兎の穴#501

むかしむかしあるところに小さな穴がありおじいさんが一人で住んでいました
おじいさんは時々穴から出て山へ遠足にいきました

大滝山 徳並山

2016-12-20 | 遠足
12月18日(日) 勝沼ぶどう郷駅➡勝沼GC北側鬢櫛川から東にのびる尾根➡大滝山➡徳並山➡甲斐大和駅

なんて名の尾根か知らないがゴルフ場の北側の破線の尾根を歩く
ついでに大滝山から徳並山へのコースも歩いてみた
体力的にムリそうなら高尾山の方に下ればいいし
鬢櫛川を渡ると尾根の突端がフェンスで囲われていたのは予定外だった
ゴルフ場を囲むフェンスの設置も作業中だったので
最初はゴルフ場の敷地かと思い諦めようかと思ったが
どうやらそれとは別の動物除けフェンスと分り入口から入らせてもらった
0750 勝沼ぶどう郷駅出発


0810 鬢櫛川を渡る 少しモタモタしたが何とか橋をみつけた

0820 動物除けフェンス フェンスに沿って右に歩きゴルフ場寄りの入口から入る

0835 尾根に取り付く

0945 北に延びる林道があった 写真上部から歩いてきた
ここで40代位の男女二人と出会い大滝山から来て源治郎岳に行きたいがどうすればいいかと聞かれとっさに思いつかず
この林道を行けばいいんじゃないかなあと安易に答えてしまった
二人は林道を北に歩いていった
二人と別れてから気付いたが、大滝山から来たとすると源治郎岳から遠ざかっているわけだから
まず大滝山にもどり大滝山の東にある林道をとらえ北に歩けば嵯峨塩温泉からの登山道に合流すると答えるべきだった
自分もその林道を目指してるんだから一緒に行けば良かった
申し訳なかったです 大丈夫だったろうか 林道だから大事なかったと思いたいが
その晩床についてからも思いをめぐらせ眠れなかった
とっさに思いつかない自分が情けない 昔からそうだった 思い至るまでに少し時間がかかる 頭悪いんだな結局

1020 大滝山ー宮宕山ーに到着

1050 林道に降り立つ

1100 林道をショートカットしてここから入る 背中側に歩いていけば源治郎岳だ 悔やまれる

1140 1413.6 ここを直角に東に折れる 1459.9は踏み跡に導かれるまま歩いていたら巻いてしまった

1205 古部山 

1330 徳並山
ここからの下りが怖かった 枯れ葉が堆積していて地面の形状が分からないし滑るし緊張した
この時期の急斜面の下りはどこも緊張する

1420 フェンスを抜け、作業していたおじさんに挨拶して里に到着 道路に座り込みしばし休憩

気持ちの良い里山風景 下のトラックからラジオの音が聞こえてくる 10分ほどボーっとする

1455 甲斐大和駅に到着
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大垈山 セーメーバン | トップ | モンベルにて »

遠足」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。