裏千家お稽古備忘録

日々のお稽古の備忘録。

四ケ伝 - 唐物 風炉

2017-07-29 19:52:22 | お点前

☆基本☆

茶入の手前であり、中国からやってきた伝来物の茶入を使う。

☆決まりごと☆

・水差し-木地曲
・蓋置-竹
・建水-唐金
・茶杓-止節
・茶碗-楽

★準備★

・水差し(円手前)をセット、茶入を水差し前中央にセット

★手前手順★

•茶碗を運び入れる
-襖3手で開ける -右回りで正座し、襖を閉める - 左足で立つ - 左足と右足を揃える
-釜の前に正座する - 2手でお茶碗をたてつけに置く

•茶入を清める
1)-茶入を両手でそっと持ち上げる
-自身の正面に置き、仕覆の紐を解いていく (手前、奥、左、右)- 茶入を仕覆の上に乗せて、茶入をそっと下に置く
-仕覆を水にうち返して、水差しの隣に置く
2)-袱紗を真にさばく -茶入を手前、向こう、胴にあてがって時計周りに(3回転)清める - 袱紗を一段階手前の正方形の形まで戻して、底を清める - 水差しの前中心に茶入を戻す-袱紗を腰につける

膝退 (しったい)  左、右、左

・建水を運び入れる

膝行(しっこう) 右、左、右
-柄杓を構え、蓋置を定位置へ - 茶杓を蓋置に置く (*この時、いつもみたいな音を立てません)
-建水を定位置へ進める

・茶杓、茶筅、茶碗を清める
-茶杓は茶入の蓋に斜めに預ける - 茶筅を柄杓の隣に置く - 茶巾を水差しの上に置く
-中仕舞い??
-茶筅通しをする - 茶碗を清める - 茶巾は釜の蓋の上に置く

・茶を点てる
-茶杓の櫂先を上に向け、茶碗の上(右端)に預ける
- 茶をすくい出して茶碗に入れる (回しあけはしない) - 茶を櫂先でさばく - 茶碗中左下に軽くコツンと当て、櫂先のお茶を落とす
-茶を点




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本のキ。 | トップ | 淡交会2017夏の勉強会  »
最近の画像もっと見る

お点前」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。