段ボールの備忘録

'80~'90年代のYAMAHAに乗ってます、メンテ記録なページです。

じわりちびりの漏れ…

2017年06月14日 | 1KT(TZR250)

穴埋めにワコーズのタンクライナーを使ってたわけだが、これを使うと再発した時に打つ手が無く

あまり使いたくない旨の記述も前ブログのとおりなのだが…

…再発したのである…写真中央の小さい穴だが、ここはタンクの底より低いため、錆びるとすれば一番最初なのは仕方ないにせよ

ライナー塗布の時に埋めてしまおうかと思った部分。

再度、ライナーを流し込んで埋めたとしても、たぶん漏れは止まらない…どこからか回り込んできてるハズ…

その入り口はどこなのか…という話である.

前回のライナーは底面を中心にタンク側面は真ん中くらいまで…天井裏面は手付かずの鉄板むき出しの状態。

側面真ん中の高さのライナー境目に入り口があって、そこから底部まで「通路」が出来ているのだろうか?

天井裏側までライナーを塗ってしまえば解決かと思えばそうではない…

以前、ライナー処理されたセローに乗っていたが、タンク内側全面処理にもかかわらず再発して、タンクを交換した経験がある。

なので、塗ってしまえば安心ではなく、漏れるか漏れないか…で見ると確率は1/2…もちろん、いままで処理されたタンクは

市中にたくさんあるし、漏れが止まったケースの方が多いのだろうけど、自分は塗ったけどダメだったを前に経験してるので

塗れば止まる!とは割り切れずにいる。

さてと、どうしたものか…ゴロワースのタンクは、穴の数ならこっちタンクとは比べ物にならない…やはり表側からスポットなのか…

瞬間的に高熱が加わり鉄板は伸びるだろし、その時に周囲のライナー剥離もあるだろうし焦げることもあるだろうし…

ん~、表側からライナー処理も…転んでぶつけたら割れて…じゃ、怖くて乗ってられんし…

ライナーも全剥離して再処理が出来れば、それに越したことはないのだが…剥離は無理だろうなぁ…

スペアタンクがあったから良かったものの、「じゃ、捨てるか…」とも割り切れずにいる。

何かアイデアが浮かぶまで、しばらく放置となった。

…で、エンジン!なんか祟られてる自分w

LLC喪失の過熱によるシール吹き抜けと、上まで回らないバランスの狂いから、R1-Zのクランクと交換になったわけだが

交換のためにバラしたR1-Zのサイドシール部分を見てがっかり…

近い将来にシール抜けを予感しながらTZRに組み込んだわけだが、その予感が当たった…アイドル困難である。

とにかく3000以下はアクセルを煽ってないとストールしてしまう。

原因はこれ…

サイドシールのリップ面のすぐ外に錆による侵食の跡…

R1-Z自体はシールによるトラブルは無かった、シールが当たる部分に問題は無かったためだ。

侵食部分を避けるように組んだつもり(R1-Zで使用中の状況と同じように)だったが、はやり無理だったみたい。

見た眼の侵食の深さは、リップによる磨耗と同じかちょっと浅いくらいなので、面研できる範囲かと思うが

フライホイル・カバーを外してエンジンをかけると、ベアリングがケースを叩いてるっぽい音がはっきり聞こえるので

基本的にOH時期なのかもしれない。

サイドシールをもう少し外側に…とも思ったが、クランク取り出しでR1-Zののエンジンを開け、使ってたエンジンを開け

交換して組み上げ、車体に乗せたところでシフトできないことに気付き、再度降ろしてエンジンを開けて

原因を直して再度組み上げ車体に載せて…をやってるので、「また開けるのか!?(゚Д゚)」といった心境で

「このエンジン」はしばらく触りたくないのが正直なトコロw

あ~…まともなクランクが1本もないな…ちょっと走らせてみたかった動機と、走ったら走ったで常用マシンにと考えが変わり

外装の変更まで考えが発展していったが、峠を流して思った…2台は要らない…

やはり入手時の本来の予定…部品取として終わってもらうことにしようか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ment.Rec | トップ | 22000Kmの2XT »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそう (ピッツS)
2017-06-15 19:40:42
身体は1つなんだからねえ〜
あれもこれもイジる時間ももったいないでしょ。それにしても2ストは厄介だなあ〜 魅力はわかるが、普段使いはやはりむりがあるねえ。
タンクは1ミリ以下の薄い銅板、または真鍮板を板金ハンダで貼り付ける。これなら完璧。
ん?修理可能!? (管理人)
2017-06-16 11:56:04
板金用の半田ってあるわけね?
それを使えば、漏れはバッチリ止まるわけね?
使うなら真鍮がいいのかな?錆の心配が無いし…
…で、あれば完全に直るのかぁ…
じゃ、直して下駄代わりに使うか!(そこか?w)

実際、下が無いのは使いづらいねw
半クラが長いので、街乗りに使うなら2次を変えたい
…けど、そこまでして使う気は無いのが本音かなw
Unknown (ピッツS)
2017-06-18 13:10:39
穴の開いている所は当然ながら錆びて一番酷いところが穴が開くわけだから、周りもじきに崩れる可能性はあるよね。先端の尖ったもので穴の周りを突いて、グサッと開くようなら、隠蔽せずに取り除いちゃう。大穴になっても板をハンダで貼り付ければいいわけだから、悪いとこを残さないのが大事なとこかな。
板金ハンダは粘りがあるって言うか、盛りやすいよね。盛ってから削ればいいだけね。パテの代わりと思えばいいね。
ゴロワースが… (管理人)
2017-06-18 22:15:15
アタマ痛いw
あれだけ開いてると、どれかは絶対漏れるハズw
まぁ、ライナー処理も完璧に下地を作ればOKなんだろうけど
あれだけ開いてると…w
錆はたぶん、大丈夫なハズ…サンポールで溶かして
その後、錆取りケミカルで一晩置いたから、ライナーを
塗った範囲は錆は無いと思うけど、どぉだろね?
化粧直しをした後に漏れてくるのが最悪パターンだから
今のうちにダメ出ししようかと、ちと走らせることを考え中…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む