ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

10月26日 がんばった時間

2016-11-05 22:28:07 | うちのワンコ
晩ゴハンはドライのドッグフードを食べました。
そしてウンPもしたそう。
ただワンワン言ってご機嫌はあまり良くないようでした。

午後7時過ぎ頃、鳴き止まないし、なんだか出そうな感じなのでトイレへ。
今日は2回もしているので、ウソでしょ?って感じでしたが。
オシッコとウンPのダブル放出。
中々出ずに苦労してましたが・・・

ようやく出て、スッキリしたね~と家に入ろうと抱き上げたら、何やらまたポタポタと。
オシッコかと思ったけれど、どうもオシリから出ている様。
そして止まらない・・・

実は、今までにも3回位同じ様な事が有りました。
色も匂いもない液体。
腸液というものらしく、人間でもそういう症状が出る方もおられる様ですが・・・
犬に関しては、ネットでそれが出て3日後に亡くなったという書き込みも。
犬は自らお腹の中をキレイにしてから旅立つとか・・・

とりあえず、尻尾とかも濡れてしまったので、お湯で流してキレイにしてからベッドへ。
疲れたし、スッキリしたから少しは気分よくなったかな、と思ったのですが、今度は痰が出だしたらしく、鳴きやみません。
吐いて欲しいけど、吐きそうになると飲み込もうとするんです。
仕方がないので、タオルを口元にあてがって、あふれ出てきたものだけでも拭きとっていきましたが、ものすごい量で、何枚もタオルを替えました。
ミルクもあげましたが、2口ほど舐め、すごく飲みたそうでしたが、しんどいようで、器に鼻を押し付けたままそれ以上は飲めませんでした。

もうダメなんだ・・・
リカさんが美味しいモノを口にできない時、それはもう限界だということ。
寝かせたら鳴くので、2時間位でしょうか、私の膝の上に上半身を載せて伏せの姿勢でいました。
顔が見えないので、スマホのカメラに写して確認しました。



ぐったりしてますね。
やっぱり横に寝かせた方がいいのでは?となり、横に。
口の中の泡が鳴くたびに、泡立てられた石鹸の様に塊になっていきます。
水で流してみましたが、すぐに元通りに。
なんとか取れないものかと、コットンで包んだ割り箸で掻き取ろうともしましたが、その瞬間にバキッと。
この状態でも噛む力は強かった。
破片が口の中に入らなくて幸いでした。

1時間でも眠れれば、その間だけでも苦しさを忘れる事ができるので、もらっているお薬を飲ませました。
落ち着くまで撫でたり、さすったりしていたのですが、いつもは柔らかい下腹の方がカチカチでした。
目は開いたままですが、呼びかけたり、目の前で手降っても何も見えていないようでしたので、眠りに
落ちたかもう意識は無かったのかもしれません。
ただ声のトーンこそ落ちましたが、相変わらず時計の秒針と同じくらいの間隔で吠え続けていました。

それが10時半頃の状態でした。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1週間 | トップ | 10月26日-27日 最後の時間 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (みなみママ)
2016-11-06 13:19:03
リカさん(T^T)


旅立つ時まで本当によく頑張ったんですね。

私もいつかはみなみと一旦お別れする時が来ますが←(私が先ならどーしましょう( ̄▽ ̄;))
心結は出来てきました。


飼い主さんやご家族の体調はいかがですか?
リカさんも何よりも心配していると思います。
『私の大切な家族なんだからいつまでも元気でいてね~』って言ってますね
(*^^*)


リカさん大好き~!
ついででいいから(笑)みなみのこともチラッと見ていてくださいm(__)m
大変でしたね (ララのママ)
2016-11-06 18:34:10
リカさん 大変でしたね。

ララは熱が出てぐったりして、病院で点滴をしてもらい、一旦はゴハン(ふやかしたものをシリンジで)ガツガツ食べられて、ああ、元気になるのかなあと思いましたが、、、

>犬は自らお腹の中をキレイにしてから旅立つとか・・・
それはララにも当てはまります。

夜になると何度も吐き続けて、吐いたものが喉につまらない様に上半身膝に乗せてました。すべて出し尽くしてしまったようでした。お水を飲ませても受けつけず。

(もうダメなんだと思いました)

不安になって犬の末期はどうなったらか、とかネットで調べたりしましたが、その時が来たら分かりました。

りかさんも良く頑張りましたね。
みなみママ様へ (りか)
2016-11-06 19:26:33
できれば、エルちゃんの様にフッと命の火が消えるような最後にしてあげたかったですが、苦しい時間が数時間だったことが救いですね。

「自分が先に逝ったらどうしよう」
あ、それ一番の心配でした。
誰か入院するとか、災害で避難とかそういうのでも。
だってこんな手のかかる我儘犬、誰も面倒見れないし。

悲しいけど、最期まで面倒見れたことで、ちょっと肩の荷も降りました。
ララのママ様へ (りか)
2016-11-06 19:37:31
そうですね、具合が悪くなっての最後は何となく分かるような気もします。
亡くなった祖父の最期の時の様子と似ていました。
ほんの数時間前までは元気だったのですが。

普段伏せの姿勢をしばらくしていると、”もう寝かせてください~”と言われるのに、ずっと体を預けたままで。
意識有る間に、さよならを伝えてくれていたのかもしれません。
その後2時間ほどは吠えて心臓は動いていたけれど、脳死状態の様でしたので。
Unknown (ハッピー)
2016-11-07 19:00:04
旅立つ日はとっても辛い日ですね、
私の所もダルメシアンの男の子がいました。
去年の7月に9才で虹の橋に旅立ちました、
急に亡くなので今、辛いです。
毎年欠かさずワクチンを受けていたのになぜ
感染性で亡くなるとは思いませんでした。
夢にでて来て「僕のことは心配しなくて大丈夫だよ」とか「友達できたよ」でて来てくれたときは
涙が止まりませんでした。
りかさんも夢で会いに来てくれますよ
大好きな家族に
ハッピー様へ (りか)
2016-11-07 21:06:22
介護期間で覚悟する時間はたっぷりもらったはずでも、別れは辛いのに、まだ元気な盛りに突然の別れは本当に辛いですね。
病気になった時は、何で?どうして?そんな思いでいっぱいになりますよね。
前のコがなった病気にはリカさんは一つもならなかったけど、その変わり別の病気になった。
全てから守ること、避けることは不可能なんでしょうね。

ただ、虹の向こうにはダルメシアンの先輩がいっぱい待っててくれると知って心強い。
もしかしたら、この世ではできなかった家族ができるかも。
100匹連れて夢に出てきてくれてもいいよ~

コメントを投稿

うちのワンコ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。