ところがぎっちょんちょん

〜風に吹かれた言葉たち〜

古田織部

2017年05月05日 | ちいさなしあわせ
上野の東京国立博物館で展示されている

「特別展 茶の湯」

行ってきました〜!!



今年のGWは博物館三昧です


昔から骨董品や歴史物が好きなんですが、

「へうげもの」という漫画を見てから

お茶に興味を持ったのと同時に

戦国をこーゆー風に捉えて描くのって斬新

っていう間に古田織部ファンですよ



展示会場では中国や朝鮮から伝わったものから和物まで
13世紀頃に作られたとされるお茶の道具たちが用意されていました。


すごいよねー
13世紀だよ

有名な武将の所有物だったとか
その後誰々に渡ったとか

そして今日俺が見ている〜


素晴らしいものを見ている時って本当に無心になってるんだよねー

自分が夢中になったのは千利休や古田織部が好んで使っていたものや作ったものが好きでしたね

「富士」を見た時は時間が止まりました


今度は焼き物に挑戦してみよう


でわ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂本龍馬 | トップ | サドル交換 »

コメントを投稿

ちいさなしあわせ」カテゴリの最新記事