お気楽Diary

高校3年間応援団だった「応援団バカ」の日記。スポーツ観戦や将棋等の趣味の他、日常感じる事を、「ゆるゆる」綴ります。

『振り穴王子』、エース戦法で開幕局を制す!/第51期 王位戦 第1局

2010-07-15 07:01:23 | 将棋
将棋の事を書くのは久しぶりですが、昨日から実はずっと気になっていました。

3連覇中の深浦 康市 王位に、タイトル戦初登場となる、広瀬 章人 六段が挑む『第51期 王位戦』が、昨日7月13日から、石川県金沢市で開幕しました。

2日制の将棋で、今日14日に指し継がれ、121手までで、先手番となった広瀬 章人 六段が勝ち、タイトル初挑戦で奪取へ向け、好スタートを切りました。

画像の無断転載が禁じられているので、内容が充実している王位戦中継Blogをご覧頂きたいのですが、私の期待通り、広瀬六段…格好良く和服姿、決めちゃっています。

戦法は、広瀬六段の、最近板についた『振り穴王子』のニックネームよろしく、「エース戦法」である四間飛車穴熊に対し、深浦王位は居飛車穴熊で対抗、「相穴熊」となりました。

しかし、「穴熊のスペシャリスト」の広瀬六段…素晴らしい内容だったと思います。

封じ手となった深浦王位の52手目△6五桂から、構わず直ぐに(53手目)▲3三角成とズバッと角を切ってしまうところの決断&潔さ。
77手目▲6五飛の飛角交換もそう。
83手目▲9八角も、思いつかない手。
その角を87手目▲8七角とし、その位置で「いつの間にか存在を無視されていた、その角」をいきなり働かせてしまう103手目の▲9六角。
その前の、ある意味「決め」に出た93手目▲3三桂からの「よどみない」攻め…。
どれも本当に素晴らしい。

後手玉が穴熊から引きずり出されているのに、先手玉は「鉄壁」。殆ど手付かずです。
95手目▲4九同金で「離れ」ましたが、実質これが「決め手」だったのですから…。

内容としては、広瀬六段の「完勝」ではないでしょうか。

その広瀬六段。既に、「穴熊戦法」の著書も出版しています。

とっておきの相穴熊 [マイコミ将棋BOOKS]
広瀬 章人,遠藤 正樹
毎日コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る


プロ棋士の皆さんの間でも、広瀬六段は、この戦法の「達人」として一目置かれている存在ですが、本人も満更ではなさそうな『振り穴王子』のニックネームが、一際輝いて見えるのは、私だけでしょうか?。

本局は、広瀬六段のご尊父様も、対局会場にお見えになったとの事。
ご尊父様の前で、鮮やかな将棋を披露でき、ファンをも魅了した内容ですので、絶賛ですね。


この両対局者…実は、サッカー好きで将棋界では有名。

この対局の前日までに、ワールドカップは閉幕しましたが、それに負けない両対局者の熱いタイトル争い…益々面白くなってきました。

第2局は、7月27日,28日の2日間、広瀬六段のご出身でもある、北海道札幌市で行われます。

いやぁ~それにしても素晴らしい内容の将棋。ご馳走様でした。
ジャンル:
その他
Comments (2)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山口県内、集中豪雨です…。 | TOP | 目下の興味は… »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
振り穴王子 (spinoza05)
2010-07-15 13:26:57
振り穴王位への昇格もありそうですね。
spinoza05さん (Dancho)
2010-07-15 21:19:41
ご無沙汰しています。

私の戦前予想は、やはり深浦王位が貫禄を示すのではないかと思っていました。昨年の3連敗からの4連勝での3連覇の「茨の道」を潜りぬけて来られたので。

しかし、これで大きなチャンスが広瀬六段に回ってきた感があります。

深浦王位が、棋聖戦で羽生棋聖に3タテを食らった点を見ると、調子を落としている感が否めず、戦前よりも、差が縮まった印象です。

広瀬六段の頑張り次第で、非常に面白いシリーズになると思います。


先ずは、コメントを頂戴した事に対し、心より御礼まで。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
将棋界近況7.20 (即席の足跡《CURIO DAYS》)
ずいぶんご無沙汰の将棋ネタ。 それぞれ一応はチェックはしていたけど、しっかりネット観戦などはできていない。 メディア関連もあり、いろんなことがあった将棋界をさらっとおさらい。 {/star/}過去、高橋五段、郷田四段など、新鋭が活躍するシーンの多い王位戦では、第...