪問できるように 努力していく」と話した。

  山口代表はこの日、駐日韓国大使館を訪問して李洙勲(イ・スフン)大使に面会して「平昌冬季五輪の成功は2020年東京夏季五輪、2022年北京冬季五輪 の成功にも大きく寄与するだろう」としながらこのように話したと駐日韓国大使館関係者が明らかにした。

  また、彼は「平昌冬季五輪が韓半島の平和、北東アジアの平和に向かう良い契機になることを願う」と付け加えた。

  これを受け、李大使は「公明党が平和を掲げているだけに平昌冬季五輪が平和五輪になり、北東アジア地域の安定に寄与していけるように安倍首相の平昌五輪へ の出席を希望する」と話した。

  山口代表のこの日の訪問は先月22~25日の訪韓結果を紹介し、韓日関係に対する意見交換というレベルで行われたと駐日大使館側は伝えた。山口代表は訪韓 当時、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談して文大統領の訪日を求める安倍首相への親書を手渡したことがある。

  小池新党が、選別を厳しくして公明党に取って代わる新しい保守政党ができかと期待していたのに、反日売国左翼・在日マスメディアにおもねって腰くだけになってしまったのが、返す返すも残念です。どうして、日本人は目覚めないのでしょう。それ程までに洗脳が利きすぎているのでしょうか。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★反日売国左翼・在日の人格障害者達

2017年12月09日 | 反日売国奴左翼・在日

  上島・銀谷の【Front Japan 桜】は見逃せないですが、今回のは特に興味深いものがありました。最初は、沖縄のカナンファームの依田さんに対する反日売国左翼・在日のとんでもない攻撃について。
  その次に、10月02日、第6574回の「福島原発事故で胎児への影響なし」で取り上げた阪村さんの記事を取り上げてくれています。

 ここで、銀谷さんが、沖縄や福島原発で騒いでいる反日売国左翼・在日共は人格障害としか思えないと断定されていました。
 なる程、これで、何で彼奴らがあれほどに理論が通らないのかが理解出来ました。病気だったんですね。これからは、「反日売国左翼・在日の人格障害者達」と、呼ばせてもらいましょう。

    22分頃からトロンの坂村さんのコラムの話題。 人格障害発言は26分過ぎです。後半の銀谷さんの身体拘束の話題も重いものです。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反天連が渋谷区でデモ

2017年12月09日 | 国体・皇室・シラス

  昨日、皇室の危機を取り上げましたが、反日売国左翼・ 在日マスメディアの陰謀だけでなく、堂々とデモまでやっているようです。
  こんなのを許すどころか、守っている日本って、本当に究極の行き過ぎた民主主義の信奉者としか言いようがないですね。まさに 平和ボケの日本です。

  産経のWEB編集チームが詳しく取り上げてくれています。このデモを取り上げてくれたのは初めてじゃないでしょうか。靖国で のデモも反日売国左翼・在日マスメディアは報道しない自由を謳歌していたのじゃないでしょうか。こんな異常なデモは徹底的に糾弾 すべきですね。

  産経ニュースより   2017.11.26

  反 天連が渋谷区でデモ 「民主国家に天皇制いらない」シュプレヒコールに右派駆けつけ罵声

  新左翼グループ「反天皇制運動連絡会」(反天連)が26日、東京都渋谷区でデモを行った。同区の千駄ケ谷区民会館 で「終わりにしよう天皇制11・26大集会」と銘打って大がかりな集会を開催。反天連を中心とする「終わりにしよう天皇制11・ 26集会実行委員会」はその後、千駄ケ谷区民会館から渋谷駅のハチ公前まで百数十人でデモ行進した。

 右派団体も大勢かけつけ、デモ行進のルートで「反天連は日本から出て行け」などと罵声を浴びせた。

 反天連は「民主国家に天皇制いらない」「マスコミは翼賛報道をやめろ」「警察は違法な写真撮影をやめろ」「天皇の代替わりを許 すな」などとシュプレヒコールをあげながら行進した。

 竹下通りなど、繁華街を通過したため、通りの服飾店やラーメン店などからも店員が出てきて、何ごとかと見守った。

 東京都大田区から友達と原宿に来たという中学3年生(15)は「言いたいことがあれば、辻立ちして演説すればいいのに、車の通 行を止めてまでデモやって、天皇制やめろなんてばかみたい」と憤慨していた。

 反天連はその活動方針などから右翼団体などの強い反発を招いており、23日には東京都立川市の「防災航空祭」に合わせて行われ た反天連系の団体デモの際、 右翼団体「大日本国士団」の会長らが、反天連系団体の街宣車のフロントガラスを割ったとして、警視庁公安部が暴力行為処罰法違反 容疑で3人を逮捕してい る。(WEB編集チーム)

  何時ものcoffeeさんが詳しく取り上げてくれています。何時も以上に画像もたっぷりです。

  正しい歴史認 識、国益重視の外交、核武装の実現より   2017/11/27(月)

  「終 わりにしよう天皇制大集会・デモ」に抗議!反日糞左翼「明仁を最後の天皇に!終わらせるのは今」

  このデモの中に日本人は何人くらいいるのでしょうか。まさか全員あちらの人と言うこともないのでしょう。

  一方、こんなふざけた集会もやっているようです。同じ匂いがしますね。

  保守速報より    2017年11月27 日
 
  【韓 国メディア】「慰安婦問題を解決しなければ、今日本で起きている性暴力を解決できない」…日本の良心的市民たちが東京渋谷で ろうそく集会

  今や、反日売国左翼・在日共が、必死で足掻いています。いよいよ安倍さんの匍匐前進の裏に潜む策略が利いてきたということで しょうか。そうであって欲しいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の対韓投資が倍増

2017年12月09日 | 韓国

  東レを筆頭とした財界の動きがおかしいことを、3日、第1636回の「経団連、韓国の大学生向けに日本企業の就職セミナー 」で取り上げて来ました。
  この期に及んで、中韓に擦り寄るその動きは、余りにもおかしい。只の平和ボケの頭の悪さというより、まさに確信犯としか思えません。やはり、祖国への愛で動いているのでしょうか。

  日本人の韓国への旅行者が激減しているこの次期に、何と、日本の投資が倍増しているのだそうです。やはり、東レの動きが筆頭のようです。  

  朝鮮日報よ り   2017/11/27

  「朝 鮮半島危機」を騒ぎ立てたのに…日本の対韓投資が倍増

 今年に入って日本企業の韓国への投資が急増している。27日付の読売新聞によると、今年1月から9月までの日本企業による韓国 への直接投資額は16億8597万ドルで、前年同期(8億8651万ドル)の約2倍になっている。昨年1年間の投資額全体(12 億4597万ドル)をすでに上回っており、安倍晋三首相が再び政権を握った2012年末以降では最大額だ。日本企業の対韓直接投 資(FDI)は13年から16年まで4年連続で減少していたが、今年に入って増加に転じている。

 読売新聞は「日本企業が対韓投資を増やしている一方で、中国の韓国への投資は前年比63%、欧州は41%、米国は6%、それぞ れ減少した」として「中国はTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)問題、欧米は韓半島(朝鮮半島)の緊張状態の高まりを受けて投 資を減らしたとみられる」との見方を示した。これまで「朝鮮半島危機論」を最も声高に叫んでいた日本が韓国への投資を増やし、他 の国々は逆に投資を減らすという現象が起きているのだ。

 今年、韓国に投資した日本企業のうち代表的なのが、サムスンとLGにバッテリーの部品や素材を供給している東レだ。東レは先月 「韓国の電力料金や土地代、人件費などは日本の半分程度で、優秀な人材もそろっている」として2020年までに韓国に1兆ウォン (約1000億円)を投資するとの計画を発表した。
  
  もう東レは救い様がないようです。完全に乗っ取られているようです。貴重が記述を持った企業ですが、余りにも企業防衛の意識がなかったようです。と言うか、殆どの企業が同じようなものでしょうが、その中でも東レが一番甘かったと言うことなのかも知れません。
  もうここまで来たら、潰すしかないのじゃないでしょうか。まだ、三菱マテリアルの方が可愛いのかも。

  何て思ってたら、何と、東レもやっていたようです。なる程、東レならやっても不思議じゃないと思うのは私だけでしょうか。  

  ブルームバーグより    2017年11月28日
  
  東レ:子会社が製品検査データを不正改ざん、8年間で149件
鷺池秀樹、松田潔社
 
    16年8月に把握も開示せず、11月にネット書き込みあったことで公表
    タイヤ用や自動車ホース・ベルト用の補強材などの品質数値書き換え

 東レは28日、子会社がタイヤなど形状を維持するための補強材の製品検査データを不正に改ざんしていたと発表した。13社の顧客に対し、2008年4月から16年7月までの8年3カ月間に計149件の品質数値の書き換えが行われていた。

  同社の発表によると、書き換えが行われた製品はタイヤ用、自動車のホース・ベルト用、抄紙用のコードと呼ばれる補強材。子会社の東レハイブリッドコードが、タイヤメーカーや自動車部品メーカー、抄紙用フェルトメーカーに製品を納入する際に、顧客との間で取り決めた規格から外れた製品の品質データを規格内の数字に書き換えていたという。現時点では法令違反や安全に問題のある案件は見つかっていないとしている。

  不正は16年7月に行われたコンプライアンス調査の結果で発覚。都内で会見した東レの日覚昭広社長によると、当初は法令違反や安全上の問題はなかったことなどから公表しない方針だったという。しかし、11月3日にインターネット掲示板上での書き込みがあり、一部株主からの問い合わせもあったことから発表に踏み切ったと話した。

  この件を踏まえて、同社では品質管理を担当している社員6674人を対象にヒアリングを実施。東レ全体でデータ改ざん懸念のある事案がさらに137件あることが判明し、現在詳細調査を行っているとしている。日覚氏は米ボーイング向けの製品には不正なデータの書き換えはないと話した。また、149件の対象となった顧客13社について同社は具体名は開示していないが、日覚氏は「ほとんどが日本企業」とした上で、韓国の企業が含まれていることを明らかにした。

  同社は27日に外部の有識者から成る調査委員会を設立し、年内をめどに調査結果をまとめた上で今年度内に再発防止策を取りまとめる方針。同氏は業績への影響については「ほとんどないと思う」と話した。

  それにしても、日本企業はどこまで犯されているのかと思うと、恐ろしいものがありますね。やはり、日本劣化の第一の元凶で しょう。
  この、不正を隠して平気な精神は、きっとあちらの企業から取入れたのじゃないでしょうか。何て言うとヘイトと言われそうですね。
  と言うか、韓国にまともな商品なんてあるのでしょうか。それにしても、東レは素晴らしい会社のようです。もう日本から消えて下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三菱マテリアル不正、神鋼よりも悪質

2017年12月09日 | 日本再生

  国益を考えずに、戦時中の中国人労働者とのかしな和解をした怪しげな企業三菱マテリアルを、2016年11月15日、第6253回の「三菱マテリアル和解の裏に外務省」などで、とりあげてきました。
  その三菱マテリアルが、とうとう正体を現したのでしょうか。神戸製鋼の影にかくれて沈黙を守っていましたが誤魔化しきれないようになってきたようです。
  神戸製鋼の場合は、余り責める気になれなかったところもあるのですが、あの日本にどれだけの被害を与えることになるかも分からないおかしな和解を例え外務省の指示があったにしろ、行ったマテリアルについては徹底的に追求してもらいたいという思いもあります。  

  産経ニュースより    2017.11.25

 【三 菱マテリアル不正】「神鋼よりも悪質」 問題把握後の出荷に批判

 三菱マテリアルの子会社による性能データ改竄問題で、経営陣が不具合を知りながらも、出荷を継続したことに批判が強まって いる。データ改竄の不正は神戸製鋼所と同じだが、神戸製鋼は経営陣が把握した段階で、該当製品の出荷は停止していた。三菱マ テの問題は、コーポレートガバナンス(企業統治)の面で、神戸製鋼よりも悪質との評価だ。(平尾孝)

 三菱マテ子会社の三菱電線工業は、今年2月に不正が品質保証担当者に報告されて発覚。3月に村田博昭社長ら経営陣に伝えら れたが、顧客に通知したり、出荷を停止したりするなどの措置はとられず、10月23日に出荷を停止するまで、問題製品の出荷 が続いたことになる。

 村田氏は今月24日の記者会見で「常時生産製品は4万点あるが、出荷先でどんな製品に使われるかを特定し、どの程度逸脱し ていたのかを分析する必要があった。対応できる人材も限られ、時間がかかった」と説明。出荷停止にしなかったのは「あいまい な情報で、(不正を)公表すると大混乱になる」と、顧客、営業担当がパニックになることを恐れたためと弁明した。

 出荷先が特定できたことから、10月23日に出荷停止措置をとったというが、その一方で、それ以降の出荷状況は、現時点で も精査中という不明瞭さだ。

 さらに、理由がどうであれ、不正な製品が出荷される可能性を経営陣が知りながら、それを認めていたことには批判が出てい る。

 流通大手の幹部は「うちの経営陣が商品不具合を知れば、とにかく即日の自主回収を指示する。それ以外の選択肢はない」と、 三菱電線の対応を疑問視する。

 企業経営に詳しい日本経済大学の西村尚純教授は「経営陣が知った上での出荷継続と聞いて、開いた口がふさがらない。神戸製 鋼との比較以前に前代未聞の最悪の対処だ」と嘆く。

 さらに、こうした子会社の企業統治のずさんさを放置してきたとして、「三菱電線だけでなく、親会社の三菱マテにも経営責任 があるのは自明だ」と強調する。

  やはり、おかしな和解をした経営陣だけのことはあると思うのは私だけでしょうか。日本にとっては、貴重な企業には違いないですが、国益を考えない企業は淘汰されても仕方無いでしょう。
  何と言っても、今や、そういう国益を考えない企業が、儲けのために中国や韓国に進出して、日本攻撃の資金を提供していると言う自覚さえ無いのですから。そうした企業は、もはや存続する価値は無いでしょう。

厳しいでしょうか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加