フィリピンのほほん生活記ー朝焼けに染められて

フィリピン・タガイタイの景色と日々の出来事を綴ったブログです。

洗礼式を終えての食事会

2017年02月22日 09時58分00秒 | 生活記

 

 本日ののほほん生活記

2017.02.22(水)午前6時25分 靄曇り 気温20.0℃ 湿度52% 東北東 7.4m 和風④

官民合同で投資環境整備などに取り組む国家競争力評議会(NCC)は20日、米保守系
シンクタンク、ヘリテージ財団の「経済自由度指数」でフィリピンが180カ国・地域中で58位に入った、
と明らかにした。順位の上昇は2011年から6年連続となる。   2017.02.22(マニラ新聞から)


 先日の甥っ子の、第二子の、洗礼会を眺め、感じたのですが、やはり廻り中に、子供が多いですね、

此の事は、我が家の近隣を、見ても感じますが、日本と、対して、考えてしまうのですが、

人口が1億人を、突破してからも、増え続け、2028年には、1億2千3百万人に、達し、日本を、

抜き去るのです。平均年齢が、23歳の若い国、フィリピンですから、将来が、楽しみですね、

我が大家族内に、どんどん誕生する、赤ちゃんを眺め廻し、そのように思いました。(笑)

 此の日教会の、洗礼式が終わり、教会の近所の、レストランに、移動したのです。お食事は、

誕生会でも、お馴染みの、バイキング方式でした。席に着き、食べましたが、味は好かったですが、

ご飯は硬かった、我が家も同じ、長粒米ですが、我が家の方が、柔らかく美味しいですね、ご飯の、

炊き方に、ひと工夫欲しいですね、胃に負担が、掛りすぎます。胃腸が、悲鳴をあげて、居りました。

 義弟(ダニロ)の、長女の第二子も、先月洗礼式を、終えたばかりですが、之から、大家族が、

育てるのでしょうね、親は産んで、放っといても、育つのです。日本の、終戦直後も、そうでしたね、(笑)

 


 本日は午前6時起床でした。昨晩は、早めに、就寝したのですが、目が覚めた時には、頭が呆けて、

居りました。本日も陽は、拝めない感じですが、仕方が在りません。天候も気まぐれですから、(笑)

 サボン(軍鶏)の、啼くねを、聞きながら、屋上へ、駆け上ります。本日も、暖かな夜明けですね、

もう完全に、陽の位置は、椰子の木を、通り越して、居りますが、陽が見えません。日の出付近が、

明るく、色づいてるだけですね、もう少し待ちましょうね、綺麗に見える、その日迄は、(涙)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジブック 『イムス市民広場... | トップ | デジブック 『或る町の片隅か... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子育て (Kiyo)
2017-02-22 19:19:19
ダニエルさん、皆さん、今晩は!
何時もより早く仕事を終えて帰宅中ですが予報通り雨が降りだしました。

日本の出生率は上がったのでしょうか?
最近は独りっ子は減った気がしますが全体的にはどうなんでしょう?
今は核家族化で両親と別居し自分達優先で好きな事をする時代ですから昔と違いますね。
逆に子供が溢れるフィリピンですが物価の高騰を見ていると将来的にはどうなるかと考えてしまいます。
まぁ後先を考えず今を楽しく生きるがモットーの国柄ですから余計な心配ですね。(笑)

もう少し私も若ければ子作りに励むんですがね~
子育て (タガイタイ・ダニエル)
2017-02-23 00:11:18
 kiyoさん・今晩は、

 >仕事を終えて帰宅中ですが予報通り雨が降りだしました。

 お仕事お疲れ様でした。大阪福島から、電車を乗り替えご帰宅ですね、今でも、加古川に、
向かう途中、kiyoさんって、どんな人物か、期待と不安の、入り混じった、心中を、思い浮かべ、
懐かし昔を、振り返って、居ります。
 関西は特に、知りませんでしたから、(涙)

 >日本の出生率は上がったのでしょうか?

 どうなのでしょうか、保育園や、幼稚園が、ご近所の騒音問題で、開園出来ない、
ニュースを知り、待機児童の、問題も、根が深く、哀しく、思って居りました。

 >両親と別居し自分達優先で好きな事をする時代ですから昔と違いますね。

 私が、生まれ育った頃は、現在のフィリピンに、似て居りました。廻り近所も、
近所の子供達も、一緒に、呼び入れ、
食事を共にする、環境でしたね、

 >最近は独りっ子は減った気がしますが全体的にはどうなんでしょう?

 どうなのでしょうか、私には、分かりませんね、
ごめんなさい、統計を、
調べて、居りませんので、

 >逆に子供が溢れるフィリピンですが物価の高騰を見ていると将来的にはどうなるかと考えてしまいます。

 此処近年の、フィリピンの、経済成長率は、鰻上り、物価も高く成りますが、
生活の余裕も、感じます。今度来比の時は、廻りの車や、モールに、出入りする、
人々の、服装も、ご覧下さい、人々の笑顔も、(笑)

 >もう少し私も若ければ子作りに励むんですがね~

 kiyoさんは、未だ未だ若いですから、国の将来の為、ご奮闘下さいませ、m(_ _)m

コメントを投稿

生活記」カテゴリの最新記事

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 521 PV UP!
訪問者 178 IP UP!
トータルトータル
閲覧 2,525,880 PV 
訪問者 536,052 IP 

文字サイズ変更

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0