年金暮し団塊世代のブログ

団塊世代の厚生・企業年金の現実と暮らし向きをブログで。 趣味の野鳥写真を軸に、何でも撮って載せる写真ブログにしたいが…

姫リンゴ (2015年11月)

2015年11月30日 | 写真~花・植物

我が家の裏庭の隅に植えた姫リンゴ (姫林檎) に 今年たくさんの実が付きました。

元々は盆栽だったものを地植えにしたのですが、5~6年位前に隣家が物置を姫リンゴの南側に設置したので、日当たりが悪くなって、ここ数年間は実が成りませんでした。

実が成らないなら切り倒してしまおうかね、とおっ家内と話しておりました所、それを聞きつけて切り倒されてはかなわないと思ったのか、姫リンゴは今年珍しく しかも沢山の実を成らせましたです。 (↓)の左側が10月上旬の葉がある状態です。 (↓)の右側が葉が落ちてしまった11月下旬の数日前の状態です。


(↑の大きい画像はありません)

(↑)のように、実は直径5ミリ程の小さい、まさに姫リンゴの名の通りの大きさです。

姫リンゴの果実は、酸っぱいのでそのままでは食べられません(→ 野鳥も食べない酸っぱさ! → 上の写真のように 野鳥も食べないので葉がなくなっても果実はそのまま残っております)。

さりとてジャムや姫リンゴ酒を作る程の量ではないので、あるがままにしておくしかありません。 となると、やっぱり ゆくゆくは切り倒すしかないのかも知れませんねぇ? 


コメント

栗の実 (2015年11月)

2015年11月11日 | 写真~花・植物

今年 私めが鳥撮りに行く里山では栗の実が豊作 (表年?)のようで、例年以上にあちこちで大量の青い実をみかけます。


(↑の大きい画像はありません)


一方、今年の北海道は、ヒグマの主食となるミズナラやブナの実(=ドングリ)が2年振りの不作なのだそうで、ヒグマが里に降りてくる危険性が高まっているそうです。 私めの里山では 今年ドングリが豊作なのか不作なのかは まだ判りませんです。


コメント

トウヒの球果

2015年02月09日 | 写真~花・植物

トウヒ (唐檜) は、いわゆる「クリスマスツリー」型の典型的な針葉樹で、樹形や葉の付き方はモミ とよく似ています。

しかし、球果 (松ぼっくり)が枝の上に直立しているモミと違って、トウヒの球果は枝から下に垂れ下がります。(↓)

(↑の大きい画像はありません)

トウヒの球果は3~6センチの長楕円形で、若い時は紅紫色を帯びていますが、熟すと褐色になります。 私めが鳥撮りに行く里山にも生えており、特に冬場には落葉樹の葉っぱが落ちて見通しが良くなって、トウヒの褐色の球果が遠くからもよく目立ちますね。

(↑の大きい画像はありません)


モミの球果は昔(→ こちら)で見て頂いておりますので、比較してみてください。


コメント (2)

ゴンズイ

2014年10月08日 | 写真~花・植物

ゴンズイ (権瑞) は 日当たりの良い山地に生える落葉小高木です。 葉は奇数羽状複葉の対生で、春先には枝先に円錐花序を出し、薄黄緑色の小さな花を沢山つけます。(↓の左側)

秋に果実が赤く熟すと大変きれいで、平地では11月頃(低山では9月下旬)には赤い袋果が割れて光沢のある黒い種子が2~3個出てきます。(↓の右側)


(↑の大きい画像はありません)


里山の植物博士」によれば、ゴンズイの木は素直な木で真っ直ぐに伸びるけれども材がもろく、薪以外に使い道がなく役に立たないところから、死んでも毒を出すので食用にならず何の役にも立たない海水魚でナマズに似たゴンズイの名が付けられたという説があるそうです。  また、 ゴンズイの木は春先に枝を切ると樹液があふれ出るため「小便の木」とも呼ばれるそうです。(笑)


コメント

カキ(柿)

2014年09月19日 | 写真~花・植物

今年2014年の8月は雨天続きで、私めの住む街では8月に晴れた日は12日の1日だけという記録的な天気だったそうです。

なので、 のような秋の果物の生育が悪いのではないかと心配しておりましたが、この柿の木には 何とか普通に(?)実が出来ており 安心しましたです。(↓)


(↑の大きい画像はありません)



コメント (2)

ヤマボウシ

2014年08月13日 | 写真~花・植物



我が家の庭木の一つ、ヤマボウシ (山法師、山帽子) の果実が今年は早くも赤くなりました。
果肉は柔らかくマンゴーのような甘さがあります。

それ そこのあなた おひとつ いかがですか?


コメント (2)

ギンリョウソウ (3)

2014年06月25日 | 写真~花・植物

連休前の4月中旬に里山に行った時に、葉緑素がないギンリョウソウ (銀竜草) を見つけました。(↓)

(↑の大きい画像はありません)

「里山の植物博士」によれば、普通は5月に入ってから4~5本咲くものだそうで、4月中旬に10本以上もまとまって咲くのは珍しいのだそうです。
(↓)はカメラを地面に置いて撮ったローアングルからの姿です。

(↑の大きい画像はありません)


(↓)は別株の花(?)の中を覗いてみた写真です。

(↑の大きい画像はありません)


ギンリョウソウのことは過去の記事をご覧ください。(→ こちら



コメント (2)

ムベ

2014年06月13日 | 写真~花・植物

ムベ (郁子) は暖地の山林に生える常緑つる性植物で、葉はタラノキやトチノキと同じ掌状複葉です。 雌雄同株で5月頃に白い集団花を咲かせます。 花弁はなく、6枚の萼片(がくへん)が開き、内側が紫色を帯びています。

別名ウベトキワアケビとも呼ばれ、アケビに似た果実をつけますが、アケビのようには割れ(裂開し)ないそうで、また1株では結実しない(自家不和合性)そうです。


(↑の大きい画像はありません)


コメント (2)

ヒガンマムシグサ

2014年05月19日 | 写真~花・植物

ヒガンマムシグサ (彼岸蝮草) はとても奇妙な形の植物で、花に見えるのは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる部分で、その中心に肉穂(にくすい)状の花序があります。

マムシグサ類の中では開花が一番早く、名前のとおり春の彼岸(春分の日)頃から咲き始めます。 普通のマムシグサは先端の仏炎苞が葉より後に開きますが、ヒガンマムシグサは葉より先に開きます。 茎の模様がマムシを想像させることから名付けられたそうです。


(↑の大きい画像はありません)



コメント

カンレンボク

2014年02月21日 | 写真~花・植物

カンレンボク (旱蓮木) は、公園樹に多く使われている中国中南部原産の落葉高木です。 枝先に小さな花が集まった球形の花序を3~5個つけます。 花は白色で直径1~1.5ミリです。 別名を喜樹(キジュ) と言うそうですが、その由来を私めは知りません。(↓)

(昨年2013年7月下旬に撮影)

(↑の大きい画像はありません)

(↓)が、そのカンレンボクの葉痕です。 落葉後に幹や枝に残る痕(あと)を葉痕(ようこん) と言います。 丸い3つの痕を目と口に、全体を人の顔の輪郭、上側の冬芽を頭の髪型に見立てることもできます。 

(今年2014年1月末に撮影)

↑の大きい画像はありません)


昔 センダン(栴檀) の葉痕を見てもらっております。(→ こちら


コメント

ベニサンゴバナ

2014年01月15日 | 写真~花・植物

ベニサンゴバナ (紅珊瑚花) は、南米のガイアナ原産のパキスタキス・コッキネア(Pachystachys Coccinea。  Pachysが太い、stachysが穂、Coccineaが赤い という意味のギリシャ語)の和名です。

茎先に緑色の苞(葉の変形したもの)を重なるようにつけ、その間に赤い唇形をした花を穂状に沢山つける姿そのものを言い表した名前ですね。

深紅の花が美しいので観賞用に(日本では)温室で栽培されているようです。
(↓)の黄色っぽいのが雄しべだそうです。


(↑の大きい画像はありません)



コメント

ツタ (蔦)

2013年12月19日 | 写真~花・植物

ツタ (蔦) は、山野に生える落葉つる性の大木で、「伝う」から名前が付いたと言われています。
巻きひげの先端に吸盤があり、壁などを這い上がります。
秋には鮮やかに紅葉し、冬には落葉します。


(↑の大きい画像はありません)


コメント (2)

モミ

2013年11月07日 | 写真~花・植物

モミ (樅) は、樹形が円錐状で形が良く、クリスマスツリーによく使われる日本特産種です。

雌雄同株で、花は5月頃に開花し、実(球果)は上向きで縦長の円柱形で長さ10~15センチ位。 初めは緑色ですが、10月頃熟して灰色または灰褐緑色に変わります。(↓)

(↑の大きい画像はありません)

今までに 球果を見て頂いたのは、コウヤマキ(→ こちら)と ヒマラヤスギ(→ こちら)です。


コメント (2)

ナンバンギセル

2013年10月16日 | 写真~花・植物

ナンバンギセル (南蛮煙管) は、葉が無く 葉緑素を持たない寄生植物で、草原のススキなどに寄生し、寄主から栄養を取って育ちます。 茎は短く地際から地中にあり、盛夏のころに花柄が4~5本株立ちし、8月下旬頃から10月頃に咲き始めます。 花は筒状で斜め下向きに咲き、紫紅色を帯びています。


(↑の大きい画像はありません)

ナンバンギセル (南蛮煙管)という名前は、ポルトガル人が使ったパイプに見立てて名付けられたそうです。 古くは「思ひ草」と呼ばれ、万葉集で詠われています。

道の辺の 尾花が下の 思ひ草 今さらになど 物か思はむ (詠み人知らず)


コメント

マツカゼソウ

2013年09月13日 | 写真~花・植物

マツカゼソウ (松風草)は、何とミカン科(!)の多年草で、草丈は80センチまで、発芽2年目に開花します。 松風に優しく揺れる趣のある草姿・花姿から付けられた名前です。 

山地の林縁などの乾燥気味の半日向(ひなた)地に生えており、晩夏~秋に 枝先に白い小さな花をたくさん付けます。(↓)  山ではもう秋が始まっています。

(↑の大きい画像はありません)

葉には小さな油点があり、揉むと独特の香り(← 余りいい匂いではありませんが…)が出ます。 葉を乾燥させて本や掛け軸にはさんで紙魚(しみ)などの虫除けに使う(使った)んだそうで、よって漢名は「臭節草」だそうです。


コメント