年金暮し団塊世代のブログ

団塊世代の厚生・企業年金の現実と暮らし向きをブログで。 趣味の野鳥写真を軸に、何でも撮って載せる写真ブログにしたいが…

H29 年金額改定通知書 (2017年6月)

2017年06月16日 | 定年・再雇用・年金

私めの 今年度(平成29年度)の年金額改定通知書 と、偶数月に振込まれる 年金振込通知書 が一体になった葉書が、日本年金機構から先日届きました。

単純簡明に言うと、今年度の年金額は、消費者物価指数が0.1%下がったので、 年金も0.1%引き下げますよ 、という改定内容説明が(↓)です。

(↑の大きい画像はありません)

改定内容を具体的な数字で示した新年金額が(↓)の左側です。

(↑の大きい画像はありません)

昨年度の年金額は、国民年金が775,224円、厚生年金が1,646,496円、合計2,421,720円でした(→ こちら)。

よって、今年度の年金額は(↑)の通りですから、率にしてみると、国民年金が99.897%、厚生年金が99.919%、合計が99.912%になります。 (合計で年額2,125円の減額 です。)

まぁ 一声で言って、当然ながら 約0.1%の年金額の引き下げですわ。 年金生活者には厳しいものがありますね。

現役の方は物価が上がっても給料がそれ以上に上がるので、生活実感的には楽になっているはずです。 しかし、年金生活者は現役の方の給料に相当する年金が下がるのですから、物価上昇とダブルで効いて来るから厳しいのです。


尚、なぜ0.1%丁度にならないのか? とかの詳しい改定内容と計算方法を知りたい方は、日本年金機構HP内のQ&A(→ こちら)を参照して下さい。

また、(↑)の右側に示されている 偶数月毎に振込まれる2ヶ月分の年金額は、年金額自体と天引きされる額が昨年と違うので、昨年度の額と直接比較は無意味です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 東京へ (2017年6月14日)  | トップ | ブログ開設10周年 (2017... »

コメントを投稿

定年・再雇用・年金」カテゴリの最新記事