SHOWER YOUR LOVE

好きな音楽についてや、たまに行くライヴの感想など、思いつくまま…お気楽日記です

バルセロナ・パリ旅日記 5

2015-05-30 22:27:10 | JOURNEY
今日は移動日です。
13時過ぎの飛行機です。HISの人に「スペインからフランスへの海外便になるので2時間前までに空港に行くように」言われていたので早めにホテルを出ます。
チェックアウトの時に、以前来た時はなかった観光税?を支払うように言われました。
これもネットで知っていたので4日分4.84ユーロをお支払い。

PANETでボカディーリョを2つ買ってミランダに別れを(心の中で)告げ、スペイン広場に向かいます。
エアロバス乗り場は、スーツケースを持ってる人がたくさんいたり、ひっきりなしにエアロバスが発着しているのですぐに分かると思います。
A1がターミナル1行き、A2がターミナル2行きですよ。
自分の乗る便がどちらのターミナルから出るか把握しておかないと私のようにギリギリで慌てふためく事になりますのでお気をつけて…。

バスはカタルーニャ広場→ウニベルシタット→スペイン広場→空港と停まります。しかしカタルーニャ広場やウニベルシタットでいっぱいになったらスペイン広場では停車せずに空港に行ってしまう、とネットで見ていたので心配していたのですが、私が乗ったバスは席にも余裕がありホッ。
運転手のお兄さんに行きで買っていた往復チケットを渡すと、端っこをビリッと破って返してくれました。

エールフランスでパリに出発です!
チェックインは自分で端末機を操作して行います。不安しかない…とドキドキしましたが、ちゃんと日本語にも対応しておりホッ。しかしボーディングパスが出て来ず、結局カウンターで超愛想の悪いおばちゃんにパスを貰いました。
CAのお兄さんは私にだけ軽食をくれませんでしたが、おいしいボカディーリョがあるのでまぁいいです…。

シャルル・ド・ゴール空港からはエールフランスバスでモンパルナスに。
こちらも自販機で往復チケットを書いました。モンパルナス行きは4番のバスです。往復30ユーロ。

ホテルはモンパルナス駅からギリギリ徒歩圏内のカンパニール・メーヌ・モンパルナスです。
バルセロナと違い、こちらはチェックインの時に宿泊税を徴収されました。4泊で3ユーロ弱。
朝食の場所や、午後10時を過ぎると出入り口を閉めてしまうのでエントランスのブザーを押すこと、近隣のメトロの駅の場所、観光マップは必要かなど丁寧に教えてくれました。
ネットの評判ではドライヤーが部屋にないのでいちいちフロントに借りに行く必要がある、とありましたがきちんと部屋に置いてありましたよ。
あとホテルのすぐ隣にスーパーがあると紹介されているのも見ましたがそちらはすでに閉店しており、道を挟んですぐのところにMONO'Pが!やったー!少し歩いたところにはFRANPRIXというスーパーもあり、めちゃ通いました。

この日は外でごはんを食べるガッツが出なかったので、大好きMONO'Pでワインやサラダを買ってきてホテルで最後のボカディージョと一緒に食べました…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルセロナ・パリ旅日記 4

2015-05-28 19:10:18 | JOURNEY
昨日、Aさんとお別れしてしまったので、今日は完全に一人です。
バルセロナの青空が寂しく染みる…。


明日の移動に備え、空港行きのバス停を確認しにスペイン広場までバスで向かいました。
なんかモーターショー?開催中。

モンジュイックの丘にあるスペイン村に行ってみました。11ユーロ。
スペイン万博の時に「スペイン各地の建物を見られるように」と作られたテーマパークだそうで、私が行った時は遠足っぽい子供の集団が何組かいましたが、中は結構閑散とした印象です…。
時間が早かった(と言っても11時だ)のもあり、私が帰るころにショップやカフェが開店準備をしてました。
ゆっくりまわって30~40分くらい?
家に帰ってネットでモンジュイックの丘の評判をふむふむと読んでいたら「時間があったら行ってもいいかも」的なニュアンスで書かれていて、この短い滞在で2回も行った自分の計画性のなさを反省しました。

一人でお昼、どーすんの!?としばし考え、昨日気になっていたサン・ジョセップ市場の中にあったバルに行ってみた。
メニューを見たけどよく分からなかったので、カウンターに並べてある食材を指差してお兄さんにオーダー。マテ貝初めて食べた!身が厚くて貝の味がすごく濃厚でした。目の前にある生ソーセージもソテーしてもらって食べましたよ~。おいしかったですが、昼から食べ過ぎ…。
市場のバルは普通の街中にあるバルに比べるとお高めだそうで(これも後でネットで知った)マテ貝・エビ・ソーセージとビールで23ユーロ。

ランブラス通りはバルセロナのメインストリートだそうで、フランスのアモリノがありました!って実は昨日も来たから2回目だよ。
前日と違ってお客さんが全然いなかったので、お兄さんのオススメをたくさん試食させてもらって、3つのフレーバーにしました。アモリノ大好きです!暇な日オススメ

カサ・バトリョ
こちらも以前中に入っているので外から。

サグラダファミリア(この旅1日ぶり2度目)。
この日はすごく晴れていたので、昨日の雪辱を晴らしに!

サン・パウ病院
サグラダファミリアから歩いて行ける距離です。

この後、サンツ駅でお土産など買い、大好きPANETでボカディーリョを買ってホテルでパッキングしました。
明日はパリに向けて飛び立ちます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルセロナ・パリ旅日記 3

2015-05-28 10:24:04 | JOURNEY
もうホテルにいても、いつ人が入ってくるか気が気でないので常にひやひやしてる…。

朝食も取らずにホテルを飛び出し、バスでモンジュイックの丘に登ってみました。

奥に写ってるゴンドラが気になるでしょう。帰りに乗りますよ~!


頂上にはモンジュイック城があり、眼下にはバルセロナの街を一望できます!頂上からは丘の中腹までゴンドラで降りてみました。片道7.8ユーロ。

ゴンドラの中から撮った写真。遥か遠くにサグラダファミリアが小さく見えてます。

ゴンドラは丘の中腹にあるフニクラ(ケーブルカー)の駅まで続いてました。てっきりバルセロネータの海岸沿いまでだと思っていたのでがっかりしましたが、フニクラで地下鉄パラ・レル駅まで降りられるので、そのまま地下鉄を乗り継いで先ほど見たサグラダファミリアへ。

ちょっと曇ってます。
サグラダファミリアに入りたい人は事前の予約が必須みたいです。私が通りかかった時は、最後尾の待ち時間が2時間でした。予約していれば待っている人たちを横目にスススーっと入って行けるようです。
私は前回(予約せずに来て30分待って)中に入っているので今回は外から眺めて終わり。

サグラダファミリアの周りをウロウロしてカフェで買ったチュロスをつまみつつ、昨日ご一緒したAさんに連絡をすると一緒に遊んでくださるとの事だったので、待ち合わせてランチを食べサン・ジョセップ市場に突撃です!

うおー!生ハム!買う買う~!4ユーロくらいでテイクアウトの生ハムを売っているのを見つけて、すぐに買いました。その後すぐにモヒートを買い、食べ飲みしながら市場の中をグルグル買い物できます。なんやここ…天国か!

スリも多いみたいです。きっと私のような浮かれた人を狙うんでしょう…

このあと、遠出して夜景でも見ようかと話していたのですが、バルでビール飲んでゆっくりしているうちにどうでもよくなり、ピンチョスの有名なTIKTIKA BERRIというお店に行ってみることに。
有名店だけあって満員。日本のように店員さんが「何名様ですか?」とか聞いてくれないので、勝手にカウンターのすき間に場所を確保し、お店の人に声を掛けるとお皿をくれます。カウンターに並んでいるピンチョスを勝手にお皿に取って食べ、刺さっている楊枝の数を最後に数えてお会計、というスタイル。
もちろんお店の人は説明してくれませんので、カウンターに座っているお客さんが教えてくれました。ナイスなカップルやで…。
ほんと語学力って大事ですね…英語ペラペラのAさんが眩しく見えました!!!

このトルティージャが絶品!出来たてをもらったのでホカホカしてます。
ここ、ビールももちろんおいしかったんですが、ジントニックが有名?のようです。お兄さんがカウンターで作ってるのをずーっと見てたら、小さいグラスで味見させてくれました。
閉店前でだいぶお客さんも引いていたので、お客さん少ないときは優しくしてくれるみたいです(笑)

またいつか必ずきます!おやじさん、ありがとう!
お店の外観撮り忘れた~、とバス停から慌てて写真を撮ったのでブレブレです。

夜10時半を過ぎていたのでナイトバスで帰ります。
バス停の看板などで路線番号の前にNの文字がついているのがナイトバスで、夜遅くまで遊ぶ予定の方には便利です。夜の地下鉄はちょっと怖いですからね。

明日、よその国へ移動するAさんとはここでお別れです!
大変お世話になりました!!!Aさんのおかげでバスに乗れるようになったり、美味しいビールにもありつけました!またいつかどこかでお会いできますように…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルセロナ・パリ旅日記 2

2015-05-27 21:19:13 | JOURNEY
バルセロナの1日目。
アバサンツという、サンツ駅から歩いて3分くらいの所にあるホテルにお世話になってます。

チェックインの際に朝食の場所と時間については説明を受けてました。
フロント奥のレストランで、ルームナンバーなどのチェックは全くなく、勝手に席を取って勝手に食べて出るという感じ。アバウト過ぎるぜ。
パンやサラダなど定番メニューの中に豆腐が並んでいたのはちょっとビックリでした。

お腹いっぱいになって部屋に戻ると、なんと知らないお兄さんが私の部屋をウロウロしておる!
もちろんお掃除の人だったのですが、時間早すぎるし、まさかこのタイミングで来ると思ってないからスーツケースも開けっ放しだったし!
この他にも、午前中は掃除で気軽に客室に出入りするみたいで、部屋でのんびりしてたらいきなりノックなしでドアが開いたり(中からかけるチェーンがなかった…)して、なかなかスリリングなホテルでした。もう部屋にいる時も常にスーツケースに鍵を掛けて用心してましたよ…。
サンツ駅辺りでホテルをお探しでしたら、アバサンツより少し駅から遠いですがNHヌマンシアをオススメします。

一人で旅すると一番寂しいのが食事。私はいつも一人でカフェに行ったり、買ったものをホテルで食べたりしてなかなか楽しい食事が海外では出来ず残念に思っていたのですが、今回の旅行のことを調べていた時に一人旅の人が交流する事が出来る『地球の歩き方』の掲示板の存在を知り、そちらで知り合ったAさんと今回はごはんを食べる約束をしました。

Aさんとはスタバで待ち合わせたのですが、私は何気に海外初スタバでちょっとテンションアップです。でもショートサイズってないんですね。「一番小さいサイズ」ってお願いしたのにトールだったので、暑いバルセロナで熱いアメリカンをお腹いっぱい飲みました。ううむ…
バルセロナのスタバでwifi使う時は、オーダーの時にお店の人にパスワードを貰わなくてはいけないようです。1店舗しか行ってないので店舗で違いがあったらすみません。

地下鉄の駅の自販機で3日間乗り放題の乗車券を買い、バスで移動する事にしました。
私はこれまで海外でバスを利用した事がなかったのですが、Aさんに教えて頂いたら乗り方はとても簡単!バス停で自分の目的地行きのバスが来たら手を上げて運転手さんに合図(合図しないと止まりません)、一番前のドアから乗り込み運転手さんに「オラ~」と陽気に挨拶しつつ、運転手さんの後ろあたりにある改札機にチケットを差し込みます。降りるバス停が来たらボタンで合図をし、後ろのドアから出ます。
そう…、乗り降りはとても簡単なんです!しかし目的地に行くには何番のバスに乗ればいいのか、そして車内アナウンスはありませんので降りるべきバス停で降りられるのかが最大の難関なんですね。
私たちは市内のインフォメーションで貰えるバスのルートマップをフル活用してバルセロナ中をバスで走り回ってました。


セルべセリア・カナラーナという超有名バルに行きました。
12時過ぎくらいに到着した時はカウンターはいっぱいでテーブルはかなり空いてましたが、私たちが出る頃には店の前に長蛇の列が出来てました。予約を受けてないそうです。
メニューはスペイン語のみ。ちなみにwifiの有無を聞いたところ「No wifi, only tapas」って言われました。やるなおばちゃん…。
ちなみにNo wifiでNo愛想ですので、トイレの場所を聞いても「ちょっと待て」と放置されます…。トイレは2階でした!


生ハムたまらん!

この後、FCバルセロナの本拠地カンプノウスタジアムのツアーに誘って頂きました。
カンプノウ、前回はお土産を買いにショップのみ行ったので中に入るのは初めてです!
チケット売り場は、スタジアム側からショップに入りそのまま裏口へ出て行くとすぐ右側にあります。ツアー代23ユーロ。

すごい!ピッチすれすれの所や実況席まで入れます。思わず「いいんです!」と似てないモノマネまで披露してしまった私ですが、それくらいテンション上がるってことです!

サッカーは4年に一度、ワールドカップの時にだけ盛り上がる典型的にわかサッカーファンなのに、こんな所まで来てしまっていいのだろうか…と後ろめたい気持ちになったりもしましたが、そんな私でもめちゃ満喫しました!
ちなみに中は進行方向を示す矢印など皆無ですので行くべき方向を見失うなどで、回るのにとにかく時間がかかります。

旧市街にあるカフェでチュロス。

ホットチョコレートはサラッとしていて、そのままでも飲める感じ。チュロスもサクサクして、チョコを付けて食べても軽めに食べられるお菓子でした。

カフェでお茶していると、見知らぬおばさん(普通の格好してる)が右手を差し出して何か言いながら各テーブルを回ってきました。お金をください、と言っているようでしたが、お店の人が止めないのがびっくりでした。あげるならご自由に。という感じなんですかね。

スタジアムで張り切りすぎて疲れてしまった私を気遣ってくださり、ここでお開きとなりましたが、この日はレアルマドリードとユベントスの試合が夜にあり、試合結果がバルセロナにとって喜ばしかったようで、試合終了と同時に町中で花火が打ち上げられてました。
(やっぱりよく分かってない)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルセロナ・パリ旅日記 1

2015-05-27 19:28:33 | JOURNEY
2年振りに旅に出っか!と思い立ち、行き先を迷い続けていたのですが、一人だし行ったことあるところの方が安心だ。ということでバルセロナとパリに行くことにしました。
これから一人でバルセロナやパリを旅する人のためになるべく詳しく、失敗も隠さず残しますね…。

日程としては2週間を目処に考えていたのですが、HISのカウンターでお姉さんとあーでもないこーでもないと話しているうちに「10日間で」と話がまとまり、バルセロナ→パリと回ることに。

まずは関空へ向かいますが、この日はなんと台風接近中!ぐおぉぉぉぉ!マジかー!と一人で悶絶しますが、しょうがない。前日にはHISから早めに空港に向かうよう連絡があり、ドキドキで関空に到着しましたが特に何もなく予定通りにフライト。
通路側を指定したのですが、窓側には同じくらいの年代の女性が一人で座っていて、真ん中は空いてました。う、嬉しい…。
窓側の女性はポルトガルへ行かれるとの事で、短い間でしたが仲良くして頂けて「こういうのが旅っぽいなー」と一人胸を熱くしたのでした。
しかしKLMは映画も豊富で、ドリンクサービスも何度も小まめに来てくれて、前に乗った時と印象が全然違いました。というか、前回の印象があまりない…。

オランダ スキポール空港で入国審査を済ませたのち窓側の女性とお別れし、バルセロナ エル・プラット空港へ向けてもう一度飛行機に乗り込みますが、こちらは満席。
隣のむちゃマッチョなお兄さんを横目でチラチラ見ながら無事にバルセロナ入りを果たしたのでした。

飛行機に乗るのですごくラフな格好をしていたのですが飛行機の中が思っていた以上に寒く、しかもショールを家に忘れるという大失敗をしてしまっていたのでCAさんに毛布を追加でもらいました。ショールを忘れたのは後々まで後悔しまくりました。

エル・プラット空港から市内まではエアロバスに乗ります。
はじめにホテルを予約する時に「バスが発着するカタルーニャ広場付近が良い」と話していたのですが、その付近は宿泊代が高額だと言われレンフェと呼ばれる電車が止まるサンツ駅付近にしました。
でも自分で調べてみると、カタルーニャ広場だけでなくスペイン広場や他でも止まると知りバスに変更。往復のチケット10.20ユーロを自販機で買い、バス停のお兄さんに見せて勇んでバスに乗り込みました。ここまでの動きめちゃスムーズ!なぜならホームページで何回もチェックしたから…。
止まって欲しいバス停の前でボタンを押すのも知ってる~!と余裕ある態度だったのですが、ボタンを押しても押せてるのか分からず焦って運転手さんに「ここスペイン広場ですか!?ここで降ろして下さい!!!」と直談判して降ろしてもらいました…。
たぶんボタンを押したら前の方の電光掲示板に赤いランプが灯ると思います(市内を走るバスがそうなので)。でもいいんです、降りれたから。
チケットは帰りも必要なので大事に置いておきます。

その時点で18時くらいかな?スペイン広場からホテルは地下鉄で一駅分くらいの距離があったのですが、5月にもなると21時過ぎても明るいのでそれくらいは全然歩けます。
ホテルにチェックインして近くのカフェで生ハムのボカディージョを買って明日に備え、この日は終了です。


美味しすぎるボカディージョ。PANETというカフェです。合計3回も通いました。お店のお姉さん、SATCのミランダに似てたので勝手に心の中でミランダって呼んでました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加