和納中37年入学

同級生と和納と旅行をアップ。誰だか分かる?

夏のダイコン菜めし

2017-06-18 11:58:28 | 日記

5月初めに蒔いたダイコン、混んできたので透かしてきた。ダイコン食うよりこの新芽の葉っぱが柔らかくてうまいんだ。予防しないのでところどころ虫食いの穴が見えるが自分で食するにはノープロブレム。生育適温は17~20℃、冷涼な気候を好む野菜で春先か秋に種まきすると書いてあるけど日よけと水くれさえすれば通年この若菜を楽しめるんじゃないかな。

さっと湯がいて塩味で軽く油いため。朝めし

炊き立てご飯に好きなだけ混ぜ込んで「大根ナッパメシ」だ。みそ汁の具にも…。去年植えた浅葱も全部掘ってきた。味噌つけてかじる、うーッ!辛い。ベロの先がしびれる刺激に頭の汗腺が全開、3っつもかじれば絶好調の一日を約束間違いナシだー。

amazonでタキイ交配のタネ春まきの青首みつけた。1,350円/袋。

ダイコンめしと言えばおしん。米を腹いっぱい食えない時代、ダイコンや野菜で増量した「かてめし」と言われる炊き込み混ぜご飯が日常。我々老人は戦後まだ子供の頃の貧しさを経験しているが今どきの子たちは貧しい食事を知らない飽食の時代の限りない食欲。

じつは来週は長岡に住むカニ大好きY澤クン302Rに誘われて、またカニ食い放題飲み放題の一泊温泉飽食の夜に誘われている。いい時代に生まれたことに感謝。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネギ苗をふせる | トップ | ジャガイモ絶好調 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む