ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

【ドブロヴニク旅行記 10】青空市場と聖ヴラホ教会

2017-04-29 22:44:54 | 旅行(ドブロヴニク2017)
下界に降りてきたら、幸い雨は止んでいました。
来た道を戻り、ブジャ門から城壁内へ。

門の辺りにいた黒ラブちゃん。
滞在中何度か遭遇。
2日いれば、犬とも猫ともすっかり顔馴染になる小さな町。

そして門をくぐれば

階段。
嫌でも降りるしかない階段。


ということで降りる。


忘れ物をしたから戻る、とかは極力避けたいですねぇ。
あ、ちなみに濡れていると滑りやすいです。


風景としては、イイ感じなんですけどね。



階段を降りきると、大通りのプラツァ通り
端から端まで平坦でツルツルな道が続くのはここぐらいかも。
ツルツルなだけにここも滑りやすいですが。

ちなみにピンクの服のご婦人、生足にサンダルでしたが、普通の人間にとってはブーツでもOKな気候です。


この突き当りの時計塔の右手がルジャ広場

そこに面して建つのが聖ヴラホ教会

運良くふらっと行って入れたのですが、日曜は開いているのは13:30まででした。
平日も開いているのは午前と夕方のみのようです。


ドブロヴニクの守護聖人の聖ヴラホが手に旧市街の模型を載せている像が祀って有るそうですが、シスターが控えておられて、あまり近くに寄れる雰囲気でも無かったので、よく分かりませんでした。
で、他の観光客の方が写真を撮っていたので、そっと撮ったのですが、後で〇〇の歩き方を見たら撮影NGマークが。
というか、ほとんどの施設がNGだった・・・
実態としては✖マークの表示がしてある所以外はOKな様でしたが。
みんなが撮るから、なし崩し状態なのかも?

そこからさらに南へ進むと青空市場の有るグンドゥリチェフ広場に出ます。
が、オフシーズンだからか、3つぐらいの店しか有りませんでした・・・
そこで3コ買えば75Knと言われイチジクとオレンジピールとアーモンドの砂糖がけの詰め合わせと、ラベンダーのポプリ、それとポプリを持ったお人形を購入。

このお人形、バネでビョンビョンと伸び縮みします。
この時は、そんなの買うの?な感じでしたが、家で見るとかなりヒットなお土産だったのではと思います。
置いておくのに、ただのポプリよりいいですよねぇ
でも、お店が少なくて残念。
本に載っていた手作り石鹸とか買いたかったのにな・・・
クロアチアはハーブや薬草がたくさん採れる為、美容石鹸や化粧品作りが盛んな様です。






にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ドブロヴニク旅行記 9】ス... | トップ | 馴染んでる・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは(*^^*) (みなみママ)
2017-04-30 15:11:34
細い道筋。。。

石畳。。。魔女の宅急便の背景みたいな街並みですね


お人形さん 可愛らしいです~

あっ、髪を束ね、黒いコートで颯爽と石畳を降りる後ろ姿までもが美人な人は もしかしたら
リカさんママ?


黒ラブさん かわいい~
みなみママ様へ (りか)
2017-04-30 22:08:54
あ、バレました?
やっぱりクロアチア人に化けるのは無理だったかしら(笑)

熟年層の観光客が多いので、夕方辺りになると、皆もう力尽きかけています。
ここに住んでいる人は、救急車とか呼ばないといけない時、どうするんだろう・・・とか思ってしまいました。

いいかんじですね〜 (アビーとkenのママ)
2017-05-01 23:33:36
何か5月病なのかなこんな風景みると
どこか現実逃避行に走りたくなるな〜。

リカママなの?ポーニーテールの女性???
若いし何か美しそう。。。
そうじゃなくて、そうです!!😍🙇

ラベンダーのポプリも良い香りですよね。

うんな訳で何故か急にバンクバー行く事になりました。一人旅だけどチョウ仲良しの。。。甥っ子がいるんです。
アビーとkenのママ様へ (りか)
2017-05-02 17:07:50
私は年中現実逃避に走りたくなります。
帰ってきたら2倍、3倍の現実が押し寄せてきますけどね。

バンクーバーいいですね。
行先に身内や知り合いがいると心強いですよね。
ゆっくり楽しんできてください。

コメントを投稿

旅行(ドブロヴニク2017)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。