DANCE for REAL(ダンスフォーリアル・鳥取)

「DANCE for REAL」の
MITOが、鳥取県を中心に
ダンスやイベント情報について
書いています。

俺そのものがカッコイイ!

2017-05-17 16:17:11 | ダンス
カラフル!パワフル!ワンダフルな毎日を!

「DANCE for REAL」のMITOデス♪





母の日に、娘が描いてくれた絵♡

母の日当日、特別に準備している風でもないので、
「プレゼントはないの〜?」と聞いてみると、
さら〜とその場で描いて、「はいっ♡」と満面の笑顔で渡してくれました。

どう見ても字も絵もテキトーですが、、、まぁ、もらえただけ嬉しいか(汗)!


さて、昨日ご紹介をした「第2回キッズダンスグランプリ」審査員のオギノ先生は、
有名な「モノクロームサーカス」というコンテンポラリー・ダンスカンパニーに所属して
いらっしゃいました。


全国的にも、まだまだ「コンテンポラリーダンス」の認知度は低いので、
「どんなダンスなのか??」な方も多いかもしれません。


先日、鳥取県文化振興財団さんが主催されたコンテンポラリーダンス
ワークショップにお邪魔させて頂いたのですが、そこでペアになった
男の子が「俺そのものが(生み出すダンスが)カッコイイと思う」と力説をしていて、
その言葉がコンテンポラリーの概念を象徴しているなぁ〜と思いました!

彼は、ひととおりストリートのジャンルをかじってから、
自分が求めているダンスとは違うと感じて
コンテンポラリーに行き着いたそう。


私が始めた頃に比べると、ストリートダンスも随分と
システム化してきて、「カッコイイのはこれ!」みたいな、
目指すべき目標が割りと分かりやすい「形」で愛好者の皆さんに
あると思います。


コンテンポラリーダンスは、そのようなシステマチックに訓練されたカラダや形を
そもそも目標にしていないところがあり、極端な話、生まれたままのカラダだったり、
日々の生活で培われたカラダで何が出来るか?を追究するようなダンスなので、
彼のような発想になるわけです♪


ダンサーとして鍛えられたカラダでなかったり、
足先がポイントになっていなくても関係ない。
太っている人も、オバさんも、素のままで平等にステージに立つ、
なんて作品もあったりします。

バレエやジャズのメソッドをいったん壊して作り直しちゃえ!ってことを
やったのがウィリアム・フォーサイスだったり、今のコンテンポラリー
シーンなのです。

ワークショップで久しぶりにコンテンポラリーの
レッスンを受けて、型にハマりまくっている自分を
再発見してとても刺激になりました!!


ダンフぉーでは、コンテンポラリー的な視点も取り入れて
自由な発想で活動しているつもりいますが、ダンスの動きの面では、
まだまだ甘かったです。

もっと自由に楽しみます♡

ストリートダンサーの皆さんにも参考になると思いますので、
気になる方はぜひコンテンポラリーダンスをチェックしてみてくださいね!


今日も最後まで読んで頂きまして、
ありがとうございました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 審査員のご紹介♡ | トップ | 「ARICOMACHI」って何?? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コンテンポラリーアート (ジャム)
2017-05-18 06:10:38
ミトママの特徴的な髪型を上手く描けているぞなもし( ^∀^)
ダンスを語ると熱くなるミトママに満面の笑顔が母の日のプレゼント
ジャムさんへ (mito)
2017-05-18 08:00:21
笑顔そのものが最高のプレゼントですね♡

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL