小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

プロ野球は怪我が起こって当然のスポーツである

2017-08-26 11:00:30 | Weblog
プロ野球は怪我が起こって当然のスポーツである。

野球は、ピッチャーにせよ、バッターにせよ、瞬発力の運動である。

もちろん、体重移動、腰の回転、などの、全身の肉体の使い方、技術が大切である。

しかし、それと、同時に、バッターでは、飛距離を出すためには、体重が多い方が有利なのは、いうまでもない。

なので、プロ野球選手は、たくさん食べ、体重を増やす。

相撲取り、と、同じようなものである。

腹の出ている選手も多い。

実際、プロ野球選手では、90kg代、さらには、100kg、を超す選手はザラにいる。

しかし、野球選手は、ホームランでない限り、打ったら、全力で走らなけばならない。

盗塁にせよ、守備にせよ、全力で、走らなければならない。

腹の出た、重い体で、全力で、走れば、当然、肉離れ、など、体に無理がかかる。

打つ時だけ、デカい体で、走る時は、短距離走の選手の肉体に、変わることなど出来ない。



高校野球の場合は、育ち盛りで、体重も、70kg代くらいだろうから、バッティングなどの瞬発力の運動も、全力疾走も、両方しても、体に無理がかからない、から、怪我も起こりにくい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界新記録は百害あって一利なし | トップ | ニュースを見ていても、日本... »

Weblog」カテゴリの最新記事