段ボールの備忘録

'80~'90年代のYAMAHAに乗ってます、メンテ記録なページです。

Ment.Rec

2017年07月11日 | 1KT(TZR250)

15339Km : Cast P1-R  -672ml

 

ここまで 1395ml の1001km で 約1400Km/L 

まぁ、ちと薄めの目標値は達成…吹けは軽いけどパワー感は弱い。

サイレンサーエンドは、ほんの少し濡れてるかな?程度…濃いめの4stに似てると言えばより近いか。

後続車に気を使うことは無いレベルだが、これならちょい濃い目の方がパワー感があっていい。

それと…リードバルブ付近の負圧が高くなるアイドル時がやたらと不安定…

絞り始めの頃は出なかった症状なのだが、クランク交換で左サイドシールを換えたにも係わらず

放っておくとストール…ジェットは換えてない、標準値であるにもかかわらずである。

パランパンパン…が次第にパラポロパラポロになり、ポロンポンポンポロポロ…ストン!

再始動は暖気後であってもチョークを引かないとダメ…薄いのである。

2次を吸いそうなところは徹底的にチェック済みで、

残すはセンターシールのみ…左右のケースをガスが往復してるのか…

2XTケースで回していた時は出なかった症状で、その時のオイルポンプ設定は標準値のままの使用環境。

交換後の薄めなオイル設定が、シールの密閉不良を引き起こしてるのかも…と、今度は濃い方に振ってみることにした。

 

 

 

 

 

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ment.Rec | トップ | Ment.Rec »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピッツS)
2017-07-13 17:50:52
2ストはその構造上、どうしても機密の保持が繊細だよねえ。オイルの濃さではなく銘柄を変えてみるって言うのはどう?
元はと言えば (管理人)
2017-07-13 19:03:56
青缶の匂いが嫌だったわけで、性能的に問題ないなら
正直、なんでもいいw
パワー1レーシングは試した中で燃え易い=カーボンが残らないと思い
流動性の高さから、ちょうどいいシムを探していたわけだけど
0.5L売りしかないので、あっという間に空き缶だらけになってしまう…
最低でも1L売りじゃないとキツいので、銘柄変更は考えてたトコw
今、タンクに入ってるのが最後だから次、赤缶いきますw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む