どんげなっちょっちゃろか日本語

面白いなぁと思ったものを書いてます載せてます!

2016-10-19 23:20:05 | 日記
TBSの「あさちゃん!」っていう
朝の情報番組で、文化庁の

 国語に関する世論調査

が取り上げられとったんやけど、
そのなかで、若者が使う

 打ちことば

について言及があった。

 打ちことば

っつうのは、
田中ゆかり先生の術語で、
パソコンとかスマホとかで
「打つ」ことにより産出される
ことばのことで、詳しくは、
田中先生の

 首都圏における言語動態の研究

っていう本を読んでほすぃ。

「あさちゃん!」では、
若者が使う「打ちことば」が
いくつか取り上げられとった
んやけど、そのなかでも、

 り

ってのがすんげー気になった。
こういう言葉があること自体は
知ってはいたけんど、
「り」だよ「り」!!

 了解なり

っていう意味らすぃ。
ちょっとまだ使わんなー。
「まだ」ってことは、

 お前は今後使う予定なんかい!

って感じだが、
それは誰にも分からない。
なんかの拍子で使うかもしんね。
だって、同じ意味で、

 りょ

ってだけの言葉があるけんど、
これに関しては、
オイラ的には、便利だし、
ちょっち使ってみっかなー、
あ、もしかしたら、
使ったことあったっけか?
みたいなレベルに
既になっとるし。

何がおもろいって、
「り」にしても「りょ」にしても、
元々の「了解」から、
一拍の音だけを取り出して、
意味を持つ一つの言葉として
成立させとるとこ。
(てか、この言葉をまだ聞いた
ことがないもんで、
「一拍分の文字」って言った
ほうが正確かもしんね。)
日本語って短縮語を作るとき、
元々の言葉から二拍を取り出す
ことがほとんどである。

 ポケットモンスター
 →ポケモン

とか

 ドラゴンクエスト
 →ドラクエ

とかね。ただし、

 メールアドレス
 →メアド

とか

 スマートフォン
 →スマホ

とかって、一拍を取り出す
こともあるけんど、少ない。
これにしたって、もう一方は
二拍を取り出しとるわけやから、
短縮語全体としてみたら、
二拍を取り出すことのほうが多い
と思う。一拍だけを取り出す
ことで作られた言葉って
あるんやろかいな。

とここまで書いて、
とある話をふと思い出した。
そういや、とある韓国人の
知り合いに聞いた話によると、
韓国では、

 スターバックス
 →スバ

と普通に言うらすぃ。
(「スバ」の「バ」は発音的には
「ボ」的なやつやったかな。)
この話を聞いたとき、
めっさびっくりした。
似て非なるもんじゃのー。


参照文献:
文化庁「国語に関する世論調査の結果について」
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/
(2016年10月18日アクセス)
田中ゆかり(2010)『首都圏における言語動態の研究』笠間書院
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ら抜き言葉 | トップ | ほぼほぼ3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL