こすた みあ Diary

旅の思い出、日々の記憶・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オ・プレチェネッラ

2005-10-29 | Gourmet



 恋する乙女の横浜イタリアン
 トラットリア・ピッツェリア・オ・プレチェネッラ





友人からの指令が届いた。
「恋に悩む若者を激励する会を開催します。横浜でランチのお店を探してください。」

う~む、横浜ランチからすっかり遠のいている最近の私。咄嗟に思い浮かんだのは、
横濱フレンチ、元町 霧笛楼
。しかし、あの情緒たっぷりの明治維新風座敷は、
果たして恋に悩む若者の激励に向いているのであろうか ?!
どんな悩みかは知らないが、順風満帆でないことだけは確かである。
思い通りにならない恋を「春の雪」さながらに道ならぬ運命の恋とでも勘違いして
道行にでも走ったら大変だ・・・。

もっと能天気かつ明るい店で若者に栄養を付けなくては・・・。
というわけで、ネットサーフィンを繰り返すうちに発見したのが促音だらけのコチラのお店。
トラットリア・ピッツェリア・オ・プレチェネッラ

そう。マンジャーレ・カンターレ・アモーレなお国のイタリアン料理だ。

こちらのお店は本場ナポリで修業を積んだピッツァイオーロが魂のピッツァを釜焼きして
くれるとのこと。おいしいピッツァをたらふく食べて、ケセラセラな気持ちで若者に恋を
謳歌してもらおう ! ( え ? ケセラセラはスペイン語 ?! )

浜っ子にしか通じないかもしれないが、誰もが1度はお世話になったハマボールを
通り過ぎ川沿いに歩くこと3分。そこだけ突如イタリアンなオ・プレチェネッラが出現する。
新田間川沿いとは思えない素敵な店構えに期待が広がる。

女心をくすぐる前菜から始まり、お待ちかねのピッツァ or パスタ、デザート、コーヒー
から成るランチコースは、わずか1800円。

見た目もベッラ ( beautiful ) なピッツァは、もっちりとした弾力があり、トッピングの
モッツアレラチーズもとってもおいしい ! あっという間に、恋に悩む若者 & ヤジ馬おババ
と化したご意見番な私達の胃袋へ。パスタも頼んでみたのだが、フィットチーネにホタテの
旨みが溶け込んだクリームソースが絡み合ってこれまた絶品。
悩み多き若者を差し置いて、我先にとフォークにぐるぐる巻きにする。(オイ)

ヨーグルトムースのデザートと共に運ばれてきたデザイン・カプチーノに、一同、またまた感激。
まつ毛くるんな女の子の寝顔がとってもキュートに描かれている。


ピッツァもパスタも本当においしかった。次回は、是非イタリアンワイン片手にしっかりメインも
頂いてみたい。

さて、若者は元気になったのであろうか ?
私の隣では、ご意見番から含蓄深い宣告が下されている。
「男の傷は男で癒せ !! 」

恋に悩むお友達も、ラブラブショーなお友達も、思わずお顔がほころぶ美味しいトラットリア。
お勧めです !

コメント (2)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

美人からの手紙

2005-10-28 | Beauty
美人への道 外伝
長坂靖子様からのメッセージ


先日書いたフェイスニングの記事で登場した、元ミス日本タイトルホルダーの
美人さん。一体どんな方かしら ?! と気になっていた方もいらっしゃるはず・・・。

発表します !
じゃ~ん !! それは、 All About
美しい姿勢歩きかたガイド をされている
長坂靖子さん
です。お写真からも香り立つような、その美貌に、うっとりと
憧れていたのですが、実際にお目にかかった長坂様は 美しさ + 人を元気にさせる
オーラ を持ったとっても素敵な方でした。そんな長坂様からお手紙を頂戴致しました。
ショートバージョンですが、美人のエッセンスがたくさん詰まったお言葉の数々を
是非、皆様にもお届けしたいと思います。名づけて「美人の素」 ! どうぞご堪能あれ !

こんばんは。
長坂靖子です。
・・・割愛・・・
気の持ちようで、頑張ってる自分が「可愛そう」だったり
「なんの為にやってるのかな」
と思ったり、そういう時ありますよね。
私の場合は、「自分のために」なんです。キレイでいたり活き活きしてると
自分自身、気持ちよく過ごせるんですよね。そして、いい空気を持ってると、
そういう方とお会いできるチャンスに恵まれるんです。


なるほど~。いい空気は素敵な方をも連れてきてくれるんですね !
そして、きっとそんな素敵な方からまた素敵な刺激を頂いて・・・
あ~私もそんな素敵スパイラルにどっぷりと浸かりたい !!


・・・割愛・・・
美しさは、外見も大切ですが、内面がもっと重要。
年齢と共に、自分の経験が増えるので「こうなるはず」とか
「こんなもんだろう」とか、自己の経験から予測した回答をだしがち。
心を柔軟にして、色々な角度から見る事が一番のアンチエイジングに
つながるのでは?

若ぶるのはかっこ悪いし、かと言って老け込みたくないし。
年齢相応に活き活き美しくありたいですよね。
努力してる姿を人に分かるように見せ付けるのは、かっこよくないけど、
でも、魅力的な方は必ず努力しています。
私は、容姿が「美しい」よりも「魅力的」な女性になりたいです。
ただ、キレイな人は見ていて飽きますが、魅力的な人は一緒にいて
飽きないですものね!


「年齢相応に活き活きと美しく」・・・素敵なお言葉ですね~。
5歳若く見られた ! とか言って鼻息荒くしてる場合じゃないですね・・・私
そして、皆様お聞きになりました ?!「魅力的な方は必ず努力しています」 !!
美人は1日にして成らず / 不美人の上にも3年 (え ? そんな諺聞いたことない ?! )
しっかり肝に銘じて頑張りましょう~。


先日、美容外科のドクターとお話しするなかで面白い事を伺いました。
人間の顔は1mm容が違うだけで全く別人になるそうです。
20歳の時美しい方でも、10年間つまらない生活をしていたら、
30歳の頃には、表情筋がたるんで美しくなくなってしまうそうです。
年齢を重ねても美しい方は、表情筋をまんべんなく使う方だそうです。
その方が、筋肉のたるみが少ないので。
それには、日常生活を楽しく送って、表情豊かに過ごす事が美容面だけでなく、
心の健康にも良いという事です。


やっぱり基本は、毎日を活き活きと楽しく過ごすこと !
でも・・・人生、思わず眉間に皺を寄せてしまう事ってありますよね ?
でも、大丈夫 ! そんな時こそ YES ! 顔面体操 !
フェイスニングで表情筋を柔らかくほぐしてあげましょー。
(ってなんか回し者みたいだな私。)


人間は、どの人にも平等に目と鼻と口があります。
コレは人種に関係なくあります。
これらをどのようにプロデュースするかは、自分次第!
一緒に美しくなりましょう!


はぁ~うっとり(溜息)
美人さんの凄いところって、なんと言っても周りの方を幸せにできるパワー&オーラを
発していることだと思います。実際にお話しをさせて頂いて、お写真で拝見するよりも、
更に美しい方だな~という印象を受けた長坂様。それは、きっと美貌にかまけず、
きちんと内面の魅力を磨き続けていらっしゃるからなのでしょうね。
さぁ、最近立て続けに続いた美人シリーズはこちらで終了。
「努力してる姿を人に分かるように見せ付けるのは、かっこよくない」激しく同意でございます。
私もこの辺でステルス作戦に移行しま~す ! なんて言っておきながら、ど~せまた何かを
体験したら逐一、こちらにネタアップしてしまいますので、その時は宜しくお付き合いくださいませ。



この記事をはてなブックマークに追加

美人への道 弐

2005-10-28 | Beauty
資生堂 bソリューションスタジオ
メーキャップレッスン


スキンケアドックでめった斬りにされた後は、お隣のメーキャップレッスンコーナーへ。
こちらも最新機器を用いて「お客様の顔立ちの魅力を科学的に画像分析」してくれる
らしい。なんだかよく解らないけれど楽しそう。100分8000円との割安感から、普段は
10分でメイクを終えるズボラなワタクシも、スキンケアドックのついでにと、申し込みを
することに。

新たな美人さんスタッフに出迎えられ、早速、画像診断開始。
「顔型・眉・目・鼻・口・・・など各パーツごとにゴールデン・バランスにどれだけ近いかを
数値で表示していきますね。この数値上の差異は決して悪いことではなくて、その差異
こそがお客様の個性や魅力に繋がるんですよ。」
それにしても綺麗です。資生堂のお姉さん。そんなに綺麗になれるなら資生堂に就職
すれば良かった・・・。( オイ、ちゃんと説明聞いてるか?! )

されるがままになっている間にバランスシート( 貸借対照表ではありません ) が
ワタクシの顔の数値を情け容赦なくたたき出す。
「なるほど。最初にお会いした時に女性らしい方だな~と思ったのですが、ほら、
ちゃんと数値上に現れていますよ。ここです。お顔のラインが縦に長いでしょ?」
お姉さん、それにしても貴女は綺麗です。( オイ・・・ )

というわけで、早速、科学的に分析した数値を基にメーキャップレッスン開始。
「チークは、こうです ! ちょっとお顔のラインが長めでしたでしょ ? その縦の
ラインの強調を切る為に、横向きに幅広くぼかしていきましょうね。」
( あれ ?! 差異はお客様の「魅力」だったのでは ?! やっぱり差異は「差異」。
単なる ズレ にすぎなかったか・・・。)

自分で、できるようになるまで懇切丁寧に指導をして頂いた上に、帰ってからも
忘れてしまわないようにと持ち帰り用のアドヴァイスプランシートに詳細にポイントを
書き込んでくださる。「さぁ、できました ! では、お写真の撮影をしましょうね。」
正面と、横向きから写真撮影をし、更にそれをパーツごとにアップにした
アドヴァイスシートを作成して、あっという間の100分が終了。

スキンケアドックの「ついで」気分だった為、顔の悩みなどをあまり考えて
いなかったワタクシ。されるがままになっていましたが、「ここをこう見せたい ! 」
「ここが悩みです ! 」などハッキリとしたご希望のある方は、きっとその部分を
カバーするメーキャップ法を伝授して頂けることと思います。

後日、友人( 会社の後輩 )とのレストランでの会話。

「この前、資生堂のスキンケアチェックとメイクレッスン行って楽しくてさ~。
   え ? お化粧室 ? いいのいいの。誰も見てないし。このまま帰るから。」

友人「・・・って言うか、メイクレッスンもいいですけど、そういうところから
   なんとかしましょうよ
・・・。」

「なんとかしましょうよ・・・」「なんとかしましょうよ・・・」「 なんとかしましょうよ・・・」( こだま )
あらん・・・

遥かなり美人への道 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美人への道 壱

2005-10-28 | Beauty
資生堂 bソリューションスタジオ
スキンケアドック


まず断っておかなくてはならない。私は決して美人ではない。スマン。
更にチビだったり、あ~だったり、こ~だったりと、ここでコンプレックスを
あげつらってもしょうがないのだけれども、色々とありまして・・・。
でも、コンプレックスって決して悪いことだけではありませんよね ?!
ここさえ、あ~で、こ~で、こ~だったら、私だってそれなりにイケてるんじゃないか ?!
なんて、欲望と妄想が渦巻いて、オンナは日々進化して行くんだと無理やり自分に
言い聞かせております。( だからと言って、いくら鉄棒にぶら下がったところで、
今更、身長は伸びまいて )

そんなわけで「 美しい人はなお美しく、そうでない人も今よりは美しく 」なれそうな
スポットを見つけると、時間と財政状況が許す限り、すぐにでも馳せ参じたくなって
しまう悲しい性なんですね。遥かなり美人への道 !

で、今回も行ってまいりました。
横浜は、関内にひっそりと存在するSHISEIDO bソリューションスタジオ
へ。
 
今回トライしたのは、スキンケアドック。
世界に3台しかないという「最新の肌測定機器<ソリューションアナライザー>で貴女
のお肌のコンディションをチェック !悩みの原因を内外から徹底分析し、スキンケア
栄養面まで的確にアドバイス。」なんていうワンダフルな振れ込み。
世界に3台しかないものが関内に ?! じゃぁ行くしかないでしょということで早速申込み。

関内駅から歩くこと7分、かなりパッとしない外観の資生堂横浜支社の入り口から
bソリューションスタジオ受付へ。薄暗いビルのイメージを120%覆す、鄙にはまれな美女に
「お待ちしておりました」と恭しくお出迎えをしていただく。
90分・6,500円のこちらのコース。診断項目は < きめ・肌荒れ・ニキビ・皮脂・しわ・毛穴
角腺・ターンオーバー・バリア機能・ハリ・弾力・血液循環・肌色のムラ・くすみ・くま
メラニン >などなど。(はぁ~。書くだけで疲れた。)15分ほど色々な機会にピピッと値踏み
されて待つこと数分。アナライザー様が私に下した診断は・・・
じゃ~ん !! かなりヤバイ

5つ星で詳細に評価してくださるのですが、各項目で燦然と輝く1つ星、2つ星の
オンパレード。いや~ん。なんとなくは解っていたけど、数値化されるとやっぱり
傷つく。シュンとなる私に、お人形さんのような正に陶器肌の美人さんスタッフが
「知ることが1番大切なんですよ。さぁ最適なお手入れ方法を見つけましょう ! 」と
心強く慰めてくださる。というわけで、その場で最適な化粧品の使用案内を頂き
(勿論、資生堂のライン。こちらでは販売はしていないので購入を迫られることはない。)
お肌の状況にあわせたマッサージや、ツボ押し、サプリメントのご案内まで。
私はその場でコラーゲンまで飲まされた(笑)

ただ、幸いなことにお肌の表面はかなりヤバイ状況であったものの、なぜかお肌の
基底層と呼ばれる内部の評価が4つ星をマーク。これってもしかしてあの 顔面体操

のお蔭かしら ? なんて内心ほくそ笑みつつ次に申し込んでいた同じく最新機器を
用いてのメークレッスン・ブースへと向かう。
To be continued・・・



関係ないけど、今TVを見ていたら昔、英会話を習ってた先生たちが出てきてビックリ !
どうやら 会社
を立ち上げたらしい。貴方の生徒は相変わらず英語が話せないけれど、
先生たちは頑張っていたのですね ! 頑張って
( あれ ? 応援したつもりなのだけど、これってライトな営業妨害 ?! 英語が話せないのは
生徒のワタクシにセンスがないからであって、とっても素敵な先生たちでした。ホントに ! )
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

L'estudi

2005-10-26 | Gourmet
 
 
 ホセとお喋り
 - 看板のないスペイン料理店 -



世の中、スペインバルブームである。
あのノリに乗っている オザミワールド
も銀座に カタランバー バニュルス を
オープンさせた。8月のことだ。

そんな中、ひょんな事から、日本におけるモダンスパニッシュ料理の旗手、
ホセ・バラオナ・ビニェス氏から「トモダチ」と呼んでいただける光栄に預かる
ことになった。これはライトな 自慢 である。

だって奥さん ! ホセ・バラオナ・ビニェス シェフですよ !!
かの 小笠原伯爵邸
の総料理長やってた方ですよ。
(他にやりたいことがありすぎて、9月に辞めちゃいましたけど・・・)
あの ピンチョスの伝道師
のホセですよ !
愛知万博のスペイン館で連日行列の旋風を巻き起こしたタパスバーの
総合プロデューサーのホセですよ ! 更に、更に、ホセったらあの エル・ブリ

フェラン・アドリアとも「トモダチ」なんですって。 
ということは「トモダチのトモダチがトモダチ」であると仮定するならば、私は
フェラン・アドリアのお友達でもある。真か偽か?・・・は~い先生 ! 真なり !!
( え?! 消えうせろって言った?!スマン )

そんなホセが新たなステップへ。いつも新しい事に挑戦していたい性質なのだ。
今度は、ホセのお知り合いONLY受付の1日1テーブルのダイニングを作るという。
本当に自分の作りたい料理を思う存分作るつもりのようだ。物凄く期待大 !!

看板のないそのお店の扉をそっと押すと、ホセが真剣な表情で書類とにらめっこ。
1ヵ月後にはたくさんのアバンギャルドかつ実験的なお皿がゲストを狂喜させるであろう
大きなダイニングテーブルの上には、名刺のデザイン案、プレートやカトラリーの候補
たちが所狭しと並べられている。どんなにいい物であってもフランスの物などではなく、
「 スペイン or 日本の物しか使いたくない 」そう。その細部に渡る拘りようは、料理人と
いうよりもはや、芸術家といった面持ち。

「スペインバルブーム、来てるね。」話を向けると、「うん。本当においしいタパスが食べられる
お店が増えるのならそれはとってもいいこと。でも、流行とかファッションで増えてるなら駄目
だね。」真剣な表情で語った。その言葉には、自国の料理に対する並々ならぬプライドと、
日本におけるスペイン料理の発展を、自分が牽引しているのだという自負や責任感のような
ものが感じられた。

打ち合わせの電話やFAXがひっきりなしにかかってくる中、たわいもないお喋りをして
お土産にと、私には絶対再現できそうにないレシピブックと、チュッパチャッパス
(あのコロンとした棒付きキャンディーの本社は、実はスペインはバルセロナ。)
をもらって帰途につく。

その看板のないお店の全貌は来月発売の 「東京カレンダー」
で発表されるはず。
「もし間に合わなかったら、真っ白なページに自分の名前だけ入れるんだ ! 」ですって。
お料理している時の真剣な眼差しはとっても近寄りがたいけれど、素顔はとっても
お茶目なホセでした。

Moltes gracies Josep ! また逢いましょう。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本シリーズ

2005-10-22 | Preciuos
日本シリーズ第1戦
阪神 vs ロッテ -霧とともに去りぬ-


日本シリーズ第1戦に参戦するため、千葉マリンスタジアムへ。
折りしも東京モーターショーの一般公開初日とも重なり、海浜幕張の駅は華やかな
賑わいを見せていた。まずは、モーターショー好きの夫に引きずられ幕張メッセへ。

嬉々としてカタログ類を集める夫を尻目に、私が嬉々として向かった先は、カメラ小僧の
黒山の人だかり。あの小僧たちの先にはきっと綺麗なお姉さんがいるハズ !
そう。車がちんぷんかんぷんな私にとって、ここはただの「東京綺麗なコンパニオンの
お姉さんショー」にすぎないのだ。人だかりの肩越しにお姉さんの品定めをして時間を
つぶす。中でもフォルクスワーゲンの力の入り具合は凄かった。スラリとした手足の
欧米系美女でコンパニオンたちを固めてきた。「アリガトゴザイマシタ」片言で言われて
デレデレしているニッポン男児たちを横目で見ながら、ブログにも記念に1枚
お姉さんの写真を・・・と勇気を出してカメラを向ける。

話題のレクサスLF-Shや、限定公開のマセラティバードケージ75など一通り見学。
モーターショー名物と雑誌に紹介されていたラーメンまん福で腹ごしらえ。

 さぁ、いよいよ決戦の舞台、千葉マリンスタジアムへ。
 サッカーでも、野球でもそうなのだが、いつも始めてのスタジアムへ
 足を運ぶ時はワクワクする。
 さぁ、この階段を登ればいよいよフィールドとご対面。
 私たちの先を行っていたカップルが階段の上で歓声をあげる。
 「うわ~甲子園とぜんぜんちゃうで~」
 どうやら大阪からの遠征組みのようだ。出張お疲れ !


 
 マシュー南も無事、始球式をこなし、
 井川と清水の投げ合いで始まったこの試合。
 まぁ、試合経過は置いておいて・・・


 7回表 風船飛ばしはやっぱり楽しい。

 7回裏 ??なんだか幻想的になってきた。

霧にまぎれてぽこぽこ本塁打を打たれているようだがよく見えないので、さして悔しくもない。

 7回裏1out そして何も見えなくなった・・・。

濃霧のため中断。
海辺に住んでいるので、よく知っています。霧がそんなに簡単には晴れないということを。
中断が告げられた瞬間にそそくさと席をたつ。
その後、居残った阪神ファン達の「晴れろ」コールも虚しく約30分の中断をはさみ
21:05日本シリーズ史上初となる濃霧コールドで第1戦の幕は閉じる。
試合結果?!知りません。途中で帰ったから。
そういえば、あの後、勝ったんでしたっけ?! ( 完全なる妄想の世界 ) 

10月25日現在、依然、阪神五里霧中・・・


この記事をはてなブックマークに追加

サブゼロ

2005-10-21 | Gourmet
International Cuisine Subzero

大桟橋ホールにて小野リサのコンーサトを堪能した後は、耳に残る
チャチャチャのステップを踏みながら、予約を入れていたお隣のレストラン
Subzero
へ。

こちらのレストラン、大桟橋のあちらこちらに「レストラン→」という色気も
へったくれもない表示がされていますが、その案内表示に騙されて、そこらの
ドライブインのファミレスの様なものを想像して訪れるとあまりのオシャレさに
尻ごみすることになりますので、要注意 !
ちゃんと気合を入れて訪れましょう。( お昼は大丈夫かもしれません。)

青色のライティングで照明された宇宙的なエントランスを抜けダイニングホールへ。
窓いっぱいに広がるロマンティックなみなとみらいの夜景にうっとりしながら
7500円のコース料理を頂く。
サーモンクリームのアミューズから始まり信州林檎を用いたサヴァランのデザート
まで、どれも産地にこだわった食材を駆使した、芸術的なプレゼンテーションの
お皿の数々。



実は、夜景がウリで夜景がメインの、観光レストラン的なものを想像していた
ワタクシ。しっかりとしたお料理の数々にイメージを心地よく覆されるこの快感。
サービスもソツなくこなれていて、何一つフラストレーション溜まることなく夜景に
お料理にピアノ生演奏のBGMにと酔いしれることができました。

サブゼロ。
横浜デートの締めくくりに是非お勧めしたいレストランです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小野リサ

2005-10-21 | Preciuos
小野リサ 
Romance Latino Tour 2005


 お気に入りの音楽をBGMに、海を見つめての~んびり過ごす。
 そんな週末の昼下がり、我が家のBGMのヘビーローテーションの
 一角を担うアーティストが小野リサ。
 彼女が、横浜は大桟橋のホールでコンサートを開催する。
 海を見つめての~んびり「生」小野リサ。
 そんな贅沢を味わうべく、大桟橋へ。



彼女の今年の音楽旅行のテーマは「ラテン」。
心地よいギターに、コンガやボンゴなどのパーカッションのわくわくするリズム、
彼女の空気のように柔らかな歌声がメロディーにのって会場を満たしていく。
彼女の笑顔さながらのほんわかとした幸福が私たちを包み込む。
「ベサメ・ムーチョ」や「キサス・キサス・キサス」などラテンの名曲からオリジナル楽曲まで。
時にソンブレロを被り、時にチャチャチャのリズムやステップのレッスンを交えての楽しい一時。

実は、彼女のコンサートは大学時代以来、二度目の再訪。
当時もそれなりに有名ではあったが、今ほど確固とした地位を築いていたわけではない。
会場もコンサートホールというよりはライブハウスといった趣き。
彼女のステージを見ながらツーフロアーある会場で、気が向いたらアルコールをいただき、
気が向いたら踊りと、好き勝手にとても心地のよい時間を過ごしたことを覚えている。
しかし、今回はコンサートホール。ラテンのリズムにうずうずしながらもパイプ椅子の上に
一同総金縛り状態。う~ん、みんな踊った方が絶対に楽しいって思っているはず・・・。

遂にその時が訪れる。柔らかな笑顔を浮かべて「さぁ、ラストです。踊りましょう。」
彼女は手を広げてそう微笑んだ。私の隣に座っていたのはブラジリアンのお母さんと
その3人娘たちというファミリー。待ってました!といわんばかりに肝っ玉母さんという風情の、
たっぷりと豊かな腰周りのお母さんが両手を上げて腰を振りながら立ち上がった。
ナイスバディーの3人娘も一緒に立ち上がってチャチャチャのステップを踏み始める。

う~ん、日本でも沖縄の人々を見ると感じることなのだけど、リズムが身体に自然と
染み付いている人々って本当にかっこいい。楽しそうに音楽に身をゆだねる彼女たちに
つられる様に、徐々に踊りの輪がひろがって行く。ウッドデッキのフロアーはみんなの
ステップでギシギシと揺れ始めた。お爺ちゃんもお姉さんもお母さんもおじ様だって、
み~んなとっても楽しそうな笑顔。あ~やっぱりこうでなくっちゃ !

アンコールまで延々と続いたダンス大会は、そのままスタンディングオベーションと
なって小野リサとツアーメンバーをステージ上から見送った。



この記事をはてなブックマークに追加

びっくり

2005-10-20 | et cetra
びっくりしたこと。
お初トラックバック なんてドキドキしていたら、
トラックバック先からお越し頂いた方が、写真をお持ち帰りになったみたい。
他所様のブログに私の撮った写真が転載されていて、そりゃもうびっくり
これって、ちょっとというか、やっぱり哀しい。
そろそろ Ping を送って色々な方に遊びに来て頂こうかな~と思っていた
矢先の出来事。やっぱりこのままひっそり続けて行く方がいいかしら ?!

そんなろくに検索にもひっかからない私のブログにちょくちょく遊びに来て
くださっているそこの奇特な貴女 ! 本当にありがとう。 嬉しいです 

そして、もし写真のテイクアウトをされた方が、また遊びに来てくださっている
ようでしたら、どうかお願いです。私のブログに掲載している写真は、コンサート
などの宣伝用パンフレットや、お勧め本の写真以外は全て私自身が撮影した
大切な想い出の写真たち。無断転載は軽く ( いや堅く?! ) お断りしておりますので、
どうぞ宜しくね。一言、頂けるだけでも全然、印象違うので。
 
 ネチケを守れないお友達は、
 ヴィンちゃんからツバカッターを
 喰らわされるので要覚悟 !
 ( saku saku
ネタ )

 関係ないけど、今年も、誰か私に西洋カボチャ届けて
 くれないかしら?! マイクさん引っ越しちゃったから寂しい。
 カボチャお化けの過去記事は コチラ
で。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の美食会

2005-10-16 | Gourmet
葉山 ホテル音羽の森
14th Hayama Cuisine


ホテル情報ウェブマガジン Hotel Concierge
のプレゼントに当選 ! ( ぱふぱふ )
葉山 ホテル音羽の森
にて開催される 14th 美食会 Hayama Cuisine に
お1人様無料でご招待して頂けることに !!
( と言っても、まさか1人で行くわけにはいかないので、実質50%OFF ! )

秋霖にけぶる三浦半島をホテル音羽の森に向かって、車を走らせる。
R134を湾のカーブに沿って進むと音羽の森のエントランス。
急なスロープを登る瞬間は、これから始まる時間への序曲。いつも期待で胸が高鳴る。
ここ、葉山 音羽の森は、よく晴れた午後などには、ここって南仏でしたっけ ?! という
錯覚に陥る素晴らしいロケーション。
( と言ってはみたものの、実際、南仏に行ったことはない。イメージね。イメージ。 )
まるでヨーロッパの個人の邸宅のような、白亜の瀟洒な建物のエントランスに到着すると、
ドアマンの方が「よろしければお車をお預かり致します。」と折り目正しく、
バレーパーキングを申し出てくださる。車のキーを預けて今宵の饗宴の会場へ。

 テーブルにセッティングされた、グラスの種類の豪華さに
 軽く眩暈を感じていると、高柳シェフのご挨拶で
 美食会の幕が切って落とされた。
 トリュフにキャビアにフォアグラに・・・
 美食会というだけあって食材の豪華さは言うに及ばず、
 創意工夫が凝らされたメニューが次々に登場。


秋らしい茸のスープはカプチーノ仕立て。
ふんわり広がるポルチーニの香りに酔いしれる頃には、私も夫もかなり上機嫌。
「ポルチーニを中心に数種類の茸をブレンド致しました。」このご機嫌さ、もしかして
笑い茸も5%ほどブレンド致しました?!

それぞれのメニューに併せてふるまわれるシャンパン、ワインもとっても豪華。
特にメインの鹿背肉のローストに併せて恭しく供されたのは シャトー ラトゥール'94 !!
「ヴィンテージとしては決して当たり年とは言えませんが、ラトゥールはヴィンテージに左右
されず安定したおいしさが約束されているシャトーです。」解りやすいご説明を頂きながら、
芳香な香りにうっとり陶酔。

  

「おいしい。おいしい。半額だから余計においしい!!」( ← 非セレブ的発言 )
喜びをかみしめていると、あっという間にチョコレートムースのデザートがサーブされお開きに。

お料理もさることながら、サービス陣の方が披露してくださる厨房裏話がとても楽しいものだった。
美食会に先立つ試食会は、シェフ、サービス陣全員でなんと2回も執り行なわれたとの事。
ラトゥールに負けるなと鹿肉のソースを更に濃厚に手直ししたのだとか。苦労話は事欠かない。

普段は、ゆっくりと時間をかけて食事をする我が家にとって、周りの方とタイミングを併せ
なければならない食事会は少し窮屈なイメージがあった。
確かにお皿はいつもより早く頂かなければならないものの、精魂こめたメニューを豊かな
マリアージュのワインと共に頂ける変えがたい幸せを味わう。

Hayama Cuisine シェフ・スタッフの皆さんの心意気をかみ締めた味わい深い一夜となった。




ほろ酔い気分で帰宅してTVをつけると、あの レストラン ロオジェ

M.O.F.(フランス国家最優秀料理人賞)シェフ、ジャック・ボリー氏が「情熱大陸」に出演していた。
なんと6月いっぱいで後人に道を譲る為にロオジェのエグゼクティブ・シェフを退任したとの事・・・。
予約に失敗することかれこれ3回。1軒ぐらい楽しみにとっておくレストランがあっても
いいかと、温めていたらこの始末・・・聞いてません。そんな話。がっくり


 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加