でりら日記

日々の雑記帳

コードギアス・反逆のルルーシュ STAGE16 囚われのナナリー

2007年02月02日 | 趣味の雑記
カルメン・マオ(だから古いって)。

結局リアルタイムで観てしまったコードギアス・反逆のルルーシュ
STAGE16 囚われのナナリー。

いかん。面白い。
なんというか、脚本が凄い。造りこみ方がえぐい。

まずジンの新OPはまあよし。そんなに嫌いじゃないぞ。
OP・ED共、前回あたりから歌は変わっているけれど絵はちょこっと変化程度?
OP冒頭のルルの腕はなんだかいやらしいなぁ。いいぞ。

妹の膝枕&さりげなくタッチ攻撃で「仲睦まじい」姉妹姫ネタはさておき。
さりげなく記憶喪失&軟禁プレイを満喫しているカップルもwktkして見守りつつ。

ちょっと嬉しいマオ再登場。意外とヤツは生きていた。
しかも、ルルのゼロとしての総てを完膚なきまでに叩き壊すだけの切り札を持ちながら
あくまでルル個人を一番効果的で陰湿な形で攻めてきた辺り、マオの偏狭さと狡猾さ、小ささに
ぞくぞく来た。いいぞマオ。そういう復讐もアリだ。

下手に心を読めてしまうから、ひょっとしたら「ゼロ」を消すことを思いつかなかったのか。
それともそれでは意味がないと思ったのか。ゼロとしての信念よりもより深いところに
ナナリーが居たのをマオは知ってしまったからか。

ここでゼロの正体を白日の下に曝すのかとルルと視聴者の両方を煽り立てる手段として
スザクを持って来たのは非常にいい展開。
この作品のよさ、それはやっぱり展開の速さかもしれない。視聴者を飽きさせない、
24ばりのネタの仕込みだ。

天然、腹が立つほどの正義感、おキレイなスザクをどうやって汚していくのか、
例のC.C.とスザク接触の回から楽しみにしてきたが、今回で正直スザクを
好きになったかもしれない。(私はルル派。)

まぁあの自己犠牲と天然っぷりは壊れている証拠といえばそうかもしれない。
世の中、そうそう良い子ちゃんなんかいやしない。
C.C.に心の奥を攪拌されて制御不能に陥った時にその片鱗を見せてはいたのだが。脆い、と。

ちなみに私は、ラインハルトとヤンならラインハルト、海江田と深町なら海江田、
月とLなら月。うーんわかりやすい。でも、赫をはさむならカンナ。(どうでもいい。)

しかし、なんていう傷の抉り方をするんだ脚本。ここで矛先をスザクに変えるとは。
返す刀で何とやら、スザクとルルの対峙の為の前座だったとでもいうのか、対マオ戦は。
(明らかに道化ではあったが、スティーヴン・キングばりの悪意に満ちたピエロだったな。)
ここへきて、各々のキャラクターを深く掘り下げてくる展開か。

そうそう、生徒会長とサイドカー少年(名前を知らないぞ)のカップルはちょっと好きだ。

個人的には、実際スザクってどうなのよ、をかなり解消してくれた優秀な(という表現は適切か?)エピソードだ。
軍人としての気質、素養、戦いに於て常に人命と己の信念を尊重し続けてきた
彼の心の裡に潜む歪んだモノ。
死体の転がる戦場を生き抜いてきた子供に疵が無いはずが無いのだ。

それが結果として、彼の澱をルルのみに伝えつつも、ルルの秘密とマオの能力・目的・正体、C.C.の存在、
それらをスザクに知られること無くマオのみをデリートしてみせた力技は見事。
非常に面白かった。喝采。今回もスタッフさんとマオに送りたい。

躊躇無くスザクを攻撃するマオの容赦無さは正直、前回同様圧倒された。
ルルの焦りはいかにも仕掛けがありそうだったのである程度読めたのだが、
あそこでスザクの過去をべらべらと暴露するとは予想していなかったので(素直だなぁ私)
スザクの取り乱しっぷりに(も)やられてしまった、というべきか。

幕を引いたのはC.C.。割合、因果応報が根底に流れている気がする。
このラストも非常に印象的だった。GJ。
ルルは十字架を背負いきれるのか?

最初から謂われている事と思うが、ガンダムとデスノートをあわせた様なこの作品。
違うのは、ルルとスザクが信頼しあっていること。

月とLも、互いの力を認め合っているが故にある種の信頼関係ともとれる絆があったが、
詭弁と嘘に塗り固められ常に緊迫感を伴うものだった。しかし、この二人には隠し事はあっても
真の友情に嘘は無い。(その青臭さが良いのだなぁ)

しかしそのことが近い将来、互いの命運を分けてゆく決定的な楔になってゆくことが予想されるだけに
その危うさには昂奮を禁じえない。

マスク越しの鍔迫り合い、昔から仮面舞踏会はドラマティックなのだ。
その仮面を剥ぎ取るまでは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週は、 | トップ | コードギアス STAGE15 喝采の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
コードギアス反逆のルルーシュ Stage16「囚われのナナリー」 (MAGI☆の日記)
コードギアス反逆のルルーシュの第16話を見ました。Stage16 囚われのナナリーカレンは紅蓮弐式は再調整を行っていた。その後に行われる慣熱訓練は予定通りだとディートハルトは言っています。「はい、紅蓮弐式再調整後の慣熟訓練は予定通りです。キョウトとインド軍区の....
コードギアス 反逆のルルーシュ #16 「囚われのナナリー」 (月の静寂、星の歌)
 ナナリーが姿を消した。  ルルーシュの智。  スザクの勇。  力を合わせてこの危機に立ち向かう彼らが、  最後に直面したものとは――。 ♯記事内リンク: →粗筋 →考察とかメモとか →次回予告 ♯主な更新:  最終更新 2007/02/03 →ロイ...
コードギアス反逆のルルーシュ 『囚われのナナリー』 (日々是「紫」)
いつの間にやら、組織として出来上がってる黒の騎士団。 キョウトがバックアップについてから大きくなったんだね。 そして、 生きてたんだ?!マオ! 空港ロビーで見下ろす包帯グルグルは誰かと思ったら。
コードギアス 反逆のルルーシュ 第16話「囚われのナナリー」 (SERA@らくblog)
人を救いたいって? 救われたいのは自分の心だろ――。 生きていたマオによってナナリーが囚われた! 窮地のルルを助け、スザクも動く。 だが、マオのギアスが、スザクの忌まわしい過去を暴きたてる… どこのスーパーコーディネーターか!? ありえないスザク...
STAGE 16 囚われ の ナナリー (埼玉の中心から毎日を語る)
早すぎですよスザク君。 あなたはコーディネイターですか? やっぱりC.C.だったか゜∀゜!!! C.C.と別行動をとったルルは過去のことを思い返すのだった 「これは酷い・・・・・」 「お兄様、何だかここ臭いですわ」 「あぁ、血肉が焦げた...
コードギアス 反逆のルルーシュ 第16話 (孤狼Nachtwanderung)
第16話「囚われ の ナナリー」 ディーはすっかり黒の騎士団の戦力に。 ミレイはロイド伯爵夫人に!? 「おめでとう」 「はやっ!」 「じゃ、残念でした」 ロイドとなら結婚しても好き放題やらせて貰えそうだな。 家族のこととかどうでも良さそうだし。。...
■コードギアス~反逆のルルーシュ~ STAGE16「シンクロ率40... (DYG0アドベンチャー)
■コードギアス~反逆のルルーシュ~ STAGE16「囚われのナナリー」          ◆いきなり総評何がなんだか分からない・・・。とりあえず、拉致監禁プレイが今週のデスノートとモロ被ってるのは狙ったんですか?^^;何かもう見飽きたんですけどwで、よく分....
コードギアス反逆のルルーシュ#16 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
マオは生きていた!!楽しげに喝采するマオの魔の手がナナリーに!!絶体絶命のルルーシュに手を差し延べるスザク。だが、スザクの心の闇をマオのギアスは見通した。黒髪眼鏡のコスプレC.C.は扉の向こうに。その手に握られていたのは・・「さようなら」『囚われ の ナナ...
コードギアス 反逆のルルーシュ stage16『囚われ の ナナリー』 (~SoSeGu~)
自分勝手の正義感に
今週のコードギアス&妖奇士 (【非公式】世界日本ハムの間抜けblog@非公式)
 ♪ 死んだ筈だよ おマオさん 生きていたとは お釈迦様でも 知らぬ仏の おマオさん エーサオー 玄治店 ♪な感じで時刻を越えてマオ参上。前回の感想で「復活したら云々」と書いたらあっさりと、しかも次週に復活するとはげんなり。 なんていうかねご都合主義的....
コードギアス―反逆のルルーシュ(16) (よろず屋おヴィン)
STAGE 16 「囚われのナナリー」 カレンは、紅蓮二式に乗っていた。 その頃、ルルーシュとC.Cは空港にいた。 それからルルーシュは、子供の頃のことを思い出していた。 ルルーシュは、ナナリーをおんぶして歩いていた。スザクは、死人を見て泣いていた...
コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE 16 囚われ の ナナリー(ネタバレ含む) (突っ込みコードギアス)
紅蓮弐式改修終了