青空貴族の部屋

人生は一度きり
やりたいことはすべてやるがいい
そうすれば新しい明日が拓けてくる
希望を胸に前進あるのみ 

忘れ人 貴方は誰?

2017年10月16日 05時41分18秒 | 日記



その名前 聴いたことがある
でも何処で会ったのか
思い出すことができない
貴方は誰かに似ている
貴方はどんな声をしているかな
その声を聴いたら
思い出せるかも知れない
でも貴方に会えるかな
これは全部夢の中の出来事
でも 本当に会えたらいいね
青空貴族

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

どこにもない場所

2017年10月11日 03時33分11秒 | 日記

夢の楽園があるって

探しに来たが

どこにあるのか

わからない

きれいな花が咲く丘

そこに行ってみた

でも花の時期は短く

花は一年に一回

咲くだけだった




それとも海の見える街

きれいな海の街に行ってみた

ところが寒い季節になると

海は荒れて岩を砕く波の音が

鳴り響いていた

美しい山の景色が見える

ところに行ってみた

夏が終わり秋の美しい景色が

一面に拡がっていた

ここが楽園かと思ったら

やがて冬が来て状況が一変

毎日猛吹雪が続き

街は雪に覆われてしまった

楽園なんてどこにもないのか

いや それは違う

毎日厳しい現実と向き合い

いい日が来るのを信じること

世界中どこに行っても

どんな場所でも

住めばそこが楽園

どんな場所でも

いいときは必ずあるもの

それをいかに引き出すかは

そこに住む人の腕次第だ

自分の楽園を作ろう

想像ゆたかに夢を膨らませ

築いていきましょう

     青空貴族


















Comment
この記事をはてなブックマークに追加

想い出の街

2017年10月06日 04時21分39秒 | 日記



貴方はいつも瞳の奥に
哀しみが映っている
今貴方と哀しみ列車に乗って
北の国へ旅に出る
貴方がいつも話してた
思い出話 聴くたび
いつも溜息ついた
涙の河を越えて旅に出る

北の景色は寒いけど
思い出が蘇える街
アカシアの木の下の
ほんの小さな物語
あの角を曲がると
昔にタイムスリップ
何気ない幸せな
生活を送ってた貴方
そんな平凡な毎日が
耐え切れず飛び出した
何も変わることがないのに
意地を張っていたのか
いまやっと気づいたのに
想い出は思い出
もう過去には戻れない


貴方の思い出の街北の街
みぞれ交じりの雪景色
今貴方の哀しみの街についた
北の国の駅のホーム
貴方がいつも話してた
思い出話 寒い街
吐き出す息も凍りつく
涙の河を越えて旅に出た

北の景色は寒いけど
思い出が蘇える街
アカシアの木の下の
ほんの小さな物語
あの角を曲がると
昔にタイムスリップ
何気ない幸せな
生活を送ってた貴方
そんな平凡な毎日が
耐え切れず飛び出した
何も変わることがないのに
意地を張っていたのか
いまやっと気づいたのに
想い出は思い出
もう貴方はもういない

想い出は思い出
もう過去には戻れない

    青空貴族



今日の歌

沢田研二 
LOVE 抱きしめたい

カバー曲

歌 青空貴族

 

どうぞお聴きあれ

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

私は誰? (薄れゆく記憶)

2017年10月05日 06時05分21秒 | 日記





私は誰なのか?

写真を公開している男は

いつしか自分の名前と

顔になった


私は自分の顔に

まだ自信がない

公開するだけの

勇気は持ち合わせていない


いつの日か本当の自分を

公開できるように

なれたらいいなと思う


そして 今日も 

自分に語りかける

いったい私は誰なのか?

    青空貴族


本日の一曲 
青空貴族「逢えるかもしれない」
お聴きあれ













Comment
この記事をはてなブックマークに追加

世界に一つだけ (自分の花を咲かせましょう)

2017年09月24日 03時15分41秒 | 日記



世の中で誰が一番かなんて~
で始まるスマップの歌がある
今日は法事があったが 
その中で話されたことの中に
自分の種をまこう 
きれいな自分の花を
咲かせようという
話が出てきた 
もちろん歌とは関係ない
仏教の世界の話なのだが



感謝の気持ちを持つこと 
人には優しくすることなど
共通することがいくつも出てきた
久しくお坊さんの説法を
聴いていなかったが 
何故か心に沁みたな
自分らしく生きていくことが
いいっていうこと

           青空貴族

 





Comment
この記事をはてなブックマークに追加