和納中37年入学

同級生と和納と旅行をアップ。誰だか分かる?

今年は Iwa-ppara 岩原

2017-02-14 11:08:20 | 旅行

2/8 2:30pm 標高800m岩原ウェストコース 

今年も埼玉の橋やんからスキーの誘い。魚野川対岸飯士山南面の岩原スキー場は初めて。11:00am新幹線越後湯沢駅に出迎える。魚野川の支流大源太川を対岸に渡ると林立するリゾートマンション群をつづらに登って民宿到着。すぐにゲレンデに送ってもらい55歳以上マスターチケット二日券5,000円で岩原のウリ、幅200mのメインバーンを滑る。最大斜度12度x1,200mの初級者コースは広い!。最大斜度23度x650mのウェストコースも平らで快適だ。雪質では1,000m超える苗場や神楽に負けるけどこの広さ、水曜の平日かこんなに空いてていいのかでぶつかりようがない。

ネットに昭和6年に開業、追って8年には国鉄上越線岩原スキー場前仮乗車場が開業。昭和31年には日本初ナイター照明を後楽園球場から移設したとある。昭和62年ヒットのホイチョイプロ「私をスキーに連れてって」や関越道開通でクルマが主になってからは上野発夜行臨時列車の網棚にスキー吊るすダサイ若者はいなくなったんだろう。

筍山を買い取って苗場を一大リゾート地にした西武の堤義明はスゴイ。昭和38年にスキー場オープン、48年にはワールドカップ呼んだんだから・・・17号線を三国峠越えする不便なところでもスキーブームに乗って万座や志賀高原・・・オシャレだったんだな。苗場にはプリンスホテルと松任谷由実がくっ付いてたからなお更か・・・。

最大斜度35度のテクニカルコース。リフト終点左上に飯士山(いいジーさん1,111m)のピーク。間違って乗っても左右に初中級の迂回コースがあるって言われても、君子は危ないところには近寄らない。骨でも折ったら介護老人が一人増えることになる。見れば時々しか人影はない。

周りをマンションに囲まれ、ホテルの名が付いた民宿はウチら二人の貸し切り。温泉付きラッキーでビール飲んでダッチオーブンのチキンつけて二人で22,000円。照明暖房朝までガンガンついてて経営ダイジョブ?と大きなお世話を思ってしまう。小学生?の女の子と若?夫婦に聞いたら学校のグループが結構来てくれるんで・・・。スキーシーズン終わったらどーするんだろう?とまたお世話。

その昔、東京都湯沢町と言われたリゾートマンション群林立の地はバブルの泡の跡をさらしてスキー場までの道に建っている。夜になって見ても真っ暗闇のシルエットは不気味だ。価格は1Kで10万円からビックリするほどネットに出ている。温泉、プール付きもあるって言うけどトラブルもいろいろくっついていそうだ。競売物件をリフォーム転売して暮らしてるって話してくれた知人がいるけど、この10万円も素人は手出せない危険がいっぱいの気がするけどナ・・・。マル損しても10万円で終わればいいけど。

翌日も寒いけど曇り空に風なし。まだへっぴり腰カッコよくは滑れないが中級コースも苦でなくなってきた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴れ間のヒットエンドラン、... | トップ | 春の息吹とほろ苦さ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む