Dandelion~美容師の生活~

ヒトのために地球のために自分ができること

何かになるため。

2017年05月16日 | ひとりごと


「将来の夢はなんですか?」

この質問に答えられなかったときは、ありません。

お花屋さんやケーキ屋さんになる!と言っていた幼稚園の頃。
芸能界のオモテかウラ、どちらかもいいなって思ってた小中学生。
歌うことが好きでその道か美容へ行くか、悩んだ10代後半。

そして同時に、ステキな大人の女性を見るたびに「ああゆう30代になろう」「あんなおばあちゃんになりたいな」とイメージを膨らませてね。


いつも何かに憧れを抱いてて、いつか何かになろう!
んでもって、憧れられる存在なれたらいいなってとも、ほんのちょっとだけ思って。
あの大きなビルで働いてる人のようにはならん!

そう、誓っていたのもでした。


ところがどっとい、なんてことでしょう!
その「ならん!」と言ってたところで、今なんと働いてるではないでしょうか。
しかも、想像していた大きなビルで働いてる。

笑えちゃいますよね。


けどね、あきらめて、あきらめてココへ来たわけじゃないんです。

その時々ちゃんと自分で考えて決めて、挑戦して、失敗もして、できるようになったこともあるし、今はまだ全部中途半端だけど、あたしはね、何かになることだけじゃなくて、どんな風になっていくかも大切にしていきたいんだって、最近知りました。

今は、人の目には何もしてない風にしか映らない程度なことしかしてません。
けどやりたいことは、ずーっとずっと熱くイメージはし続けてますよ。
何ひとつあきらめてることは、ないです。

今は何かになるためより、何者にもならずもしあわせに充実に、平穏であたたかく、時間を過ごせるようになることの方を大切にしています。


与えられたことを精いっぱいやる。ほんのすこしの親切をプラスして。
周りの人たちと歩調を合わせるようにね。
けど自分の仕事の質は、落としませんよ。
ここはどんなことでも磨いていきます。
ま、苦手はそのまま、カバーする方法を考えます。

角度を変えて見方を変えて、するとあんなに「ならん!」と言ってた大きなビルで働くことも、捨てたもんじゃありません。

あと、何もしないことに罪悪感を持たないようになること。
自分だけの時間、きちんといようとしない。
ぐーたらも干物状態も思う存分する。

まだまだ練習中です。


たぶんだけど、きっと自分がイメージしていることにすごく必要なことだと思ってます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記憶に残る人。 | トップ | どちらが先? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL