goo

現状、Ryzenで組むなら割りとツボを押さえてる……

そりゃ、グラフィック二枚差ししたりサウンドカード(でも、最近はUSBが多いねぇ)乗せたりしないなら。

それでいて、ピーク性能を安定して出すという部分に着目すると@impress
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1056/110/html/ma320m1.jpg.html


ASRockのA320Mのような構成はアリですね。
シングル二枚差しで最大限速度が出るメモリ・システム用SSD+主ストレージの大容量HDDx2に光学ドライブといった構成を主眼にしているとしか思えない4ポートのSATAですし、入門機的な立ち位置で使うなら必要十分なマシンが組める事でしょう。
お値段的にも、税込み8.37kなのだから十分ですわな。

で、自分的に使うなら無いなぁ……少なくとも、光学ドライブを内蔵させるのであれば無い。
割りとコンパクト気味に納めて、光学ドライブを使うのであれば外付けにする事で使えるSATAポートを増やしてシステム+HDDx3にするか幾らか積み増してAB350Pro4だったりASUSのPRIME B350M-A等で順当にチョイスしつつ自分のカラーを実現したマシンとして仕上げるでしょう。

もちろん、価格性能比も踏まえてプラスアルファで6TBクラスのHDDを導入する等という手は有りますが、何の道あればあるだけ使い潰す自分としては何とも言えない(笑
SSD+データ&バックアップでHDDx3の他、ビデオカード+BroadcomのNICで拡張の余地は完全に消失するので残りはUSBで外付けと言ったセミコンパクト仕様で良しとするので無ければ、普通に予算増加&普通のサイズでATXサイズのマザーボードを使って組むべきと言ってみる。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Mozilla Thund... エナジードリ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。