これってやはり化石? 私のライフスタイル!

ひともすなるブログなるものを、われもしてみむとてするなり

ジャガイモは、少し早すぎた ・・・我が家の農作物の生育状況

2017-05-29 | いずれは終の棲家
通いの田舎暮らしと作物の収穫のタイミングを合わせるのはなかなか難しい

ひと月前に植えたサツマイモの生育は順調


枝豆や里芋も頑張ってる



上手く育って収穫できるといいのだが・・・

2月の終わりに植えたジャガイモを試し掘りしたところ、少し早すぎた



今夜は新じゃがとベーコンとオクラの炊き合わせ

収穫物で献立を決めるのも、なかなか楽しい😊

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花材を探す ・・・ 田舎に帰ってきたら、する事

2017-05-27 | いずれは終の棲家
ゴールデンウィークに植えた、さつまいもや里芋の生育が気ががりな事と、そら豆やジャガイモの収穫も気になって、鹿児島の家に帰ってきました。

トトさんより二泊早く帰ってきて、まずは庭の草取り

庭仕事しながら、家の中に飾る花材を探すのも楽しみです

私はリビングと勝手口は、花を入れるのですが、トトさんはトイレも洗面所も何がしか探してきます

父もそうでした

開放的な戸建ての田舎の家だと、自然の光が優しく家の中に入ってくるので、花を飾りたくなるようです

明日帰ってきて、トイレと洗面所に花がない❗️と言われるのもシャクなので、今回は野草を摘みました

トイレにはドクダミの花 (笑)



洗面所には、草花? 雑草とひとくくりにしてしまうには可哀想なほど、可憐に咲いています



昨夕 池の中の鉢に植えてあるカキツバタは蕾でしたが、切ってリビングに入れておいたら、今朝二輪咲いていました



勝手口には、最後の一輪となったバラを切って入れました



花を飾ると、まわりを整理整頓したくなるのも嬉しい副産物です😊



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続けようと思える添削 ・・・ 書の稽古

2017-05-25 | 

日曜の午後に投函した書の稽古したものが、早くも昨夕、添削されて戻ってきました。

それぞれ一枚は取り置いて本部に提出してもらうシステムのようです

今回は提出諦めようかなぁとも思ったのですが、気持ちを奮い立たせて稽古して出して良かった

我が書の師匠は、何もかもお見通しで、揺れる心をしっかりと受け止めて
添えられた文には、頑張ってるとお褒めの言葉の後に、これからの稽古での留意点も書いてあります

何もかも課題山積の私の字なのですが、一番難しいのは、小筆で書くひらがな

勢いのある筆使いにしたいのに、勢いをつけようとすると、運びが雑になり、ゆっくりした運びにしようとすれば、線が崩れてしまいます

添削さてた字と 添えられた手紙を読みながら、ぼんやりと続けるだけではダメなんだと、毎回思うことの繰り返しで 2年目を迎えています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

網戸張り替え ・・・夫婦二人三脚で

2017-05-20 | 日々の雑感

網戸を張り替えようか! と、提案されたのは四、五日前

トトさん自ら、網を買いに行き、昨日 朝食前から本体外して、風呂場でフレーム洗い

張り替えは朝食後

和室に広めのピクニックシートを広げて、フレームを置く

ピンチで網を四ヶ所止めた後は、私がローラーで入れ込んで行く

余分な網をカットするのも、設置も後片付けもトトさん ルンルン🎶としてくれた

ぶきっちょさんで、大雑把だけど、ポイントを教えて、コツのいるところを手伝えば、やってくれる

前回の張り替えは、2年前
私が、材料を準備し、トトさんは張り替える時のサポート程度だった

その前は、私一人でやっていた

結婚して37年が過ぎて、やっとここまで

新しい網戸から入ってくる風の気持ちいいこと

『 風の流れより、虫が入り込まない目の細かさを選んだんだよ。 でもビックリするほど、良く風が流れるね😄』 と、ご機嫌なトトさん

これからは、積極的に網戸の掃除もするようになってくれるかしら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両親の法事 ・・・・ 四月の思い出 その1

2017-04-28 | いずれは終の棲家


今月ももう終わりだなぁと思いながら、うれしかったことを二つほど ブログに残しておこうと思います

一つは 母の三十三回忌と父の七回忌を一緒に執り行ったことです

法事は 私たち夫婦と妹とこじんまりと行うつもりでしたが、息子に話すと息子家族も参加するとのことでした

そこで 妹を通して 妹の子供たちにそのことを伝えると 甥っ子たちも来てくれるというのです

母の命日は 三月十二日 父の命日は 四月六日 

法事は いろんな事情で四月一日に決めましたが、年度末で 甥っ子たちは日程の調整に大変苦労したと思います

我が家は夫婦とも同じ県出身で しかも 鹿児島ときているので、喜怒哀楽はしっかりと出てしまいます

子供たちも同じです

私の妹は東北の人と結婚したのですが、性格や生き方が真逆で お互いの求めるライフスタイルが反対方向で 結局二年前に離婚しました

妹の子供たちは 両親のまったく違った性格や考え方のいい面だけを受け継いだようで とてもバランスのいい大人に育っています


妹の長男は新潟住まい 昨年の十一月に子供が生まれました

妹の次男は秋田住まい 二月に入籍し、六月に式を挙げます ( 恋愛だと 一緒に住み始めるのが 挙式よりも早いのも 珍しくなくなりましたね )

長男は家族三人で 参加、 次男も夫婦で参加してくれました

どちらも飛行機を二度乗り継ぐ長距離です

妹の長女は アメリカ人と結婚してアメリカ在住、わがプーさんは今はフランス在住

女の子の翼のほうが 大きくて自由に舞っているようです


日頃住んでいない鹿児島の家に少し早めに帰り、寝具の準備をしたり、庭の掃除や家の掃除など 忙しかったものの 楽しい準備でした


私たち夫婦は 終活も少しずつ進めているのですが、昨年地元のお寺の納骨堂を買ったこともそのひとつです

私も夫も墓参りは義務というより 好きなことの一つですが、自分たちが元気なうちは 今の墓を守って 管理が出来なくなったら 墓をしまうことにしたのです


よって まずは 将来子供たちの曽祖父母や祖父母が入るだろう納骨堂のお披露目と、そのあと、墓参り

お墓は お寺の敷地内ではなく、集落の中の共有地にあります

そして 自宅で法要となりました

集合写真はあちこちで撮りましたが、お寺の前で

 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加