【ダンボールの部屋】      いつも輝いて煌めいていましょう!

ダンボールの部屋へようこそ!!!
【霊告月記】を毎月一日の午前十時に更新!ここはWEBの聖地だヽ(^0^)ノ

【霊告月記】第二十回 村上春樹から、大江健三郎へ

2017年06月01日 10時00分00秒 | 霊告月記16~20

【霊告月記】第二十回   村上春樹から、大江健三郎へ

村上春樹の『騎士団長殺し』を読んだ後、それと同じくらいに、できればそれ以上に面白い小説はないものだろうかと思っていたところ、加藤典洋氏が大江健三郎の『水死事件』をツイッターで絶賛しているのを見つけて読んだのだが、圧倒的に読み応えのある小説であった。

そこで次に読んだ『取り替え子』は大傑作だった。驚愕した。更に『M/Tと森のフシギな物語』、次に『懐かしい年への手紙』を読み、そして更に・・・以下、略。現時点で八冊読了。

そんなわけでいま私は大江健三郎の小説を読み耽っている。参考までに加藤典洋氏のツイッター記事を紹介しておきます。

=====  加藤典洋‏ @ten_kato   4月6日のツイート =======

今日発売の『すばる』に「『水死』のほうへ——大江健三郎と沖縄」と題する大江論を書きました。大江は二〇〇五年に沖縄集団自決(強制死)をめぐって稲田朋美を含む右翼の弁護団らから名誉毀損で訴えられます。二〇〇九年発表の『水死』はその彼らへの意想外な応答であり、反撃でした。

2(承前)そのことが、この作品を沖縄集団強制死裁判とのつながりで読み解くことでわかると論じています。今話題の村上春樹の新刊『騎士団長殺し』もこれと並べて読むと、何が村上作品に足りないのかがよくわかります。それは大江にとって現実からの擦過傷を生じるフィクションの「戦い」でした。

3(承前)大江のこの作品は傑作。それが企てた試みの大きさに比してこれまで正当に評価されてきたとはいえません。時代が大江のこの作品に追いついていなかったからです。私にいまこのような受けとり方を促したのも二〇一一年以後、とりわけ現在の安倍政権下の日本社会における「しずけさ」です。

4(承前)大江が晩年、いかに新しい展開を見せる小説家へと進化していたか。その「踏みだし」の意味をこの『水死』論でようやく明らかにできたと思っています。なお、この論のほか、シン・ゴジラ論などを収めた『敗者の想像力』という本を5月に『敗者の想像力』と題して公刊します(集英社新書)。

================================

】大江健三郎の霊告【 おれはおれの過去のハピイ・デイズに向ってまっしぐらに遡行し、その過去の細部のある一点を、はっきりとうかびあがらせるために必要なら、現実の自分をどのようにも恣意的に改変するつもりだからね。 (大江健三郎『みずからわが涙をぬぐいたまう日』1972年)
 

  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★ダンボールの部屋へようこそ!!! ⇒ コンテンツ総目次&本文へのリンク 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【霊告月記】第十九回 村上春樹は『騎士団長殺し』第三部を書くだろうか?

2017年05月01日 10時00分00秒 | 霊告月記16~20

【霊告月記】第十九回 村上春樹は『騎士団長殺し』第三部を書くだろうか?


今月の霊告月記は『騎士団長殺し』についての連続ツイートを掲載します。


2017年04月10日(月) 


村上春樹の新作『騎士団長殺し』を読み始めたところだ。いままでの作品にくらべて格段におもしろい。文章もより平明で奥行きが深くなっている。もちろん村上節も健在だ。例えば、こんなふうに⇒

例文:「人には聞かなくていた方がいいこともあるのだろう。しかし人は永遠にそれを聞かないままでいることはできない。時が来れば、たとえしっかり両方の耳を塞いでいたところで、音は空気を震わせて人の心に食い込んでくる。それを防ぐことはできない。もしそれが嫌なら真空の世界に行くしかない」。

ふと思った。まだ全体を読み終えてない段階で言うのは何なのだが、もしかしたら、この引用文には『騎士団長殺し』という作品を解くカギが秘められている。その直感の根拠を述べるなら、作家はこの断章を通して我々にある決断を迫っている、そういう響きが感じられる。作家が読者に宣戦布告をしている。


2017年04月11日(火) 


『騎士団長殺し』より引用→「ぼくが馬鹿げたことをしなくても、現実というのはそれ自体でじゅうぶんたがをはずしているみたいに見える。だから自分一人くらいはできるだけまともに振る舞っていたいと思うんだよ」←『不思議の国のアリス』の中での主人公アリスの発言としても通用する。春樹=アリス?

更に引用⇒「実際に私のまわりを取り囲んでいるのは、たがのはずれまくった現実なのだ。私までたがをはずしたら、それこそ収拾がつかなくなってしまう」←森友学園問題でゆれる日本。このたがのはずれまくった日本で、アリスのように生きることは可能か? そう村上春樹は問いかけているように思える。

小説は現実よりも面白い。そして小説は事実よりも貴重である。そのことを証明したのが村上春樹の『騎士団長殺し』という作品である。籠池前理事長、聞いてる?

2017年04月12日(水) 


『騎士団長殺し』を読了。完璧な作品だ。騎士団長をして、村上春樹のこの小説を語らしむれば、おそらくこうなる。⇒

騎士団長「彼は自ら血を流し、肉を削るようにしてこの小説を書いたんだ。おそらく一生に一度しか書けない種類の小説だ。これは彼が自分自身のために、そしてまたもうこの世界にはいない人々のために書いた小説であり、言うなれば鎮魂のための小説なんだ。流されてきた多くの血を浄めるための小説だ」

ただしこれは騎士団長が下すであろう『騎士団長殺し』という作品に対する評価であって、私の評価ではあらない。私自身の評価は現時点で保留する。時間を味方につけるまでは。


2017年04月15日(土) 

村上春樹は『騎士団長殺し』第三部を書くだろうか? 実は第三部への伏線はしっかり張られている。試練の旅に出た主人公は川の渡し場で顔のない男に会う。舟に乗る条件として男は代価を要求した。主人公は顔のない男の似顔絵を提案するが紙がないことを理由に却下。代わりに少女のお守りを譲渡した。

顔のない男は言う「いつかおまえにわたしの肖像を描いてもらうかもしれない。もしそれができたなら、ペンギンの人形はそのときに返してあげよう」と。第二部で物語は完結したかに見える。第一部プロローグに出てくるのがこの顔のない男なのである。男は似顔絵を要求する。続編への伏線は貼られていた!


伏線が貼られているからといって実際に第三部が書かれるかどうかは作家の意志の自由に属するもんだいである。第三部を書くかそれとも新作に挑むか。それは偶然性と必然性と状況の推移次第でどちらに転ぶ可能性もある。村上春樹が第三部を書かず、続編は読者の自由な空想に委ねる可能性も大いにあるのだ。

  ※参考※⇒ 【創作】『カラマーゾフの兄弟』続編


】 霊告 【 かごめかごめ  籠(『騎士団長殺し』)の中の鳥(第三部)は  いついつ出やる  夜明けの晩(2017/2/25)に  鶴と亀が滑った(第一部と第二部発刊)  後ろの正面だあれ?


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★ダンボールの部屋へようこそ!!! ⇒ コンテンツ総目次&本文へのリンク 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【霊告月記】特別版6 「日本タイムズ」川上道大氏宛、告発状取り下げ依頼文

2017年04月03日 21時00分00秒 | 森友学園問題2

【霊告月記】特別版6 「日本タイムズ」川上道大氏宛、告発状取り下げ依頼文

さきほど、「日本タイムズ」発行人川上道大氏へ、告発状取り下げを依頼するFAXを送りました。文中の「森友学園事件 大阪地検が告発受理 告発に込めた私の願い」という文章は、「日本タイムズ」のHPに掲載されており、全文の閲覧が可能です。
 ⇒ 「森友学園事件 大阪地検が告発受理 告発に込めた私の願い」
また、「日本タイムズ」HPの告発&投書の画面から直接FAX送付が可能です。  ⇒ 告発&投書

== 告発状取り下げ依頼文 ==

「日本タイムズ」発行人、川上道大殿

「森友学園事件 大阪地検が告発受理 告発に込めた私の願い」という文章を読ませて頂きました。

告発の趣旨はよく理解しました。最大の目的は「巨悪」とのこと。そして、万が一、法務検察が「忖度」と「口封じ」で捜査というなら、補助金はすでに返還済みと報じられており税金の損失はない。すぐにでも告発状を取り下げたいと考えている、とのお考えとのこと。

森友学園が補助金を返済しているにも関わらず、法務検察が起訴するならば、それはとりもなおさず大阪府と官邸への「忖度」に他ならず、籠池氏と森友学園の証拠資料を一切合切押収し、その資料を外部に流失させないようにする。そして本人を逮捕し、自白するまで何カ月も拘留し、外部への発言を不可能にするためと考えられます。

つまり、貴殿の出した告発状が受理され、起訴がなされたならば、一個人の犯罪として森友学園問題が矮小化され、巨悪が高笑いと共に延命する。そうした事態を招くこと必定です。

これは貴殿の望む事態なのでしょうか? そうでないと私は信じたい。籠池氏の行ったことに不正があったなら追及すべきとは私も思いますが、巨悪を救い、一個人にすべての罪をかぶせて事態が終結することを私は望みません。貴殿もきっと同じお考えと忖度致します。

よって、すぐに告発状を取り下げて頂きたいと思います。微意を汲み取って頂きたく、心よりお願い申し上げます。

                        2017年4月3日20時記す

】霊告【 かごめ かごめ  籠(籠池理事長)の中の鳥(日本会議)は  いついつ出やる  夜明け(証人喚問)の晩に  鶴(安倍首相)と亀(松井知事)が滑った  後ろの正面だあれ?


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★ダンボールの部屋へようこそ!!! ⇒ コンテンツ総目次&本文へのリンク 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【霊告月記】第十八回 森友学園問題のオカルト的考察

2017年04月01日 10時00分00秒 | 霊告月記16~20

【霊告月記】第十八回 森友学園問題のオカルト的考察

「かごめかごめ」ではじまるわらべ歌は誰もが知っている。だがこのわらべ歌に今回の森友学園問題の顛末(てんまつ)が予言されていたのをあなたはご存知だろうか? その解釈とはかくの如きものである

 かごめかごめ
 籠(籠池理事長)の中の鳥(日本会議)は
 いついつ出やる

 夜明け(証人喚問)の晩に
 鶴(安倍首相)と亀(松井知事)が滑った
 後ろの正面だあれ

後ろの正面に立っているのが誰かはすぐ察しがつく。森友学園問題が勃発して以来、八面六臂の活躍を続ける名著『日本会議の研究』の著者菅野完氏であろうことはまちがいない。

   菅野完氏   著書『日本会議の研究』

さてさて、森友学園問題で天下騒然の状況だが、今日は4月1日。そこでエイプリフールにふさわしい動画を編集してみた。籠池夫妻も安倍夫妻もそして皆さまも、しばしごゆるりと仲良くご鑑賞のほどを。ご清聴ありがとうございました。


※追記※森友学園問題に関してはツイッターでも発信しています。目新しい資料を多数用意しました。ご参照下さい。 ⇒https://twitter.com/romanticism2010

 ★英国BBCがケリー氏インタビュー中にお子様2名「乱入」 

★そしてパロディが作られた



★もはや天下無敵のロバート・ケリー一家



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★ダンボールの部屋へようこそ!!! ⇒ コンテンツ総目次&本文へのリンク 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【霊告月記】特別版5 籠池理事長より安倍首相夫人付き秘書への手紙全文

2017年03月31日 15時49分07秒 | 森友学園問題

【霊告月記】特別版5 籠池理事長より安倍首相夫人付き秘書への手紙全文

本日未明、籠池理事長が安倍首相夫人付き秘書へ送った手紙の全文が、アキエリークスのサイトに公開された。
(⇒ https://akie-leaks.com/2017/03/31/theletter/ )



この手紙の要点を簡単にまとめるとこうなる。

(1)早期に例の土地は購入したいが高すぎる。安い値段にしてほしい。
(2)当面の問題として10年定借を50年定借に契約変更したい。

この手紙を出した結果どうなったか?

定借期間延長はかなわなかったが、神風が吹いて、想定外のびっくりするほど安い値段で買取ができたのである。


これを満額回答と言わずして、何を満額回答と言えばいいのだろうか?

もしかしたらあなたはこう言うかもしれない。これは満額回答ではない、満額回答以上である、と。

その反論に対しては私はこう答えよう。あなたの言うことが正しい。私はまちがっていたと。

===== 手紙全文 ======

小学校敷地の件について(平成27.10.26)

 小学校用地として豊中市野田1501の国有地を買売予約附 定期借地として契約。(国土交通省航空局の土地  交渉先は近畿財務局)

当方としても買収をしたかったが資金調達都合があったので10年以内に購入希望としたところ、10年定借という当方にとっては切迫感のある契約となった。事業用定借というのは長期間借りることにより経営が安定するのだが 長期間使用する必要がある学校という扱いが財務省側はしてないので非常に不安である。

学校が事業用地で定借10年は短かすぎ(10年以内に買い取りし、それができなければ建物を取り壊して原状に復する)、10年で買い取るつもりではあるが、事業環境が変わったりするのでやはり50年定借として早い時期に買い取るという形に契約変更したいです。でないと安心して教育に専念できない。

買い取り価格もべらぼうに高い。のでびっくりしている。

A1※さらに現在借地契約のあと、土壌汚染や埋蔵物(ガラなど)を撤去しており、本来国が契約前に撤去するか、撤去している間は賃借料(250万/月)が発生しないのが民民契約だが、国との契約だから従ってもらわねばならぬということで現在に至る。建物建築時から借料が発生するのが本来であるのにおかしいと思う。

安倍総理が掲げている政策を促進する為に

※国有財産(土地)の賃借料を50%に引き下げて運用の活性化を図るということです。

※学校の用地が半値で借りられたらありがたいことです。

A1の関係してですが、平成27年2月契約事前の段階で財務局と航空の調整の中で学園側が工事費を立て替え払いして平成27年度予算で返金する約束でしたが、平成27年度予算化されていないことが9月末発覚し、平成28年度当初に返金されるという考えられないことも生じています。11月中に土壌工事は終わりますのに4ヶ月間のギャップはどう考えているのか航空局の人間の感覚が変です。4ヶ月間の利息は?ふりまわされています。

新聞記事と当方の契約書を同封いたしますのでよろしくお願いします。

                   籠池 拝
========================
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★ダンボールの部屋へようこそ!!! ⇒ コンテンツ総目次&本文へのリンク
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加