インテリア・家具 横浜元町[ダニエル] 家具店主 咲寿義輝のブログ

家具・インテリアショップ 日本の洋家具発祥の地:横浜元町から インテリアに興味のある方への情報ブログ

蘇るランプシェード シェード張替事例1 ダニエル「家具の病院」

2016-07-16 | 家具修理関係
ランプのシェードの張替事例1 



ランプシェードは経年劣化や紫外線、ランプの光による焼けにより、色合いが風化したり、湿気などで布地にハリがなくなったりします。

シェードがダメになったからとランプを諦めてしまうのは「もったいない」。

骨があれば、横浜元町ダニエルの「家具の病院」で修理・張替が可能です。




シェードのフレームも劣化が見られます。



熟練職人による手仕事で、まず貼ってあるシェードを丁寧に剥し、フレームに着色を施します。


錆びたような腐食したフレームも、塗装を施し綺麗に修復されました。




プリーツのあるシェードは、プリーツを再現します。



修理後



修理前

シェードの張替はフレームがあれば、お値段も比較的リーズナブルに復元可能です。

まずはお問い合わせください。

オフィシャルホームページ 横浜元町・ダニエル「家具の病院」

お電話:045-290-6022 




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月13日(水)のつぶやき | トップ | 蘇るランプシェード シェー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL