だいずせんせいの持続性学入門

自立した持続可能な地域社会をつくるための対話の広場

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発震災(7)原発を全部止めたら?

2011-03-17 23:01:47 | Weblog

 福島第一原発では今日も危機的な状況が続いている。警察や自衛隊が本格的に出動して、放水を行った。報道によれば自衛隊は一度に許容される被曝線量として100ミリシーベルトを設定している。今日、活動したヘリコプターの乗員はこの上限に近い被曝をしたものと思う。電力会社の職員、下請け作業員、そして消防、警察、自衛隊の隊員。とても心配である。100ミリシーベルトの被曝線量は急性障害が出かねない線量である。比ゆでなく決死の覚悟で作業にあたっていると思われる。

 私は原子力発電所はすぐに止めたほうがよいと考えている。その理由は、危険な放射性廃棄物が処理できないことや、プルトニウムの危険性などいくつかあるけれども、最大の理由は、その運転に作業員の放射線被曝が避けられないからだ。
 事故においては言語道断である。しかし、事故がなく順調に運転していても、前の記事に書いたように、作業員が放射線被曝し白血病で亡くなり、それが労災認定されているのである。原子力発電所は13ヶ月運転したら止めて定期検査をすることが義務付けられている。放射性物質を大量に含んだ一次冷却水系の点検整備には放射線被曝が避けられない。法定線量は年間50ミリシーベルトに対し、労災認定基準は年間5ミリシーベルト。この労災認定基準はEU委員会が勧告している値でもあり、根拠がある。この矛盾が解消されないかぎり、原子力発電所を運転することは、作業員を死の危険にさらすということが前提されていることになる。そのような電気を使いたいだろうか?
 私たちはちょっと暑いとか寒いと気楽にエアコンのスイッチを入れる。その電気がそれを作ってくれる人の命と引き換えになっているとしたら・・・私はそのような電気を使いたくない。今回のように多くの作業員が相当な量被曝してしまっている。それほどまでして使うようなものだろうか。

 「でも原子力発電所を全部止めたら、それは困るでしょう」という話がすぐに出る。しかし、どれほど困るのか、本当にやっていけないようなレベルなのか。具体的に考えてみようではないか。電気事業連合会【でんきの情報広場】HPのデータを使ってごく簡単に考えてみよう。


【年間総発電量について】
2009年の10電力会社の合計の年間総発電量は957TWh。(1TWh=1テラワット時=10億キロワット時)
そのうち原子力発電による発電量はその29%にあたる278TWh。
http://www.fepc.or.jp/present/jigyou/japan/sw_index_02/index.html
2009年の原子力以外の発電による発電量は、年間総発電量から原子力発電による発電量を引いた、957-278TWh=679TWh。
これは実は1985年の総発電量584TWhよりも多い。つまり1985年当時の電力消費量になれば、原子力発電所を全部止めてもやっていける。

【ピーク電力について】
 電力需給において大きな問題は、電力消費量が刻々と変わることである。一般に昼間多くて夜間少ない。夏多くて冬が少ない。電気はつくりおき(在庫)ができないというとても特殊な商品である。私たちが勝手にスイッチを入れるのにあわせて電力会社は発電所を動かしたり止めたりしなければならない。
 問題は電力消費のピークである。これをまかなうほどの発電施設をもっていなければならない。一方で、夜になればその多くが止まっていることになる。これを出力調整というが、原子力発電所は出力調整ができない。これを無理にやろうとして原子炉が暴走したのがチェルノブイリ原発の事故である。原子力発電所は出力100%で維持するのが基本である。そうすると、火力発電所の出力を変化させて電力消費の変動についていくことになる。夜にはほとんど原子力発電所だけが動いているという状況になる。
 原子力発電所を止めたとすると、夜は火力発電所を動かしていれば何も問題ない。ただ、夏のピーク電力近くは節電が必要である。どれくらいの節電をすればよいだろうか。
過去の消費電力の最高値は、2001年7月24日15時の183GWだった。(1GW=1ギガワット=100万kW)
http://www.fepc.or.jp/present/jigyou/japan/sw_index_05/index.html
現在の原子力発電所の発電設備容量は49GW。
http://www.fepc.or.jp/present/nuclear/setsubi/sw_index_01/index.html
したがって、原子力以外の発電所の設備容量は少なくとも183GW-49GW=134GWあると考えられる。
 直近のデータでは、ピーク電力は2009年8月7日15時に171GWだった。
http://www.fepc.or.jp/present/jigyou/japan/sw_index_05/index.html
2009年の状況では、原子力発電所をすべて止めると、ピーク時に171-134GW=37GW不足する。これは全体の37/171×100=22%である。つまり、ピーク時の電力消費の約2割を節電すれば原子力発電所がなくてもピーク電力をまかなえる。
 ところで、1985年のピーク電力は8月29日15時の110GWである。この状況になれば原子力発電所を全部止めてもやっていける。

 まとめると、総発電量で約3割、ピーク電力で約2割の節電によって、原子力発電所を止めても他の発電所の発電設備で電力消費をまかなうことができる。これはバブル経済をやっていた1980年代後半の電力消費量にあたる。なにか問題があるだろうか?
 80年代以降、人口の伸びは止まったし、産業部門の電力消費はあまり増えていない。一方、家庭とオフィスなどの民生部門の電力消費がとても伸びたのである。ビルがこれほど明るい必要があるだろうか?蛍光灯をLED照明に変え、必要にして十分な照明量にすれば、照明用の電力消費を一桁小さくすることができるだろう。
 家庭では、バブル期以降、ホットカーペット、湯沸かしポット、暖房便座、エアコンなど、ようは熱のために電気を使うようになった。もちろんあれば便利であるが、それほど大切なものだろうか?


 本当に大切なものはいったい何なのだろうか?この機会に深く考えたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (224)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発震災(6)最終段階 | トップ | 原発震災(8)議論沸騰 »
最近の画像もっと見る

224 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cozy)
2011-03-18 07:42:12
現在米国の大学院でサステナビリティを学んでいます。私もenergy efficiencyの推進派で節電には賛成です。ただ、原発廃止については複雑な想いです。現在原発を除くと化石燃料(主に石炭)を燃やす火力発電以外に安定的にベースロードを賄うことができる発電技術はなく、火力に依存していては地球温暖化まっしぐらです。我々の世代の安全のために将来世代の公共財を犠牲にしていいものでしょうか。原発廃止論に説得力を持たせるには、地球温暖化対策も見据え、代替エネルギーや蓄電技術の開発や、そこに至るまでの橋渡し策等も包括的に議論する必要があるかと考えます。
Unknown (AK)
2011-03-18 08:09:12
今は贅沢に電気を消費しているということのようですが、それをやめろというのは簡単です。しかしそれを我慢できる人がどれだけいるかがポイントだと思いますね。
必ず不満を言う人は出てきます。それをどれだけ抑えられるかではないかと思います。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 08:19:20
原発のメンテナンスの安全性を改善するための技術開発に力を入れる方が現実的な気がする。今後も需要は増える事はあっても減る事は無いだろう。原子力を発見し有効利用出来る様になった事は人類の叡智であり捨てるのはもったいない。あなたが「我慢しよう」と叫んだ所でいったい誰が耳を傾けるのか。そもそも今回の原因の発端は天災にあり天災は避けられない。安全等どこにも保証されていないのに原発だけを対象に非難しても仕方がないと思われる。現実的に最善を尽くすほか無いだろう。
頭でっかちでおめでたい試算 (Unknown)
2011-03-18 08:31:44
現状の製造業の凄惨な状況が想像できていないおめでたい試算にびっくりしました。
Re: 原発震災(7)原発を全部止めたら? (Masa)
2011-03-18 08:35:04
数字的・思想的には興味深いのですが、考察視野が狭い気がします。
25年前の生活に戻れば可能という理想論ですが、当時にはなかったものが現在の生活に欠かせないものになってはいませんか。例えば、現在において子供からお年寄りまで持つような携帯電話やパソコンなどの電子機器を、25年前にはどのくらいの人が使っていたのでしょう。またそれらの電子機器の販売・普及による経済発展・維持も忘れてはいないでしょうか。
勿論、省エネ対策済みの機器に変えていくのはとても大切な事だと思います。そして、そういったものを開発する能力・技術が、日本にはあります。それらの普及を徹底させることも必要になるでしょう。
「熱のための電気」については、便利だけで電気機器に置き換わったものだけではないように思います。湯沸し器も暖房機器も、安全性や二酸化炭素の排出量が考慮されているのではないでしょうか。また将来的に、電気自動車の普及が考えられます。
但し、貴殿の仰るとおり、今までの生活を考え直すことは大切なことだと思います。衣・食・住、全てにおいて、日本は特に「贅沢」な国です。それは良くも悪しくもあるでしょう。昨今の景気低迷・停滞という状況もあり、多くの日本人は「贅沢」に感じていないかもしれません。それでも、物が溢れているではありませんか。そして、粗末にしている人も少なくないと感じています。
局所的な論述ではないでしょうか? (RYUZO)
2011-03-18 09:44:01
机上の数値計算と的を得ない努力論だけで、「原発をなくせるはず」という結論付けるのは非常に局所的、短絡的かつ、論者の思想の押し付けであり、全く論理的ではありません。

ピーク需要は日計算になっていますが、実際は分単位、秒単位の需給計算が必要です。もちろん、不測の事態に備えて、ある程度の余裕が必要です。机上で数値が越えないから大丈夫なんて論理展開は、研究者として信じられません。

また、電力の2-3割節電が努力目標だ、できるはずだ、なんて、現在の産業構造を理解していない、なんの根拠もない、まるで今の政府のようなまるで、絵に描いた餅発言です。

この震災を機に、日本の電力供給政策をゼロベースで見直す必要があるのであって、原子力発電だけの局所的な議論ではない状況のはずです。
Unknown (Zoo)
2011-03-18 09:54:05
凄い適当な試算でびっくりしました
1985年当時より省エネ化節電が進んでこの状態ですので
どうやって3割も節電できるのでしょうか?
まさか製造業を停めろとか?
Unknown (Unknown)
2011-03-18 10:52:18
総電力で計算して何の意味があるのですか?
各電力会社毎で計算しなければ意味がないと思います。
電力会社によって、発電環境に違いがありますし、中電で発電した電力を東電には移せないのですから。
そもそも、賄えるのであったのなら、関東で計画停電が行われる一方で、中電管下では普通に電気が使えるという現状は起こりませんよね。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 11:28:42


工作員が大漁ですねーwww

巨大電源利権の闇は深いなぁー


Unknown (MO)
2011-03-18 11:49:38
どうやら批判的なコメントが多いみたいですが、
・代替電源の確保(できれば火力以外)
・各電力会社間の電力融通システム構築
・2~3割の節電
ができればやっぱり原子力発電所はいらないんですかね?
2~3割の節電のところは確かに1985年より省エネが進んでの事なので、
具体的な施策をもっと挙げられたらよいと思いますが、
原子力は無ければ無い方がいいんじゃないですか?
一機事故ったら数十キロ避難とか、本格的な事故の後は、
数十年放射能汚染続くとかリスク高すぎでしょ。
今あるものを捨てれば新しい発想は出てくるかも。
個人的には原発が全部停止して電力賄えてる日本の方がハッピーな気がします。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 12:09:13

問題の本質は、公開データの信憑性!

電力会社が原発擁護のために改竄したデータを公開した可能性が高い

政府、保安院、電力会社の癒着構造が諸悪の根源
Unknown (Unknown)
2011-03-18 12:16:57
せっかく良い対話ブログなのに、しょーもないコメントもちらほらありますね。
批判するのは簡単。なぜなら論者の目的と異なるから。
批判するなら目的設定のところからしましょう。
「最大の理由は、その運転に作業員の放射線被曝が避けられないからだ」
Unknown (Unknown)
2011-03-18 12:41:35
「批判するなら目的設定のところから」同感です。「日本の電力供給政策をゼロベースで見直す必要がある」それは間違ってはいないでしょう。しかしどの方向へ向かうのかを設定しなければ、同じところで右往左往するだけです。「まさか製造業を停めろとか?」そのまさかが、まさに必要だとおもいます。物の需要量自体を、ゼロベースで考えなければならないのでは。
原子力発電を廃止することにともなう課題については長期的で困難な闘いとなるでしょうが、この実態をまのあたりにしながら、人的犠牲をともなう原発ありきでの議論は、それこそ人類の叡智への絶望にほかならないのではないかと思います。
Unknown (anmitu)
2011-03-18 13:09:30
みなさまのコメントを読んで、とても悲しい気持ちになりました。

私は、原発によって、土地も、空気も、そこに生きている人間も含めたすべての植物、動物たちが被害を受け、この先何十年も誰も住めない場所作ってしまったことが、本当に申し訳なくて、涙が出ます。

自分たちのことばかり考えるのではなく、この地球上のすべてのものの幸せを考えて、お互いに譲り合い、謙遜しあって、生きていく方法を考えませんか?

今回の震災で外国の方が"日本人が譲り合って助け合う姿”に驚かれているようですが、日本人はこの譲り合いの精神を代々受け継いでいると思うんです。人様だけになく、自然にも畏敬の念を持ち、他者を思いやることが出来る日本人だからこそ、新たな道に進めると信じています。
私は子どもと一緒に、生活を見直しながら原発に変わる自然エネルギーを学んでいきたいと思います。
これからも先生の発信される情報を私は大切に心に刻んでいきます。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 13:21:50
この文章のキモは
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1985年当時の電力消費量になれば、
原子力発電所を全部止めてもやっていける。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
の部分だと思うのですが、

反原発さんが
自分の都合のいいように言葉を削って引用して
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
原子力発電所を全部止めてもやっていける。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
と大学の偉い人が言ってるぞ、
とtwitterなどで吹聴しているようです。

本当に言いたいのは
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
節電しましょう
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ではないでしょうか。
Unknown (ayumi)
2011-03-18 14:02:25
はじめまして。
わたしはだいずせんせいに賛成します。
日本の経済のことなどを考えても原発を今すぐ失くす・・というのは無理だとしても、将来原発は失くしましょう!というか、ソコから考えましょう!
節電、します!する、という人は確実に増えていくと思います。
今回のことで学ばなかったらいったい何で学ぶとういうのでしょうか!!
2個前のunknownさんの

>>この実態をまのあたりにしながら、人的犠牲をともなう原発ありきの議論は、それこそ人類の叡智への絶望にほかならない・・・

という意見に激しく同意します。
ドイツ、イスラエルなどのかしこい国はもうすでに原発を見直す決定をしました。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 14:58:55
揚水発電とかまったく考えてないんだろうな
Unknown (Unknown)
2011-03-18 15:00:11
こんにちは。読ませて頂きました。
世の中の流れを変えるのに批判はしょうがないと思います。


>それを作ってくれる人の命と引き換えになっているとしたら・・・私はそのような電気を使いたくない。


私はだいずせんせいの考え方に賛同します。


原子力を推し進めるのは都市で懐にお金が入る人、原発の被害にあうのは実際に最前線で作業する人、罪もなく暮らしている田舎の住民、環境・・・


中には本当に原子力を安全に使って国の電気を賄えるようにしたいという人もいるでしょう。素晴らしいと思います。
しかし、想定外の事故はどうしても起こります。
国民が健康であることが何よりの国の利益であると私は考えます。


原発に使うお莫大なお金を自然エネルギーのインフラ整備に使って欲しいです。
今は理想論ですが、技術力も高く、資源に恵まれている日本ならみんなで協力すれば、デンマークやノルウェーのように自然エネルギーで大部分の電力を賄えるのではないでしょうか。


日本がクリーンなエネルギーで世界をリードするような、見本になれるような国になれたら素晴らしいですよね^^
あまりにも下らなすぎますな (TTY)
2011-03-18 15:00:21
あなたのこの論理が通るのであれば、10-2=10だそうだが、これが当たっていると言うなら、小学生に聞いてみなさい。
25年前の数字ですか、どこからそんな馬鹿げた論理が出るのでしょうか。
それと、あなたの書いている物は全く独自性のかけらも無い他のホームページからの引用だけではないですか。
どうやらあなたの大学では入試のカンニングでも認めてもらえるんでしょうね。
どうせ学生もホームページのコピペだらけの論文しかないんじゃないんですか。www
Unknown (ぼぶひこ)
2011-03-18 15:29:55
その仮定になんの意味が
だったら電気なんか使わなければCO2削減におおいに貢献できてエコになりますね

ってバカな。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 15:46:38
地震には誰も太刀打ちできないが、原発が人の手で止められるのなら私は最大限の努力をしたい。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 15:48:07
計算の意図は解るけど、計算が稚拙で全て良いようにしか考慮されていない。

一見、ピーク時でも大丈夫なように書いているが、それは最大限に発電出来たらの話。
絵空事も良いところ。

准教授だか何だか解らないが、正に机上の空論。


安全率も考慮しない時点で、ド素人丸出し。
Unknown (Masa)
2011-03-18 16:20:41
ただ単純に否定するのも、疑問視する意見を「工作員」「批判的」と非常に短絡的に捉えているのも、どうかと思います。
個人の意見としては、原子力発電は出来る限りなくしていくべきだと思います。(そして、甚だ疑問に思うのは、世界で唯一核兵器を落とされた国なのに、何故原子力発電が推進されてきたのかという事です)
そして、今までのエネルギーの使い方を考え改めなければならないでしょう。ただ、省エネもさることながら、本当に自然のことを考えるなら、火力発電は勿論のこと、水力発電、風力発電ですら考え直す必要がある気がします。極論的には、脱エネを考えなければならないかも知れません。
自然エネルギーのみで国民の生活が賄えるのが理想的だとは思いますが、今の日本の国土と人口を考えると安定供給は難しいのではないかと思います。そして、現在の生活に慣れきった日本人がその生活に順応できるかどうか…。
でも、きっと日本は、日本人は、「出来る」と信じています。
想いはわかります。しかし… (momo)
2011-03-18 16:45:11
今回の原発事故を体験した日本が原発にアレルギーを持つ事は仕方がないと思います。
今後新しい原発を作る事はむづかしいでししょう。
またあなたの仰るとおり作業員の方に被曝の危険が出てしまう事は問題にするべきです。
しかし今全ての原発停止は非現実的です。
そして示されたデータの出典が載ってない時点で論拠としては弱いと思います。
それ以前に1985年程度の生活レベルに落とせば電気使用量は足り、生活は出来るとのことですが
それで現代の日本国民全体の生活が保証出来るのでしょうか。
製造業はもちろん、他の業種であっても失業者が出ないとは限りません。
原発で働く人だって職を失います。
その人達が食べていける社会であれば、私は脱原発でいいと思います。
そして信じられる様なデータを示していただければ。
出なければ机上の空論です。
夢を描くのは生きていく上でとても大事ですが、
実行が伴わなければそこで終わってしまうと思います。

また話はそれますが脱原発で知られるドイツは、国内だけでは需要が賄いきれずにフランスから輸入しています。
そしてフランスは原発先進国です。
環境大国と言われるドイツでさえ、いまだ使用しています。

今後、原発に対しての論調は世界的に変化せざるを得ないと思いますが
それは正しい知識を元に行うべきです。
大学教授というお立場なので、あまり安易な発言は控えたほうがいいと思われます。
それ自体がソースとなってしまいますので…

それでは突然の、不躾なコメント失礼いたしました。
Unknown (Yoshi)
2011-03-18 16:47:20
原発は無くす方向が良いと思いますが机上論ですね
ただ闇雲に節電しろと言ってるだけで
代替えエネルギーを考えてからの議論で
良くドイツを引き合いに出されますが
ドイツはフランスから電力を買う事にしたそうです
フランスは世界第2位の原発所有国
お金で責任を他国に押し付けただけ
賛成です。 (よし美)
2011-03-18 17:11:42
原発は無くても十分暮らしていける!それがもし現在机上の計算であったとしても、可能性を示してくれたことに感謝します!
日本人は賢いです。代替エネルギーもじきにできる。
産業上不便になったり仮に失業者が一時的に出ても、新しいやり方、新しい発想の企業が必ず生まれます。

だから、もう経済優先主義に後戻りしてはいけない。
譲り合い、助け合いの精神を取り戻し、愛を基盤にした社会へと、新しくなるための機会となりますよう、わたしは願ってやみません。


今回の計画停電も何故行わなければならなかったのか、東電はあやしいものです。東電はそれこそ根拠となるデータを開示して欲しい。

だいず先生のブログが布石となるかもしれないとわたしは感じました。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 17:20:37
記事を読ませていただきましたが、この記事は室内でぬくぬくと生活している富裕層の反原発派に悪用されています。

私は都内23区に住んでおりますが、私の勤務している会社の工場、友人の経営する会社、全て休業中です。
およそ5000人が現在自宅待機で、無収入です。
自宅にひきこもり、電気や暖房を消し、節電しています。

この状況にも関わらず、大規模停電のおそれが有るのが現状です。
長期に渡ってこの状況が続けば、全員が生活保護の申請など、社会保障に頼ることになるでしょう。
停電しており、工場が多い茨城や栃木や福島はもっと酷いと思います。

あなたが出来ることが計算しかなく、その能力で人々を勇気づけるつもりであるのなら、現在のこういった状況を踏まえた上での計算をお願いします。
電力会社は節電など論外の人たち (funabashi)
2011-03-18 17:30:56
僕はだいずせんせいの論に賛成です。
過去の日本政府も電力会社も成長の限界、有限なる地球のことを考えたら節電しようと発想するのが普通ですがあくまでも売り上げを拡大し経済成長を続けることを金科玉条に考えてきたのですから、節電しようという発想は全くなかったのだといえます。
現在の計画停電という発想も僕にはいかがわしいと考えます。東電管内全体で各家庭、企業に2~3割節電してくださいと頼む仕方で節電することが市民に迷惑のかかる停電という方法を取らなくてもやれると考えるのですが、これをするとこの事態が回復されたときも電力の消費が拡大しなくなるという会社の大方針に齟齬が生じるから計画停電と言う市民が迷惑する方法を敢えて取っていると考えるものです。
その意図の中には原発がなくなるとこうした停電が頻繁に起こりますという警告を伝えたいこともあるように思います。
日本政府や電力会社は節約や節電という縮小経済に真っ向から反対しているとんでもない人たちだということが言えると考えます。

このたびの深刻な原発事故は安全だと言い続けてきた日本政府と電力会社の想像力不足から来る事態です。またいつまでも経済成長や景気拡大を目的としている人たちの所為だとも言えるのではないでしょうか。

今こそ日本人は原発に頼らない持続亜可能なエネルギーによる生活の再構築に知恵を働かせる時です。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 17:33:01
文化レベルを1985年に戻せますか?
ブログもありません、ホームページを表示するサーバもありません、インターネットもありません。携帯電話もありません。1985年にどのような生活をしていたのか、よく思い出して下さい。私たちは、ただ安全に生きていればいいのではないのです。
Unknown (ちこちこ)
2011-03-18 17:39:42
初めてブログ拝見いたしました。
学術論文ではない個人の雑感に対し、試算が甘いなどの批判があることに驚きです。
原子力に頼らずエネルギーを賄う方法を真面目に議論研究しようとすれば
もちろんもっと緻密に計算されると思いますけど・・・。
批判されている方も短絡的過ぎるように思います。

この数日間、原発はなんとなく危ないくらいの認識しかなかった私が
いろいろな資料を読んだりするにつけ
このような危険なものが、なぜ商業化されるに至ったのか非常に驚いております。
放射線被曝を防ぐ方法がなく、それによる健康被害を治療する方法がなく
人に頼らず自動制御で運転・メンテする方法がなく
環境を浄化する方法がなく・・・。
それをクリーンだとかプルサーマルだとか字面だけ良い言葉で誤魔化されていた気分です。

皆の努力で計画停電も予定より少なくて済んでいるのですから
何も手立てないと諦める前に、もう一度電気について考え直す良い機会ではないかと思います。

原子力や化石燃料を用いない発電の実用化については
先生のような現場の研究者の方々のたゆまぬ努力が必要です。
頑張ってください。
代替エネルギーは? (Sd)
2011-03-18 17:56:53
今や環境面からダム反対運動により水力の割合を大幅に増やす事は望めず(むしろ減らす?)、資源不足、そして環境面からも火力も厳しいです。その二つはもはや増やせないのではないでしょうか?
あとは天気に左右される微力な風と光でしょうか?

他のエネルギーの状況も昔とは違うと思います。
是非その点も踏まえご意見をお聞かせいただければと思いますが。。。
電車は? 電気自動車は? エアコンは? オール電化は? (nobnak)
2011-03-18 18:20:12
3割の省エネは非現実的でしょう。ピーク時に自動的に 停止する/停止できる ような電化製品がない現在、使用している電化製品の 1/3 を止める必要があります。

また、電気自動車や燃料自動車は電気が必要なため、今後さらに電力需要は増大するでしょう。

原発なし、ピーク時の節電なし、将来の電気/燃料自動車等の需要増あり、での試算をお願いします。
原発と核兵器 (檜原転石)
2011-03-18 18:45:42
原発と核兵器は同じアナのムジナ。反核だが容原発というのが矛盾。だいたい原発燃料のカスで劣化ウラン弾を作り、イラク・アフガンの放射能をばらまいてヒバクシャを大量に作っている。おまけに原発労働者をヒバクシャとして使い捨てて初めて成立するのが核産業であり、言うまでもなく原発産業も同様。日本の原発によるヒバクシャは原爆2発のヒバクシャより多い。さらにその廃棄処分は勝手に孫に丸投げという親ばか子ばかの無限大。そして今回のように世界中に害毒を垂れ流す大罪。これらの大前提を押さえれば、電力が足ろうが足りなくても原発は即廃止である。そして現実はそれに加えて、、原発などなくてもなんとかなるのはお説の通り。小回りがきかない原発を無理矢理動かして、火力発電を休ませているし、新潟中越地震で原発が止まってもなんとかなった。もっともこんなことを書いているより、浜岡原発を止めることの方が最優先かも。浜岡の場合、制御棒さえ入らないだろう。天災は防げないが人災は防げる。原発こそは人災の巨大な塊なのである。
訂正 (檜原転石)
2011-03-18 18:52:33
×新潟中越地震→○新潟県中越沖地震(2007年7月16日)
えっと (M)
2011-03-18 19:05:37
言うまでもなく代替エネルギーに関してはいろいろあります。
いい機会ですから国内外の論文とか調べてみましょう。

He3による常温核融合炉(現在のものと方式は完全に違います)、
床発電、太陽炉、小型水力発電機、小型風力発電機、生物発電など
調べれば候補はいくらでもあります。その他の研究も意外と知らないだけで
研究は盛んです。

これらをいくつも組み合わせたり用途により使い分けをするなどを国全体でやれば、
どれほどの電力になり、今回のような災害になったとき安全性や冗長性があがるか
ご想像のとおりです。

よって時間はかかりますが1985年以前のエネルギー消費量に戻すのは
難しい話ではないです。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 19:36:10
代替エネルギーの候補はあります。
ただ、少なくとも私たちが生きている間に原子力と同じくらいの電力を得る事を実現するのは難しいでしょう。

次の世代のために原子力を使わずに今日明日の寒さや飢えをガマンして歳を取って死んでいく事が私たちにできますか?私には無理です。そんな生き方をしたくはありません。

それに、そんなことをしてる間に日本は世界のどこからも見向きもされない小さな経済国になってしまうでしょう。次の世代に引き渡すのは豊かな国であってほしいのです。

原発を使わなければ、きっと私たちは放射能の危険にさらされることはなく核の恐怖からは安心して死んでいけるでしょう。でも、そのせいで次の世代は貧しい生活を送ることになるでしょう。それはあまりにも身勝手な考えです。

リスクを背負った経済を優先するか、貧しい生活をしてても生きる事を優先するか、いつだって選択を迫られるのです。
情報が独り歩きしている (ゆきや)
2011-03-18 19:42:43
twitterや個人blogで
「原発を全部止めてもやっていけると名大の教授が言っている」
という言葉だけが拡散しているようなのでここに来ました。

今回の事故を機に、原発撤廃のみを考えるのではなく、
より安全な原子力の利用についても議論があるべきなのではと思います。

また、事態は以前収束しておらず、
環境や人体への影響についても今後、詳しい調査を待ってみないと分からないこともあると思います。

安易な原発反対・賛成の議論は時期尚早なのではないでしょうか?
Mixi チェック (関口)
2011-03-18 20:07:25
こんにちは。
とても参考になったのでmixiチェックさせてもらいました。
本当に大切なものは (Unknown)
2011-03-18 20:25:05
> 本当に大切なものはいったい何なのだろうか?この機会に深く考えたい。

だいずせんせいの主張で最も重要なのは、末尾のこの一文でしょう。

批判者の方々も、この問いかけをしっかりうけとめたほうがいいんじゃないでしょうか。

少なくとも私は生命が最優先です。生活水準や経済成長はその後で考える問題です。
何故に (mrt)
2011-03-18 20:35:39
日本の条件としては原子力発電は無理です。4つの大陸プレートの接点であり、国土が狭い。これだけでリスクが高すぎる。あとどれだけ万全にと策を講じてもヒューマンエラーは消しされない。これも加味すれば既にコストが高すぎる。さらに一旦事故を起こせば国の存亡になる。必要論を昂じる必要性がまったくない。まともな経営者だったら、自社の社員まで犠牲にして存続させる必要は無いでしょう。このことは今の経営陣はまともではない。そのような人格のものが推進する事業に未来はない。
Unknown (んー)
2011-03-18 22:51:35
総発電量で約3割、ピーク電力で約2割の節電って実際問題どうなんでしょうね。
エコだ省エネだ言われてる現状からどう節電するかはより具体的な検討が必要でしょうね。
とりあえず本気で脱原発→節電生活を目指すのであれば
ここ見てる皆さんはPCの電源落とすことから始めましょうか。
Unknown (Unknown)
2011-03-18 23:54:34

「でも原子力発電所を全部止めたら、それは困るでしょう」という話がすぐに出る。

しかし、どれほど困るのか、本当にやっていけないようなレベルなのか。

具体的に考えてみようではないか。
Unknown (Unknown)
2011-03-19 00:12:52
自分は足助千年ゼミに何度か行ったことのあるもので、このブログもよく見ています。
今回twitterにブログのことが書かれていたのできましたが、驚いています。

たぶん批判している人は、だいず先生が名大の准教授だからなのではないかと思います。


複雑なことは省き、前置きにもあるように「ごく簡単に」示してくださり、自分にも分かりました。

節電について消極的な意見の方が多いですが、
それこそ知恵を出し合って考えることなのだと思います。

今回の原発事故のことを考えると、原発があるのとないのじゃ、ない方がいいに決まっています。
いかに危険なものであるのかが分かりました。
そこまでは、誰にでも分かることだと思います。
それなら、安全な原発を考えるのではなく、原発をなくす方向に進めていくのが当然なのではないかと。

原発の研究をしている方々、論理的思考のできる頭のいい人たち
どうか効果的な節電の方法を考えるのに力(知恵)を貸して下さい
クリーンエネルギーの開発に力(知恵)を貸して下さい

自分も含め一般人の節電への意識も、現在急速に高まっています。
個人でできる節電は、これからも続けられると思います。

エネルギーを使わない生活は、なんだか気持ちいい。
Unknown (ayumi)
2011-03-19 01:28:23
なぜ、昔に戻る、パソコンを切れ・・
とかそういう話になるのか・・・??
新しい技術の誕生は無邪気に信じるのに、
節電することによる新しい生活の形を想像したり、創造することはできないと思っているのか・・・?
なぜ知恵とか、力をそちら側に向けようとしないのか??

原子力発電所で建設や保守の作業に携わっているのは、ホームレスの方とか、失業者が集められて来ているのだと聞きかじりました・・。
人柱(ヒトバシラ)という言葉が頭の中に浮かんできました。
わたしを含め、皆、反省しないと・・と思います。

だいずせんせい、コメント数を増やしてしまってすみません・・。
Unknown (masda)
2011-03-19 02:24:57
全てが甘すぎる
"この機会に深く考えたい"とか言いながら妄想や精神論の世界に現実逃避してませんか
旧陸軍じゃあるまいし大学の准教授ならもっとマシな文章書いてください
現在は無理でも (興士)
2011-03-19 04:19:04
あと3~5年の技術開発で太陽電池が現在の商業電力のグリッドパリティを超えます。

太陽電池の価格が商業電力の価格より安くなれば、自然に太陽電池は普及します。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20100204/179952/

http://eetimes.jp/article/23087

同時にリチウム2次電池の開発も進められています。

これも後5年ほどで、現在の3倍の容量になり低コスト化が進められるでしょう。

太陽電池で発電し、リチウム2次電池を使用した大容量蓄電池に充電をして安定供給を図るというのが未来の姿ではないでしょうか

2011年の現在では原発を止めることは無理でも、5年後にはエネルギー問題は大きく変わると思います。

10年後には全ての原子力発電を止めることができるのではないでしょうか
机上の空論? (ななしさん)
2011-03-19 06:34:57
ツイッターで見たから確認に来たら、生地との真意がズレてる気がしました。
でも、机上の空論なのはわかりました。

85年の生活を仮定に、なのですね。それなら、「すぐに」というのは不可能では?電卓叩いて言うだけで、実行させることができない人の言葉は無意味に聞こえます。

てか、今言ってもしょうがない。
事故が起こる前にこういうステキな理論を見たかったです。
THANKS! (daizusensei)
2011-03-19 09:40:43
みなさま>コメントありがとうございます。
一応、ご批判に応えておきたいと思います。

1)上の計算は、みてのとおり、大学の研究者としての専門性はまったく必要ありません。誰もがアクセスできるデータでもって、誰もが考えることのできることをやったまでです。大づかみに状況を把握するためには有効と思います。

2)「総発電量で3割、ピーク電力で2割の節電をすれば、原子力はいらない」「それは1980年代後半の電力消費量に相当する」という結論に対して、数字がまちがっているとかいう指摘は見あたりません。この結論自体は自明ですね。

3)想定が簡単すぎるというのは、そのとおりで、たとえば、地域ごと、季節や日ごと、あるいは分ごとに考える必要があるというのはそのとおりですが、それはそれで考えればよい話と思います。どんなに細かい計算をしても、全国かつ一年間の総量や、ピークの瞬間の値として上の結論を変更する必要はないですね。

4)原子力をやめると化石燃料を使うことになって、二酸化炭素排出量が増えてしまうのでは?という点については、上の計算のシナリオは原子力分を節電しましょうという話ですので、20009年の化石燃料使用量を増やすことにはなりません。

5)結局、ご批判の中心は2から3割の節電がとても無理というお話と思います。私が言いたいのは、これがスウェーデンやフランスのように5割を超えてしまうような話なら別ですし、相当するのが1950年代の消費量でしたら、かなり難しいでしょうが、せいぜい、2、3割の節電、1980年代の消費量というのは、トライするに値する数字ということです。

「それはできない」という議論は永久にできて、そうしている限り実現しません。「どうしたらできるか」と考えれば、少しずつでも近づいていって、いつか実現できると思います。何人かの方が具体的な提案をしてくれています。それがどうやったら実現できるか、ということを考える際にはもっと細かい想定やシミュレーションが必要で、それは研究者としてやっていきたいと思います。ぜひ「どうしたらできるか」という議論をしましょう。
THANKS! (daizusensei)
2011-03-19 10:01:50
将来の電力消費量を減らすことができるか、増えてしまうか、ということを考える上で、もっともクリティカルなのは、電気自動車をどう考えるか、だと思います。

現状の使い方であれば、電力消費量は減るでしょうし、現にデータをみても2001年頃をピークに減少しています。人口が減り、省エネ技術がすすみ、産業が空洞化している日本で電力消費量が増える要因は見あたりません。

増えるとしたらあらたな需要を開拓するということで、電気自動車が想定されていると思います。電気自動車は現状では、その電気をつくるエネルギーは何かと考えると、原子力自動車であり、化石燃料自動車です。これを増やしていくのかどうか。

みなさんはどう考えますか?
「削減無理」は原発推進ではない (とんこつ)
2011-03-19 10:25:10
「原発を全部止めても大丈夫」に対する「3割も減ったら生活が成り立たない」という反論は原発に限らず「電力の3割減は無理」という主張で、必ずしも原発推進ではない。
代替電力の確保を条件に原発廃止容認という意見もある。私もその一人だ。

大雑把な試算だが、85年当時に比べて現在の実質GDPは1.5倍だから85年の生活水準に落とせば経済は2/3に低下。大量の失業者が発生する。そうした犠牲を払ってでも"今すぐ"原発を止めるべきかは大いに議論されるべきだろうが、私はやるべきではないと思う。
脱原発を行う場合は段階的に太陽光発電などに代替すべきだと考える。

また産業構造も変わってきていて85年に比べ電力化率が上がっているので、電力を削減すれば産業は85年以前のレベルに落ちるかもしれない。
いまさら重化学工業シフトをしても新興国には適わないだろう。
25年間で灯油やガスから電力へ家庭のエネルギー源がシフトしている効果を入れてないのでは? (hiro)
2011-03-19 12:36:18
1985年の生活をすれば電力は原子力発電所が必要の無いレベルに減らせるかもしれませんが、1985年には他のエネルギー(灯油やガス)でまかなわれていた暖房や給湯が25年かけて電気で賄われるようになった結果、現在の使用電力が増えている面もあると考えます。ですので「電力3割減は1985年当時実績であり、1985年当時の生活に戻すことで、排出二酸化炭素を増やすことなく原子力発電を無くすことが可能」というのは、不完全な論理ではないでしょうか?
3割減の経済 (とんこつ)
2011-03-19 12:48:47
こういう計算方法はどうだろうか?

85年のGDPは10年に比べ名目で68%、実質で65%。
電力消費量を70%とすると85年の消費電力でも85年以上のGDPが達成できるかもしれない…という仮定だ。
そこで名目GDPなら86年が71%、実質GDPなら87年が70%なので、87年のデータを見てみる。

87年の人口は1億22百万人、雇用者数は5,910万人。
10年は1億27百万人、雇用者数は6,240万人。
雇用者数は330万人違うが、これは現在の失業者数310万人にほぼ等しい。
つまり現在5%超の失業率が10%超になるということで、これだけの失業者をどのように救済するかも考えないといけない。

電力消費と雇用や経済活動には明確な因果関係はないと考えるが、経済が豊かになれば電力消費も増えるという相関関係はあるとされる。
実際に3割削減した場合、失業者が300万人を下回るか上回るかは私には判断できない。だが、目安程度にはなるだろう。

経済活動が後退して税収が減るのに社会保障費は数兆円増加するという負担を我々は容認できるだろうか?
たんに「85年の生活レベルジャン」ではすまないのではなかろうか?

国内総生産のデータ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3

人口、雇用に関するデータ
ttp://ecodb.net/country/JP/imf_persons.html
孫引用されてて危険 (hiro)
2011-03-19 13:00:30
高野先生のこのブログを引用した
http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/be461d252b8b75f6d0d328cb693d44ce
に引用者が『「原発がなくなったら電力が足りないの!」という人に「いや、足りるんですよ」と自信を持ってお答えください。』というコメントを付記しています。それを更に引用した先は、
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201103/article_73.html
引用者によって『(4) 名大教授の高野先生が計算してくれました「全部の原発を止めても十分やっていける・・」 』といったコメントが付記され、孫引用先の本旨と相まって、現在の計画停電が無用なものであると高野先生が明言したかのような印象を与えることになっています。
子引用のブログがコメントを受け付けていないため、子引用者に誤解を広める恐れの強い孫引用が有ることを伝えることもできません。

孫引用を見た人がここまで辿り着ければ、「現在の計画停電が無用なものであると名大教授が明言した」というのは誤解であると理解できますが、おそらくほとんどの人は引用を辿ることなく「名大教授の高野先生が計画停電が不要と言っている」と誤解が広まる状態が放置されています。

何かしらの対処をされることをお奨めします。
Unknown (A)
2011-03-19 14:29:13
私も原発やめるべきであると思う。
「机上の空論」という言葉がよく出ているが、節電など誰でもできることであり、原始にもどれとは誰も言ってはいない。むしろ、見て見ないフリをするのが問題である。
・待機電力を減らすためにコンセントをぬく。
・誰も使っていない部屋の電気を消す。
・原発にかけている莫大なお金を他のエネルギーの開発・整備にあてる。
これだけでもほとんど現在の生活レベルを落とさずに原発廃止できると思う。

なぜ原発を使っているか不思議である。
どこかで利潤が発生しているのか・・・
そのために誰かが被爆するのか・・・

極論をいうと、自分の家の横に原発を建てるか、3割節電するかの2択を迫られたら、誰もが後者を選ぶであろう。

日本人のまともな心があれば、原発など作れない。このまま推し進めても、また「想定外の」事故が起きていっそう反発が強まるだけであるまいか。
この議論は必要であると思います。応援しています。長文失礼しました。
Unknown (Unknown)
2011-03-19 14:48:24
学術的なコメントを書けず先生の板を汚してしまい申し訳ないのですが…。
埼玉のちょい田舎者です。
福島の原発が止まっただけで東電地域のちょい田舎では電気が足りずパニックになってるんですよ。
会社では計画停電によって業務を全うすることが出来ず、ガソリンも無く電車も動いてないので真っ暗な道を車に轢かれそうになりながら数時間かけて歩いて帰り、家に帰っても電気は点かない。
これが現実です。

だから私はギガワットクラスの発電が出来る代替エネルギーが無いのであれば原発賛成です。
Unknown (uzi)
2011-03-19 16:19:28
今、現状で困っているからというのは如何でしょうか。今は被災間もない時期です。自分が困るから原子力が必要はかなり短絡的な印象です。原発被災者はこれからもずっと被災を背負っていくことになります。オール電化を推進していた電力事業の在り方も一考ください。以前の生活の何割かを我慢するだけの話で良いのです。日本は4つのプレートに跨る地震大国でしかもほとんどの原子力発電所が沿岸にあります。福島で起きていることがどこでも起きる可能性があります。しかも事実に対して真摯と対応してきた体質ではありません。あなたの近くに原子力発電所が出来たら如何に考えますか。
節電ですが・・ (あずきちゃん)
2011-03-19 17:31:00
節電のことですが・・。
今回の計画停電、1990何年かにカルフォルニアでも実施したとどこかのテレビ局で見ました。でも、これって、2~3時間の停電ではないですよね? 田中優さんのお話しにあったものは、一時間のウチ5分ずつの停電だときいた覚えがあります。例えば、停電地区を6地域にわけて、1時間に10分ずつ停電していったら、上手いこと行かないのでしょうか?
それに、病院や電車、信号を停電にしないようには、どうしてできないのでしょう。これって、ただの技術的な問題ですよね。これさえできたら、大幅節電も現実的だと思うのですが・・。
いずれにしろ、できるわけないとか、計算が甘いとか、生活が貧しくなるとか・・は、発想の貧困、想像力の貧困だと、思います。
馬鹿な選択 (uzi)
2011-03-19 20:12:15
やはり、日本は馬鹿な選択をしてしまった。地域の汚染から長い年月が掛かるだろうと思う被災者の補償、野菜など農産物から漁業、さらに被災地は当分は近寄れない。この事故リスクはどのように原発推進論者は考えるのだろう。なかなか姿を現さない東電の経営陣。トップの謝罪の一言も無い。しかも役員は被災した夜には銀座で下請けに奢らせて豪遊していたそうだ。自社の社員、さらに消防、自衛隊が必死に食い止めている時にだ。しかも日本では報道されたいないようだが二名の死者が出ているという。この代償はどのように考えている。原発の誘致には地域が二分され、集落が壊れて行く。一体この償いはどのように試算するのだ。いい加減に目覚めよ。己の少しの欲の為に正論ぶるのは。
Unknown (Unknown)
2011-03-19 20:48:42
>いい加減に目覚めよ。己の少しの欲の為に正論ぶるのは。

こう言う原発反対派はもちろんこれだけの能書きが垂れられる位に節電して手本になる様な生活をしているんだろうな。そうじゃなく能書きを垂れるだけなら誰でも出来る。

人間、今の生活水準をそう簡単に落とせるものでは無い。今ここで色々書いている人間は1年後、5年後、10年後にも同じ事を言っているのだろうか(今感情的になっているだけでは無いのか)。現代の文明、例えばほとんどあらゆる公共のサービスは電力を必要としている。電力を必要とするものはますます増え続けている。ましてや今は高度情報化社会だ。Googleで1回検索すると7gのco2が排出されると言う試算もある。あらゆるインターネットサービスが次々と台頭してデータセンタの電力消費量は増え続けている。また、少し電力が不足しただけで首都圏は大混乱だ。それが実情だ。

そんなに簡単な代替案があれば態々高いリスクを負って原発を採用するわけがない。それ程、現代の人間が求める量が多いと言う事を示唆しているのではないだろうか。

また、原発は現在の技術レベルでは危険性を完全に回避できていない(世の中の需要が急速に伸びて多角的見地から原発建設に踏み切ると言う政治的判断もあっただろう)が、将来にわたって危険で有り続けるとは限らない。同じ議論が、あらゆる危険を伴う対象(例えば航空旅客機や新薬等)において言える。

最善を尽くすほか無いと3番目のコメントでも書いたが、現代文明を生きる人間として、現実と向き合い、頭から原発を否定するのではなく、段階的にあらゆる方向(経済、安全性、需給維持等)から多角的に最善を尽くす議論をする他ないと言う事なのだろう。
簡単に落とせる (uzi)
2011-03-19 21:18:31
どうやら、まだ若い世代の意見のように感じる。オイルショックのように時代は時として、突然と供給が遮断されてきたことを経験している。今がいつまでも続くというのは妄想。無いときは無いでやってきたもんだよ。無ければやれない。まるで今が永遠に続くかのような平和惚け世代かな。
Unknown (Unknown)
2011-03-19 22:05:57
最初に書いた様にどこにも安全等保証されてないと言っている。世代など関係ない。例えば隕石が落ちてくればこんな小さな島国は終わりだ。

内容を取り違えている。良く読み直した方が良い。
真実は・・ (あずきちゃん)
2011-03-19 22:12:21
>そんなに簡単な代替案があれば態々高いリスクを負って原発を採用するわけがない。

それがあるのです。
原発は利権・利益の巣です。原発に莫大な税金がつぎ込まれていますから、電力会社にとってはこんなに美味しい話しはない。しかも電気料金からも原発誘致のためのお金がとられています。私たちの払うお金(札束)で、電力会社は誘致場所の住民のほおを叩くわけです。
電力会社にとってこんなに美味しい話、他人の命を犠牲にしたって、手放したくないわけです。

電気の消費をそんなに我慢しなくたって、原発廃止はできるはずです。頑張る、頑張らないじゃなくて、技術の話し。日本は、資源エネルギーの宝庫ですし、日本の技術は優れています。

まあ、日本人は、他の先進国の人たちと比べても、ちょと消費のし過ぎだとは思いますが・・。ものにあふれてるのが幸せ、というのは、ちょっと心が貧しいですよね・・。
Unknown (Unknown)
2011-03-19 22:19:47
もう一点だけ補足すると、あなた個人の事を言っているのではないと言う事だ。あなたも含め各個人は社会のあらゆるサービスを享受して生きている。いわば歯車だ。その社会全体が電力の消費者だと言う観点から考える必要があると言う事だ。
Unknown (Unknown)
2011-03-19 22:21:31
原発が利権の巣だと言う事は良く言われている事だがそれと今私が言っている事とは違う。実際に不平を言う人間はいるのだ。
Unknown (とんこつ)
2011-03-19 23:03:17
>「机上の空論」という言葉がよく出ているが、節電など誰でもできることであり、原始にもどれとは誰も言ってはいない。むしろ、見て見ないフリをするのが問題である。

「原発を全部止めたら?」論に異議を唱えている人に「原始時代に戻れというのか?」と言っている人はないだろう。藁人形論法ではなかろうか?

>これだけでもほとんど現在の生活レベルを落とさずに原発廃止できると思う。

家庭用の電力は全体の3割だから、原発を止めて電力の3割をカットことを家庭内の節約で行おうとするなら家庭では電力を使えなくなる。
それは不可能だから、経済活動を犠牲にすることになるだろう。本当に現在の生活レベルをほとんど落とさずにできるのか?

>例えば、停電地区を6地域にわけて、1時間に10分ずつ停電していったら、上手いこと行かないのでしょうか?

3割カットですから、単純計算で1時間に18分です。
夜間では電力需要が少ないので夜中の8時間というわけにもいかないでしょう。

>いずれにしろ、できるわけないとか、計算が甘いとか、生活が貧しくなるとか・・は、発想の貧困、想像力の貧困だと、思います。

「発想の貧困、想像力の貧困」だと批判するのは簡単ですが、具体的にどこが誤っているのか指摘しないとただの言いがかりになりませんか?

ちなみに関西電力が堺に建設中(一部完成)の太陽光発電システムは年間1,100万kw/hの発電能力で建設費は50億円。
09年の原子力発電量は2,900億kw/hだから、2万6千倍。建設費は130兆円。
太陽光発電の市場規模は現在の予測では15年に1兆円に達すると見られるが到底追いつかない。
寿命20年と考えると平均6.5兆円の投資が必要となる。
1kw/hの建設費は23円で水力の発電コスト14円より大幅に高い。しかし一方で生産規模の拡大でパネルの製造コストが半減する可能性はある。
家庭での太陽光発電についてはグリッド・パリティの達成は今年中か来年あたりと目前。

私は国民の意識と政府の努力があれば、15年あるいは20年での原子力→太陽光代替は可能であると思うし、原子力発電所の寿命を考えると間に合わないと考える。
Unknown (とんこつ)
2011-03-19 23:31:58
>どうやら、まだ若い世代の意見のように感じる。オイルショックのように時代は時として、突然と供給が遮断されてきたことを経験している。

私もオイルショックを経験したが、3割も落ちたことはない。
ttp://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/01/01020206/03.gif
ttp://www.enecho.meti.go.jp/topics/energy-in-japan/energy2006html/gragh/gaa.html

>まあ、日本人は、他の先進国の人たちと比べても、ちょと消費のし過ぎだとは思いますが・・。ものにあふれてるのが幸せ、というのは、ちょっと心が貧しいですよね・・。

日本は国際的に見て最も優れた省エネ国家のひとつですよ。
ttp://www.enecho.meti.go.jp/topics/energy-in-japan/energy2006html/gragh/gdb.html
真実は・・② (あずきちゃん)
2011-03-19 23:50:57
田中優さんの講演が見れます。
日本の電気料金の仕組み、日本の社会の仕組み、自然エネルギーについて・・おもしろいです。
http://www.ustream.tv/recorded/13373990
Unknown (あずきちゃん)
2011-03-20 00:07:05
>日本は国際的に見て最も優れた省エネ国家のひとつですよ。
>ttp://www.enecho.meti.go.jp/topics/energy-in-japan/energy2006html/gragh/gdb.html

これは、自然エネルギー庁つまりお役所のデータですね。しかも分母がGDP、分子が一次消費量・・現実を正しく反映してるとは思えません。
Unknown (Unknown)
2011-03-20 00:14:46
こんなどこから突っ込めばいいのか悩むような事を『電気を使って』発信されましてもねぇ…
絶対廃止 (いち太)
2011-03-20 00:54:45
原発絶対反対です。1,原発はどんなもの「http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html」2,よくわかる原子力「http://www.nuketext.org/index.html」 これを読んでもう一度考えて欲しいです。 無理でも(原発廃止)をやらないと地球上の生物が滅亡します。
Unknown (とんこつ)
2011-03-20 01:19:32
>これは、自然エネルギー庁つまりお役所のデータですね。しかも分母がGDP、分子が一次消費量・・現実を正しく反映してるとは思えません。

では、信用あるデータというものは存在するのですか?
そのデータと信用できる検証可能な根拠を提示していただければ助かります。
まさか印象だけで語っているんじゃないですよね?
日本のマスコミ (りえ)
2011-03-20 01:33:03
みなさん、長年日本のマスコミに洗脳されて原発がなければ電気を賄えないという理論を信用しているようですが日本のマスコミの巨大スポンサーが電力会社や原発を建てることで潤う建設会社などで構成されていることに気づかないのでしょうか?

海外のメディアでは、既に死者に二名でていることや各国で原発停止の動きが高まっていることが報道されています。
日本ではなぜかこのような情報が隠蔽されている。

経済活動についてもこれから放射線汚染が懸念される日本の商品を買う国は少なくなるでしょう。製造業に頼っている日本の経済は風評被害で立ち行かなくなる。

マスコミをそれでも信じるのですか?
節電と代替エネルギー (りっちー)
2011-03-20 01:41:50
エコ家電は流行っているけど、エアコンを各部屋に取り付けたら、何倍も電気をつかいますよね。液晶テレビだって、今までと同じ高さサイズに買い換えたら消費電力はおなじだよ。40アンペアのブレーカーが当たり前に取り付けられているけど、30年前では考えらえれなかった。いつのまにか身の回りに電気製品が溢れかえっている。この生活、なんとかしないといけない。

地熱発電を真剣に取り組んで欲しい。コストはかかるけど、危険はないし、日本向きな発電だと思う。海外では開発が進んでいるそうですが、日本はまだまだ。

原発がなくてすむのなら、20アンペアで生活するのも苦ではないです。
責任は (NASI)
2011-03-20 02:15:03
各自治体で発電所を設ければいい。その自治体が必要なエネルギーをその自治体が作る。
原発が必要ないならそこの人たちは作らなければいい。必要ならそこの人たちが作ればいい。

自分が犠牲にならないのに安全だといい。
お前らが許可したんだと言い。

もう二度とその電気を使わない人のところに作らないでください。自分たちのところへ移転してださい。
安全ならできるはずです。

他の方も言ってますが、
太陽光の発電効率がシャープが世界一42%?とか言う話もありますし、電気をためるインフラ(各自治体か家庭ごとか)を整備していけばいいと思います。

安全な綱渡りをして日本の技術は世界一だと言われ
その気になっているのは馬鹿馬鹿しい。
太陽光や安全なエネルギーに取り組んでいたなら本当に世界一だったと思います。

解決法 (りえ)
2011-03-20 04:15:28
それでは脱原発出来るんではないでしょうか。
http://www.ustream.tv/recorded/13373990
スマートグリッドです。
選べる電力会社 (テキサスジョン)
2011-03-20 09:28:58
東電だけでなくもっと電力会社を認可して客が選べるようにすればいいと思う。たとえば鈴木電力というのをを認可します。でこの会社が非原発電力を供給して原発反対の人はこの会社と契約すればいい。もし大多数の人が鈴木電力と契約すれば東電はもっと真剣に消費者のこと(安全等)を考えると思う。当然鈴木電力のほうが電気代は高くなると思うけどそれは大衆の選ぶこと。原発廃止の議論もいいけどこの方が手っ取り早く結論がでるとおもうよ。ちなみに僕はテキサスに住んでいるけど3つの電力会社から選べます。(電柱・電線は共有です)。
風力発電で東京電力はまかなえる? (とんこつ)
2011-03-20 09:56:00
複数の人にリンクが貼られた田中優氏の講演を一部視聴しました(全体は長いので)。
そこに「犬吠崎の沖合いに風力発電機を設置するだけで東京電力の電力はほぼまかなえる」という話がありました。
気になったので研究に携わった石原氏のHPを見てみると、北は福島と茨城の県境あたり、南は九十九里浜の真ん中あたりでしょうか、これだけの海域を「犬吠崎の沖」というには無理があります。
しかも設置する風力の数は49,405基、同じ石原氏のサイトに掲載されている記事では浮体式の発電機の量産型は10億から20億円と見積もられている(地上設置型と大差ないらしい)ので、15億円として計算すると約74兆円です。
135万kwの出力を持つ原子力発電所の建設費が4,500億円ですから160基建設可能です。
この原子力発電所が稼働率80%で発電した場合の発電量は日本の総発電量の約1.5倍、1.5兆kw/hです。
これでは経済的にペイしないという判断は仕方ないでしょう。
さらに日本は欧米と違い台風の影響を受けますし、密集して建設した場合、地震による大規模な倒壊も懸念されます。漁業補償も考えないといけません。

ちなみにこの石原教授の研究は東電によって秘密にされたというような話を田中氏はしていますが、日本風力エネルギー協会が発行している専門誌に論文として掲載されていて、CiNiiという論文データベースにもちゃんと登録されています。
しかも石原氏は今も東京電力と協力して海上風力発電所の研究を行っています。
普通に考えると自分の研究を潰すために圧力をかけた会社と研究するでしょうか?

これだけ莫大な費用を必要とするプロジェクトなら電力会社の利権も莫大だと思うのですが?
持っている物を手放す勇気 (tom)
2011-03-20 12:40:31
私は学がないので、難しい話は分かりません。

1985年に戻ること。
それはこの25年の間に手に入れたものを手放すということ。

人間は一度手に入れたものをなかなか手放す事は出来ません。

そして物に縛られる。
土地に縛られる。

本当に必要なものは何か。
便利なものは要らないものかもしれません。

何か便利なものを買うかどうか迷う時
私は必ずこの
「便利なものは要らないもの」と思い
大抵のものを買わずに済ませてきました。

本当にないと困るものと
なくてもそんなには困らないものをもう一度見直せば

電力が減ってしまっても、それはそれでやっていけるのでは。

人間は一度手に入れたものをなかなか手放すことは出来ませんが
なければないで、なんとかするものです。

1990年ころから環境問題に興味を持って自分なりに出来ることをやってきました。
だから、今以上に節電することが難しいのですが出来ることはやっていきたい。

私も原子力発電にはNOと言います。
daizusenseiへ (Unknown)
2011-03-20 12:49:34
わたしも原子力発電に賛成という訳ではないんですが。。。

一応、ご批判に応えておきたいと思います。
 →「一応」って何ですか?
   これだけ無責任な形で情報発信しておいて「一応」は無いんじゃないですか?

1)上の計算は、みてのとおり、大学の研究者としての専門性はまったく必要ありません。誰もがアクセスできるデータでもって、誰もが考えることのできることをやったまでです。大づかみに状況を把握するためには有効と思います。
  →「だれでも考えることができる」のは確かですが、このような形で情報発信することで勘違いが発生するというところまで考えて頂けたのでしょうか?
   もっとご自分の立場と情報の発信内容を考えた上で行動するべきではないですか?

4)原子力をやめると化石燃料を使うことになって、二酸化炭素排出量が増えてしまうのでは?という点については、上の計算のシナリオは原子力分を節電しましょうという話ですので、2009年の化石燃料使用量を増やすことにはなりません。
  →言いたいことは分かりますが、こんなことを言うから机上の空論だと批判されるんですよ。
   小学生ではないので、もっと研究者らしいコメントをお願いします。

5)結局、ご批判の中心は2から3割の節電がとても無理というお話と思います。私が言いたいのは、これがスウェーデンやフランスのように5割を超えてしまうような話なら別ですし、相当するのが1950年代の消費量でしたら、かなり難しいでしょうが、せいぜい、2、3割の節電、1980年代の消費量というのは、トライするに値する数字ということです。
  →製造業に携わる者としてお聞きします。
夜間の電力は原子力でほとんどを賄っていると書かれていますが、何らかの形で夜勤も必要とする製造業に関わる人が大半のこの日本において、夜間の操業を止めて絶対生産数を減らし、失業者を増やしますか?
   機械増設して昼間生産するでは、電気使用量減らないどころか、昼間の負荷が更に増えることになり意味無いですしね(笑
   従業員数の調整は無しにして給料を半分にし、更に日本経済を衰退させますか?
   もしくは、夜間に電気を回すといって一般家庭で昼間に使用される電気を必要分削減させますか?(一般家庭の現状使用量の何割になるんでしょうね(笑 )
   特に製造業に特定する訳ではないですが、京都議定書やら何やらの絡みもあって、みんな電気使用量の削減も含め頑張っています。
   それでもなかなか実現は難しいと思います。
   そんな中、具体的な方策は考えてないんだろうなと思わせる楽観的コメントを准教授がされるのは如何なものでしょうか。
   そして、様々な分野の現状をどこまで把握してコメントされているのでしょうか?
   「トライするに値する数字」なのは良いですが、ではどのように実現するんですか?
   一般家庭の節電も大事ですが、一般家庭で3割節電して全体の何%になります?
   「わたしは専門職ではないから分からない」、「専門の方に任せる」なんて無責任発言はされないでしょうし、是非ともご指導頂きたいものです。


「それはできない」という議論は永久にできて、そうしている限り実現しません。「どうしたらできるか」と考えれば、少しずつでも近づいていって、いつか実現できると思います。何人かの方が具体的な提案をしてくれています。それがどうやったら実現できるか、ということを考える際にはもっと細かい想定やシミュレーションが必要で、それは研究者としてやっていきたいと思います。ぜひ「どうしたらできるか」という議論をしましょう。
  →「議論しましょう」の前に、ご自分でまず何かしらの提案をするべきではないですか?
   他人任せもいいところですね。。。
   そして、話の流れから言って、現状より生活水準は低下するが電力量を削減しましょうと聞こえます。
   「前向きな後退」とでも言えば聞こえは良いんでしょうが、何か変ですよね?
   確かに、節電は良いことだと思いますよ。
   しかし、全体で電力量を削減すれば原子力発電が要らなくなるなんて話は誰でも分かっていることであって、大学の先生に期待しているコメントではありません。
   むしろ逆のことをしても現状レベルを維持できるようにするにはどうしたら良いのか、その具体案を提示できない限り、あなたの准教授としての存在意義は無いと思いますがどうでしょうか?
   電気自動車に関するコメントが正にそうでしょう。
   情報や意見の収集をしているだけで、ご自分の研究に周りの方を利用されているだけではないですか?
   ご自分の紹介欄から「名古屋大学 准教授」というのは外し、個人の趣味ブログとされた方が大学の為になると思いますよ。

長々と失礼しました。
少しだけ見落としを指摘させていただきます。 (やまぐち)
2011-03-20 13:16:36
せんせい こんにちは
備前の山口です。

大枠は先生の考えであっていると思いますが
少々、仮定の見落とし点を指摘させていただきます。

まず、エネルギー消費量は、特に家庭の場合、人口ではなく、世帯数に影響します。
これは、2人世帯が別々に分けかれて、1人世帯×2になると、エネルギー消費量が1.5倍ぐらいになります。実は世帯数はまだ増えています。

また、高齢者が増えていることも抜けています。高齢者は在宅率が長くなったり、医療にかかるエネルギーが増えるため、エネルギー消費量が多くなる傾向があります。

私としては、生活レベルは90年レベルからそれほど変わっていないと思います。

3世代で生活するという、生活様式が
殆ど無くなってしまったために
エネルギー消費量が増えている影響のほうが大きいと考えられます。

生活レベルは90年から変わっているかと聞かれると、どうかな?と考える人が覆いと思います。

生活様式を大家族型に戻せるかで考えたほうが、私にとっても心が痛い話ですが、前に進みやすいかと思います。
やっぱり考えることが大事 (どんぐり)
2011-03-21 00:00:58
各自治体で発電所を設ければいい。その自治体が必要なエネルギーをその自治体が作る。
原発が必要ないならそこの人たちは作らなければいい。必要ならそこの人たちが作ればいい。

という意見になるほど、と思いました。以前、「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画を観たとき、スウェーデンでは電気を選ぶことができるということが紹介されていました。環境に優しいか、どうかなど、自分で考えて、電気を作っているさまざまな会社の中から、自分の考えに合ったところを選ぶのです。

人には、いろいろな考えがあってあたりまえ。今のような独占事業の形ではなく、選べる状況になれば、それぞれの意見を反映させることができるのではないでしょうか。

供給する側も買う側も「よくよく考えること」が大事だと思います。未来の地球のために。
前向きのライフスタイル (未来志向)
2011-03-21 00:06:14
ご意見はいろいろあるでしょうが、「何かあったら数百年先まで負の遺産を残す」原子力発電は、今使えるけど/使ってるけど、一過性の技術と捉えて離脱する方向に行くべきと考えます。
さらに、必要な電力/エネルギー総量に関して考えると、放っておいても、今後日本の人口は減少して行きます。今のペースだと約50年後には、今より総人口は3割減になります。ただ、上記指摘されているように世帯数がどう変わるか?老人にかかる医療含め電気使用量がどう変わるか?単純には判りません。いずれにしても誰も、単純に80年代に戻れ、なんて言ってる訳ではなく、今後前向きなライフスタイルがどうあるべきかのデザイン(都市計画を含む)をしっかり考えて行かねばならない良い機会だととらえるべきなのではないでしょうか?
Unknown (とんこつ)
2011-03-21 08:27:14
>いずれにしても誰も、単純に80年代に戻れ、なんて言ってる訳ではなく、

この記事は単純に電力3割カットしても85年の水準だという主張です。
当時とは人口も生活形態も産業構造も違うのに「なにか問題があるだろうか?」と言われたら「問題ある」といわないわけにはいかない。

中長期的に省エネ社会を作ることに反対している人の方が少ない(たぶんいない)。
いまさら「前向きなライフスタイルがどうあるべきかのデザイン(都市計画を含む)をしっかり考えて行かねばならない良い機会だととらえるべきなのではないでしょうか? 」と言われても「うん、そうです。」としか答えようがない。
Unknown (Unknown)
2011-03-21 08:50:44
簡単に
「総発電量で約3割、ピーク電力で約2割の節電によって、原子力発電所を止めても他の発電所の発電設備で電力消費をまかなうことができる。」
とおっしゃってますが、現実的にそれが可能だとでも?
机上の空論では解決策にもなりません。
分散型エネルギーシステム (kentaro)
2011-03-21 11:11:18
分散型エネルギーシステム(太陽光、太陽熱、風力、コージェネ、ガス空調)などを最大限活用することで、電力消費を極端に減らすことなく、高効率なエネルギー利用が可能です。「原発廃止→電力消費を25年前のレベルに」は極端すぎる気がします。「集中発電→分散型エネルギーシステム」こそが現実解ではないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2011-03-21 12:59:26
どうせならこういう発想もほしかったです。
* 関東に集中するのをやめたらどの程度緩和できるか
どれをするにも (domiso)
2011-03-21 14:34:12
どの発電にもエネルギーは必要です。

代替エネルギー施設を作るのにも、何がしらのエネルギーが必要で、そのエネルギーはどこから調達するのですか?

エネルギー革命を起こすには、今の電力を使う以外にないのです。

省エネと言われているペットボトルのリサイクルでさえも、リサイクルか新しく作るのか、どちらがエネルギーを使わないかで論議されています。

CO2の排出量の問題も含めると、京都議定書の枠組みに縛られている日本としては、これ以上のCO2削減対策が講じられるのは、日本の製造業のみならずに、単に疑問です。乾いた布巾をまだ絞れと言う意見にも聞こえます。

原子力発電が必ずしも必要ではない日が来ることは望ましいのですが、それまでの期間の代替エネルギーが、このコメントに書かれていものでは実現できるのか非常に疑問です。

まず、節電をしてみるという提案は必要で、この事故で原発反対の意見が高まり、これまで以上に節電の動きが加速するでしょう。
その節電の結果が出るのもそんなに遠くない未来です。

それまで、この議論が行われ、更に新たな代替電源が開発・提案されるのであれば、原子力発電に頼る必要はないように思います。

また、議論の前提である、85年の時代に戻ってみるかどうかの前提自体には文句はありませんが、ただこの数年に起こるだろう省エネの結果に委ねるのも良いかと思います。

ただ、やはりそれは原発反対派の努力が必要で、反対派が原発の不要性を国民に啓蒙していき、電気料金が跳ね上がる可能性にも言及し、そして、時代としては、電気を使わない時代に我慢せよと言う必要があると思います。それをしないで、ここだけで議論をしていくのではやはり机上の空論と言われても仕方ないと思います。
大衆に広げって行って下さい。
その総意が、原発反対であるならば、それがこの議論の解ではないでしょうか。

自分たちの意見にあわない者の意見に耳を貸さない者の意見は信じられません。また、単に批判したから、反対したからと言って、利権団体の手下のように、あるいは工作員のように扱われるのは全くおかしい発想です。

全ての意見を聞き入れる寛容さがないといけないと思います。
今すぐコンピュター止めよう (pengin)
2011-03-21 22:55:23
節電派の方 協力するために今すぐ
コンピューターを破棄してください
それが 実現の一歩です
やれることからやりましょう 私はしません
将来的な目標ですね (中井 亮)
2011-03-22 00:51:04
お久しぶりです。
といっても、覚えていらっしゃらないでしょうが、先生の授業を受けた事のある環境学研究科出身者です。

現在の発電量に占める割合は盛んに話題になりますが、廃止するのに必要な割合はあまり話題にならなかったので興味深く読ませていただきました。

消費電力を少なくする事はなかなか難しいと思いますが、原子力以外のエネルギーによる発電を押し進めれば実現可能製はありそうですね。
1割削減・2割新エネルギーで置き換えくらいなら、何とかなりそうな気がします。

この地震と原子炉事故でこういった問題に関心が集まっている今こそ、これからの日本のあり方を考えていく時ですね。

ところで、「持続可能な社会」を考える際にはこういったリスクも含める必要があると思いますが、多くの場合、災害や戦争などのリスクが含まれていない気がしますが、どうでしょうか?
マグマ発電 (magma)
2011-03-22 09:29:30
代替エネルギーにマグマ発電があります。
電気量の心配はこれでないと思うのですが。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/ron-41-hot-1.html
原子力はやめたほうがいいです (cafeteria)
2011-03-23 14:05:25
原子力発電は地球温暖化を抑制し将来の人たちに負担を残さないために必要だといいますが、本当にそうでしょうか。私は、そうじゃないと思います。というのも、原発は60年程度しか使えず、その後何十年もしかしたら何百年も発電時と同じ労力を使い空運転をしなくてはならない、つまり発電しない原発を何十、何百年も大変な労力をかけて管理しなくてはならないのです。なぜなら、内部の原子炉は汚染がひどいために、原発をそのまま放って置いてさびて亀裂が入るとそこから漏れ出してしまうからです。その原子炉は高レベルのものであればそのそばに2分いれば死ぬほどの放射能を出すもので、大変危険です。
原発は今の日本の人たちにとってはすばらしいものです。二酸化炭素をあまり出さず燃料が友好国から安く手に入り原発1つ稼動するだけで火力発電より年間あたり100億円安く発電ができます。
しかし、将来の人は何の利益も生まないものを大変な労力をかけて何十年、何百年も放射能に汚染されながら管理しながら生活しなくてはならないのです。
根本的な解決策は、やっぱり節電をすることなのです。

参考URL
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page18
30年前には家電製品なんてほぼ無かった (ozwing)
2011-03-23 15:25:38
あの頃に有ったのは、冷蔵庫とTVと電灯ぐらいですね、一般家庭には。

 そもそも、この記事やコメントを書いてるパソコン自体、あの当時は100万円とか50万円とかして一般庶民は買えなかった。でも、今は5万円も有れば当時の数千倍の性能のパソコンを買えちゃうご時世なのです。

 また、当時は通信手段と言えばアナログ電話だけで、ADSLとか光とかも無く、インターネットも存在しませんでした。
 一般ご家庭ではモデムを使ったパソコン通信すらしてなかった時代です。

 そのパソコンとインターネットを使って情報を発信している時点で、言動不一致かと。
 「昔の生活に戻れば今の生活を破棄しても大丈夫」は単に、「昔は良かった」の別の表現に過ぎません。

 それと、核反対と言う前提だけで話をしても、仲間内以外の理解は得られません。
 化石燃料を使わずに、安定した発電をする方法としては、核は現実的な方法です。しかし、その他の代替発電は、通常運用時でも任意の制御が困難と言う問題点が有り、実用化にはまだ多大なる改善が必要です。
 核は、今回のような事故が起きて居ない正常な運用状態なら、制御棒の操作や冷却水等で、それなりに制御する方法が確立されているので、同様に、他の代替発電も、安定使用できる方法を開発してくれれば、代替足りうるはずですが。

 核なんて無い方が良いのは間違い無いですが、夢想論ではなく現実的に出来るのは、今回の事故を反省に、核に変わる代替発電技術の改良や新開発を急ぐ様求めるのと、既存の発電所には代替発電が軌道に乗るまで追加の安全対策が行われるよう求める、この辺りでは?
単純にリスクの問題では? (まいと)
2011-03-24 06:56:20
現在ある雇用の問題だとか、
昔の生活に戻れるのか?
という論調が多いですが、

問題は、原子力発電を廃止、または縮小したときの、上記のリスクと、
今回のように実際に事故が起こった場合のリスク、
~それこそ就業できなくなり失業者が出るリスクや、短長期にわたる農水産物、健康へのリスク、必要となる復興基金とその捻出のために縮小せざるを得ない雇用対策等の施策によるリスク、そしてブログにて指摘のあるような運用における作業員のリスク。。。

現在の原子力政策では、もんじゅ、プルサーマルなどの投資に対して経済的に非効率なものも垣間見れます。

消費することが経済の循環につながるという理屈もあるでしょうが、なるべくリスク~特に人間、この国の資源環境などに対するお金での評価が難しいリスク~を回避するような施策が求められるような気がします。

今の生活を捨てるというのではなく、その中で省エネがどの程度可能なのか?さらに必要電力の中で原子力にどうしても依存しなければいけない量がどの程度なのか?それは、今後代替的な自然エネルギーにどうしたら変更していけるのか?という議論が必要ではないでしょうか?

消極的な(今回の事故を目の辺りにして積極的な賛成のヒトはいるのでしょうか?)賛成の方々も、自らや家族・知人が被災したり、また今回出てきているような汚染された食物を積極的に口にしたいと思っている方はいないと思います。

与謝野大臣もおっしゃっているように、この国には地震はつきであり、今回のような規模の地震が今後起こらないよという保障は全くありません。
短期的な単純な論理ではなく、長期的なリスクと国の危機管理の問題として議論が進むことを願います。
Unknown (とんこつ)
2011-03-24 08:32:20
>今の生活を捨てるというのではなく、その中で省エネがどの程度可能なのか?さらに必要電力の中で原子力にどうしても依存しなければいけない量がどの程度なのか?それは、今後代替的な自然エネルギーにどうしたら変更していけるのか?という議論が必要ではないでしょうか?

そういう議論をしていかないといけないのに、「原発を今すぐ止めても85年の生活水準に戻るだけだよ」という能天気な発言をしているから高野さんは批判されているのでしょ?
Unknown (ばくさん)
2011-03-24 22:23:52
だいずせんせい!

どれだけ適当でも乱暴でもどうでもいい。

本当に解りやすく説明してくれて有難う御座います。

いろんな角度や切り口で話が盛り上がっていますが・・・


オイラは「単純に」せんせいの考え方に賛成です。
Unknown (Unknown)
2011-03-25 18:46:14
原発は24時間常にフル稼働させないと本来の力が出せない(火力などは出力を調整しやすい)欠点を補うために深夜の余剰エネルギーをロスは多いが位置エネルギーに変換して昼間の水力発電の補助として使用したりしている。

原子力を諦めるなら2割と言わずに3割りは電力消費を抑えないといけないと思います。
Unknown (Unknown)
2011-03-25 18:53:56
途中で投稿してしまいました。
高速増殖炉やプルサーマルを否定している人もいますが現在の濃縮ウランのみの水炉では計算上今世紀の途中で原子炉で使用できるウラン235は無くなります。
ちなみにプルサーマルだけでも2300年までには使用できる燃料がなくなってしまいます。
日本には資源がありません。地熱、風力、太陽光、もしくは全く新しい方法でエネルギーを得る方法が2300年までには発見されているかもしれません。
でも現状はないのです。無い間は国の長い安定のためにもプルサーマル、危険は付きまとっていますが高速増殖炉の研究は進めていかない訳にはいかないのです。
反対される方々は当然いると思いますが何も国を滅ぼすために原子力エネルギーを研究している訳ではないという事を分かってもらいたいです。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 08:22:13
原発を無くしたいなら、原発に変わる大容量、安価、安全な発電システムを発明すべき。かつて、レコードがCDに取って代わられたのは、記録容量が大きいとか、プラスチックであるレコードよりも石油の消費量が少なくエコであるとかよりも、単純に制作費がCDの方が安かったからであると聞いたことがあります。
現状では反対派が反対を叫べば叫ぶほど電力会社は本来原発の安全性向上に掛けるべき予算を削ってでもPRに金を使うだけでしょうね。
希望 (ピーダーセン 恵)
2011-03-30 22:26:21
私は、原発を1985年に全廃した国、デンマークに住んでいる女性です。
この国は、現在電力の20%を 風力発電でまかない、2050年には化石燃料(石油、石炭などCO2を排出する燃料)フリーの国を実現しようと政策、科学技術を結集しています。 また、バイオマス(木くず、農作物の残り、堆肥、魚の骨などあらゆる有機的なゴミをもとにして作られ、CO2ニュートラルの燃料です。)の開発・実用も進んでおり、バイオ燃料プラントも既に実用されており、また世界最大のバイオ燃料プラントも現在建設中です。
また、近隣のアイスランドは、電力の100%を地熱発電でまかなっており、全 EUの使用電力の半分(日本の使用電力の2倍)をも供給する発電力を保有しています。

人口550万人のデンマークと 1億2500万人の日本は全く異なり、風土も違うということは、傾聴に値します。しかしながら、デンマークやアイスランドがなぜ今のエコ発電を実現したかには、単に人口が少ないというだけではない背景があり、一主権国家が、やればできることを世界に示す意味(ショーケース)には計り知れないものがあると信じます。また、今、我が国が仮に地方分権を進めていく場合、九州約1300万人、北海道約550万人といった広域 の自治体が出来上がるとすると、基本的に外交と安全保障以外を自治体に任せているこの国のあり方に学ぶ点はあろうかと思います。

私は、日本において、むやみに原発反対、と叫ぶことには賛成しておりません。原発をすぐに止めることは不可能だからです。経済も、ライフラインも維持していかなければなりません。でも、時間をかけてでも、エネルギー政策の転換は覚悟すべきと考えております。

また、原発を使わない、または使わない方向にいこう、と、主張する者に対して、それでは、あなたは、電気を全く使わず原始時代のような生活を出来るのですか、あなただってエネルギーをたくさん消費しているではないか、お前は工場の操業を止ねろというのか、私たちには電力はないと生活は出来ないのだから、と反論するのは、短絡的すぎると思います。原発を使わない、または使わない方向にいく、 ということは、代替エネルギーを模索していこう、という意味で私は言います。しばらくは難しい、でも、その方向に歩まないと、いつまでも、時限爆弾と生き ていくこと、時限爆弾を次世代に渡していくようなことだと思うのです。 そしてこれは、日本のみならず、世界全体の問題なのだとも思います。

感情的に原発反対と唱えることには私も疑問は感じます。(でも、福島の方が感情的になるのは、むしろ当たり前なのではないでしょうか。)
ですから、私は、代替案への知識、意見を持ちながら、少しずつでも、長い時間かけてでも、脱・原発しよう、と言いたいです。

今は、もちろん、緊急事態の収束が最も大事です。すぐには原発は止められません。
今稼動している原発の安全性も確認し、技術力・資金ともにかけられなければなりません。
しかしながら、原発でなくてはエネルギーは生み出せない、だからこれからも原発しかない、と考えたら、それまでです。

もっと、自然エネルギーの知識、日本でなぜ自然エネルギーが十分推進されてきていないかの理由は、日本では自然エネルギーが不可能なのではなく、むしろ、原発を推進してきたことによって、自然エネルギー推進・開発が埋もれてしまっているからではないでしょうか。

原発の安全に自信を持つ人も、 100%安全だとは言いません。
人類の知恵は、原発でなく、代替エネルギーに向けたい・・と、私は願っています。
地球には莫大なエネルギーが、太陽光、風、波、地熱、そして有機物(バイオ燃料)にあるのだから・・

化石燃料にも、原発にも一切頼らずにエネルギーを持てる未来に既に1歩ずつ大きく近づいていっている国(デンマーク)が実際に存在することは、大きな希望だと思います。

3 月21日、デンマークの大手新聞社Information誌で報じられたこと。
http://www.information.dk/263116
"日本での原発事故とリビアなど多数の石油産出国での紛争は、世界のエネルギーシステムに深い疑問を投げかけている。しかし、同時に、これは、目を開く機会だ。自然エネルギーへの転換期がやってきている。" 

もちろんそのままデンマーク・アイスランドなど他国の自然エネルギー先進国の成功例が日本に導入できるとは思ってません。しかし、自然エネルギー先進国から学べるところはきっとあります。原発でないと日本では無理、自然エネルギーは非効率らしいし高くつくから無理、と思うのは思い込みで、そう思ったらその先の発展はないこと、むしろ、自然エネルギーには莫大な明るい可能性があり、発展させていくことが、国としても地球の一員としても不可欠なこと、きちんとした情報をもとに明確に知りたい、書きたいと思いました。日本には素晴らしい技術力があるのだから、他国の技術も学びつつ、日本にあう自然エネルギーの技術をきっと発展させられると思います。

ただ原発反対、と声高に言っても、きちんとした代替案がないと、原発推進派に飲まれてしまう。日本ではなぜ原発政策が推進されてきたか。そもそも原発のプラスとマイナスは何か。 どのような自然エネルギーがどこまで開発・実用されているか。他国ではどこまで自然エネルギーが実際に使われ、どのようなメリットを享受しているのか。 日本が自然エネルギーに長い時間かけてでも変換をしていくには何が課題か。
これらを知ることで、より明確に、国民として意見を言えると信じます。

詳細は、こちらに記載致しました。
http://mormorsscandinavia.blogspot.com/2011/03/blog-post_22.html
THANKS! for 100 comments (daizusensei)
2011-03-30 23:13:20
みなさま>コメントありがとうございます。

友人たちから「ブログ炎上してるけど大丈夫?」と声をかけられることがあります。全然大丈夫です。大いに議論しましょう。
コメント欄では賛否半々くらいでしょうか。Twitterでの引用数が900を超えましたが、こちらは8割方好意的なご意見のようです。

恵さま>しっかりとしたご意見ありがとうございます。私もほぼ同じ意見です。日本のエネルギー政策の基本は「ベストミックス」ですが、ロビンスが言っているとおり、これは原子力推進の別の言い方にすぎません。将来の脱原子力をみんなで決めてハラをくくらないかぎり、自然エネルギーへの本格的な努力はないと思います。

私はいつかくるだろうその日に花開くように、地域の中で地道に自然エネルギーの開発の研究と導入事例づくりをやっています。

デンマークでも原発導入をやめることを決める際にはたいへんな国民的な議論があったと聞いております。一朝一夕にはいきませんが、たゆまず努力していきたいと思います。
Unknown (Unknown)
2011-03-31 12:30:55
こうしてこれを読み、書いている事も“電気の無駄遣い”なのかもしれませんね。
Unknown (Unknown)
2011-04-01 11:03:23
できない要因はたくさんあるとは思いますが、何が一番大切で、それをどうすればできるのかを希望を持って考えることが今の私たちに必要なことだと思いました。


国策として脱原発に向け舵をきれ (Frisky Tom)
2011-04-01 14:33:05
恵さんの意見に強く賛同いたします。
今こそ、国をあげて脱原発に向けて舵をきる時ではないでしょうか。
とにかく、"舵を切ること"が重要であるように思うのです。アメリカやフランスのような原発推進国に対する対面はなくなるかもしれませんが、毅然とした態度で政策を打ち出すことができれば、世界の模範となり、潮流も変わるのではないでしょうか。

今後新たな原発は一切建設はしない。現在存在する原発の寿命がきたら、廃炉にする。このことを法令化するべきだと思います。その間に国の政策として代替エネルギーの拡充を急ぐ。素人の考えですが、これでめどは立たないものでしょうか?
誰が負担するのか? (とんこつ)
2011-04-02 00:09:15
>その間に国の政策として代替エネルギーの拡充を急ぐ。素人の考えですが、これでめどは立たないものでしょうか?

例えばフランスでも太陽光発電の余剰電力を電力会社が買い取っているのですが、この金額が1kWhあたり市場価格の10倍に当たる約64円。政府からの補助もあるのですが、年間10億ユーロ(約1,180億円)以上の損失を出しているそうです。
それでどのくらい効果があるかというと今の調子だと20年の目標5,400Mwを達成しそうということなので、関西電力の1Mwプラントから計算すると年間約60億kWhの電力を生み出すことになります。フランスの原子力発電が約3,900億kWhであることを考えるとかなり小さい数字です。

風力発電についてはデータ不足でコメントできませんが、再生可能エネルギーを普及させるには国民がその負担を負う意思があるかどうかが大きな鍵になると思います。
批判する前に (sk)
2011-04-02 12:34:43
今、最低限必要な電力とはどれぐらいなのか?
電気がないとできないことは何があるでしょう?
そんなにたくさんはないと思います。

少なくとも、我が家でどうしても必要な電力は
いまのところ、電灯と冷蔵庫ぐらいです。
後のものは贅沢品として使っていると思っています。

病院、生産業などでは確かに膨大な電力が必要だと思います。
ですが、家庭での電化製品や街の過剰なネオンなどは
使用せずとも生活が十分にできる部分が沢山あると思います。
どの位の電力が贅沢品として、作業員の命や自分たちの命と引き換えに使われているのか…

批判をする前に、もっと想像力を働かせてみてはいかがでしょうか?


skさん (加藤)
2011-04-02 19:33:25
だいずさんの考えをここで批判している方達は、なにも贅沢を止めるのが嫌だとか、節電なんかできないと言っている訳ではないと思いますよ。

原発を稼動し続けるのにもリスクはあるけど、原発を止める事にもリスクがある事を忘れてはいけないと思います。それは経済的打撃です。

原発を止めれば、電気代は当然上がりますよね?
電力も国民1人1人が節電するだけでは当然とても足らないので企業(工場)も節電しなければならない。
工場ってのは大体が24時間休まず稼動しています、それを途中で止めるのは企業にとっては大きすぎる痛手です。
先日政府は法人税減税を取り止めました。
それに続き、今度は原発を全部止めて電気代が急激に上がるような事になれば、多くの企業は日本から出て行ってしまいます。
そうなれば途轍もなく大勢の失業者がでるでしょう。そして自殺者も今よりももっと多くなる。

経済面を言うと原発反対派の人達は必ず「命とお金のどっちが大切なんだ」と言いますが、経済と国民の命は実は繋がっていると思います。
それが現実だと思います。

原発を止める事で現実に追い込まれるのは、今贅沢をできるお金持ちの人達じゃありません。
企業の末端で働く多くの労働者の方達です。

その多くの方達にとっては、贅沢を止めるか止めないかなんていう生易しい選択ではないのです。
命掛かっていると言っても過言ではないと思います。

反対派でも推進派でも、両方のリスクを知ってから考えるべきではないでしょうか。


ここでだいずさんを支持されている方達は優しい方達だと思います。
ですけど経済面もしっかり視野に入れた方が良いのではないでしょうか。これを切り離して考える事は大変に危険だと思います。


僕は賛成か反対か…まだ決める事はできないので、もうしばらく色んな人の意見を聞いて考えたいと思います。
経済活動を発展させながら脱原発をしていくにはどうすればよいか (ピーダーセン 恵)
2011-04-02 23:20:53
だいず先生、Frisky Tomさん、コメントをありがとうございました。
デンマークでは1980年代に原発について大議論があり、結果として、原発は違法と1988年に定めましたが、それ以降今まで、原発導入が国民の議論にあがることは二度となかったこと、経済成長も順調に果たしていることから、国民が自分たちの決断に満足しいぇいることが分かります。

とんこつさんのご指摘された点、誰が代替エネルギーの拡充を負担するのか、という点に、少しでも参考になったら、と願って、デンマークではどのように自然エネルギーが拡充しているのか、電気料金ともからめて書かせて下さい。

また、皆様の懸念である、脱原発していくにあたって経済打撃が生じるのではないかということに、自然エネルギー成功国であり経済成長を今も果たしているデンマークでの政策について書かせて下さい。

原発が1988年に全廃され、20%の電力を風力発電で賄い、23%の電力を輸出している国・デンマークは、EUのどの国民よりも、1ワットあたりのGDPが大きく、CO2消費量は1990年代より13.3%も削減していると同時に、経済成長も順調に伸びています。(人口550万人のデンマークと 1億2500万人の日本は全く異なり、風土も違うということは、傾聴に値します。しかしながら、デンマークやアイス ランドがなぜ今のエコ発電を実現したかには、単に人口が少ないというだけではない背景があり、一主権国家が、やればできることを世界に示す意味(ショーケース)には計り知れないものがあると信じます。また、今、我が国が仮に地方分権を進めていく場合、九州約1300万人、北海道約550万人といった広域 の自治体が出来上がるとすると、基本的に外交と安全保障以外を自治体に任せているこの国のあり方に学ぶ点はあろうかと思います。
)

デンマーク国民の支払う電気代は、電気会社ごとにも、電気の消費量の変動ごとにも異なります。国内最大のエネルギー会社(世界最先端の発電所を建設・管理し、自然エネルギー推進、CO2 削減を推進している、国有会社)・Dong Energy ドン・エナジー社以外にも、様々なエネルギー会社があり、また、様々な電力会社があります。国民は、自分の好きな電力会社を選択することが出来ます。電力会社によっては、より自然エネルギー、エコを推進するため、顧客全体の電力消費量が低いときには、電気代を安くし、顧客全体の電力消費量が多いときには電気代を高くすることにより、節電を推進しています。

また、送電網は国有のため、電力会社は自由に売電・送電をすることが可能です。国有の送電網を管理する会社も国有であり、電気産業がリベラルに、独占企業などあらわれないように運営し、かつ自然エネルギーの推進も担っています。管理費は、国民の電気代から賄われています。

電気代については、たとえば、我が家の電気代の一例(変動します)は、1.90DKK (デンマーク・クローネ)/1kwh。日本円にすると、2011年4月2日の為替では1キロワットにつき約30円です。税金の占める割合が約50%と大きく、その収益は、国有の送電網の管理・自然エネルギー推進を支えています。

ただし、会社など法人は、それぞれの法人によって異なりますが、電気代に付加される税金が免除されるため、一般の電気代の約半額を支払うことにより、優遇されており、経済活動が促進されるようになっています。同時に、エネルギー会社は、政府より、CO2 ・節電の目標値を義務付けられているため、大きな法人には指導し、協力してCO2削減・節電を進めています。たとえば、デンマークの首都コペンハーゲンにある遊園地、チボリ公園の電力は100%、自然エネルギーでまかなわれており、その推進はDong Energy ドン・エナジー社とともになされています。

続く
Unknown (ピーダーセン 恵)
2011-04-02 23:26:58
日本の標準家庭が使用する電気代が22.9円/1kwh(東北電力)と聞きました。デンマークの電気代とは約7円違います。しかし、そのうちの50%を税金として支払っていることから、日本の電力料金との差額以上に、自然エネルギー推進を支えるお金が、デンマーク国民の電気代の中から支出されていることが分かります。
また、税金を差し引いた残り、電気料金の約半分が、純粋な電気代だと算出できますので、実は電気代自体が高いわけではないことが分かります。

日本の電気料金は、デンマークよりは安いけれど、決して安くはありません。
日本の、独占企業である電力会社の利益を削って使えば、十分、自然エネルギー推進の資力があるのではないか、原発は、独占企業の、利益を生み出す機械でもあったのではないか・・と推測するのは、私だけでしょうか。

また、余談ですが、エコ・カー、より熱伝導のない窓など、あらゆる、節電・エコなこと、製品に対しても、製造者、購入者ともに、税率が優遇されるようになっています。車を購入する際は、より排気ガスを出さない車については税率が低くなります。

税金の有効利用がなされていること、政府が真に国民の代表であり、腐敗政治がないこと、
送電網・エネルギー会社・電力会社ともに、国民のエネルギー政策へのコンセンサスが反映されるよう、国が管理しつつ、利益優先の独占企業があらわれないよう、健全な自由競争がなされる仕組みが、この国の自然エネルギー政策の成功を支え続けているように見えます。

デンマーク国民が、1kwhごとに電気代を日本国民より約7円多く支払い、電気代の50%を税金として、自然エネルギー推進、国有の送電網の管理の財源とすることによって得ているものは、

安全・安心・CO2ニュートラルな自然エネルギー、CO2削減、自然エネルギーのさらなる発展、自然エネルギー産業・電力の輸出による収益、雇用の拡大(被爆などの危険がなく、且つやりがいのある仕事)、経済発展、そして子どもたちが安心して住める環境、食べ物、自然、毎日の生活、他国へ示せるショーケース(よき見本)。

これは、高い買い物でしょうか?私個人としては、原発に払うより、自然エネルギーにお金を払いたいです、子どもたち、地球のために。

デンマークの政策の中で、参考になると思われるのは、法人に対して、電気料金の税金が免除されていることで経済活動を妨げないよう配慮していること、また同時に、国がエネルギー会社に、CO2削減・節電の目標値を義務付け、そのため、法人と協力して効率的に節電できるよう模索することが促進されていること、個々人の家庭での節電が促進されていること、です。

電気料金に付加される税金は自然エネルギー促進に使われ、同時に、法人については、課税率を変え、経済活動も伸びるように配慮する。

この方法がヒントのひとつになり、徐々に日本でも脱原発出来る未来を願って、書きました。少なくとも、脱原発イコール経済停滞ではないはず、いい方法があるはずだと思います。
THANKS! (daizusensei)
2011-04-03 12:14:01
みなさま>とてもよい対話ができてきましたね。ありがとうございます。この調子でお願いします(笑)。

原発を止めて自然エネルギー社会にすることにともなう経済的打撃は、原発メーカーには確実にあります。「原子力ルネサンス」と称して、国内外で新規建設に伴う受注を目論んでいたわけですから。

でも、日立も東芝も三菱も自然エネルギービジネスを展開すればよいのではないでしょうか。環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さんによれば、デンマークの風力発電機メーカーVestasは株の時価総額で日本のニッサンと同じ程度とのことです。

いつまでも原子力にこだわっているので、日本企業は、よいところはデンマークやスウェーデンなどヨーロッパの企業に先行されています。三菱も大型風車の開発に取り組んでいますが、日本で建設される風車は圧倒的にVestasです。
私が研究している木質バイオマスの分野でも、日本に導入されている機械はフィンランドやスウェーデン、オーストリア製です。すべて原子力を導入しないか、将来の脱原子力を決めている国です。

一刻も早く、将来の脱原子力を決めて、世界で成長著しい自然エネルギー経済の流れに乗りたいものです。
原子力発電は最初から破綻しているようなシステム (Frisky Tom)
2011-04-03 13:50:55
福島第一原発が深刻な事態になっていることは周知のことだが、その後始末にどのくらいの費用がかかるのか想像もつかない。また地域住民や地元産業への補償問題も含めると、とんでもない金額になることは明らかだ。当然ながら、それを東電だけで支払うことはできるわけもなく、大部分を国が請け負うことになるのだろう。つまり、結局は国民負担になるのである。
 そもそも、原子炉を廃炉するにはとてつもないコストがかかる。使用済み核燃料、高い放射能を帯びた廃棄物などは廃炉にしたあとも延々と管理し続けなければならず、莫大な費用がかかり続ける。驚くべきことに、その処分の方法がいまだに確定していないという。地層処分、地表管理、宇宙に放出(馬鹿げている)、と案は色々あるが、いずれにしても廃棄物を管理する施設が必要になる。そのような危険なものを受け入れてくれる自治体はあるのだろうか。
 処分方法がいまだ決まらない現在、使用済み燃料棒はプールに沈めてためこんでいるだけのようである。とんでもなく危険でやっかいなものを後世に残そうとしているのである。つまり、原子力発電の計画は最初から破綻しているようなシステムなのだ。問題だらけの原子炉をこれ以上一基も作ってはならない。
原発推進派 (勝てば官軍、負ければ賊軍)
2011-04-07 17:26:20

私は原発推進派である。
理由は電力コストが安いことである。

原発を全て廃止するということを年間総発電量を例に説明しているが、1985年と2011年では原油価格が全く違うことに一言も言及していない。

原油価格が1985年の5倍高騰している。即ち電力代が原発が無くなれば数倍電気代が上がることになる。
これは経済のイロハである。
大学準教授の見識を疑う。

停電すれば、夏の熱中症・冬の凍死・企業倒産と東日本大震災の秘ではないほど死者が出るであろう。

この時でもあなたは”原発全廃”を自信を持って唱えることができるか!




【年間総発電量について】
2009年の10電力会社の合計の年間総発電量は957TWh。(1TWh=1テラワット時=10億キロワット時)
そのうち原子力発電による発電量はその29%にあたる278TWh。

2009年の原子力以外の発電による発電量は、年間総発電量から原子力発電による発電量を引いた、957-278TWh=679TWh。
これは実は1985年の総発電量584TWhよりも多い。つまり1985年当時の電力消費量になれば、原子力発電所を全部止めてもやっていける。
不思議な原子力 (でじこむ)
2011-04-07 19:58:39
冷静に基本的な事を検証しなおす必要が在ると思う。
すると、不思議な事がたくさん出て来る。

①コスト:原子力は本当に、安価なのか?
広島型原爆の何万倍もの使用済み核燃料を安全に処理する費用をどう見積もっているのか?
事故が無くても廃炉に25年、800億かかる。

②ウラン資源:核燃料の総量は充分なのか?
採掘コストがペイする確認資源の可採年数は25年。
プルサーマルはせいぜい1,2割の節約、再処理費用をどう見積もっているか?
もんじゅモデルの倍増年数は90年もかかり、サイクル出来ない。何の実績もない。
ウラン資源は、勿論輸入だ。

③地球温暖化対策:直接地球を暖めている?
100万kW級一基で、毎秒70~95トンの海水を7~8℃暖めて放水。

つまり、どう言う訳か、原子力を頑張っても
未来のエネルギー需給に役にはたたない。

原子力は、放っておいても今世紀中には、稼動できなくなるだろう。

太陽光発電パネルは、量産によるコストダウンが出来れば、充分ペイする所まで来ている。

不規則で不定期な停電が懸念され、電気代値上げが予測される現在。
どうだろう?多少設置費用は掛かっても、自衛するしか、ないんじゃないだろうか?

特に今年の夏。

各戸、企業、オフィスビル・集合住宅の屋上…
これには、用地買収も送電線も、タービンも復水器も、運転員も要らない。
更に、設置以降は電気代を軽減できるし、最も需要の高まる真夏の日中に、最も威力を発揮する発電方法だ。
使用電力の3割を目安に肩代わりすればいい。

特に関東では、電力供給が安定するには半年以上の時間が掛かる。
その間の事業縮退が、悪い引き金を引きかねない。
リスクを積極的に回避するか否かは企業存続にに関わって来るだろう。
少しずつ脱原発 (加藤)
2011-04-07 22:10:38
今すぐ全ての原発を止めても、本当に原発関連企業以外の企業は打撃を受けないのでしょうか。普通に考えてそうとは思えないです。

将来的になら理解できますけど、今すぐ原発を止めるのは、あまりに大きな痛みを伴うと思います。

根本的にだいずさんは日本は経済大国でなくても良いじゃないかというお考えなのかもしれませんが…(間違っていたらすみません)。だから経済的打撃というのを軽く見ているように正直思えます。


自然エネルギー事業を拡大するなら、これから自然エネルギー開発に資金を投じて、徐々に脱原発を目指す、という方法が現実的に思えます。

ただその前に、これから日本のエネルギー開発の方向性を国民が考え、判断するためには情報の開示をフェアに行わないといけないと思います。

自然エネルギーの利点、問題点、課題。

原子力エネルギーの利点、問題点、課題。

それぞれを国民が知り、考え、議論する必要があると思います。
片方を悪に、もう片方を善にするような考え方は視野を狭くします。
今の原発のように後から元々あった問題が出てくるようではいけないと思います。


個人的には自然エネルギーで将来的に日本の経済を支えれるなら、それが実現可能なら、それを望みたいです。

ただこれ以上の経済的低迷はなんとか避けたいものです。

無知な人間なので大まかにしか言えませんが、個人的な希望を書くと、
クリーンな工業大国、且つ農業大国も目指したい。両方実現したらいいなぁと思いますが…欲張りでしょうか。

Unknown (経済へのダメージが大。)
2011-04-08 11:03:50
今すぐに、すべての原発を止める事は無理でしょうが、
照明をLEDに変えれば1割以上節電出来ます。それから、電気料金の改定で節電した方が得する設定にすれば、1割から1割5分くらいまでは節電できるでしょう。
あとの1割5分は天然ガスや石炭、小水力発電などのクリーンエネルギーでまかなえます。事実イタリアは原発0ですから。
原発がコストが安いというのは大嘘です、国から莫大な補助金が出ています、
それが官僚、政治家、などの利権になっているから、止められないんです。
この期に及んで原発推進している人は計算も出来ない低IQかと思いますよ。
今回の事故で日本産の農産品、水産品は売れません、それだけではなく車や部品など、すべての日本産製品がボイコットされはじめています、観光に来る人などいないでしょうし、いったい日本は何で食っていくんですか。今回の事故で日本は貧乏国へと転落する可能性が大です。
東電、原発官僚、政治家、A級戦犯です。
イタリアの例 (勝てば)
2011-04-08 16:00:33
イタリアは原発が1基も無い。
それは詭弁である。
イタリアは隣国から25%もの電力を購入している。つまり電力が足りない訳である。
アイルランド・アイスランド・ギリシアについで先週ポルトガルが破産した。
イタリアがもしも破産したら25%の電力が購入不可能になる。

また50%が天然ガズでの発電である。
その大半はロシアから購入している。
ウクライナのようにロシアに脅される可能性がある。

政治家は国民の生命と財産を守ることが必要である。

原発は必要である。
Unknown (大損害)
2011-04-08 16:41:27
>>政治家は国民の生命と財産を守ることが必要である。
守れてないではないですか?
放射能まみれで住めなくなればお終いでしょうが!
ロシアが破綻した原因の一つがチェルノブイリですよ。でもロシアは、まだ良い、国土も広いし資源もある。放射能まみれになっても資源が売れなくなる事は、あまり無い。
でも日本が作る物は他国でも代替可能なんですよ、(韓国、中国、ドイツなど)
電力が足りなければ買ったって良いでしょ。
国土を放射能まみれにするより、はるかにマシです。
考えることが大事なのかな・・・? (Mてぃ~)
2011-04-09 18:01:43
 
私が高校生の時、2~3年前かな??
私の通ってた高校に、チームマイナス6%に取り組んでる東大生が、講演にきて、温暖化防止のために、原子力発電所の推進を訴えたことをふと思い出しました。


今ふりかえると、そのとき自分は、原子力発電所に対して、ありえないほど無関心であったよ思います。

チェルノブイリと日本は違う。
日本の技術力で事故が、しかもこれほど深刻な事故が起こるはずなんてないって、盲目的に信じていた・・・いや、信じているなんて言う強い意識なんてなく、疑惑を持つことができなかったような気がします。

今、実際に危機に直面し、原発の危険性に気付かされました。

しかし、私は、原発すべてを廃止すべきだという意見は持てません。・・・なぜなら原発のこと(仕組みや、供給への貢献度、環境負荷など)も経済のこともよく知らないからです。
今、盲目的に賛同したら、意見が180度違うだけで、何も変わってません。

高校生の時、私は、知ろうともしませんでした。その姿勢は間違っていました。日本国民の一員として、日本のエネルギー、安全についてしっかり考えたいです。それは、私の大切な人を守ることにつながると思います。


今回の事故で多くの人が原発につい感がえたと思います。この機会をむだにしてはいけないと思います。


高野先生のこの意見の提示によって多くにが考え、意見を提示する機会を得たと思います。
今の私の知識では、先生の考えが、妥当なのかどうかは判断できません。

知識を得て、先生と議論できるくらいになりたいです。
マルチレス (とんこつ)
2011-04-10 10:13:11
>原発がコストが安いというのは大嘘です、国から莫大な補助金が出ています、
>それが官僚、政治家、などの利権になっているから、止められないんです。

そういえば太陽光発電利権やら風力発電利権なんてのもあるそうですね。

>電力が足りなければ買ったって良いでしょ

まさか日本より原発の多い韓国やこれから原発を増やしていこうという中国から電力を買おうって言うんじゃないですよね?

「貧しくたってかまわない。安心で安全な国にしたい」というのであれば、それは国民の選択としてありでしょう。
自然を破壊し、決壊すれば多くの人命を失いかねない水力発電所や大気汚染が今でも懸念されている火力発電所はどうするのか?も考えるべきでしょう。
デンマークは本当にエコ先進国? (加藤)
2011-04-10 22:39:32
退散しようと思ったのですが、やはり逃げたくないと思い、批判されても良いので議論に参加させてもらっても宜しいでしょうか?

ピーダーセン 恵さんのコメントを読んで、僕も素人なりに調べていたら、色々とデンマークのエネルギー事情について疑問が出てきたので書きたいと思います。


風力発電が日本で有効かどうかは別にしても、デンマーク自体は本当に自然エネルギーで持続可能な社会を作り上げられているのでしょうか?

それに関して最初に思い浮かぶ疑問は、自然エネルギーは不安定なのに、それを風力発電先進国と呼ばれているデンマークはどういった方法で解決しているのかという事です。


調べてみると、デンマークは発電したエネルギーを輸出もしているけど輸入もしているんですね。
風力発電のエネルギーを輸出して、火力や原子力のエネルギーを隣国から輸入しているそうです。
その電力輸入量は2000年から2005年までに2倍に増えている。

なぜそんな事をしているかというと、CO2の排出量取引が制度化されているヨーロッパでは風力発電による電力を買えばその分のCO2排出量を削減したとカウントされる仕組みになっているからで、そういう需要があるから、デンマークで余剰になった風力エネルギーを隣国が買ってくれている。

つまりデンマークの風力発電が動かない時には、本来CO2をバンバン出して火力発電とかを動かさないと賄えないのだけれど、それを他国から輸入する事で解決している。
そうして国内の火力発電による電力生産を大幅に減らし、CO2排出量の大幅な削減に成功し、さらには近隣国から電力を輸入しながら国内の火力発電による電力生産を減らせば、相対的に風力発電の割合はさらに増える。
だから変動が激しい不安定電源である風力発電が電力生産の18%も占める、なんて事が可能になっているんだそうです。

風力発電は余ってしまう時もあれば、全然発電してくれなくなってしまう時もある。
その問題をこういったカラクリで解決しているデンマークは本当に自然エネルギー先進国と言えるのでしょうか?

こうしたデンマークのやり方に対するFED(フランスの持続可能な環境連盟)の評価は
『デンマークは恒常的な電力供給を保証できない風力発電を補完するため、近隣諸国で二酸化炭素の排出を増やしただけだ』だそうです。


これは素人の僕がインターネットで調べた事なので、事実確認はできないのですが、もし本当だとしたら、日本がデンマークを手本にする事は難しいのかなぁって思いました。

ちなみにスウェーデンは脱原発を目指していましたが、近年では原発推進に世論が動き、新しい原発を造る法案も通ったそうです。
どうしてそんな事になったのか…それも調べたり考えたりする必要がありそうです。
理想と現実 (tommy)
2011-04-11 00:36:38
節電への呼びかけとしては良いと思います。

でも、前の方のコメントにもあるとおり、85年ということはインターネットが家庭に普及していない時代。確かに、ネットを支えるバックボーンやデータセンターは電力食う大口顧客なので、ここをごそっとなくせば相当に減らせるはず。当然、携帯電話からネットも見られなくなります。会社のやり取りも電話かファックスか書面です。それで1000兆円強の借金返す方法を教えてください。

あと家電製品についてですが、会社勤めする女性にとって時短を叶えてくれる家電製品はなくてはならない存在です。炊事・掃除・洗濯は、家電製品ないと時間が相当にかかる作業です。以前BBCで、70年代の生活に戻ってから1日ごとに現代へ戻るのを体験してもらうという番組がありました。母親は結局仕事を休み、早朝から深夜まで家事に明け暮れていました。女性は働かずに家を守ってくれればいいというのであれば、別にそれでいいですが。

原発がないことに越したことはありません。私も賛成です。ただ、反対するなら、もう少し現状を理解した上で考察していただきたく思います。短絡過ぎて残念です。
今地震が来た 震度6 (池田 正博)
2011-04-11 18:37:37
福島原発から出続けている放射能物質を
毎日吸いながら生きている。逃げ場がない。
移動する金もない。
今を生きている人たちも考えて!
原発を一時停止にして、耐震設計、電源確保の
見直しをする。政府は緊急判断をすべき。
東海沖地震の心配も現実になってきた。
まずは地震対策が緊急課題。
議論はいつでも出来る。国民の目線で何でも言える日本になれるよう望む。
Unknown (経済専門家)
2011-04-13 21:55:09
私は原子炉を停止すれば、それで安全だと思っていたが、今回の事故で、色々と調べてみたら、停止した後も冷却しつづけなければならないという事を知って、その為には電源とポンプと水が必要であり、はっきり言って、そこに本質的なリスクがあり、設計思想として不完全で未熟な物だと知りました。優秀で誠実なエンジニアなら気づいているはずです。
よく、自動車事故や飛行機事故と比較する人がいますが、自動車事故や飛行機事故とは比べようもないくらいの損失を出すわけですから比較になりません。自動車事故や飛行機事故が起こっても日本が終わるというようなことはありませんが原発事故は日本が終わりかねませんよ、事実、日本産の農産品、水産品は売れません、それだけではなく車や部品など、すべての日本産製品がボイコットされはじめています、観光に来る人などいないでしょうし、いったい日本は何で食っていくんですか。今回の事故で日本は貧乏国へと転落する可能性が大です。原発がクリーンなんてのは詭弁です、暖めた海水を海に放出して温暖化上昇の原因にもなってます。こんな狭い国で人口密度も高く、地震の多い国で原発を作ろうなんて狂気の沙汰です。
まずは、今一番危険な浜岡原発を止めることです。福島と同じようになります。
どっちが大切? (うしまる)
2011-04-13 23:04:38
なぜ今でも原発を信じられる人がいるのか解りません。

経済力の保全のため?電気を潤沢に使える今の生活を守るため?
でも、経済的に恵まれても、快適な空調に守られても、、、自分の子供が、孫が小児ガンになったら幸せでしょうか?自分の子が放射線によって壊れた体を背負ってきたとしたら?
もしくは、自分が放射線による癌で苦しむのはOK?
何かを食べるたびに内部被爆のリスクを考えなければならない生活が幸せですか?

50年使って、80年お守りして、その後も永久に死の灰を出さないように管理しなければならない物をさらに持つ覚悟がありますか?
覚悟がないまま持って使ってしまっているこの諸刃の剣を、まだ死の灰を増やしながら使うんですか?

原子力は人間には扱い切れないものだと思います。私は。
だから、やめるべきだと思います。
うしまるさんへ (Unknown)
2011-04-14 12:01:06
ここでこのブログを批判したり、原発を擁護するようなコメントしている人建ちに、
『自分の子供が、孫が小児ガンになったら幸せでしょうか?』という質問は意味がありません
何故って、彼らには「愛する人・家族」が居ないからです。居ないからこんな冷たいコメントも書けるのですから・・・。

いま、ネットやPCに依存していて、贅沢な生活を捨てられないと「ほざいている」人たちも、いつか家族を持ったとき自分に子供が出来た時、きっと気付くと思います。

ただ、問題なのは「中途半端な学力の持ち主達」
この部類の人間は、科学技術の頂点とも言える原発を、さも知っているかのように上から目線で語ることで、自分も頂点に登ったような錯覚を持っているんです。
こんな人たちは、たとえ家族が出来ても変わらないでしょう
机上の空論はどちらか (閖上漁協)
2011-04-14 21:57:24
現在、東京電力関内で稼働している原発は、柏崎の4機だけです。

福島第二がこの先、再稼働する見込みはありませんし、東北電力の女川の稼働も、数年は無理でしょう。

つまり、現実の問題として、関東地方は、今夏、ほとんど原発に依存せずに暮らす経験を強いられます。東電の社長が、柏崎原発を早く再稼働させたいと、記者会見で言ったそうですが、これは夏に間に合わないことを分かった上での発言です。

私は、おそらく夏場を乗り切り、東電関内では柏崎の4機が止まっても大丈夫、脱原発を実現することが可能という認識になると思います。

過度の節約は景気によくないって話になったら、追加で他のエネルギーを考えたらいいだけのことです。

もともと福島第一は全部廃炉、福島第二は楽観的に見積もっても、十年以上は動きません。新しい原発で、これらを補うことが考えられない以上、そもそも原発という選択肢はありません。

原発がなければ、経済がダメになるとかいう与太話は時間のムダです。現状、原発なくてもなんとかするという議論しかないはずです。
将来の世代に負担を押し付けるのか (yann)
2011-04-14 23:10:41
 「非現実的」「夢物語」「机上の空論」
「下らない」など、まだ懲りないのですか?
 「経済」「生活レベル」そんな理由で、
  将来の世代に、負担を押し付けることが
 許されるのですか?
  危険性は勿論、コストだって高い。
  放射性廃棄物なんて将来にずっと残る。
  命よりも大事な、経済や生活レベルって何
 ですか?
  東電や保安院を責める前に、自分たち自身
 の胸に手を当てて考えるべきです。 
  そもそも、老朽化し定年を迎えつつあるわ が国の原発の現状に照らすと、新規建設がな
 い限り、原発政策が破綻するのは既定路線で
 す。
  海外依存の従来型日本経済など既に破綻し
 ており、経済という観点からも、新エネルギ
 ーによるビジネスチャンスの方が、現実的で
 ある。
  実際には、原子力という選択肢はない。
  その現実を直視して、社会や生活様式を
 見直すしかない。
Unknown (とんこつ)
2011-04-15 01:04:01
>何故って、彼らには「愛する人・家族」が居ないからです。居ないからこんな冷たいコメントも書けるのですから・・・。

このような人格否定をしなければ自分を正当化できない人がいるのは悲しいことです。
そんな人たくさんいるじゃないですか (閖上漁協)
2011-04-15 01:53:46
「感情的」ではあるけど、許容範囲でしょうね。

最初の頃のコメント読んでたら、私もムカついてきますけど。匿名の発言者に対してではなく、ブログ主催者に対して「素人丸出し」だの「小学生以下」だの。

指摘するのもバカバカしく、別に悲しいとも思いません。
結局はどちらの提案も暗い未来に見えるから (ハル)
2011-04-15 08:22:26
「原発は必要」or「原発は廃止」
どちらの話も未来に希望や明るさ、そうなったらいいなって思える内容がないね。


原発を新規に作らない場合、既存の原発が耐久年数過ぎようとも、大事故になるまで政府と電力会社は使い続けると思われる。
もし新規に作らせないなら早めに廃止しないと老朽化の事故のリスクが増大する。
福一も震災前からコンクリにヒビが入ってたり老朽化が目立ってたらしいから。
そんなんで廃止するなら急激に進めないと、政府と電力会社の管理能力が乏しいから、結局は事故のリスクを上げると思う。

極論だが原発廃止したときの節電方法は、企業の海外移転だ。
その代わり、日本は稼げなくなる。
この時点で、たくさんの死者が増えると思う。
自殺も増えるだろうし、餓死者もでるだろう。
そして高齢者は、熱中症と寒さで亡くなる人が大勢でる。
この頃になると政府の公共サービスも資金がなくてガタガタだろうか。
たぶん壊れてつかない信号機とかも出てくるだろうな。

近隣諸国から電力は買えない。
だって、ロシアと韓国と中国だよ。
尖閣諸島、竹島、北方領土で何かあっていきなり送電止められたらと考えたら。
外交的にすごい不利だもの難しいよ。
それに他国が原発で発電しているんだったら、原発廃止の意味はない。

たぶん、日本にはいまの不景気感よりももっと重い空気が流れて、愛情のある人だったらこんな社会に子供なんて産めない可哀想と思うことだろう。
結果、大幅に人口が減少して、電力があまるくらいになる。


で、原発を推進した所で地震リスクは回避できない。
一度、事故ってしまえば、将来ガンで死ぬかもという恐怖がずっと付きまとう。
そして、未来において核廃棄物という限りなく重い負債を抱えることになる。
長い目で見た場合、原発は仮に安全な技術だったとしても、地震大国の日本は例外でリスキーな施設であり、未来において損益となる。

だいたい、そんな所?

なんか苦しい状況がすぐ来るか、未来に来るかどっちがいい? って究極の選択みたい。


でも、仮に2300年まで燃料がもつなら、代替えは太陽光発電でいいと思う。
その頃には宇宙エレベーターが出来ているから、宇宙で太陽光発電所を作れる。
送電はマイクロウェーブ。地上で電気に変換すればいい。
くもりもないから発電しまくり。
あと核廃棄物は、宇宙エレベーターで宇宙にあげて太陽にでも放り込もう。

もっと身近で現実的な発電方法としてはさ、渋谷のスクランブル交差点に振動で発電するやつの実証実験してるハズなんだけど。
あれを首都高に敷き詰めれば、偉く発電するって聞いたけど、その後、どうなったかどなたかご存じの方いらっしゃいます?
原発止まってても (閖上漁協)
2011-04-15 22:33:52
今日の毎日新聞です。

☆東電、7月までに5200万kw確保へ 節電目標縮小も

ピーク時には5500万kwが必要とのことですが。やっぱり、やればできるんだなとしか言いようがありませんね。
1,500℃級コンバインドサイクル発電 (ハル)
2011-04-15 23:32:16
8月には柏崎刈羽原発も定期検査で一部が停止して5070万kwに下がる。
ある意味で稼働する原発が少なくなる興味深い期間になること間違いなしですね。

継続的に火力発電で電力確保するなら、すべての火力発電所で1,500℃級コンバインドサイクル発電を装備したい所ですね。

議定書のCO2排出を震災ってことで世界が見逃してくれればいいのですが。
鳩山さんが25%削減って言っちゃったからなー。

余談ですけど、節電の話。
冷蔵庫やエアコンの消費電力は、15年とか前の機種よりも最大で85%削減してたりします。
この夏に買い替えると結構、いいかも。

あと蛍光灯もシーリングライトで省エネタイプの蛍光灯ならLEDとさほど電力消費が変わらない。
LEDはまだ回路が発熱したりまだ進化の余地がある。
蛍光灯の変わり取り付けるタイプの製品も規格整備されてないので、照明側に改造が必要だったりそのまま大丈夫だったりと乱立してる。
それも整備が必要ですね。
オフィスとかの蛍光灯ですが、端っことか黒くなってたりするじゃないですか。
古い蛍光灯は、消費電力が3倍になったりします。
切れる前に交換した方が節電になる。
それから3カ月に1回外して拭く。反射板も拭く。
汚れで暗くなるんですよ。拭くと結構明るくなるんですよ。
明るければつける照明の数を減らせたりするかも。
蛇足ですけど、蛍光管には水銀が入っています。
割と回収されずにゴミとして廃棄され、水俣病の教訓が生きていなかったりして。
放射線も怖いですけど、十分に水銀も怖いと思います。
とくにお魚を食べる日本人ですから、ついでに水銀垂れ流しも何とか変えていきたいですね。

それと、電気給湯をガス給湯にすると節電になる。
火力発電(ガスタービン発電機)を使って電気を作り、電気でお湯を沸かすのは非効率です。
直接お湯はガスで沸かせば効率的。
原発の熱効率は30%、火力発電は高効率ので50~60%、家庭のガス給湯器は80%超えていたと思います。

同じ広さの部屋を暖めるのなら、電気ストーブよりもエアコンの方がヒートポンプを使っているから効率的。
でも、そもそも暖める空間を減らす、こたつ最強(笑)

それとウチでは電気炊飯器を止めて、食べる分だけ、鍋+ガスでご飯を炊いています。
保温もしないので、ビックリするくらい電気代が減りました。
ガス料金はあがりましたが。

ウチ、85年にダイキンのエアコン使ってたり、そこそこ消費電力がありました。
冷蔵庫、エアコン、照明を変えたり、電気炊飯器を止めたり、お湯はガスだったりするので、意外と現状で消費電力ってそんなに増えてないんですよね。
当時、スイッチが着いた電源タップもなかったから、今の方が割と便利に節電しているような気がします。

最近、めっきり少なくなったボイラー技士とか必要になってきたりして(笑)
昔はビルにボイラー技士が駐屯していて、空調のコントロールをしていましたよね。
いま普通にエアコンを設備で集中管理ですからね。

都心の集合住宅なので太陽パネルは導入できないのですが、夏前あたりに節電の為またエアコンと冷蔵庫を買い変える予定です。
明るい方へ (うしまる)
2011-04-16 00:40:30
ハルさん、、、ハルというとHAL9000を思い出してしまう(笑)。

明るげな未来が見えないのは、、、そのとおりだと思います。確定的な答えはだれにも出せないのでしょう。チェルノブイリの解決策は未だありませんし。

後は、なかんずく明るい方へ、未来の明るそうな方へ、舵を切る気があるかどうかでは?

ハルさん自身、全力で進んでいらっしゃるではないですか。いろいろ実践されている節電策、ぱくれる所はぱくらせていただきます。

私自身としては、この際すべての原発を一度止めて見てほしいなと思っています。ただし、電力会社には代替えエネルギー調達を全力で行わせた上で、です。火力が使えるなら、最大限使うべきでしょう、現時点では。(電気を人質に原発を認めさせるように恫喝することだけは認められません。)

案外、大丈夫なのではないかと推察します。震災直後の電力需要より現時点の方が大幅に減少しているとは思えません。当時停止していた生産工場も順次復旧していっているはずです。では、、、、あの、電車も信号も止めた「計画停電」って難だったんでしょうね。

それともう一つ不安が。止めてみようとしてみても止まらないものが出てきませんかね???

すべての原発が停止に失敗しないことを祈ります。
再生可能エネルギーの課題を解消できれば… (加藤)
2011-04-16 01:40:29
脱原発に向けて大きく舵をきる事には賛成です。

ただ、日本が脱原発を達成するには本物の再生可能・持続可能なエネルギー技術を完成させないといけないと思いました。
現時点で持続可能なエネルギー政策を確立できている国はヨーロッパにもないように思います。それはドイツもデンマークも。
前のコメントでも書いたデンマークと同様に、再生可能エネルギーの技術が進んでいるドイツも結局は隣のフランスから原子力のエネルギーを買っている。そしてベルギーに余剰の再生可能エネルギーを売っている。
このように隣国の原子力や、排出権取引という制度に支えられながら再生可能エネルギーの開発を進めているのが現状だと。

原子力に頼らなくていけない理由は再生可能エネルギーには供給量が不安定という最大の課題があるからだと思うのですが、これを解決する技術は今のところ無いのでしょうか?
例えば電力を貯めこむ技術とか…日本の優れた技術力なら近い将来解決できそうな感じもするけど現状はどうなんでしょうか?それはぜひまただいず先生にお聞きしたいです。

それから、ここのコメントの中井亮さんという方の意見の中にある
『「持続可能な社会」を考える際にはリスクも含める必要があると思いますが、多くの場合、災害や戦争などのリスクが含まれていない気がしますが』
という意見、僕もそういったリスクについて色々と考えていたのですが、やはりベストミックスという考え方は必要なのではないかなぁと思いました。

村や町のような小さなコミュニティの場合そういう事はあまり考えなくてもよいのかもしれませんが、国家レベルで考えると、やはり不安定な自然エネルギーだけに頼るのは心細いような気がします。

例えば、戦争とか何らかの原因で海外からの石油の輸入を停止させられても、火力発電以外のモノで国の電力をある程度賄えるような体制が必要なのかなぁと。
そう考えると、やはり安定的に電力の供給ができる再生可能エネルギーの技術が確立できるまでは(日本はドイツのように隣国から電力を輸出入できないので)脱原発を達成する事は難しいのかなぁって思ってしまします。


あと色々と調べてて日本の地熱発電には希望の光があるように思えました。
なんでもアイスランドの地熱発電所の設備は日本製との事で、これはすぐにでも実現できそうな感じが素人感覚でしたのですが…実際はどうなんでしょうか?
温泉観光街との交渉という課題はあるとは思いますが…知識のある方の意見が聞きたいです。

いないですよ (とんこつ)
2011-04-16 08:05:46
>最初の頃のコメント読んでたら、私もムカついてきますけど。匿名の発言者に対してではなく、ブログ主催者に対して「素人丸出し」だの「小学生以下」だの。

ブログ主催者がいかにいい加減な数字で物事を語っているかについて具体的な反論をしたうえでの批判と何の根拠もない誹謗を一緒にしてはいけません。
Unknown (経済専門)
2011-04-16 15:21:53
今の日本は、あらゆる面で発想の転換が必要なんだと思います、東京一極集中も中央集権的な制度も色々と弊害がありますし、
エネルギー政策にしてもそうです、太陽光発電は不安定だから、主力にはなりませんが、電力のピーク需要を抑えてフラットな需要にする事には貢献できますし(夏場のクーラー需要)小水力発電、や地熱発電は比較的安定してます。藻を培養してバイオエネルギーにする研究もすすめられてますし、こういったクリーンエネルギーに投資して省エネとクリーンエネルギーで、すべてのエネルギーを賄うというぐらいの覚悟でやる事、そして、それが結果、飯の種にもなるし競争力の源にもなる。福島を災い転じて福となすにはその方向しかないと思いますね。今までの延長戦上で考えていたらジリ貧でしょう。
短期的見通し (閖上漁協)
2011-04-16 21:51:45
現実的な短期的な見通しを少し。

どうせ、最初からブログ主催者の意図を歪めた発言が続いていたので、構わんのではないかと甘えさせて頂いて。

まず、前提として、東北、関東の原発は大半が止まっています。再稼働の見通しも極めて厳しいでしょう。

一方で、西日本に関しては、今回の福島原発事故は多分に他人事です。電力会社は地方では絶大な力を持ってますから、マスコミは批判的に報じることはほとんどありません。すぐに原発を止めるというのは現実的ではない。

私は、十年位は、東日本は脱原発モデル、西日本は原発依存モデルで競合させるというのが妥当かつ現実的な方法だと思います。

これなら、別に大きな政策の見直しは必要ありません。現実に追従しているだけとすら言えます。

もちろん、原発事故が起きても政府補償は一切なしで即倒産、経営者の道義的責任も問うという形にするとか、電力事業の大幅な自由化とか、細かくはいろいろあるでしょうが。

東京電力が脱原発モデルを掲げて、経営再建を宣言すれば、今回の原発事故の被害者からも理解を得やすい。原子力事故の処理ノウハウも今回の事故を契機に身につけ将来に活かす。

どんなもんでしょう。

補足 (閖上漁協)
2011-04-16 22:45:51
>すぐに原発を止めるというのは現実的ではない。

好き好んでは止まらんだろうなと考えているだけで、「少々、無理すれば止まります」とは考えてます。

根拠は、少し前に書きましたが、東電が発表した今夏の発電能力です。
ラスボスはもんじゅ? (ハル)
2011-04-17 03:10:29
HAL9000って「2001年宇宙の旅」の人工知能?!
それで思い出したけど、JAXAもロケットに塗ってる断熱塗料のガイナを買って家に塗ろうかと検討中。
東京駅前にオアゾってビルがあってそこにJAXAの広報(?)の施設が。
ガイナの断熱実験の展示もあって見たことあるの。
この間、はやぶさ回のカンブリア宮殿でも出てきました、ガイナ。家の断熱も重要だと思うんですよね。
はやぶさのロケットと同じ断熱塗料っていうシチュエーションにも惹かれていたりして(笑)自分のウチに宇宙素材が使われていると思うとロマンを感じてしまいます。
あと簡易的にDIYをして二重窓もどきも思案中。
どうしたら節電に繋がるのか考えたりするのがゲーム的でちょっと楽しくなってきてたりして、ワットチェッカーがついた電源タップも買った(笑)

尖閣諸島付近って天然ガスがありませんでしたっけ?
日本がそれを掘り出して火力発電に使って安定供給とかできないのかな? CO2でるけど。

> 止めてみようとしてみても止まらないものが出てきませんかね???

高速増殖炉のもんじゅ なう!!
去年、中継装置を炉内に落として以来、サルベージに24回連続失敗中。
確か25回目が6月に。いまその作戦の専用の工具(?)を制作中だったような。
で、本来外すように設計されていない部品まで外すリスキーな事をするらしい。
冷却にナトリウム使ってるのにどうやってやるんだろう? とか疑問に思ってるけど。
作戦内容の概要の記事をざっと読んだ時、失敗しないって事が想像できないような印象だった。
今年の2月14日のバレンタインデーにもんじゅの燃料環境課長が自殺したんだよね。
こんな状況でも脱原発が東日本だけの空気ってのにも不思議な感じがするけどね。
スピーディの予測を毎日天気と一緒に公開したら目が覚めるだろうけど、パニックは確実かも。
今週の飛散予測がスゴイですよね。海外のサイトのが。


原発は確かに安定供給と国防、安保の観点からの必要性も確かにありますからね。
単純に危ないから止めようだけでは説得できないですよね。

> 蓄電
工場用に作っていたリチウムイオンバッテリーを家庭向けにも販売だったかリースだったかをするって何かの記事にありました。
でも街に対しての蓄電だと規模が大きすぎるかも。
街規模の場合は揚水くらいですよね。
余談ですけど、東芝だったか海外で発売しているテレビにバッテリーがついていて、停電の時でも2時間くらいテレビが観られるらしい。
計画停電があるならすごい便利なテレビだ!

> 日本の発電技術?!
そう! アイスランドの地熱って日本製なんですってね。
割と日本って色々な発電方法を考えてはいるみたいですよね。
砂漠で有効なのが、鏡で太陽の光を集めてお湯を沸かしてタービンを回す発電。
比較的簡単に設置できるらしく、日差しが強い砂漠で大活躍。
これも何十年も前に日本で考えていたけど、太陽光が弱い日本では無理だと。


あ、振動発電ですけど、足立区の橋でも実証実験やっていて橋のイルミネーションの電力を賄っているそうです。
あと東京駅でもしてるみたい。
で、首都高にこの床発電を取りつけたら、東京23区の電気の4割がまかなえるんだって。
えーなんか計算どっかで間違ってない?! と思わなくもないですが、ググると出てくると思います。
電車の高架橋とか効果的な設置場所はたくさんあると思うので割といいかも。

参考に (peach)
2011-04-17 03:54:10
原発Nチャンネル14 原発なしでも電力足りてる 小出裕章

http://www.youtube.com/watch?v=PLJVLul6Wz0
そもそも… (加藤)
2011-04-17 07:35:11
このブログ記事のテーマである
「原発を全部止めたら?」
あとコメントにもある
「原発止まっても今実際やっていけているではないか」
という意見について考えてみたんですけど、そもそも日本のエネルギー政策は『ベストミックス』という考え方ですから、原発を止めてもある程度やっていけるようになっているのではないでしょうか。

ベストミックスとは、国家が経済面でも安全保障の面でも1つのエネルギーだけに頼る事は危険だという考え方だと思います。
ですから今回のように災害で原発が止まっても他でなんとか遣り繰りできるような政策をとってきたんだと思うんです。

この夏の電力がなんとか賄えそうなのは、今までのベストミックスという考え方がある意味で成果を出しているという事にもなるような気がします。

逆にもし戦争などで石油輸入を止められて火力発電ができなくなった場合は、原発の稼働率を上げる必要があったのかもしれません。
だから原発は常に全てが稼動しているのではなく、そういう時のために止めてある物がある…という事なのかな?

もちろん石油停止と原発が全て止まるような災害のダブルパンチがきたらアウトだと思いますが…。

少なくとも今原発を全て止めてもなんとか遣り繰りはできるのかもしれまんせんが、そうなると現状で日本のエネルギーは、ほぼ火力だけになってしまう。それでは経済面でも安全保障の面でも石油を止められたらアウトって事ですから、ウーン…て感じもします。

そう考えると、今の原発の役割を再生可能エネルギーで賄うなら、何らかの理由で火力が止まっても再生可能エネルギーだけである程度日本を支えられるくらいの規模が必要なのかなぁと思います。
それで言うと、やはり再生可能エネルギーの安定性の低さというのは大きな壁になってきますね。

日本が原発を推進してきた理由は利権とか色々な話がありますが、必ずしもそれだけではなかったのかなぁとも思います。
しかし今現在、日本の経済は原発事故(しかも大部分が人災)によって大きな打撃を受けています(元々景気悪かったのにこれから本当に大変です)。

なんにしろ、僕達一般の国民の多くが日本のエネルギー政策や安全保障について考え、議論しないといけない時期(ある意味でのチャンス)が来た事は確かなようです。

それは頭が良くて偉い人達だけで考えるのではなく、国民全員が考えたり議論したりする必要があるのだと思います。日本は民主主義なのですから、最終的には僕達国民が日本の将来を決めるのです。
ですからここのブログで議論させてもらっていて、途中で批判のし合いでなんかもう嫌だなぁと思った事もありますけど、議論を続ける事は重要かなぁと思いました。

ここのブログ主であるだいず先生から許して頂ける限りは、議論を続けたいです。
日本海にある天然資源 (加藤)
2011-04-17 09:00:44
ハルさんの『尖閣諸島付近って天然ガスがありませんでしたっけ?』という話なんですけど、メタンハイドレートという資源の話を聞いた事があります。

参考までに

日本の独自エネルギー 日本海メタンハイドレート1
http://www.youtube.com/watch?v=Oad9mGcUR6U&feature=related

日本の独自エネルギー 日本海メタンハイドレート2
http://www.youtube.com/watch?v=82JUS6u5k1s&feature=related

日本の独自エネルギー 日本海メタンハイドレート3
http://www.youtube.com/watch?v=OZL2Yod6L6I&feature=related


これは天然資源であり、持続可能なエネルギーではありませんが自国の天然資源があるなら石油も輸入しているのだし、使っても良いような気がします。


正直この番組動画のリンクをだいず先生のブログに貼るのは躊躇しました。
というのは、この番組はチャンネル桜といってだいず先生とは色々な面で全く逆の考え方を持っている番組だと思ったからです。
もしかしてこの事を迷惑だと思われるかもしれません。
しかし議論というのは同じ考えの人達だけでしていても意味がないと思いましたので、このリンクを貼ることにしました。
Unknown (とんこつ)
2011-04-17 09:06:18
7月にとりあえず300万kwの電力不足、8月になると400万kwの電力不足。
これも今年の夏ピーク時の電力需要が5,500万kwで収まるという仮定でのもので、6,000万kwなら800万kw、900万kwの電力不足、2001年のように6,400万kwなら1,200万kw、1,300万kw不足となります。
400万kwというと電力供給能力の10%未満なんですけど、ピーク時の90%程度の電力需要がある時間帯は10時から18時とあまり短くないんです。

当然どこかで電力需要を落とさないといけないわけですが、変電所単位で停電をやればその区域内の産業活動は滞るわけで、生計が逼迫する人も出るでしょう。
大企業(大口需要家)に強制的にシフトさせるとしてもやはり生産は減少します。
すべての需要家が節電すればいいのですが、みんながちゃんと協力するかどうかはやってみないとわからないところがあります。
そもそもこうした「節電すればなんとかなります」は供給義務を負う電力会社が言うべきことではなく、需要家とくに一般家庭がそうした声を挙げるべきなのですが、どうもそれが聞こえてこないですね。

さらにいえば節電努力で何とかなりそうなのは5,500万kwのときくらいで、予想が外れて6,000万kwならもうアウトでしょう。
連続ですみません (加藤)
2011-04-17 09:13:20
チャンネル桜以外の番組で取り上げていた時の動画のリンクも貼っておきます。
いずれも独立総合研究所の青山繁晴さんが説明されています。

博士の異常な鼎談

http://www.youtube.com/watch?v=Ja79a1TXWGU

小出裕章氏 (とんこつ)
2011-04-17 10:02:00
>原発Nチャンネル14 原発なしでも電力足りてる 小出裕章

火力発電所だって設備利用率が100%かなり無理のある数字ですが、それ以上に自然の降水に頼らないといけない水力発電所は100%どころか50%をどのくらい維持できるのか疑問です。
原子力発電所ができる前ですら50%の設備利用率ではなかったのですから。

また小出氏は放射線は絶対悪だが、二酸化炭素は絶対に必要だと言いますが、地球温暖化で洪水が増え、熱帯性の伝染病が蔓延することは問題ないのでしょうか?
チェルノブイリ周辺は人が立ち入らないために野生生物の宝庫となっているようですが、人間の利益というものを考えなければ温暖化による地球環境の変化も原子力発電所の壊滅的な事故もさほど変わらないようです。

小出氏の話は本当に必要な問題点について語ってはいないように思います。
電力が増える事を想定しないと備えにならない (ハル)
2011-04-17 15:25:07
小出裕章さんの見たら、逆に足りてないんじゃないかと心配になった。
私と同じく火力発電を増やす方向ですが、グラフを見ると最大消費電力がバブル以降、横ばい。
でも個人的には将来もっと増えると考えているし、CO2を出し続ければ、異常気象を含めて気候が変わると言われています。
だとするならダム周辺の降水量を期待する「水力はあてにならない」と思ってます。

震災前、個人のマインドは不景気なままでしたけど、企業減税の話もあったりと景気は上向きになっている感じだったじゃないですか。
経済成長=消費電力アップだと思うのですよ。
日本は世界の工場でもあると思うので、輸出が増えれば生産する為の電力は上昇しますよね。
私たちが復興する為には、経済成長が不可欠だと思うんです。
だから、もっと電力需要は伸びていく事を想定して、どうやってエネルギーを獲得していくかだと考えます。
そうなると節電の概念は必要であっても、それで電力がまかなえるようになるって理ではないと私も思います。

電気自動車とか、化石燃料じゃない動力利用は増える。
システムとして消費電力が伸びるのに、それをシステムとしての節電の仕組みじゃなくて、精神力をもって節電すれば大丈夫ってのには無理があると思う。


CO2は生命に必要って表現する事にちょとビックリ。
火力発電をプッシュするコメントしている私が言うのもなんだけど、バランスは大事だと思う。
糖分が生命維持に大切だとしても摂取し過ぎたら糖尿病で死ぬ。
あと放射線=死の灰ってのも過激! 自然界は放射線を出してるわけだし、その中で生きているのに、不安を煽るような脅し文句な印象を受ける。
最後のコメントが余計かも。観た後で前半の説明が最後のコメントのせいでウソっぽく思えてくる。


私もベストミックスの必要なのは理解。
なのでベース電源を火力にして、新しい発電方法の振動発電とか、太陽光とかの自然エネルギーでベストミックスな状態が模索できればいいなと。

火力発電はオイルショック以降、石油だけじゃなくて、石炭、LNG(天然ガスを冷やして液状に)と、調達する燃料の分散化を行っています。
石炭はCO2が多く出ちゃうんですけど、オーストラリアに石炭が沢山あったと記憶。
LNGはロシアとアメリカだったかなー。
もし日本で天然ガスの採掘ができたら、供給が安定するんじゃないかと思うのです。


メタンハイドレートって地中、しかも海底の地中にあると思っていたのに、尖閣諸島とかの周りに採掘しやすい状態であるなんて!
深海に多いから採掘無理って信じてたのに!(笑)
でも本当はそれも全部は信じてないけど。日本は地球深部探査船「ちきゅう」を所有していて、人類で初めてマントルまで掘削した技術を持っているからさ。

メタンハイドレート確保の為に、もっとお金かけてもいいと思う。
もんじゅの維持費、1日で5500万円かかってるのに、調査費300万円って少なすぎ(笑)
Unknown (憂鬱)
2011-04-17 16:42:56
電力における石油の割合は7,6%だから、石油には、ほとんど依存してません。
石油の値上がりは、むしろ自動車などの運輸部門にとって大打撃なんですね。
>>チェルノブイリ周辺は人が立ち入らないために野生生物の宝庫
調査によると木も植物、動物、人、ウイルス、すべてにダメージを与えたそうです。
奇形の牛や人の写真が載ってました。
管首相が半径20kmは20年は住めないと言ったと批判されてましたが、残念ながら事実だと思います。住めないというか、住まない方が良いでしょう。子供やこれから子供を生む可能性のある20、30代の人は離れるべきです。
温暖化も問題でしょうけど、放射能で汚染される方が、もっと問題です。
これ、ギャグかなんかですか (閖上漁協)
2011-04-17 20:02:13
>チェルノブイリ周辺は人が立ち入らないために野生生物の宝庫

福島原発周辺の最初の数年は、処理できない瓦礫のと廃屋に、ドブネズミやらチョウセンイタチがウジャウジャと繁殖。

野犬野良猫、捨て豚に捨て牛、捨て鶏、トビにカラスにムクドリの大群。

さて、このケダモノどもが、何を食っているものやら。
うーん… (加藤)
2011-04-17 20:52:25
僕は正直、この小出裕章さんという方の言う事を簡単に全部真に受けてしまう方が多い事に驚いています。
その他にも広瀬隆さんや田中優さん、特にこのお2人の言っている事はちょっと酷いんじゃないかと…まぁ反原発の方達からすれば、今のこのパニック状態の時がチャンスなんだとは思いますが、僕は個人的にこの人達が余計に煽った不安は相当なものだと思いますし、その罪は重いと思います。
こんな事を書いたらここでは叩かれるかもしれませんが…。

ハルさんの言うとおり、放射線=死の灰という表現は過激ですね。
例えば医学の世界ではバセドー病や甲状腺癌の患者さんに約350メガベクレルもの放射性ヨウ素を薬として投与したりするそうです。これは今東北や関東に飛散している放射性物質の濃度とは比較にならない程の量です。
しかもそれを体内に取り入れて治療している訳です。それでもその多くの患者さんは問題なく出産や普通の生活を送っているらしいです。

詳しくはここを参考までに

日本核医学会
http://www.jsnm.org/for_citizen/overview

核医学会は妊婦さんも小さなお子さんも、これからお母さんになる方も、中期的にも長期的にも将来に問題は無いので安心してくださいと言っています。
政府のように保身丸出しで『ただちに』とは言ってません。

僕は専門家でもなんでもないのでこれを信じろとは言えませんし、世の中に溢れているどの情報を信じるかは人それぞれ自由だとは思います。

原発事故の状況を注意深く見守る事は必要だとは思いますが、正直個人的にはここまで広まってしまった風評被害の事は残念でなりません。
人々の心に一度できた不安はそう簡単に取り除けるものではないでしょうし、(決してその方達が悪いとは思いません、小さな子供さんがいる方は心配になって当然です)これからの復興に伴う経済に与える影響も大きいのではないかと思います。


ハルさんのご意見
『ベース電源を火力にして、新しい発電方法の振動発電とか、太陽光とかの自然エネルギーでベストミックスな状態が模索できればいいなと』
僕もそれに賛成ですが、現状では前回書いたように不安定な自然エネルギーでベストミックスを成立させるのは難しいかなぁと思います。だから早く自然エネルギー技術が進歩する事を願ってます。
その為には研究機関や企業に、開発・研究のための資金ができるような仕組みが必要そうですね。
世論の流れから言って、原発を新設する事は無いでしょう(ただ今ある原発を止めるのは現状では難しいと思います)、だからその分の資金を自然エネルギー開発に回すとか。

メタンハイドレートの事は個人的に多くの方に知ってほしいですね。本当にあるとしたら、これは誰か特定の人の利権にはしていけないし、国民皆のモノにしないといけません。
それにそうなると中国や韓国やロシアとの領土の問題がポイントになってきそうです。(中国との間に領土問題は本来無いはずですが)
議論は続くよどこまでも (ハル)
2011-04-18 00:22:11
自分のコメント読み返してみたら、コンバインド発電(MACC発電)の発電量を明記してない事に気づく。

福島第一、第二を合わせて900万kwくらい。
川崎のコンバインド発電機はいま1号系統しか動いていないのですが、150万kw。
いま2号機系統を建設中で完成したら、川崎は合計300万kwの発電所になります。
MACCが出来る前の川崎の旧1号機は1961年に稼働を始めたのですが、発電量は、17.5万kw。それが6号機までありました。
こう見ると、50年前は原子力の力って大きく思えたのだろうなぁと想像します。

にしても、原発の発電コスト安ってウソじゃない? 安全のコストを削減して安くしているんじゃないかって疑う。

新たに地震が来て、予備電源の自家発電機の燃料が漏れて停止したじゃないですか。
原因は点検の際に部品を表と裏間違えて取り付けたせいで停止しましたって何!?
TVのニュースでこれからの管理体制が問われるっぽい事を言っていたけど、人間ってエラーするのが当たり前。
そういう重要な部品は、そもそも表裏でつけられない構造で作らないとダメじゃん!! とTVに突っ込みを入れました。
というか点検の後に試運転すらしないのにもビックリです。試運転も含めて機械って点検でしょう?
そんなんだから、原発は安全に作られてはいないと思うんです。
地震も津波も大丈夫って言ったじゃん! ウソつき!! と子供のように糾弾したくなる。


良く色々な所で「私たちの責任もある」って言うけど、すべてをそうですねって同意できない。
いまの社会は複雑で、すべてを1人の個人が判断、意見できない構造にあると思います。
原発の導入を判断するには、原発の知識が必要です。放射線の知識とかを勉強せねばなりません。
けどそれって専門家でも意見が食い違う案件で個人で学ぶのにも限界があると思う。
他にも生活にはたくさんの不確かな安全が渦巻いている。
電磁場って大丈夫なの? とか、石鹸に使われているラウリル系の発がん性は大丈夫? とか、あげたらキリがない。
個人が全部、それぞれに深い知識を得るのは無理であるから、専門家が大丈夫って言ったら信じるしかない。選択の余地はない。

現代社会は複雑になったから、とりあえず代表者の意見は信じるし指示をする。
だから、まかされた専門家は誠意をもってちゃんと自分の分野で社会に貢献してくれたまえってことでしか成立しないし発展もしない。

そこらへんの心理? が、「影響力の武器」って本に詳しくかかれているのだが、本を買ってはみたもののまだ読んでない(爆)


あ、ちょと私が脱原発論者っぽい印象になってるのかなと思ったので言うのですが、私、原子力好きです。
昔の子供の雑誌とか、未来はこうなる! みたいなグラビアありましたよね。原子力で走る電車で何故かチューブみたいな中を走っている。あと空飛ぶ車とか。未来にドラえもんが開発されても違和感のない世界像っていうか、そいういうのあったじゃないですか。
未来にもっと夢と希望があふれていたと思うのです。その筆頭? が原子力だったものでプチ洗脳されているのだと(笑)
大人になってからも去年、皇居の近くにある科学技術館に行って原子力のコーナーで原理力の知識を深めておりました。職場の同僚に高速増殖炉の話とかしてたりして。普通の人よりも原子力に対して興味があったので、今回の事故でちょと失望感が強いかも。


それはさておき、
ちょとここでのコメント150とかなってるので、専用の場所を用意して移動した方がいいのかな? とか思い始めています。
移動した事で議論が止まってしまうのは困るのですが、最新のコメントがはるか下になってしまている構造なので。
長いコメントを書く私が言うのもなんですけど。
どう思いますか?
地球上の生物絶滅 (全廃 原発)
2011-04-18 09:53:39
とにかく原発は全廃すること。事故が起きれば放射能汚染がおきることはわかっていたはず。明治29年の三陸大津波で18mの津波があったのに、津波対策をしていなかった建設者、原発推進で利益を上げた学者たちお前たちは原発犯だ。裁判で明らかにすべき。電気の使用を国民全体が30%削減すればよいことである。
方法なければ精神論、我慢しろと同義 (ハル)
2011-04-18 14:28:24
日本が全廃しても地球上に原発がある限り事故をすれば生物に影響はでる。
だから日本で原発のトラブルが減るだけで、原発の脅威がなくなりはしない。
中国、韓国、北朝鮮が事故をしたら日本に流れてくるんじゃない?
あと日本はベトナムとかにも原発を売りこんでいるわけだし。
自国が廃止したら安全ってことはないと思うよ。

国民3割削減って思っているより無理だと思うよ。
私が使っている電気って家の電気だけじゃないもん。
信号機だって電気使ってるじゃない? じゃあ3割削減の為に信号機も3割減らしましょうって難しくないかな。
それができない場合、信号機の分を他でもっと節電しなきゃいけないとかになるよ。
家庭では自分で節電する事ができるかもしれないけれど、会社で節電するのは中々難しい。
私の所はすでに半灯になっていて暗い。エスカレーターはずっと止まったまま。電気が付かない部屋もあって真っ暗で懐中電灯が必要。
それでも3割なんてぜんぜん届いてない。
かと言ってPCなどの電気を使う資材を使わないって選択は無い。仕事にならないもの。

3割削減すれば良いという人は、実際、どのようにして節電を可能にできたかという事例を沢山あげて貰わないと話が進まない。
3割削減すればいいといのは、だいずさんが初めに提示した事なのだから、コメントで繰り返しても主と重複するだけ。
現在も原発から送電されているわけだから、いまの時点で主張している人が3割削減できていないと、3割すればいい! って意見は、説得力がないと思うのだけど。
こういう方法で3割削減できたから、その方法を広め、3割削減を国民が目指せばいいっていう提案が欲しいです。
Unknown (いつもToo Little, Too Late)
2011-04-18 21:32:36
そうそう、沖縄近海には1000兆円近くの資源が眠ってるそうですよ、ここを開発すれば
日本の財政赤字もエネルギー問題も解決しますね。
どのみちロシアに実行支配されてる北方四島は戦争でもして勝たないと戻ってこないんだから、悔しいけど面積2等分で手を打っておくべきでしたね、
尖閣諸島を守るためにもロシアとアメリカは味方に付けておくことが重要なんです。なのに民主党はロシアとアメリカと中国とも揉めて、何を考えてるのかって話です。麻生と鳩山の時に解決するチャンスがあったのに、、、時すでに遅し、もう2島すら帰ってこないかもですね。ほんと、日本には戦略という物がない、そして、いざという時にあわてる、しかし、いつもToo Little, Too Late 第2次大戦の時から、何も変わってない。
具体的になってきました (閖上漁協)
2011-04-18 22:10:09
私はできないわけではないと言う立場です。

30%は無理なら20%は、それでも無理なら10%ならどうだろう。具体的に詰めてみては。

今夏のピーク時の東京電力管内の原発依存度は1割程度です。

確かにPCの電力消費というのは、1980年代には考え無くてもよかったことですが、消費電力の中で、オフィスのPCが占める割合というのは、具体的な数字があるのでしょうか。製造業の電力消費は横ばいとのことなので、オフィス需要の話に限りますが、これはこのブログの核心的部分だと思います。具体的な数字が欲しいですね。

家庭のPCの電力需要は、ネットでゲームをしてるような若年層が中心でしょうから、電気代値上げすれば確実に減らせるのではと、私なんかは思ってしまいます。

また、例えばコンビニの数は、1980年代に比べて飛躍的に増加しました。都市圏では24時間営業が普通ですが、地方に行けば深夜は普通に閉まってます。

昔は、外食産業で言えば深夜は吉野家くらいしか営業してませんでした。今は乱立しています。繁華街ならともかく、どの地域でも一律で24時間営業するメリットが、吉野屋の側に経営的にもあるのでしょうか?。松屋やすき屋がやってるからというのが、実際のところでしょう。

テレビは24時間放映されてますが、必要でしょうか?。深夜の通販番組があるので、経済活動に役に立っているとか、そういう意見もあるでしょうし。

コメント数は異様に多いのに、元記事についてはあまり論議されていないというのが印象ですが、これは今回の原発事故が、スリーマイル島事故より下と言われていた時に、大挙しておしかけてきた方々のせいで、別に義理を立てる必要もありません。

適当な思いつきですが、

10%なら確実に削減可能。
20%なら微妙。
30%なら相当に無理を伴う。

というのが妥当なところかなと。たたき台になればと言うところです。
原発を全部止めたら?の根源を知るところから (加藤)
2011-04-18 22:10:55
僕もハルさんと同意見で3割削減の話は具体的な提案もないので説得力が無いと思います。
なんとなく鳩山元総理や社民党が沖縄米軍基地移転問題で具体案がないのに、県外だの国外だの言ってたのと重なります。そして当然のようにそれは実現できなかった。


僕は数年前にだいず先生のブログを偶々見つけ、それからずっと読んできました。
それには理由があって、書いてある内容に個人的に首を傾げる部分が多かったからです。
でも自分と違う意見を聞くのは大切だと思って読み続けています。

そして僕は今回反響のあったこの記事を読んだ時、何も驚きを感じませんでした。やっぱりだいず先生はそういう考え方だろうなぁと。
メタンハイドレートの話も、だいず先生はきっと興味無いだろうなぁと思いながらあえて書いてました。

原発反対・賛成はともかく、だいず先生が原発を止めたら?という提示をした元には、もっと深い所にだいず先生の、いわば哲学があると感じます。

ずっと考えていたのですが、どうやら専門的な知識が薄い僕達一般人が今後のエネルギー政策についての議論を深めるには、もっと別の視点からも議論する必要があると感じてきました。

それにはまず、『原発を止めたら?』と言い出しただいず先生の国家観、歴史認識、だいず先生がどういった考え・世界観の持ち主なのか、それを知る必要があるように思ってきました。

そこで僕は、このブログの最初の記事、2005年10月1日の『持続性学ってなに?』から始まるだいず先生の全ての記事をもう一度読み返そうと思います。
そしてここで議論に参加している皆さんにもそれをお勧めします。

僕にはどうしても
『太平洋戦争をするくらいだったら日露戦争に負けて、日本は属邦になったほうがよかった』
『尖閣諸島は中国の好きにやらせておいて、日本は持続可能なエネルギーの開発をすればよい、それが平和への道だ』
こういっただいず先生の考え方が、今回の原発に対する意見と無関係とは思えません。
そこから知る必要があるように思います。
(ちなみにこれは僕が首を傾げる部分の1つでもあります)


議論する場所はどうしましょうか?
もはやだいず先生が僕達のコメントを読んでいるのかどうかも分からないですし、議論にも参加される雰囲気は感じません。
このブログの新しい記事のコメント欄を僕達の掲示板のようにしてしまうのもなんだか気が引けます。
でも、このブログで議論させてもらえるならそれが一番良いような気もします。お題は『原発を止めたら?』であるのは変わりないのですから。

それにしても今はもう議論に参加している方はかなり少なそうですね、やはり炎上的な反応だったのか…。
尖閣諸島 (閖上漁協)
2011-04-18 22:24:52
あんまり関係ないんじゃないですかね?。

それって、要するに原発に反対してるのが左翼だからダメって話でしょ。
24時間営業 (閖上漁協)
2011-04-18 22:57:35
グーグルで「24時間営業」を調べてみました。

最初にヒットしたサイトだけで、こんだけあります。

【遊び】
ボウリング、ビリヤード、ダーツ、マンガ喫茶・ネットカフェ、ゴルフ、テニス・スカッシュ、バッティング、フットサル、卓球、バスケットボール、バドミントン、カラオケ
、映画館

【買い物】
ディスカウントストア、スーパー、生鮮コンビニ、花屋・フラワーショップ、本屋・書店、ビジネスコンビニ、夜食・グルメ、ラーメン屋、居酒屋・BAR、カフェ、ファミリーレストラン
焼肉、ファストフード、弁当・惣菜、寿司・すし、お好み焼き・もんじゃ焼き、ガールズバー、牛丼、ごはん処・定食屋

【生活】
水まわり、コンビニ、クリーニング、オフィスコンビニ、ATM、夜間保育・託児、レンタカー、ガソリンスタンド、運転代行サービス
医療、医療機関案内、夜間救急病院、夜間救急動物病院、薬局・ドラッグストア

【癒し】
健康ランド、スーパー銭湯、カプセルホテル、サウナ、日焼け、ネイル・まつ毛、美容院・美容室、スパ・岩盤浴、エステ・マッサージ、カップルズホテル・ラブホテル

確かに都市生活者にとって、便利ではあるが、果たして深夜営業がどれだけ経済活動に寄与しているか、事業者が儲かっているのか、疑問なところでしょうね。
Unknown (経済専門)
2011-04-18 22:58:46
>>『太平洋戦争をするくらいだったら日露戦争に負けて、日本は属邦になったほうがよかった』
『尖閣諸島は中国の好きにやらせておいて、日本は持続可能なエネルギーの開発をすればよい、それが平和への道だ』
え!それが、このブログ主の考えなんですか?属邦になったほうがよいなんて信じられない!
>>それって、要するに原発に反対してるのが左翼だからダメって話でしょ。
まったく、関係ないですよ、私は中道保守ですが原発が、どういうものか調べた結果、総合的に見てリスキーだから原発は無くす方向に行くべきだと判断しました。
なんかよく分かりません (閖上漁協)
2011-04-18 23:10:43
私は加藤さんに対して発言したので、なんか発言の意図がよく分からんのですが。

ちょっと書きたいこともありますが、ここはぐっと押さえましょう。

もう少し説明願います。
Unknown (経済専門)
2011-04-18 23:16:41
加藤さんに対しての発言だったのですか、
私の勘違いでした、失礼しました。
右とか左とか言いたいのではないです (加藤)
2011-04-18 23:34:12
だいず先生もここで議論している方々も、原発反対・賛成でも日本の事を大切に想っているのは共通する部分だと思います。

だから右とか左とかの区別をするつもりはありませんし、だいず先生を左翼だなんて思っていません。

ただ原発やエネルギー政策の議論を、それだけに絞ってするのではなく、もう少し視野を広めて議論する方が良いのではないでしょうか?という提案です。

議論を深めるためには、だいず先生のブログを全て読む必要があるような気がしたので。
エネルギーの話も、過去の記事に書いてあります。
追記 (加藤)
2011-04-18 23:56:52
なぜ視野を拡げる必要があるかというと、エネルギー問題は外交や経済、その他あらゆる分野と繋がっている部分があると思ったからです。

まぁ僕の個人的な1つの提案です…別に全ての記事を読むことを強要するつもりはありません。

でも個人的に納得できない部分もありますけど、面白くて頷ける部分も沢山ありましたので、提案してみました。勝手かもしれませんが…。

まぁ僕は学歴とかなくて頭悪いんで、馬鹿が言ってる1つの意見として受け止めてくれれば嬉しいです。
答えは簡単でいいです (閖上漁協)
2011-04-19 00:00:05
>それだけに絞ってするのではなく、

この「それだけ」ってのは何を指してらっしゃいますか?。

当然、続きがありますが、とりあえず確認させてください。
それだけ (加藤)
2011-04-19 00:19:46
それだけとは、ここでお題になっている『原発を止めるか止めないか・脱原発を目指すか原発を推進するか』という話の事です。
なるほど (閖上漁協)
2011-04-19 00:32:13
了解しました。
北方領土は返還されるのかな? (ハル)
2011-04-19 00:36:35
もしかして北方領土返還してくれるのかも。
発端はロシアの大衆紙の記者の意見。

北方四島返すべき…ロシア紙が異例のコラム
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/20/kiji/K20110320000461880.html

記事を翻訳した感じのブログ
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-af95.html


んで、ロシア政府でも動きが。

ロシア、日本と領土問題協議を行なう用意を表明
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=17113:2011-03-16-13-50-46&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

その後、どうなったかは分からないけど、
北方領土は日本の領土って世界的に認めて貰えるようになるのかなとちょと期待。

ちょと放射線物質飛んでるし、奪還のチャンスな気もする。不謹慎だけど。
外交に善意はない (加藤)
2011-04-19 00:43:28
外交に善意はないという話を聞いた事があります。
ロシアがそんなあまい事をしてくるとは思えません。

今の管政権は弱りに弱っています、今領土問題の交渉を行う事は大変危険だと思います。
それに北方領土全ての返還を主張していた前原前外務大臣は辞めたばかり、なんの交渉の土台もできていないまま今の政府で交渉してもロシアの思う壺。

これはチャンスではなくてピンチのような気もします。
視野を広げるとは (閖上漁協)
2011-04-19 00:48:01
北方領土の話をすることですか?。

いくらなんでも脱線しすぎでしょう。ブログ主催者にいろいろと気を使ってるようなこと書いてたけど、なんの意味があったんでしょうかね。
いえいえ (加藤)
2011-04-19 00:58:30
いえいえ違いますよ。ハルさんの書き込みに答えただけです。

ただ北方領土周辺にも資源はあると聞きますし、何しろ国土であり資源の一部でもありますから、この問題がエネルギー問題と全く関係ないこともないと思いますが。

脱線し過ぎているとは思いません。
深夜の電力を抑えるのは重要? (ハル)
2011-04-19 01:03:45
北方領土の情報ググったりしている間にレスが増えていてビックリ。知らずに投稿してしまった。

でも、このまま深夜電力の話をしてしまいます。すいません。


ずっと疑問に思っていたのですが、深夜の電力削減ってすごい重要なのですか?

私は、原発がない日本で、電力供給量内で収めるにはどうしたらいいか? というスタンスで考えています。

電力消費のピークは、昼間です。
供給不足は昼間であって、深夜には供給不足に陥ってはいないですよね?

深夜の発電に余力があるのに、削減させる必要があるのか疑問です。

難しいとは思うのですが、昼間働く人を減らし、深夜に働く人を増やせば、1日の電力消費量がフラットになるんじゃないかと思うのです。
まあ企業としては深夜手当が余分ですけど。


深夜の活動を停止してしまって、昼間に足並みをそろえるような環境にしてしまうと、逆に電力ピークが重なってしまうんじゃないでしょうか?


家庭の電力消費の多い時間帯は、朝と夕方だそうです。
どうやら食事の時間ってことみたいです。
調理器具や、調理での熱源の処理に電気を使っているのかなと想像します。

つまりは昼間、電気を多く使ってるのは企業ってことなんじゃあないかと。
だから、働く時間を分散化した方が、ピークを緩和できるんじゃないかなと思うのです。

週休2日を、シフト制にして、月火が休日、火水が休日とか、土日に集中させないって事でもいいと思います。
平日、休みの人の分だけ、ちょっと消費電力が減ると思います。


あと、オフィスのコンセントの消費電力の割合は、32%だそうです。
その32%のウチ、80%程度がOA機器だそうです。
極論、PC全部止めれば3割なのかも(笑)
プリンターとか1日ずっと電気付けっぱなしだもん。コピー機とかも。
ごめんなさい。 (ハル)
2011-04-19 01:08:38
ああ、いらぬ火種を私が作ったようで、ごめんなさい。
コメントのレスで北方領土の話が出てたもので、こんな話もあるよってつもりで投稿したのですが、余計でしたね。
すいません。
そりゃ全く関係ないこともないとは私も思いますが (閖上漁協)
2011-04-19 01:12:58
>この問題がエネルギー問題と全く関係ないこともないと思います

そもそもの話は、チェルノブイリ級の事故を起こした日本の原発をどうするかと言う事でしたよね。私らは、その発言にコメントつけさせてもらってるだけです。あなた、今まで、さんざん慇懃にブログ主催者にあれこれ気を使った発言してたじゃないですか。

なんじゃこりゃですぜ。
その前の発言からです (閖上漁協)
2011-04-19 01:14:34
>ああ、いらぬ火種を私が作ったようで、ごめんなさい。

気になさらぬように。
深夜の電力を抑えるのは重要? (閖上漁協)
2011-04-19 01:19:51
三連続投稿になってしまうので簡単に。

原子力発電と他の発電で、当然、異なります。
局所的な話ですが (ハル)
2011-04-19 01:49:28
私、自宅も職場も東京の環状線の山手線、その円の中にあります。
個人的な主観ではありますが、結構、深夜にも人って活動してます。深夜3時のマクドナルドでも割と人いるんですよね。
定食屋も神田なんかは夜中3時なのに半分は席がうまっていて、不思議な感じがします。神田だから?
へたな地方のお店の昼間よりも、お客はいるんじゃないかなー。

あと、マンガ喫茶とネカフェとカラオケは、残業で終電に間に合わなかった時の宿泊所なんです。
カプセルホテルでもいいのですが、ネカフェとかの方がもっと安いんですよ。
ネカフェはシャワー完備の所もあってすごく助かる。全然、疲れは取れないけどね。
牛丼チェーンも激安でご飯食べられて、いま250円のキャンペーン中で、1食250円ってスゴイ! と、ちょと感動する。

なんか都会の蟹工船って雰囲気があるなかで、24時間の食べ物が売っている食べられるお店って安心するんですよね。
お店が閉店して、コンビニもネカフェもなくなると、ちょっと怖い。
まあ私は家が近いから無理にでも帰宅すればいいのですが、埼玉からとかの人は帰りようがなかったりしますから。
その受け皿がなくなるのは困るかも。
現代の東京だからってのもあるとは思うのですが。
夜の東京が不必要に明るいのは (閖上漁協)
2011-04-19 02:44:17
検索すればいくらでもヒットしますが、夜間の電力料金が安いからです。

原発は出力調整ができないから、夜間に四分の一の料金で電力を売る。

私は大阪に住んでますが、吉野家なんかは、梅田や難波以外の店舗は、深夜はガラガラですね。
子供たちから死んでいく社会 (LEO3)
2011-04-19 12:43:56
みんさんがかなり反発しているところを見ると、相当、地震がないんだね原発に。だったら素直に原発ヤメようって声を上げればいいのに。
原発は必要悪で、必要がなくなれば単なる悪。エネルギー源だって移り変わっていく。
でも、放射能で汚染された地域では感受性の高い子供たちから死んでいくのは、未来永劫に続いていく。どっちがいいんだろうね。
こんな意見もあるけども。
http://news.livedoor.com/article/detail/5489775/?p=1
明るい原因は安いからなのか (ハル)
2011-04-20 00:39:29
東京は深夜の電力が安いから明るいのかぁ。
それでふと思うことは、東京(23区)は割とどこでも明るい。

良く考えてみると24時間の飲食店やネカフェなどのお店があるのってせいぜい駅から500mの範囲内なんですよね。
そこのネオンは確かに震災前はまぶしいほどに明るかった。

けど、駅から離れて住宅街へ来ても東京って明るいと思う。
何が明るいかって街灯なんですよね。
なんか街中が、野球場のナイターみたいな感じ。さすがにあそこまでは明るくないけど(笑)

私、自転車乗るのが好きなんですけど、埼玉県、千葉県に入ると急に道が悪くなって、夜は暗くて走りづらいんですよ。
それで東京ってすごいなぁと感じた事があります。
でも、神奈川は川崎とか横浜は、東京くらい明るい気がするけど。

街灯もハンパないほどに電力使ってるんだろうなと思います。
いま不思議と停電している道があるんですよ、東京。東京大学の近くとか。
ぽつぽつと街灯がついてない通りがあるんです。
そこは暗い! って思うほど、暗い。
手元が良く見えない。
あ、逆に言えば、いままではほどんどの場所で手元の暗さを気にしないほどに明るかったんだなぁ。

私、自転車で山手線一周とかするんですけど、山手線の駅の中でも過疎ってる駅ってあるんですよね。
田端が一番すごいかな。ほぼ駅中のアトレにしか店がない。せいぜい駅の隣のビルにドトールやマクドナルドなどの飲食があるくらい。東京なのにスゴイ未発展っぷり! 隣の駒込もなんか地方の駅みたい(笑)
池袋はすごい発展しているけど、1km離れると普通の住宅街で昭和って感じがする。
東京の歓楽街のエリアって思ったよりも小さいんだなーと思ったり。
一番明るいのはやっぱり新宿だね。夜中でも昼間より明るいよ(笑)
新宿で24時間のお店を閉店させたらどうなっちゃうんだろう?
エネルギー政策?? (うしまる)
2011-04-20 02:30:40
今更、話がずれているかもしれませんが、、、
原子力発電って単にエネルギー政策の問題なんでしょうか?

放射能の影響って長期に渡り出てくるものだと思っています。
広島・長崎、イラクの劣化ウラン弾、チェルノブイリ、、、すべての被曝。いずれも「確固とした因果関係は認められない」とされて捨て置かれているみたいですが、「因果関係が疑われても仕方がない」状況ではあると思います。実際に現在も被害が続いていると個人的に思っています。

政府の発表によれば、福島の被曝は限定的なものであり、他地域は安全らしいです。(その割には発表していた方の現地視察の際の防護服が異様ですけれど)

仮に、原発本体以外は安全だとして、すべての原子力発電所が廃炉となった後はどうなるのでしょう?廃炉になるときには放射性物質0で安全なモノになるんでしょうか?半減期が万年単位の物質もあるのに?人間は有史たかだか4000年程度です。

廃炉になって電力は生まない=利益は生まない けれど 密封しなければ被曝を生む、そのような物を次世代の管理に丸投げする。これって正解?
私はやるべきではないと思います。

今考えるべきは現在必要と思われる電力を積み上げ計算することではなく、今原発以外で調達できる電力から逆算することだと思います。
その上で、足りない物をどうひねり出すか考える。必要があれば、省エネも新しいエネルギー源も見つかるかもしれません。
対策が。 (ハル)
2011-04-20 03:44:50
とりあえず太平洋側の原子力発電所が怖いですよね。

人の建造物(防波堤)では津波は止められない事が分かったと思います。

原子炉の性質上、どうしても冷却の為に海の近くに作らねばならないようです。もしもの時も近くに大量の水がある方がいいみたいですし。

ですが、太平洋側は大地震で大きな津波が発生してしまうみたいです。
そして、日本は定期的に大地震が起きている。
近いうちに来るだろうと多くの専門家が予測しています。

太平洋側の原発に関しては、大津波に対策無しのままで運営していかなくてはならないと思われます。
それでも、このまま変わらず継続が望まれれば、政府はそのまま運営しそうですけどねー。


廃炉にした燃料棒ってまだ使えるんじゃないですかね。
原子力国家のフランスが引き取って使ってくれないかなーと期待してみたり。
再処理して使えるウランを取り出せば、フランスの原子炉で使えると思うんだけど。
もしくは再処理済みにすれば、ベトナムとか新たに原発を作る国が使ってくれないかなぁ。
六ヶ所村でできるかどうか分からないから、またお金を払ってフランスに再処理して貰って使える状態で譲渡がベターかな?

もちろん原子炉の廃材とかは密閉保管だけども。
それも宇宙エレベーターが出来るまでで、やはり太陽に廃棄ですかね。
深夜の電力 (閖上漁協)
2011-04-20 20:13:23
>今考えるべきは現在必要と思われる電力を積み上げ計算することではなく、今原発以外で調達できる電力から逆算することだと思います。

これは全く同感ですね。そもそも、東北、関東の原発はほとんどが止まってるんだから、他にやりようがない。

で、

>深夜の電力を抑えるのは重要?

という問題なんですが、電力消費の総量を抑えるという意味では重要なのですが、果たして、今の時点で総量を抑える必要があるのかという論点はあります。原発からの電力供給がなくなって、夜間の電力料金が昼間並になれば、不必要な電力消費は当然減るからです。

当面、総発電量の問題は棚上げして、ピーク時の電力をどう抑えるかという事に、話を絞って論じてもいいのではないかと、私も思います。
ピーク時の電力問題 (閖上漁協)
2011-04-20 20:41:22
これは確実に「冷房」の問題ですね。

家庭用消費電力の約1/4はエアコン

http://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/info/nocria_special/ecolife/ecolife02.html

温水洗浄便座が4%というのも驚きですが。

工場やオフィスの場合、分かり易い統計がありません。ただ、都心の最新のインテリジェントビルや大量の基幹システム用のサーバーの冷房がバカにならないと言う話があります。

冷房がなければ、熱中症で死人が続出と言う発言がありましたが、病院や老人にとっては、確かに問題で、軽視する気はありません。

だけど、冷房だけなら、なんとかなるだろと。
原発対策 (うしまる)
2011-04-20 23:44:17
ハルさん、すでに運転を終了している浜岡を地震&津波が襲った場合、かなり危険なことになると懸念されているようです。況や稼働中の原発においてをや、、です。

中部電力は浜岡を最新の耐震基準に合う状態にするためには費用対効果が少ないと判断したようです。だから廃炉を選んだ。現状では廃炉にすれば、現状の耐震基準に適合させる必要無いらしいです。

でも、燃料棒残ってるんですよね、まだかなり。それに、炉心の放射性物質は移動すらできずにひたすら残ります。

フランスは引き取ってくれないでしょう。既に余っているような。福島事故で上得意のドイツがいきなり撤退。自分の足下も反対運動でおぼつかない。
やっぱり日本に買ってもらわなきゃ、、でサルコジ&アレバが日本を全面サポート宣言、と思います。

私としてはだからこそ、せーので全部の原発を止めて欲しいです。さらに事故を起こす前に、さらに放射性物質を増量する前に。
今度は準備しているのだから「想定外」は無い「ハズ」です。さぁ、本当に止まるのか!?

止められるか止められないか、八卦なモノってUnderControlと言える!?

残念ながら、今全原発を即刻停止しても既に発生した放射性物質は残ります。その後の保管をどうするかという問題があらわになります。そうなれば、考えざるを得なくなるでしょう。保管にも耐震レベルとか津波対策が必要で、費用がかかり続けることに。
(だから止めるのをいやがるんでしょうけど)
電力は足りています (加藤)
2011-04-20 23:50:30
また僭越な事かもしれませんが…。

逆算していっても電力が足りている事は分かっています。
前のコメントでも書いたように原発を止めても電力は足りるけど、それだと『ベストミックス』という状態が維持できないという事に問題があると思うのです。

そもそも日本の原発の存在理由でもあるのが『ベストミックス』という考え方であるわけで…。その考え方自体を否定しないと現状では原発は止められないです。


だいず先生はエイモリー・ロビンスの『将来のエネルギーシステムは自然エネルギー主体の「ソフトパス」か原子力それもプルトニウムを利用する「ハードパス」のどちらかであって、中間や折衷はありえない ベストミックスという考え方は原子力推進の別の言い方にすぎない』という話を支持されているようですが、どうしてソフトパスとハードパスの折衷がありえないのか、理由がわかりません。

国と国とが利害をぶつけあっている現実世界で、安定的な再生可能エネルギー技術がまだ確立できていない世界で、どうしてベストミックスという考え方が不要なのか、教えて頂きたいです。
東京電力の場合だけど (ハル)
2011-04-21 00:02:33
企業に昼間分を夜に使う事を促さないとピークを減らせないと思う。

昼から夕方にかけてのピーク時の消費電力は、家庭ではなく、ほとんどが企業による消費だから。

http://eneken.ieej.or.jp/data/3777.pdf

ここの資料の3ページの一番下に、起床在宅率と消費電力ピークのグラフがあります。
電力ピーク時に、起きて家にいるのは専業主婦くらいなので起床在宅率が低いです。
使われている電力は洗濯機など家事で使うモノとエアコンが主だと思います。

同資料に、家庭の消費電力ピークは、朝7~8時、夜19時~23時となっています。
これは、食事を作る調理家電と、洗面やお風呂の電気給湯+エアコンが主だと推定します。

なので、家庭で消費電力を抑える努力をするのは、昼間ではなく朝と夜に行うと効果的であると思われます。

なので、お年寄りは涼しい所に避難して! 気象庁が猛暑予想だし。ぶっちゃけちゃうと、同じ集合住宅内で毎年、暑さでお亡くなりになる方(孤独死)がおられるので、ちょと切実なんです。
どうやらご年配の方は、暑くても暑いという事に気がつかないようなのです。暑さに鈍感?
脱水とかもあるので、マジで周りの人も気を配っていただけるとさいわいです。

ちょと脱線しましたが、話を戻しますと、
継続して深夜を安くして、企業には深夜にできる仕事は深夜に回して貰った方がいいと思います。
深夜の人件費は、通常の賃金+25%の深夜手当を出さないといけないので、更に深夜電力が高くなると、昼間一極集中から脱却できないんじゃないかな。


あと、ふと思ったのですが、今夏の東京電力管轄内での電力不足での節電を話の焦点にしている部分もあると思うのですが、各電力会社で原発への依存度って違いますよね。
ザックリ言うと東京電力は32%、だいずせんせいのおられる中部電力は12%、関西電力は50%。
こう見ると、さすがだいずせんせいの所は、速攻で原発を止められる感じがします(笑)
逆に関西電力で原発を止めるとなると、50%も節電しなくてはならないってことになるんですかね?
中部電力は火力の割合が80%。
東京電力の火力64%、水力4%。<2009年
関西電力はMACC発電機の火力発電所をたくさん建設せねばなりませんね。


そう! 本当にPCとサーバはスゴイ排熱です。
オフィスの端にあるサーバルームは冬でも室温が35度とかで扇風機で風を送ってます。
室温設定を上げるのもそうですが、熱の発生を極力抑えるのもエアコンの消費電力をさげる方法でしょうね。

うちのオフィスの地下に熱供給センターがあります。深夜の電力で蓄熱して、その熱を昼間に使うのです。ですのでいまプラントは深夜電力で冷たさを蓄熱していると思います。
ちなみに、その熱供給センターの会社は東京電力グループです。
ん、ということは。 (ハル)
2011-04-21 00:43:57
浜岡、リアルタイムに発電量観られるんだね、すごい。
http://www.chuden.co.jp/hamaokastate1/RealGenerator.html
3、4、5号機はいつ頃まで使うのだろう?

結局、原発が止める意志が日本にどの程度あるかってことみたいだね。

すべての原発を廃炉にする為に、一端ベストミックスを妥協する。
火力発電に一極集中!
CO2が出るので、できるだけCO2排出量がちょっとでも少ないMACC発電に切り替える。
けど、その為にはLNGが不可欠。しかもちょっと高価な燃料。
日本の排他的経済水域にあるメタンハイドレートの資源をかき集める。LNGに加工して火力で使用。

原子力に依存していた30%について、50年~100年以内に自然エネルギーなどの代替えになる発電を開発。
太陽光による発電15%
風力による発電15%
地熱によるが発電10%
その他、新しい技術による発電10%
を、目標にする。
数字は最大値であり、これらの発電のトータルが安定的に30%に達せられれば良しとする。
仮に風力など天候を理由に発電量が一時的に低下した場合は、火力を期間的に増やす事で対応。
将来的に安定したベストミックスを目指す。(100年以内)
って、ことで、どうでしょう? そう単純ではないと思いますが。
電力ピーク (うしまる)
2011-04-21 00:57:27
閖上漁協さん、今回の事故により東北電&東電は「原発無しで電力ピーク時を迎える」というミッションに向き合わざるを得なくなりましたね。

>これは確実に「冷房」の問題ですね。
同感です。現在の社会で一番普遍化している便利グッズかもしれません。これを普遍として次の状況が作られている感があります。

まず、体力が強くない方々が生命の安全を守るために通常どおり使用することは必要です。

PCの発熱量はかなりの物ですが、それを超えてあまりある冷房の力を前提に作成されています。そうでなければすぐに熱暴走する代物ですから。
ただ、今の状況は電力が潤沢であることを前提に運用されすぎている感があります。電力逼迫があるならば停止できるServerやPCの数はかなり多いのではないかと思います。

自家発電などで余っている電力があれば買い取り、有効利用することも必要でしょう。

ハルさんも指摘されていますが、大口事業者との連携も必要でしょう。ピークが予想される時期に生産を休止していただき、夜間、もしくは余力のある時期に振り替えていただくということで電力ピークを分散することも可能と思います。

>温水洗浄便座が4%というのも驚きですが。
これは私もびっくりです。時期が夏ですのでアピールの仕方によってはかなり需要を抑えられるのではないかと思います。便座暖房を切るとか、温度設定を見直すとか。
ベストミックス (うしまる)
2011-04-21 01:02:42
加藤さん、ベストミックスの意味とは難でしょう?

一番リスクを小さくするために複数のエネルギー源を恒常的に確保する、ということで間違っていますか?

それをいうならば、原発はベストミックスにそぐわないと思います。
安全性のリスクが大きすぎるからです。

どんなに恒常的なエネルギー源を用意したところで、使う人間ばかりか環境がすべて壊れたら意味無しでしょう。
次世代ベストミックス (うしまる)
2011-04-21 01:31:37
ハルさん、一端火力へシフト!は仕方ないかなぁ、と思います。

原発はダメ、自然エネルギーを開発するしか道は無い、となると電力会社も本腰を入れるでしょう。今でもそこそこ手はつけているみたいですし。

深夜労働の割り増し負担については政治力が必要でしょう。電力会社の要請により時間シフトする場合の特例を時限立法する。

家を建てる際に太陽光発電に補助金や控除を設け、小規模発電を増やすとかもありかな。
太陽光発電は電力ピークの夏に発電量が増えるはずですので有効と思います。
お金はかかりますが、放射線汚染地域や外国に対する保証金に比べればましでしょう。

必要は発明の母らしいので、案外、燃料代の必要ない発電方法が開発されるのでは?と期待します。

あと、PCの廃熱でお湯を沸かしてタービン回して発電とか、、できたらすごすぎですけれどね。
そのうちPCにも回生熱回路が着くのかも。
都市部に原発 (yu)
2011-04-21 13:58:59
地震が多い日本には原発は危険ではないでしょうか。とりあえず危険性がある原発から止めたらどうでしょうか。
それとも東京の近くに原発つくりますか。
東京の近くだと。 (ハル)
2011-04-21 15:38:02
東京の東京湾に面している場所は、家康の時代からの埋め立て地で地盤が脆弱かと思われます。
川も多いせいでしょうか。場所によっては震災前から液状化で地盤沈下している所が結構、多いんですよね。
東京駅なんかも地盤沈下関連の工事をしているくらいですから。

原発を東京に作るには不向きってことで、立地的に火力発電が好ましいのです。
なので東京湾には複数の火力発電所があります。
ガスタービン発電のMACC発電は、150万kwの発電量があり、原発よりも出力は上です。


一応、話の流れ的には、
火力増強で原子力は廃止することは可能であるけれども、ベストミックスの観点、火力発電で使うLNGの確保と値段の高さ、CO2排出量による温暖化の問題(課題)があります。

yuさんのような強い原子力への嫌悪感は、原発を止めることにとても大切な意志表示です。
ここではあまり効果をなさいないかもしれませんが、ネットで浜岡原発を止める署名活動とかもあるようですし、そのような脱原発の活動に参加されてはどうでしょうか?
たぶん、その方が効果的であると思います。
うしまるさん ハルさん (加藤)
2011-04-21 22:24:25
僕は専門家でもないし、素人でネットで調べるくらいの知識なので『ベストミックスはそう意味じゃないよ!』という人がもしいたら指摘してほしいです。

コピペですが

『電力・エネルギ-の分野では、各電源を最適なバランスで組み合わせていくという意味で使用されている。
ベストミックスは、火力発電、水力発電、原子力発電などの各供給電源の特徴を生かし、その時々需要状況に適切に対応できるような電源の組み合わせを追求することである。
二酸化炭素などの温室効果ガスの大量排出による地球温暖化問題や化石燃料入手の不安定性もあり、化石燃料を出来る限り燃やさない方法で必要な量の電気を生産し、安定な供給ができるにはベストミックスが重要である。』


その時々の需要っていうのは、色んな場合が考えられると思います。例えば戦争とか、災害とか…日本は火力発電で使う資源も、原子力で使うウランも輸入してますから、それらの資源を頼っている国に輸出を止められたら大変厳しい状況になると。

ですからそういったリスクを多様な電源を用意する事で小さくしているのだと思います。

ハルさんが仰るとおりCO2の問題もあります。
そしてもちろん、うしまるさんが仰るとおり、原発には今回の事故のようなリスクもありますし、原発がテロで狙われる可能性だってあると思います。



ここからは個人的な意見です。

そういったリスクを考えた上で、僕はベストミックスを妥協して火力に偏らせるのには反対です。
原発に替わるようなエネルギー技術が確率されるまでは、日本は火力・原子力・自然エネルギー・メタンハイドレートのような新資源を組み合わせたベストミックスを目指すべきだと思っています。

ただし、今の原発の耐震性と津波対策の基準が低いなら、(特に懸念されている浜松)ある程度改善できるまで一時的に原発は止める必要があると思います。
それに今回の事故を踏まえて、安全管理体制、組織の早急な改革が必要だと思います。
そして絶対安全なんてありませんが、日本の技術で安全性をできるだけ高くしてから稼動させる。

国と国とが利害をぶつけ合っている世界で、ベストミックスという考え方は必要だと思いますし、原発も現状で日本には必要だと思っています。

これが僕の個人的な今の意見です。
ベストミックスが至上の問題? (うしまる)
2011-04-22 00:04:10
加藤さん。私とはなかなか相容れないご意見ですね。

ハルさんのご指摘されたco2問題ですが、原発はco2を排出していないとお考えですか?確かに原発から直接は排出していないかもしれません。が、燃料ウランを濃縮するために膨大なco2を排出しているようです。化石燃料を使って。
かつ、埋蔵量なども考えると化石燃料ほど長期に頼れる資源でも無いようです。
そのうえ、もって行き場の無い核廃棄物付きです。

私も専門家などではなく、単なる素人です。加藤さん同様、ネットで調べた浅学な知識を元に意見を述べています。
我ながら穴だらけの感情的な意見だと思います。

常に「ベストミックス」を確保した状態で物事が推移すれば喜ばしい事だと思います。が、そううまく物事は運ばない。
福島事故の悪影響(放射性物質被害、日本の外交的立場に対する影響、etc。これは今後日本全体に確実に及んでくると思います)を最小限にするため、一時的に火力発電へのシフトを選択したいと言うことです。
なんにせよ、今更原発は論外と思っています。

福島を抱えた状況で、もう一つ壊滅的な事故が発生したら??無いとはいえませんよ。「想定外」が許されているのですから。

それでも「ベストミックス」が優先でしょうか?
これはギャグですよね? (とんこつ)
2011-04-22 00:20:18
>福島原発周辺の最初の数年は、処理できない瓦礫のと廃屋に、ドブネズミやらチョウセンイタチがウジャウジャと繁殖。

>野犬野良猫、捨て豚に捨て牛、捨て鶏、トビにカラスにムクドリの大群。

これは何の反論になっているんでしょう?
メタンハイドレートは温室効果ガス (ハル)
2011-04-22 04:56:06
メタンって二酸化炭素の20倍もの温室効果ガスなんだね。
メタンハイドレートのメタンガスってちょっとずつ大気に放出されているようです。
なので、メタンハイドレートからメタンガスを取り出して火力発電した方が地球温暖化対策になるらしい。なんか意外な展開。
政府がそのデータの裏付けができて、世界にアピールできれば安定的に火力発電できるかも。

今回、インドネシアから追加でLNGを輸入できるようになった。でもインドネシアも経済成長によるエネルギー不足の中、日本にまわしてくれたみたいでありがとう!

私、都民なんで東京電力管轄の話をしちゃうと、福島第一は全部廃炉でしょ。第二も第一に近いし、1980年代のモノなので老朽化だしで廃炉だよね。
そうなると柏崎刈羽のみ。一番新しいのが7号機? 1997年7月2日運転開始。老朽化までもうしばらくあるね。
現在稼働中なのは、1、5、6、7号機の4つ。
で、意外に原発って細かく事故起きているのね、普段注目してないだけで。
震災前も作業員の被ばく者だしたり、汚染水を海に流したり、ヨウ素131を空気中に漏らしたり、「え?放射線物質が漏れるのって割と普通の出来事?!」とか思わなくもない。
しかも、隠ぺいしたのちに、何十年後かに発表とかあるのね。ってことはさ、いまの時点で隠してることがありませんって信じられん!!


仮にすべて廃炉にするとしても、速攻で停止はできないと思います。
火力発電に乗り変えるにしても、何年かの移行期間があって順番に廃炉と。
そのスパンって急いでも10年~20年はかかるんじゃないですかね。
廃炉にするにあたって核廃棄物の保管場所の建造が必要ですもの。場所とか大論争になりそう。
そうしているまに、新規に建造しないかぎりすべての原子炉が老朽化による廃炉に追い込まれるように思います。

だから、火力推進派の私たち(?)のシナリオもたどる道は、ペースは違えど加藤さんと同じなのかも。

あと、実現可能そうな地熱の技術を見つけたんですけど、どうでしょうね、見てみて!
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20100721/104312/

ガブドットコムのデータセンター、会社での電気使用率は84%だって(笑)
サーバは止められないから、そういうIT系の会社は節電ってすごい難しいね。

電気の検針の日が、震災の前日の3月10日だったの、ウチ。
そこから33日間の使用で去年よりも13%の節電になってました。
照明消したり色々努力して13%かぁ。キツイなぁ。20%ってやっぱり家電を買い変えないと無理ですね。いまやってる節電、何年も継続できるかっていうと、ちょと精神的に厳しい。
家ではPCもデスクトップを止めていまUMPCだけで済ませているのに!


でも、なんか良かったなぁと思うことは、いまはネットがあること。
私も同じくネットで調べているわけですが、こうやってみんなと議論できるのは大きいと思うんです。昔だったら、何かヘンだぞ?! と思っても、個人の中だけで終わらせるしかなかったけど、いまは違いますものね。

あと、ちょと思ったんですけど、
日本人だから感情を荒立てる事もなく、これといった武器も国内に流通していない世の中ですが、
もし別の国でまったく同じ事があったら、場合によっては柏崎の原発に軽いテロをして止めさせようとする勢力がいてもおかしくない気がするのですけど。
運営を妨害する工作をする人がいないってのも平和な国民性だなーと思います。

浜岡の5号機って、2005年稼働開始なのね<新しい
そして、6号機も建設するのね。
中部と中国は原発依存少ないけど、原発へシフトしようとしてるんだものね。
なぜ1985年との比較なのか? (カゲ)
2011-04-22 10:48:12
私の意見としては「原発反対」ではないです。 もちろん、今計画中のモノも、稼働中のモノも安全面を見直す、さらなる安全な原発の研究開発の必要あると思いますが、原発を無くして、火力発電に頼ったら今度は京都議定書の二酸化炭素削減は難しくなると思います。二酸化炭素が増えたらそれこそ、将来的には地球規模で動物が生きられない世界になるのでは?原発反対は、今しか見ていないのではと思ってしまいます。

それに1985年と比べても現実を見ていない比較だと思います。当時は携帯はもちろん、パソコンも普及していない時代。
当然このようなブログの発信もない時代。

エコ家電と言ってもTVも冷蔵庫もその分大型化。あと、原発廃止したらEV車なんて、あり得なくなりますね。
それでも… (加藤)
2011-04-22 20:58:50
僕は想定外の出来事を考慮してもベストミックスは大切だと思います。
ただ、想定外の出来事ができるだけ起きないように安全基準を上げる必要もあるし、今の原発を管理する組織の大々的な構造改革は必要だと思います。

その原発の安全性を上げるまでの期間を火力に偏らせるだけなら賛成ですが、安定的な再生可能エネルギー技術が確立されるまでの何時になるか分からないであろう長い期間にベストミックスを妥協する事には反対です。

また、今回の原発事故は大きな原因は人災によるものだと思います。
福島第一原発は非常用ディーゼルを動かすための油が入ったタンクを海のすぐ近くに置いていた。それが津波で流されたためディーゼルを動かせなくなり、冷却水を循環させる事ができなくなり、今回のような事故が起きたのだと思います。
この点は事故が起きる以前から指摘されていたそうです。けれど電力会社や保安院はそれを無視し続けた。
そもそもは政府や電力会社の隠蔽・保身体質が問題であり、今回の事故はそれが大きく表へ出たという事だと思います。
人災である部分が多い以上、僕は日本の原子力技術は改善の余地が十分にあると思います。

ですがそれでも想定外の事が起きる可能性はあります。
次はマグニチュード10.0以上の地震が来るかもしれないし、30メートルの津波が来るかもしれない。
自然災害・人的ミスによる災害のリスクはどんなに安全性を上げても0ではないので払拭できないでしょう。
そういったリスクも含めて、僕は原発は現状では必要だと思っているのです。

また、今回の原発事故による外交的立場に対する影響は、むしろ事故そのものよりも悪影響を与えているのが、これも政府や東電の隠蔽・保身体質による対応の悪さが原因だと思います。
結果、日本政府を信用できなくなった多くの国民や世界各国に風評被害が広がっていますし、外交ではフランスのアレバ社という国策会社に日本のお金を絞り出されそうになっていますし、韓国はここぞとばかりに竹島周辺の事業開発を再び進め始めました。


そしてもう1つうしまるさんに言いたいのは、今の福島(退避地区も含め)は決して壊滅的な状態ではありません。もうあそこには人は何十年も住めないでしょうなどと軽々しく言う人達に僕は憤りを感じます。ましてやチェルノブイリとも状況は全く違うと思います。

放射線・放射性物質・被曝・体内被曝の人体への影響については、だいず先生が発しているような情報だけを聞くのは、僕は個人的に危険だと思っています。

参考までににだいず先生とは意見の違う方の話を貼りたいと思います。

日本放射線学会理事の中村仁信先生がテレビ出演されて丁寧に説明されています。

www.dailymotion.com/video/xiakrw_a-little-radiation-is-good-for-you-1-2_tech

www.dailymotion.com/video/xiakrz_yyyyyyyyyyy-yyyy-2-2_tech


【なぜか動画URLが貼れないので、これにhttp://を頭に付ければ見れると思います。】

これは『そこまで言って委員会』という関西の番組ですが、途中お笑いが入るのはともかく、今回は良い放送をしていたメディアだと個人的に思っています。
残念ながら福島や関東では放送されていません。ですのでこれを見て少しでも安心して頂けたらと思い貼りました。

また繰り返しですが、日本核医学会のホームページのリンクも一応貼っておきます。

http://www.jsnm.org/for_citizen/overview

現在各地域に出ている数値は、妊婦さんも小さなお子さんも、将来お母さんになられる方も、体内被曝の可能性も考慮しても、中期的長期的に考えても将来に影響はないので安心してくださいと発表しています。

これらの情報を信じるかどうかはそれぞれの自由だと思います。


テレビに出ている学者は利権に絡んでいたり、御用学者であるから信じてはいけないと言うだいず先生や、
『9.11のテロ』を陰謀だと言ったり、逮捕歴もある元社民党の辻元清美議員が設立した『ピースボート』という個人的にかなり怪しいと思われるNGO団体と深く関わりを持っていたり、被災地に健康でエコな天然住宅を建ててあげたいから4億5千万円もの資金を融資してくださいと言っていたり、このタイミングで新しい本を発売し宣伝をしたり、apbankで人気ミュージシャンと共に活動する事で知名度や信頼度を上げている、専門家でも何でもない、自称『活動家』の田中優さんのような方が言っている事を信じるかどうかはそれぞれの自由だと思います。

ただ、今世論の中にある反原発の流れを先導している活動家や国会議員がどういった人達なのか、詳しく調べた方が良いのではと、僕は個人的に思います。


ハルさん、地熱発電のページ見ました。
僕は現段階で自然エネルギーから日本が選ぶなら、地熱発電だと思います。
風力や太陽光はまだまだ課題が多いらしいですし。
ただ地熱発電が原発の代替にはならないような感じもしますから、やはり地熱も含めてベストミックスを目指すべきかなぁと…。
動画貼り直し (加藤)
2011-04-22 21:38:56
すみません、先程貼った動画だと音声が聞きとり辛いかもしれませんので別のモノを一応貼っておきます。こちらの方が聞き取りやすいと思います。

中村仁信先生のお話です。

www.dailymotion.com/video/xi9vo1_yyyyyyyyyy_news

www.dailymotion.com/video/xi9vsl_yyyyyyyyyy-2_news


【URL貼れないので、頭にこれhttp://を付けてください】
映像のURLはもういいです (閖上漁協)
2011-04-22 23:47:56
見る気にならないし、対話する上での資料にもならない。

なんだかなあ (閖上漁協)
2011-04-23 00:00:07
加藤さんが、結局、原発は必要だと言う立場なら、きちんと表明すべきでは?。なにより原発の安全性について、余りにも楽観的なので、驚いています。


元々、福島はもっと酷い事故になる可能性があったし、今でもそんなに甘い状況じゃないと思いますよ。
動画を見て思うこと (ハル)
2011-04-23 03:36:51
ちょと朝から仕事があるので動画を観てのレス中心で。

あの動画で言っている事が100%本当なら、福島県周辺の放射線を浴びた野菜などの食べ物って、ガンの抑制効果のある健康食品?

建物の建材に放射線が含まれていて、住人のガンの発生が抑えられていると言う表現もしているけども、新たな利用価値を生み出す価値観だね。
だって、その理想的な放射線の数値さえ突きとめれば、廃炉にした資材の行き場所は新たに建てる住宅やオフィスビルに混ぜて処理できる。
売り出し文句は、ラドン温泉のような健康効果。住むだけでガンになりづらくなります! だよね。
日本は他の病気で死ぬ率が少ないから、ガンで死ぬ人が多いけど、日本中の新築の建物に放射線物資を混ぜていくことで、より長寿国になる可能性を秘めている。
増加する医療費で困ってるから、予防医学として国策になるレベルの情報だ。

これが本当なら原発廃止しなくていいんじゃないかな。水蒸気爆発さえ押さえて、水素爆発までで止めておけるのなら、いまの福島はむしろ健康エリアだよね。

思っていた現実とずいぶんと格差がある内容だったので、その考えに乗っかってみた感想はこんな感じ。

この色々な所の緊迫感を察するに、素直にそうなんだー安心と思えず、ガン抑制とか強調する当り逆に怖いよ!!(笑)
なんか大丈夫じゃないときに大丈夫をすごい強調されている感じがあって、不思議な感じがするのは私だけかなー。
意外に電力消費量は少ないのでは (閖上漁協)
2011-04-23 17:36:11
>当時は携帯はもちろん、パソコンも普及していない時代

数年前の統計では、パソコン単独では家庭の電力消費に占める割合すら分かりません。果たして、実際にはどれだけ電力を消費しているのか?。

携帯電話の充電による電力消費が、電気カーペットや暖房便座よりも高いという統計でもあるのでしょうか。

きちんとした統計を示して頂ければ、資料として尊重するのに、全くやぶさかではありません。
EV車 (閖上漁協)
2011-04-23 18:27:30
>エコ家電と言ってもTVも冷蔵庫もその分大型化。あと、原発廃止したらEV車なんて、あり得なくなりますね。

夜間早朝の電気料金割引で対応すればいい話でね。朝の三時くらいに充電すれば、一番、お得な料金設定にするとかですね。

エコ給湯とか、深夜割引料金で売りまくっていたんだから、電力会社には、お手の物のはず。蓄電機能あるんだから、電力需要のアンバランスを埋めるのに、むしろ好都合でしょう。

原発なくなれば、夜間に電力を売る必要性も薄れるが、営業的に考慮すればいいだけの事。
89年先の2100年のことを (ハル)
2011-04-24 00:36:45
今の事しか考えていないと指摘を受けましたので枠を広げたいと思います。

日本の人口増加率、過去最低の0.2% 国勢調査速報 2011年02月25日 20:33
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2787483/6869204

上記の記事を見ると、2100年には日本の人口は半分の6000万人になっている。
いま独り暮らしの世帯数が増え、電力消費も増える生活スタイルだけども、さすがに人口が半分になれば電力消費は下がると思うのだけど。

仮にこの人口規模のままで温暖化防止のためCO2の排出を抑えるとなると原子炉を新設しなければなりません。それで確か原発割合を60%程度まで引き上げるんじゃなかったかな?
過去最高消費電力は、18300万kW。60%だと10980万kW
浜岡5号機が日本最大出力の原子炉、138万kw。設備利用率が100%でも80基必要。
けれど震災前、設備利用率は70%。送電ロス8%の考えると、124基が必要です。
今回の震災で東京、東北電力の原発が震災で止まっているので今の利用率はもっと低下していると思われます。そうなってくると150基くらいは必要かもしれません。
これは国内最大出力の浜岡5号機計算。実際にはもっと出力の低い原子炉が稼働しているので、数自体はもっと上かなぁ。

良く原子力はCO2の排出が少ないって言いますけど、出力の上下のコントロールができないので、調節する為に火力発電とセットにしないと運営できません。
そして震災で原発が止まった場合、その間はほぼ火力発電で賄われます。
つまり日本で運営するに当っては、それらの事象を考慮にいれて最中的なCO2排出量を計算しなくてはなりません。
良く少ないと主張しているデータは、100%原子力発電の場合の数値でしかないと思われるので、実際の運営上のとは違うんじゃないかな。
「地震国」と「地震が来ない国」では原子力運営でCO2排出の差があるってことです。


東京電力の原発依存度は約30%。
原子力による深夜の電力が余っているのは過去の話で、いまは需要を満たす為に深夜でも火力発電をしています。
けれども原発依存を60%まで引き上げたなら、深夜の発電量も増大しますよね。
何でもかんでも「電気にするとエコ」って主張しているカラクリがここにあるのではないかと思うのです。
オール電化にして深夜の電気でお湯を沸かして貰う必要があるんだと。もっと言えば、お湯による蓄熱をして貰って、暖房にも使って貰いたいくらいだと思います。熱供給センターのように。
だから深夜充電するEV車推奨。EV車=蓄電設備だもの。
原子力によるCO2の削減って、結果的にはきっと消費電力抑制とは真逆を行くしかなくなるんだと考えます。
調節できない、止められない、溜められない、だからどんどん使うしかない。
すると必然的に、電気を使う製品って増えますよね。増えた電気製品って昼間にまったく使わないって事はないと思うのです。そうなると昼間のピーク電力も増えますよね。
じゃあ、また原発立てましょうとか、変なスパイラルに巻き込まれる気がする。


あと、仮に現状のような50基くらいだったとしても、人口が半分になるのに維持費、払えるの?
すごいGDPも落ちるだろうし、大丈夫なのかなーと、今だけじゃなく未来を考えると不安になる。


しんきゅうさん
http://shinkyusan.com/index.html

このしんきゅうさんで過去の製品との電力消費比較をしてみた。

1994年以前の16~21型ブラン管テレビから、液晶32型のシャープLCー32DX3-Rに買い替えると、年間47kWhの省エネに。
1994年以前の301~350Lの冷蔵庫から、451~500Lの三菱電機MR-E47SーDWに買い替えると、年間490~620kWhの省エネになる。

テレビが21から32型になっても、冷蔵後が350から470Lになっても、消費電力は下がるんだよねー。
大型だからというのは先入観なんじゃないかなー。
冷蔵庫の効率化は異常なほどに進んだという個人的な印象。最大で85%削減とかっていう資料があるくらいだもの。


あと余談だけど、エコポイントはエコじゃないよね。
だって、小さいテレビの方が省エネなのに、大きいテレビの方がエコポイントが貰えるんだもん。
本当のエコは、むしろテレビを買い替えずに観るのを止める人だよね(笑)
コージェネレーション、六本木ヒルズからみる未来の都市のカタチとは (ハル)
2011-04-24 04:12:43
> 最中的なCO2排出量を→最中的なCO2排出量を に訂正。

ちょとその原発のCO2の排出量のことをネットで調べていたら、WWFの2000年の資料を見つけました。

「気候変動と原子力発電」
http://www.wwf.or.jp/activities/lib/pdf/rc2.pdf

この資料は「原子力発電は温暖化防止に役立たず」って事が書いてあります。
そして15ページ目に、「原子力発電+石油火力発電」と「天然ガスコージェネレーション」とでは、CO2排出量がほぼ同じだと主張しています。
でも、この資料に対して、日本の電気事業連合会は反論していて、
「原子力発電+天然ガスコージェネレーション」で比べてくれないと不公平だと。
その場合は、天然ガスコージェネレーションよりも3割CO2削減になる。(電気事業連合会談)
個人的には、CO2の3割削減の為に原発っていうのは、すごくリスキーだなぁと思う。

WWFの資料には、世界の原発の約3割をアメリカが保有してるのにCO2排出多いじゃん! とも書いてます。アメリカは、世界人口の5%以下なのに、世界の総排出量の25%を占めている。
土地が広いから送電ロスとか色々、効率が悪いんだろうねぇ。


で、天然ガスコージェネレーションって何ぞや? ってことですが、ザックリ言うとエネルギー効率のいい発電システムです。

天然ガスを燃やしてタービン発電
その時の発熱で蒸気を作ってタービン発電
その余った熱で給湯などの熱源に利用
更に下がった熱で空調に利用

発電+排熱利用でエネルギー効率を高めているシステムって感じです。

原発は30%、最新式火力発電60%、コージェネレーション80%だそうです。
原発は、排熱は海に捨てますからね。火力発電にコージェネレーションの組み合わせもあり、これも高効率になるとのこと。


六本木ヒルズは、最大電力出力38,660kW、最大冷房能力240GJ/hなんだってさ。
http://www.mori.co.jp/projects/roppongi/technologies02.html

http://www.jsme.or.jp/mechalife/jp/student/visiting/0312.pdf

震災直後の計画停電の時には、自分の所をまかないつつ、東京電力に1100世帯分の電力を送電したもんね。

東京には合っている発電スタイルかも。
地産地消の発電システムもいいかもしれません。

訂正が訂正になってない、ごめんなさい (ハル)
2011-04-24 04:15:40
最終的なCO2排出量を
Unknown (原発反対)
2011-04-24 21:51:26
原発を推進している人は、福島に行って作業が出来るんだよね?
そこの野菜や魚も食べれるんだよね?
半径30Km内に住む事も平気なんだよね?私は無理だな、だから原発は反対。
多少、不便になったとしてもね、
原発推進してるなら、当然、平気じゃなくちゃおかしいよね。
んー、とするなら火力も無理だなぁ (ハル)
2011-04-25 05:28:31
原発推進している人は作業がーというくだりを、火力発電に置き換えてみると、、、

火力発電所が火災になったときに消火に参加できるかっていうと厳しいなぁ。
石油コンビナートや天然ガスタンクの火災で消火に参加できるかというと、正直、無理だなー。ガスタンクがいつ爆発するとも分からないのに、ド素人が行って何ができるか分からないし。

あと、タンカーが座礁して、重油が海に漏れ出し、重油まみれの魚を出されて「食べろ!」と出されても食べられない。

ううぅ、残された道は電気を使わないってことしかなくなってしまう、、、。
でもそれもできないなぁ。
これで話は終わりかな? (ハル)
2011-04-29 20:53:49
原子力を止めた場合の電力供給は、火力発電。

置き換える火力発電技術
 * コージェネレーション(各施設による自家発電)
 * 1500度以上のMACC発電
 * 1500度以上のMACC発電+コージェネレーション

原発によるCO2削減は、数を2~3倍以上にしなければならない。人口減少する日本では現実的ではない。そして人口が100年後には半分になるのでCO2排出も減ると思われる。

人口減少から考えると、ベストミックスとして原子力を選ぶことにも疑問が出る。
人口減少すれば日本の社会構造が変化する。
その中で運営に柔軟性がかける原子力に今と同じだけの投資と維持ができのだろうか。

未来における電力消費の推移を予測して、それにあった電源整備が必要なのではないだろうか?


風評被害について考えると、すべてを批判できるものではないと思う。無論、死の灰が降ったと脅すのは論外だが。
が、現状、原発を安定させることはできていないし、危険な状態を脱するのは、年内は無理だ。
そして年単位で原発との格闘は続く。
多くの人が徐々に原発から関心が薄れるなか、1号機の格納容器内の圧力が下がっている。
酸素が入り込めば爆発して放射線物質が拡散する。その規模は今まで以上だ。
水棺を進めて危機的状態になってしまったのかもしれない。
原発の事故は後処理ではなく、いまも最中である。
火災に例えるなら激しく炎上したまま。
そんな状態で風評を抑えるのは難しいかと。
更に言えば、政府がガイガーカウンターで測定した数値をネットで公開することを規制し始めている。
それが風評に対してどう影響するのか見守りたいところですね。


家庭におけるPCの消費電力ですけど、
東京では、めっきりデスクトップが売れなくなって、ノートしか売れてない。
ノートは電池で動くように出来ているので、さほど消費電力が高くない。
だから現状ではPCを使うよりもテレビを観る方が電力消費が高いってのが一般的だと思います。

ネトゲのゲーマーPC批判は、SLIとかして買い替えペースの速いヘビーユーザーな人の話なのかな?
確かに消費電力多いけど、負荷処理時に電気ストーブ程度。アイドリングの時は割と消費電力が低い。
各部品のプロセスの細分化を追っかけて買い換えているいるし、負荷がかかってない時は自動的にクロックダウンしたりもできたりするし、コンデンサーとかのいろいろな部品にいいものを使っている。
あと流行りとしては、電源の80PULS GOLDとか割と売れてる。
お金かけてる分、電気効率いい部品が集まってる。
で、ヘビーな人は生活スタイル自体がそこに一極集中なので、逆に言えばそれ以外の設備利用が少ない分、そこまで悪とは思えないのだけど。
ネトゲーマーじゃない私が擁護することでもないと思うけど、ずいぶんと前に、一時期今は無き秋葉原のPCパーツショップの店員だったもので、生意気ですいません。><
とりあえず… (加藤)
2011-04-30 02:30:44
ハルさん 人口の減少と原発の必要性の話ですが、僕の意見は現時点では原発(新設は無理ですが)はまだ必要だと思っていますし、福島の事故が起きてもなお、日本が原発を選んだ事は間違えではなかったんじゃないかと思っています。
ただ、この原発という技術が今後30年や50年も続くとは思いません。
それまでに何か新しい技術を開発する必要があると思います。
ですから繰り返しになりますが、将来的な脱原発には賛成ですが、今すぐ全ての原発を無くす事にには反対です。


エネルギー問題に関しては、僕達みたいな一般の国民がこれからも考えたり議論したりする必要はあると思いますし、考えていくつもりですが、僕はもうこのだいず先生のブログで議論というか書き込みをするのはこれで一旦やめにしようと思います。

やっぱりネット上で議論するのは限界があるかなぁと思いまして。意味がないという訳ではないのですが、やっぱり議論するなら、相手の表情や目を見ながらするのが一番良いのかなぁと。

それに、だいず先生の考え方を書き込みという形で批判していた自分にも嫌気が差したというか…いや、基本的にその考え方は変っていないのですけど(正直、だいず先生の新しい記事を読んでも言いたい事だらけです)でも、人を批判する前にまず自分自身の考え方と向き合うというか、見つめなおそうかなぁと思いまして…。人を批判するには未熟過ぎたと反省してます。

今はとにかく、地震・津波・原発事故の被災者の方達が1日でも早く幸せな生活を取り戻せるようにお祈りを続けたいと思います。


それでは失礼しました。
Unknown (戦前みたいに言論統制か?)
2011-04-30 21:27:00
>>更に言えば、政府がガイガーカウンターで測定した数値をネットで公開することを規制し始めている。
なんでも、かんでも統制しはじめてますね。
民主党が政権を取ったら北朝鮮みたいになるよと依然から言ってたら、だんだん、その方向に行ってる。
原発は経済合理性がない。
jbpress.ismedia.jp/articles/-/5952?page=2
その記事にもバイアスがかかってないのかな? (ハル)
2011-05-01 02:11:33
> jbpress.ismedia.jp/articles/-/5952?page=2

この記事自体にもバイアスがかかっているような気がするから鵜呑みにできないなぁ。
原子力に不利な計算の仕方を少ししている気がする。

いまの日本社会で揚水は、ほとんど使われていないもの。
深夜の原子力による電力はあまってないから。揚水するなら火力で発電しないと。
揚水は使った電力の4割程度しか戻せないし。
だから原子力+揚水という計算はいらないと思う。

なんか、原子力はCO2出さないって切り口と一緒だね、その記事。
原子力100%では運営できないから火力とセットでコストやCO2排出を考えないといけないのに、原子力が一番少ない! ってことだけを強調しているかのよう。

現実問題、CO2排出が減らせなかったら、排出権を中国とかから、3800億円くらい出して買わないといけない。LNGにそのコスト計算は盛り込まれているのか。

どうせだったら、MACC発電とコージェネレーションに切り替えたら、CO2は現状よりも少なくなって、排出権の出費もこれだけ減る。よってLNGは安価であるって所まで書かないと、バイアスがかかってると言われるよ。

あとコージェネレーション話に家庭用燃料電池のエネファームを持ちだしたなら、停電の時には使えないって事を書いていただきたいところだなぁ。
電気を作る為に電気が必要なんだよ、エネファームは。だから残念ながら計画停電があったらエネファームは使えないんです。
そこらへん説明しないんだったら、エネファーム書かなければいいのに。
あとMACC発電+コージェネレーションも話に盛り込んでくれないと、100%コージェネレーション意外ありえないみたいな印象になるじゃん。
あとLNG押してるんだったら、最新のMACC発電だったら効率は59%だ。
大まかに最新は50%っていうのはざる過ぎる。
LNG押している割には、ザツに扱われて火力発電とコージェネレーション推進派としては、ちょとスッキリしない記事だなー。
言論統制よりも怖い (ハル)
2011-05-05 06:04:19
ここ数日、色々ネットを調べて回った。
いつの間にか歴史は日清戦争まで遡ることとなった。それで知った事がある。
私たちがメディアから得られる情報にはフィルタリングがかけられている。
問題のコアとなる部分はいつも隠されぼやかされて、気がつくと話は別の事にすり替えられている。
いま私たちが見ている日本の世界観は、ゲームの中の仮想空間と同じでバーチャルのよう。

もし東京にいるなら、ダイアログインザダークにいってみて。
見える不自由と見えない不自由を体験できる。
そして、そこにあるハズのない森の中にいるように感じるから。
あれは感覚の遊びでもあるけど、意外と真理。

私たちはいつもの生活で見えているモノで、見えない部分を想像して補っているに過ぎない。
でも、見えない部分を集めてみると、世界はこんなにも曖昧で不安なものなのかと驚く。

なるほど、神様がいると信じないと、分からないだらけの世界で精神がどうにかなってしまいそうになる。
いまある世界は、まるで昨日できたばかりのように新しく未熟であるようだ。
私たちは現代人だと思っていたんだけど、その器の中に入れられただけみたいな感じだね。
お釈迦さまの手の中の孫悟空のようだよ。
言論が自由だったとしても、手の中から出るほどに私たちは賢くはなかったのだね。
これから、どうしたらいいか分からないね。
知らないフリをして人生を全うすればいいのか。
まるでサリンジャーだね。
I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes.
笑い男のように、or should I? とまで続けられる感じがしない。
原発はCO2削減の決め手にはならない (Frisky Tom)
2011-05-06 08:51:33
少し話題がそれますが・・・
原発によってCO2が削減できるというのは、全く違うと思います。
原発は発電時に、大量の水を冷却に必要とし、膨大な量の温水を海に排出します。
それが微々たる物を考えてはいけません。
原発一基の放出量は、日本の大きな河川1本分の流量に相当するそうです。
いわば、原発は強力な「海温め装置」なんです。
海水温が上がるということは、直接地球温暖化に寄与します。
さらに、海水温が上がることで、溶け込んでいたCO2が大気中に出てきます。
その相乗効果は、火力をしのぐのではないでしょうか。

そして、核燃料を濃縮する過程においても、大きなエネルギーを必要とします。
それも含め、少なく見積もってはならないでしょう。

いずれにしても、原発はもうやめるべきです。続けていても、核廃棄物が増えるだけです。何もいいことはありません。
日本は、風力、太陽光、潮力、波力、地熱、水力などの自然エネルギー拡充に全力を注ぐべきでしょう。
浜岡、止まりますね。 (ハル)
2011-05-07 00:26:50
浜岡原発、止まりますね。
総理が、午後7時に記者会見で要請したと。
あと静岡知事は中部電力に対して強固な姿勢を見せてますね。
堤防ができるまで2~3年かかるので、それまで火力発電ですね。
これで中部電力は一時的に脱原発。
けど福島第一の4号機は停止しても燃料格納プールからの水素で爆発&火災を起こしてるから、止めるだけじゃ意味ないよね。


原発が「海温め装置」なのは分かるけど、地球の気候が変わってしまうほどに強力なのかは疑問。
キラウエア火山のような活発な海底火山はあるだろうし、海底でも温泉がでてて海水温度が200~300度ってのはざらにあるし。
原発が発する熱で地球の気候が変わるなら、人が地球のマントルの熱に対抗しなくては。
でもそんなの無理だから地球温暖化を防ぐ方法はないってことになる。

ちなみに私たちは、例えるなら生卵の殻の上に文明を築いているようなものだからね。すぐ下はどろどろのマントルだよ。
海底から10kmも掘ればそこはマントル。詳しくは日本の地球深部探査船でもググってください。


核燃料のガス拡散は消費電力高いっていうけど、遠心分離は消費電力が少ないと聞く。どの程度なんだろうね。


自然エネルギーだけに頼る場合は、蓄電池が不可欠。
リチウムイオンバッテリーだらけになるのが逆に心配。ソニーだったか、発熱事故とかでリコール騒ぎがあったよね。あとレアメタル争奪戦になる?!
あと電池って液漏れしたり有害物質の塊ってイメージでエコな感じがしないんだけど><
大丈夫なのかなぁ。


あと、ちょっとオカルト的な話になるんだけど、2012年に太陽フレアによる太陽風が一時的に強くなるのだけど、地球の磁気シールドに穴が開く時期と重なってしまうって。
で、そうなると高圧変圧器が故障してしまう可能性があると。1989年にそれでアメリカで停電して復旧に数時間かかったって。2000年には影響が小さかったみたいで何も起きなかったみたいだけど、2012年は強いって。
そのせいで、原発の冷却系統の電源喪失が起きないと信じたいです。
日本だけじゃなくて、世界中の原発で!!
CO2削減ってそんな重要な問題なのか・・・? (Mてぃ~)
2011-05-10 12:22:53
最近、私がよく考えるのは地球温暖化の対処法は、現代の方法でほんとにいいのかってことです。

もちろん地球がどんどん温暖化して、さまざまな異常気象が起こり、多くの人の命が危険にさらされるのは、避けるべき事態です。

しかし、現代の人々は、CO2の削減を第一の目標にしているような気がするけどその姿勢は間違っているのではという気が最近します。

例えば、海水面の上昇により沈みかけている国があるのなら、すべきなのは、CO2の削減ではなく護岸工事です。

CO2の削減をすることが、どれほど地球の温暖化に効果があるかなんて、実際まだ不確かです。
温暖化対策をしたからと言って失われるはずだった命が救われるかどうかは、不確かです。
……しかし、護岸工事をすれば、失われるはずだった命は確実に助かります。

それと同じように、
原発を使わずに多くのCO2が排出されることで失われるリスクは、
原発事故のリスクに比べてかなり低いと思うのです。

原発の推進理由に、CO2の低排出とあるとつい賛同してしまうけど、
地球温暖化対策の本質は何か
(私は、人類の生命を守ることだと考えています)
を考えると、それは理由にならないと思います。

私は、原発と、地球温暖化問題は切り離して考えるべきものだと思います。

特に詳しい知識もなく偉そうなことを書いてしまいましたが、
皆さんの意見も知りたいです。
THANKS! (daizusensei)
2011-05-11 18:24:28
みなさま>コメントありがとうございます。
よい対話がはじまってよかったなと思っています。

Mてぃーさま>たいへんよいご指摘をありがとうございます。そもそも何の関係もなかった温暖化と原子力が結びついたのは2008年の洞爺湖サミットだったと思います。これ以降、温暖化対策=原子力推進の構図が確かなものになりました。
http://blog.goo.ne.jp/daizusensei/e/16fdb610212b9e8217289cbda0ee709a

化石燃料の使用は廃棄物として二酸化炭素がでますが、原子力は放射性廃棄物がでます。どちらを選びますか?という選択肢が問われなければなりません。
http://blog.goo.ne.jp/daizusensei/e/2e9827f75c637fd584795a5f3a039d12

その上で、どちらも持続不可能という認識のもとに、自然エネルギー社会をめざして、どうやったらそこに近づけるか、と問いたいと思います。
やっぱり遠い話。 (ハル)
2011-05-12 01:39:02
国民に太平洋側に作る原発は、震災や津波対策でも安全性が100%確保できないけども使い続けますか? という選択肢でいいと思う。

二酸化炭素か放射性廃棄物かでは、結局CO2問題と切り離されていない。

そもそも原発に関心の無い国民は、放射線物質は保管して置くことができますとの学者の意見に懐疑論をはねのけて納得してしまうだろう。
残念なことだけど、良く分からない事に対して人の反応は鈍い。でも電気が無くなるよ! ってことは生活に直結している。
推進派、反対派を見た時に、目の前の利益がある方に傾き賛同する。そして警鐘を鳴らす人は神経質と評価する。だいたいの人がそう。

だから、公共事業による防波堤、防潮堤では、1度は大津波を止める事ができるかもしれないが、連続して来た場合には1度目の津波で破壊されている為に防御率が落ちる。そして再度、修復or建設するのに何年かかかる為、その間にどうなるかは「想定外」って事で処理しますけどOKですか? とか説明を多岐に渡って具体的にしなきゃダメだと思う。

もし脱原発に賛同して貰えるとしたら、火力発電に偏る為に電気代がこれくらい上がるけど強力してねって方向でも説明が必要だよね。


で、とりあえず原発側からCO2の事を切り離されたとして、CO2排出側からは原子力発電は切り離せないモノだと思う。
CO2削減しなきゃいけないけど安定的に大きな電力は必要。そうなると原子力しか選択がない。
子供を誘拐された親が、誘拐犯から「返して欲しければ犯罪を犯せ」という命令に従ってしまうのと同じだよね。
悪い事だと分かっていても、子供を助けなきゃって使命が、犯罪を犯してはならないという理を無効化させる。


あと、自然エネルギーにと講演をする賢い人達が集まって、小さな村規模で実現して見せればいいのにと思う。現状では現実味が薄すぎる。
原発もダメです。CO2での温暖化もダメですって両方を流布している学者さんは、温暖化なんてケチくさいことを言ってないで、バイオスフィア2でやっているように、人が生活するバランスはどやってとればいいのかを見せてほしいです。


私的には、日本には原発は不向きだと思います。
日本は安全を作るのが得意ですが、安全を過信し過ぎて事故後の対応が下手です。
海外は安全を作るのが苦手ですが、事故を起こした時にどう対応するべきかを沢山シュミレーションし対応の訓練をしています。
そして日本の縦社会構造も、大きい組織になると、得意なハズの安全もうやむやになります。
末端がもっと安全基準を上げなくてはいけないと思っていても、上層部が描く安全の範囲外まで及ぶなら、それは実現しない。
そして、上層部は原子力の専門家でもなんでもない。これも致命的だよね。決定権がある人に原子力の深い知識がない。
というか、日本の原発運営に携わる人に詳しい人なんてほとんどいないんじゃないかという印象すらあるよね。
長くなってしまいましたが… (加藤)
2011-05-12 21:07:06

だいず先生から新たな問いを出して頂けたという事で、再び書き込みをしたいと思います。

『化石燃料の使用は廃棄物として二酸化炭素がでますが、原子力は放射性廃棄物がでます。どちらを選びますか?』

という事なんですが、これはちょっと問題をシンプルにし過ぎているように思います。こんな単純な選択はできないです。
CO2を生む物と放射性廃棄物を生む物のどちかを選ぶというだけならば皆CO2の方を選ぶと思いますよ。
でもこの原発の問題はそんなに単純ではないと思います。

エネルギー問題とCO2による地球温暖化の問題にはもう1つどうしても切り離せない問題があると思います。それはやはり経済の問題です。

仮にだいず先生の言うとおり今すぐ原発全てを止めたとして、原発が賄っていた3割を火力に切り替えるとしたら全国平均でいくら電気料金を上げる事になるのでしょうか。

節電・節約を僕達国民が私生活で我慢する分は頑張れば何とかなる気もしますが、企業はそうはいきません。

法人税は高い・人件費も高い・電気代も高くなる・国民は節約志向でデフレが進む こうなったら前にも書いたように日本に企業がいるメリットがかなり無くなります。
当然そうなればこれ以上節電技術を上げるなんて面倒な事をやる前にこのグローバル社会では企業は海外へ出て行くという事になるのではないでしょうか。
元々震災前からデフレで企業流出も多かったのに、今回の大震災に加え電気代まで高くなったらそれがさらに加速する事になると思うのですが。

そうなれば失業率は一気に上がる事になるのではないかと…。

仮にだいず先生の言うとおりにベストミックスという考え方を捨てたとしても(戦争や外交上のリスクを外して考えたとしても)、やはり原発を止めるのは経済面で相当な痛みが伴うのだと思います。

仮に温暖化対策=原子力推進の考えを捨てても、経済へのリスクは残ります。

小さなお子さんの健康、その将来を心配するお母さんも、代わりに家族を養っている旦那さんが失業するとしたらどちらを選ぶでしょうか。
もちろん原発事故の可能性を選んで旦那さんが失業してでも万が一の健康被害からお子さんを守りたいという人も当然いると思いますが。

このようにCO2排出の問題、放射性廃棄物の問題、自然エネルギーの問題点、原発事故のリスク、経済へのリスクをフェアに国民に公表したのちに考え、選択するべきだと思います。

この内のどれかだけをチョイスする議論は視野が狭過ぎる気がします。


そう考えると僕は日本はこれからも経済成長をし続けるべきだと思いますので(子供の将来のためにも)、やはり将来的な脱原発には賛成ですが今すぐ全ての原発を止める事には反対です。

ただハルさんの言うとおり、今の日本の政府や保安院の無責任で国を統治できないような仕組みでは原発は日本に向いてないというのはその通りだと思います。

だから今ある原発については福島事故から学び、組織と管理体制の改革をし、施設の安全性をより高くした上で、【安定的に供給できる再生可能エネルギー技術】が確立できるまで稼動を続けるべきだと思います。


ちなみに危険性の確立の高さから今回の浜岡の停止は正しかったと思ってます。
ただ原発事故のリスクよりは小さいとはいえ、その浜岡原発で働いていた方々(現場で働く多くの人達は中部電力ではなく下請けの方達です)、地域の方々への経済的影響を考えると、とてもだいず先生のように原発停止をお祝いしましょうなどという感情にはなれません。少なくとも全く問題がないというのは、言い過ぎですし。
(失礼な言い方かもしれませんが、僕は正直あの記事に相当な違和感を感じましたので…)


それとこれはその道の専門家であるだいず先生に質問したいのですが、【安定的に供給できる再生可能エネルギー技術】は何年後くらいに確立できそうだと予測してますか?

仮にそれまで化石燃料と不安定な自然エネルギーだけに頼るとしても、30年も40年も掛かるならその間化石燃料が世界情勢の関係で値段が上がったり下がったりする可能性を考えると大変だと思うのですが、どうでしょうか。

再生可能エネルギー技術の研究、その今現在の状況と課題・今後の見通しなど、できればまた教えて頂けたらと思います。

あとそれに関連して脱原発政策をチェルノブイリから学ぶという事で、チェルノブイリ原発事故を受けて脱原発へと舵をきった国は今現在どうなっているかですが、20年以上経った今でも脱原発は達成できていません。
それどころか、今回の福島原発事故が起こるまでは近年ヨーロッパで脱原発を進めていたそれら国々は脱・脱原発路線へ切り替えようとしていたし、世論も脱原発政策とその実効性に疑問をもっていた。
2004年辺りではスウェーデンで原発維持に8割が賛成、スイスでも脱原発政策が国民投票の6割以上の反対で否決されています。
その要因にはやはり不安定な再生可能エネルギーでは国の電力を自国だけで賄えきれないという問題があるようです。
今回ドイツが一時的に原発を止めたのは選挙のためだと思いますし、恐らくまた再稼動するのではないでしょうか。

結局、原発事故が起きるたびに世論は反原発に傾くけど、数年後には経済的な現実を見て原発は必要だと意識が変わるのが世界的な世論の流れなのかなぁと思ってしまいます。

日本の場合ヨーロッパのように隣国から電力を輸入する事はできないので、経済的な現実を見れば世論のその切り替わりも早いかもしれません。


『どちらも持続不可能という認識のもとに、自然エネルギー社会をめざして、どうやったらそこに近づけるか、と問いたいと思います。』

この問いに関してはドイツは原発を稼動させつつ脱原発と再生エネルギー産業の推進をしていた。僕は日本もそれで良いのではないかなぁと思います。


…と、ここまで長く書いたものの、これと同じような事を最初の方でシンプルに言ってる人多いですね。

だいず先生はこれらの意見を
『「それはできない」という議論は永久にできて、そうしている限り実現しません。「どうしたらできるか」と考えれば、少しずつでも近づいていって、いつか実現できると思います。』
と言いますが、ずっとこれからも日本に住み続ける僕達が原発を全て止めて2割節電しながら
「どうしたらできるかなぁ」
「いつかは実現できるよ」
などと言っている間に現実では企業は海外へ出て行き、企業の末端で働く多くの労働者達は苦しむのです。
国立大学の先生や自給自足生活をしているような方達には影響はないかもしれませんがね。

だいず先生は愛知の自動車産業などを支えている中小民間企業の現場をぜひ見てまわってみてはいかがですか?

苦労しながら汗流しながら日本の経済を底から支えてる現場も見ずに『せいぜい2割の節電』などと軽く言ったり『原発止まったからお祝いしましょう』なんて、皆が頑張って払っている税金で食ってる国立大学の学者が軽々しく言ってるからだいず先生の話は【机上の空論】だと言われるのですよ。僕もそう思いますし。

それにだいず先生の言ってる事にはアンフェアな部分があると感じます。
それは原発のリスクや権力への批判はするけれど、ご自分が研究されてる再生可能エネルギー、バイオマスの課題や問題点には全く触れないからです。綺麗な事ばかりを言っている印象です。
日本のバイオマス関連の施設に関しては2011年現在でも7割が赤字だそうです。つまり今のところ効果的な結果は残せていない。

これを言うとまた「それはできない」という議論は永久にできますと言われるんでしょうが、国の自然エネルギー政策を決めるのに具体的な案・見通しもリスクも言わずに、漠然と自然エネルギーはエコで安全だから選択しましょうというのは説得力がないといういか無責任だと思います。今の場当たり的な民主党政権や管総理と同じです。

そういえば

『「それはできない」という議論は永久にできて、そうしている限り実現しません。「どうしたらできるか」と考えれば、少しずつでも近づいていって、いつか実現できると思います。』

って鳩山前総理も温室効果ガス25%削減を国連で発表した時同じような事言ってたなぁ…具体的な案は無いのに。


また結局最後の方は我慢できずにだいず先生の批判になってしまいましたが、このまま書き込みしたいと思います。決してストレス発散で書いてるのではなく、本音で書いてるつもりです。

だいず先生からすれば僕のような意見は『よい対話』には邪魔で退屈なものかもしれませんが、個人的に自分の意見に賛同してくれる人だけでする綺麗な対話が『よい対話』だとは到底思えませんし、不都合な事からは目を背け、楽しい事だけを考えるのは楽だし気分も良いのでしょうけど、それこそ机上の空論です。


とりあえず「どうしたらそこ近づけるか」という問いに対しては、原発を稼動させつつ、脱原発を目指す、というのが僕の今のところの意見です。面白くない意見なんでしょうけど。
Unknown (経済専門)
2011-05-13 19:45:28
エネルギー安全保障の観点から言っても
日本は自然エネルギーの割合を増やしていくべきだと思います、ウランにしろ火力燃料にしろ輸入していることには代わりないですし、それらの燃料も、いづれ枯渇するわけですから、燃料を購入する必要のない自然エネルギーを増やすことは重要なのです。これまではウランや火力燃料が安かったから自然エネルギーが割高だったわけですが、アメリカでは太陽光発電と原発とのコストが逆転しました。小水力、地熱、などは比較的安定的な発電ですし、日本に適した発電法でしょう。
産業として自然エネルギーの導入は雇用も生みます。なにしろ、莫大な金を資源国に払っているわけです。アホらしいでしょ。そういうことを考えれば資源の無い日本が、もっとも自然エネルギーに投資すべきなのです。現実的には、今すぐに全部の原発を止めるのは無理ですけども、自然エネルギーの省エネ技術の進捗具合にそってという所でしょうか。
Unknown (経済専門)
2011-05-13 21:21:37
自然エネルギーと省エネ技術の進捗具合、、、の間違いでした。
あと、東電の処理は民主党は負担を国民に押し付けるような方法ですね、資本主義国家なのに株主責任も問わないとは!
送電と発電を分離して電力の規制緩和をすれば、電気料金の値上げどころか、値下げも可能かもしれません。
マスコミの罪 (masa)
2011-05-14 17:58:53
事故直後のコメントを見ていると、「原発反対なんてありえない」が多くて驚きました。
私は311以前は原子力発電にまったく関心がありませんでした。しかしテレビで東大の学者たちが「原子炉は健全に。。。」と言っているのに爆発したり。。。3号機についてはMOX燃料を使っているプルサーマルだとテレビで解説する人は一人もいませんでした。
中日新聞では、当初から「3号機は毒性が強いプルサトニウムを使用しているプルサーマルだ」報道されていました。
この違いななんだろうと思いインターネットやツイッターを使い情報を集めました。すると政府やテレビで言っていることに疑問を感じるようになりました。
・電力会社や電事連はテレビ局や新聞社の最大スポンサーである。
実際USTやニコニコ動画で東電の記者会見をみているのですが、私たちに本当に必要な情報をもたらしてきれるのは、フリージャーナリストが多かったです。
そもそも、地域独占の電力会社がテレビCMを垂れ流しているのは何故なのか?

・あの計画停電は本当に必要だったのか?実は大口の需給計画をしている事業者で電力調整をすれば回避できたとか。。。
(あれは原発がないと電力が足りないという脅し)

・地球温暖化と二酸化炭素の関係

・原発のコストは本当に安いのか? 等々

今まで洗脳されてきた事がわかりました。

もう騙されたくありません。
テレビ局も目先の利益だけで、公平な報道をしない
のは罪だと思います。
(最近は少しはましになりましたが)

情報はテレビ・新聞だけではないと思います。ぜひツイッターなどでも情報を得て欲しいと思います。

最後に、原子力発電は早く廃止して欲しいです。
正しい情報を得れば、原発が無くても再生可能エネルギーを普及させれば充分電力は賄えることはわかります。
それには、国民の意識改革が必要だと思います。
国が原発利権を捨てて、再生可能エネルギーに大胆な政策変換(発電・送電分離・全量買い取り制度)を行えば原発はいらなくなると思います。

今日、全て読みました (杏子)
2011-07-09 06:25:22
ずっと続いていたこちらの書き込みを、今になって初めて頭から全て読みました。
被爆国だからこそ原子力アレルギーがある日本では、このアレルギーのために一般人は原子力の知識に乏しいのが現状だったと思います。
それが変化しつつある。その事がまず良い方向に向かう原動力の一つになってほしいと思いました。

ここまで拝読させていただき、私自身は、後半でベストミックスの考え方について書かれている「加藤」さんの考察に共感します。
エネルギー問題は、日本の中だけで解決できる問題ではなく、全世界と繋がる経済問題、外交問題でもあります。
エネルギーを生む手段の分散、輸入するエネルギー源の国分散は、予期せぬ世界状況を考えると、現状としては国家を維持するために必要不可欠です。

とはいえ、理想としての利用再生エネルギー供給のあり方に向けて、国内外の経済外交の状況を判断しながら、一歩一歩変化していく辛抱強さが必要だと思っています。
そしていつかは原発を無くする。それが理想だと思います。

何しろ「極端」は危険です。
痩せたいからといって、何も食べないわけにはいきません。
心臓病になったからといって、心臓を切り捨てるわけにはいきません。
一歩一歩の小さくとも確かな前進こそが、復興の近道だと思います。
脱原発かつ自然エネ推進を強く望みます。 (高田誠)
2011-09-30 02:53:59
脱原発かつ自然エネ推進を強く望みます。
新規建設はおろかリプレースも断固 反対します。
政治家は財界や経団連の推進派に屈するなと言いたい。
感慨深い (daizusensei)
2013-10-02 06:41:12
この記事を書いてから2年半。2013年の時点から200を超えたコメントを読み直すと感慨深いですね。原発は実際にすべて止まっています。今年の夏は大飯原発の2基だけが動いていましたが、これがなくても電力は足りました。この段階では私も間違えていて、動いていなかった火力発電所設備がたくさんあったのでした。節電すら必要なかったということです。細かいことはともかく大局をつかんでおけば、そう間違わない。その大切さを改めて実感します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
原発はあまっている、もういらねえ (非日乗的日乗inowe椅子人blog)
以前にも申し上げたけたことがあるけれど、わたくしは原子力発電に絶対反対しているわけではない。が、若干反対したい気持ちが多いし、流行の地球温暖化ばかみたいだと思っているし、地球温暖化が防げるって理屈で原子力発電を推す風潮には辟易していた。別に便乗している...
大災害が起きて、一般人が出来ること (ギリギリマイマイ)
直接の被害はなく、ピンピン生きてる側として出来ることは何か。...
次世代エネルギー拾い集め (YOKOTA YOROZUYA ANNEX)
代替エネルギーをつらつらと考えてみよう。
原発反対署名運動のご案内 (solalaの虹色世界♪)
今日はとても暖かく、桜もちらほら咲きかけていました。