だっくすの「ボヤキ生活」

バイクショップ「バイクピットダックス」のブログです。(^_^)v

マジェスティ125FIのボディペント作業 Part4

2017年02月13日 15時18分19秒 | バイク・メンテナンス

マジェスティ125FIのボディペイントも最終段階に入りました。(*^。^*)

残りのカウル類4枚を塗装したのですが、欠損がありヤフオクで新たに入手した中古部品を塗装したら、何と!塗料が弾かれてクレーター状態になってしまいました。(+o+)
その部分をミニルーターで削って再々塗装を施しました。
3度塗りをして塗装も何とかなりそうですが。
どうやら部品本体に油分が染み込んでしまっていて、塗料を弾くのではないかと思われますが。

その他のカウル塗装は順調に進んでおります。


リヤのバックレストハンドルもキズだらけでしたので「シルバーグレー メタリック」色に塗り直しをしてみました。



カウル塗装も塗る時間はわずかですが乾燥させる時間はかなり要します。

そこで別の作業です。
代車用として購入したDio50(AF68)ですが、フロントカバーが破損しておりましたので、代替え品をまた中古品をヤフオクで購入してみました。
しかし、中国生産のホンダ車ですが、まぁ~塗装がヒドイです。
樹脂部品と塗装の間から塗装浮きを起こして剥がれてきます。
そこでこのフロントカバーも再塗装。(^^ゞ
まずは既存の塗装をスクレーパーを使って剥がします。



スクレーパーでちょっとカリカリとやればペキペキと剥がれてきます。


でもすぐ剥がれてしまう所と密着して全然剥がれない所とマチマチです。

仕方ないのでスクレーパーで剝せるだけやってから最後はサンドペーパーで表面を削っていきます。
ようやく剝離完成。


表面をよく脱脂してからシルバーメタリック色に再塗装します。


これで良いでしょう!(*^^)v

これらも最後にクリアー塗装を施せば終了です。
マジェスティ125FIもDio50も、カウルのクリアー塗装が乾いたら車体に取り付けていきます。


翌日、今日はクリアー塗装も最終段階。
まずはマジェスティ125FIのカウルにクリアー塗装をします。
その後、Dio50のフロントカバーにもクリアー塗装。

で・・・作業も無事終了!(^O^)/


やはり損傷のあるカバー類は綺麗に塗料が乗りませんね。

Dio50のフロントカバーもやはり材質が悪い。(+o+)



何とか塗装も今日で終了。
2月1日から約2週間掛かりました。


あとはよく乾燥させて塗料を固めてから車体に取り付けていきます。
もうすぐ完成ですね。!(^^)!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アドレスV125Gの中古車入荷致... | トップ | マジェスティ125FIのボディペ... »

コメントを投稿

バイク・メンテナンス」カテゴリの最新記事