気象予報士 語種(かたりぐさ)

このブログでは様々なそらについて、気象予報士の観点もまじえ見ていきます。題名をクリックしてみてくださいね!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

濃霧

2005-10-27 02:12:19 | そら
僕が現在住んでいる成田地方は霧が多い。

これには主な理由が2つ考えられる。1つは、成田は海が近いので海からの風が入り込み陸地との気温差で霧が生じる(移流霧)。そしてもう1つが晴天に伴い夜間の放射冷却により生じる霧(放射霧)である。特に後者が顕著で盆地の多い成田では今時分の秋の移動性高気圧によりこの放射霧がよく発生する。朝に車を運転していると田んぼに霧がかかっているという幻想的な風景をよく見ることが出来る。

数日前に野球日本シリーズで濃霧により試合が途中でコールドとなってしまった。これは雨が降ったあとの湿った空気に寒冷前線が通過しつめたい空気が入ってきたことで空気が飽和となり霧が生じたもので、成田もひどかった。そんななか僕は車を運転していたのだが全然視界がない。車のヘッドライトが霧を反射してしまい視界は場所によっては5m位しかなく、慎重な運転を余儀なくされた。

東京と数十キロ離れただけでこうも気候が違うのかといまさらながら自然とコンクリートジャングルの違いについて思い知らされてしまう。

*画像は成田空港。成田空港も濃霧に見舞われ他の空港へのDIVERT(到着空港変更)してしまうことがある。
コメント (15)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

THE DAY AFTER TOMMOROW をみた

2005-10-20 22:51:13 | そら
画像:ハリケーン「ウィルマ」

映画「THE DAY AFTER TOMMOROW」をみた。
the day after tommorow サイト

地球温暖化が原因で世界各地で異常気象が発生し、ロサンゼルスに巨大竜巻が襲来、日本には巨大なヒョウが降り注ぎ、ニューヨークは洪水で水没。さらに地球は再び氷河期へと突入し、北半球は完全に氷に覆われてしまうというストーリーだ。

 この映画の主人公は気象学者で気象に関するものが多々でてくる。この映画を見るのは2回目だが、気象から離れていてみると自分の気象に対する興味が呼び起こされる。

 地球温暖化に伴う異常気象というのを最近よく耳にする。でも、もうこれは異常ではなく気候変動に伴う気象現象なのではないかと思う。TV局などは何でも異常気象という言葉で片付けるのはやめてほしい。現実を捉えてしかっりと向き合っていかねば!
地球というのは長い周期(数万年)で寒気(氷期)→暖気(間氷期)を繰り返している。そして近年の人間活動では自然ではない熱源を発生させている。気象というのは元来熱の差異(空気の密度)による現象活動なので、大気や海流の流れが変わって今までにないような気象現象が起こっても当然だろう。

 そしてアメリカにまたハリケーンが発生した。
[ハリケーン] ハリケーン「ウィルマ」、史上最強に=中米諸国に接近 - goo ニュース
カトリーナの傷がまだいえぬ中、観測史上最大のハリケーンがアメリカ合衆国に迫っている。中心気圧が900hpa以下、中心付近の最大風速が70m/s。当然瞬間最大風速はそれ以上。おそろしい。

ハリケーンというのは台風と一緒である。ただ地域によってハリケーン・タイフーン(台風)・サイクロンと呼び名が違うだけである。

ちなみにTHE DAY AFTER TOMMOROWのサイトではクイズや世界で起きた異常気象などがあってなかなかおもしろいです。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

空の風景③

2005-10-08 19:25:35 | そら
去年の10月にシンガポールから日本に戻る飛行機の車窓からの1枚。
当時日本上空には台風がいてこの雲もその一端である。かなとこ雲、まさにその雲である。
雲というのは対流圏より上には出来ない(ごく一部の例外を除く)。というのも、その上の成層圏に入ってしまうと対流圏では上空に行くにつれ気温が下がっていくのだが、成層圏に入ると上空に行くにつれ気温が上昇する。これにより大気が安定な状態となり成層圏では雲が出来ないのである。なので上に成長できない積乱雲が大気の圏界面にこのようなかなとこ雲を作るのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空の風景②

2005-07-30 06:22:05 | そら
タイからシンガポールへの飛行機の中より。
画像はマレーシア上空。やはり上空にくると空の青が濃く見える。これは夕方に青い光が届かない(空が青くない)ように、青より波長の短い紫がはるか上空で散乱しその光が地上に届かないためである。地上の海も綺麗そうである。このあと、シンガポールに向けて飛行機が降下していったのだがあちらこちらに積乱雲が発生していてそれに衝突するたびにドコッって機体が揺れた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シリーズ アジアの気候 ①タイランド

2005-07-23 23:48:25 | そら
タイ王国
人口 約6500万人
面積 514,000km2(日本の1.4倍)
首都 バンコク

 日本から飛行機で6時間ほどのタイは熱帯域に属している。南部のマレー半島と北部山岳地帯を除く国土の大部分は、熱帯モンスーン気候(月平均気温が一年中18度以上(ヤシが生育できること)で最小降水量が60mmを越さないこと)地域になる。年間を通じて1日の最高気温30~から35℃、最低気温はバンコクで24~27℃、北部チェンマイで14~24℃程度。湿度は平均70~80%。そしてタイの季節は大きく雨期(5月中旬~10月)、乾期(10月~2月)、暑期(2月中旬~5月)の3つに分けられる。

 ところでタイの2大リゾートアイランドといえば「プーケット」と「サムイ島」である。この2つの島、同じタイにありながら雨季の季節が異なる。プーケットはマレー半島の西・アンダマン海にあり雨季は5月~10月、サムイ島はマレー半島の東・タイ湾(地図上・タイランド湾のタの字の左下)にあり雨季が11月~1月である。この違いはというと、もちろん位置が違うからなのであるが実はそこには風が大きく寄与する。
  モンスーン
一度は聞いたことがあるであろう。このモンスーン(季節風)によってこの雨季の違いが生じる。5月~10月は南インド洋から生じた南西のモンスーンが上空に強く吹き、プーケットをはじめタイ全土(タイ湾や東北部のコラート高原を除く)に雨をもたらす。地図を見るとわかると思うが、タイ湾やコラート高原は山岳の風下にありインド洋・アンダマン海で作られた湿った空気はやってこないのでモンスーンによる雨をもたらさない。

 逆にサムイ島に雨をもたらすのは北東からの季節風が吹く11月~1月頃だ。これはいわゆる貿易風である。緯度20-30°での下降気流(ハドレー循環)がコリオリ力によってこの東風の貿易風が起こり、タイ湾(サムイ島)に雨をもたらす。またこの北東の風にはシベリア高気圧の吹き出しも寄与している。

 よってプーケットを訪れるのにベストシーズンとなるのが11月~2月、雨も少なく気温もさほど暑くはない。そして、タイ湾側のベストシーズンが2月~4月(雨が降らず、海がきれい)となる。僕は実際にこの2つの島を3月後半に訪れたが、サムイ島ではカラッっと晴天であったがプーケットは曇りがちでジメッとしていて確かに2つの天気は異なっていた。ちなみに個人的にサムイ島のほうが好きです。南の島の雰囲気が満点で。

 次回はこのモンスーンの原理ならびにアジア地域にもたらす影響について考えていきたいと思う。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

空の風景①

2005-07-16 14:59:01 | そら
 こちらの画像は2004年10月にシンガポールから日本に帰国する際に撮った1枚です。朝早くのフライトだったため太陽高度も低く太陽と海に映る太陽の2つの太陽が朝の空を照らしていました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

音速越えの飛行機!

2005-01-10 19:25:10 | そら
 昨年12月、バンコクに行ったときのこと。
ノースウエスト航空27便にて成田よりバンコクへ向かった。飛行機は南東へ向けて飛行。飛行時間は7時間とちょっとだった。これに対して帰りのバンコクから成田までのフライトは5時間かからなかった。時間差にして2時間以上もフライと時間が違ったのだ。

 この原因はジェット気流(偏西風)によるものだ。特に冬に強くなるこの気流は南北に波を打っていて(流れは西から東)、日本の西で東南東からの風となるとなることが多い。つまり、成田-バンコク線はこの時期直撃を受けることになる。実際フライト中の風速は行き・帰りとも200km/h前後であった。これにより、飛行機の巡航速度は行きは約700km/h、帰りは1100km/hで飛行していた。

 ところで帰りの速度だが僕の知る限り最大で1120km/hを記録していた(パーソナルTVで見ることができる)。これはかなりの速度である。音速に近いのでは?と計算してみた。音速は主に温度により左右される(気圧は関係ない)。飛行機が上空10,000mの-50℃を巡航していたとすると、音速は約1080km/hとなる。とすると、、なんと音速より早く飛んでいたことになる!すごい飛行機に乗ってしまった。。(実際は相対速度が900km/hなので特に問題はないです)

(画像はその帰りの飛行機よりインドシナ半島上空)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tsunami

2005-01-06 01:10:18 | そら
12月26日にインドネシア・スマトラ島沖でM9.0の地震が発生して大きな被害をもたらした。発生当時、僕もタイにいてその地震を体感した。僕がいたのはバンコクだったので、揺れだけで特に何もなかったが、それでも耐震構造がなされてないであろうタイの建築物がミシミシと音をたてながら5分位揺れていたのは怖かった。

ところで発生当初タイのTVでは地震のことをしばらく扱ってなく(地震があったとは言っていてが大きく扱ってなかった)、BBCやCNNで地震のニュースを最初に見た。BBCやCNNでははじめこの被害をもたらした津波を「Tidal Wave」としていっていたが、その後「Tsunami」と改めた。Tidal waveというのが本来"潮汐波"を意味することからこのTsunamiにすることにしたようだ。津波研究の第一人者が日本人だったことからTsunamiは世界語になった訳だが(学名かどうかはわかりません)、今回の大惨事で世界中の人にこのTsunamiという言葉が伝わることであろう。

僕の知人(直接の面識はないがお互い知っている)は被害の大きかったタイのピピ島にいて、無事であった。その後、現地で救済活動を手伝っているという。現在犠牲者数は15万人を上回っている。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節はずれの台風!?

2004-12-03 18:42:00 | そら
季節はずれの台風27号「NANMADOL(名称)」が南シナ海北部のフィリピン付近に発生している。そして進路予想図には沖縄が!12月に台風が発生するのはそう珍しいことではないが(例年1~3個程度発生)、もし上陸するとなれば異例のことだ!

そもそも台風とは、南の海上で発生した熱帯低気圧が最大風速17m/s以上となったもののことをいう。台風のエネルギー源となるのは暖かい海より出る水蒸気(水蒸気が上空で凝結する際に放出する潜熱)で、一般に26℃以上の海水で台風は発達するといわれている。

今、台風27号は26℃以上の海域にいるが、これから北に向かうにつれ海水温も低くなり、上空に寒気が流れ込むであろうから発達はしないだろう。よって、台風なんて来ない(と思う)。

ちなみに冬に台風が日本に上陸するには相当な苦労が必要だ。まず、今現在の日本列島南岸の海水温は20℃ちょっとで黒潮以北では急激に海水温が低下している。また、日本は冬なので上空は寒く、暖かい空気が入ってきたらそこに寒気が流れ込み、温帯低気圧化するであろう。そして、冬になるとジェット気流(偏西風)が日本付近に南下し強まるので日本に着く前にこの風によって東に流されてしまう。日本(列島)に上陸するやつがいれば、「がんばったね」と言ってあげたい。。

(画像は今年10月の台風上空です シンガポールの帰りより)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽田空港第2ターミナルOPEN!

2004-12-01 21:16:46 | そら
 今日、羽田空港第2ターミナルがOPEN!これによりJALが第1ターミナルを。ANAが第2ターミナルを使用することに。スポットが増えて色々と便利になることだろう。でも、ターミナルができたからといって発着枠が増えるわけでもない。今、羽田の国際線はチャーターを中心にちょっとだけしかないが、いつか本格的な運行をしてほしい。そしたら海外もすごく近くなるのに。。新しい滑走路は2009年にできる予定らしい(このとき発着枠が増える)。是非、羽田より国際線を!

 ところで僕はこの羽田空港の近くに住んでいて、家からも羽田空港を見ることができる。そして、バイトも羽田空港でやっている。ANA系列でやっている為、先週下見という形で第2ターミナルに足を踏み入れてきた(12月より第2ターミナルベースで仕事をする)。やっぱり真新しくて、ペンキにおいがした。

 羽田空港は大きなものが何もなく、空が大きくて、好きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加