小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

一般民間人と暴力団やテロ集団の区別など出来ない(共謀罪)

2017-04-22 20:38:24 | Weblog
一般民間人と暴力団やテロ集団の区別など出来ない。

安倍内閣は、「共謀罪(テロ等準備罪)」、は、暴力団やテロ集団にのみ、あてはまるが、民間人には、あてはまらない、などと言っているが、これは、完全に狂っている。

一般民間人と暴力団やテロ集団の区別など出来ない。のである。

一般民間人が、テロ集団になることもあれば、テロ集団が、一般民間人になることもあるのである。

誰が一般民間人で、誰は、テロ集団員、などのような、きれいな区別、線引き、など、ないし、出来ないのである。

あるのなら、それを、ちゃんと示せ。

ヤクザだって、足を洗う人もいる。

また。テロ集団員の、妻、親、兄弟、従兄弟、友人、子供、が、テロ行為に協力することだってありうる。

暴走族、右翼団体、総会屋、芸能界、などでは、暴力団まがいの、ことを、必要な時に、したと思ったら、次の日には、一般民間人になったりと、区別など出来ない人間がいるのである。

文学で言うならば。

芥川龍之介の、「羅生門」、や、「偸盗」、を、読んでみなさい。

安倍晋三は無学すぎる。

人間は、「慣れ」、によって、どんな凶悪犯罪でも、出来るようになってしまう、可能性を、誰でも、もっているのである。

(立派な検察官になることを目指して、司法試験に通った、善良な人間も、検察官になると、恫喝的取り調べをするようになるのである)

人間の心には、「善」、と、「悪」、の両方があって、TPOによって、誰でも、善人にも成り得るし、悪人にも成り得る、のである。

人間の皮の、ランプシェードを作ったのは、ナチスの、特に、先天的な性悪な人間ではないのである。

人間は、誰でも、人間の皮のランプシェードを作る可能性をもっているのである。

韓国国民など、(法律が許せば)、パク・クネ大統領の、ランプシェードを、平気で作るだろう。

サリンを製造したり、撒いたりした、オウム真理教の、幹部たちは、みな、人のいい善良な一般市民だったのである。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保守派は思想的にカラッポの... | トップ | 天皇や愛国心などは、お神輿... »

あわせて読む